FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4.駒澤大学高校

 
  B/アルメニアンダンスパートⅡ~第三曲・ロリからの歌(A.リード)


  この演奏は吉野先生赴任前の演奏ですね。
  そしてこの演奏は駒澤大学高校としては全国大会初出場の演奏となっています。
  駒澤大学高校と言うと
  私個人の感覚で言うと、正直・・・・1980年代~90年代の都大会や全国大会の演奏は
  「あんまり個性を感じさせない凡演ばかり・・・」という大変中途半端な印象もあったのですけど、
  21世紀に入ってこのチームは俄然唐突に「覚醒した」・「大化けした」みたいな印象が強いですね。
  指揮者も1983年以降はずっと吉野先生なのに、
  「ハンガリー民謡くじゃくによる変奏曲」辺りから俄然サウンドが生き生きとしてきて
  語り口が豊かになっていたような感じがあります。
  スクールバンドって、ある年から突然「覚醒する」みたいな事もあったりするから、色々とその辺りの背景とか
  事情とかを探ると、案外・・・色々なドラマがそこにはあるのかもしれないですよね。
  そう言えば・・・
  藤重先生指揮の精華女子だって駒沢と似たような経緯があるのかも・・・?
精華女子も80年代から90年代は「パッとしない・・」とか「ヘタではないけどそれほど上手くもないし感銘度が高くも無い」
  みたいな中途半端で微妙な位置づけではありましたけど、
  2世紀に入って以降、「ダンス・フォラトゥーラ」等のスミス路線を取って以降は
  果然一躍「吹奏楽の超一流名門校」の仲間入りを果たし、
  クラシック部門の売り上げ第一位を記録する程のまさに「伝説」のチームとなっていましたからね・・・
  さてさて・・・藤重先生が去った後の精華女子がいかに立ち直るのか、こちらも今年は注目して見ていきたいと
  思います。

  なんか話が思いっきりそれてしまいましたけど、
  この年・・・1981年の駒澤大学高校の演奏は、一言で言うと・・・「無難」という言葉がぴったりだと思います。
  悪く言うと、淡泊すぎて何も伝わるものがない・・
  よく言うと、端正で正確な演奏という感じなのだと思います。
  自由曲の「アルメニアンダンスパートⅡ」なんて、元々が豪快に鳴る曲なのですから
  もう少し本能の赴くまま・・・
  自分達の感情を剥き出しにしてもいいから、
  何か「野性味」とか「雄叫び」とか「勢い」なんかももう少し出してもよかったのかな・・・とも思います。
  少し洗練し過ぎで「大人っぽい演奏」を意識しすぎてしまったのかな・・?
  中間部のしっとりとした「歌」は比較的抒情的にたっぷりと歌いこんでいただけに両端のアレグロの部分が
  少しと言うかかなり勿体無く感じてしまいました。

  この年はリードの「アルメニアンダンスパートⅡ」が支部大会でも全国大会でもかなり多くのチームが
  自由曲で取り上げていて
  全国大会でもこの年は計4チームが自由曲に選んでいました。
  この年に限って言うと、やはり一番「素晴らしいな・・・」と感じたのは
  弘前第三中学校でしたね!!
  あの透明感溢れるサウンドととてつもなく豪快に鳴らしているけど全く「うるさい」と感じさせない自由自在な表現が
  とてもお見事でした。 
  このリードのアルメパートⅡですけど、
  2002年以降は全国大会でも演奏されていませんね・・・
  アルメパートⅠと共に、この曲は・・・・時代を超えてずっと末永く演奏され続けて欲しい
  「吹奏楽オリジナル作品の名作」だと思います。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |