FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


一つ前の記事の「1981年全日本吹奏楽コンクール・磐城高校」に関連して
バルトークのバレエ音楽「中国の不思議な役人」について少しだけ書かさせて頂きたいと思います。
そして・・・後半において
この曲に関連した私の「脳内妄想」なんかも簡単に書いてみたいと思います・・・(苦笑・・)

今、私、「バレエ音楽」みたいな表記をしましたけど、
この作品は普通の一般的なバレエではありません。
一幕もののパントマイムなのです。
しかもその内容は極めて過激です。
あまりに過激過ぎて、初演が中々出来ず、初演後も多くの劇場から
上演禁止処分を食らい、
中々陽の目を見ることが出来なかったいわくつきの作品でもあります。

ストーリーは、簡単に述べると・・・

ある荒廃した都市のスラム街で、ならず者達に売春を強要されていた少女が
ある日も客を取っていた・・・
最初の客は、金のない若者 そしてとぼけた老人
そして最後に来たのは謎の官吏
その官吏は少女に
ひらたく言うと「やらせろ、やらせろ」と迫り
そのあまりの必死さに少女は恐怖を感じ、ならず者たちはその官吏をしばり首にして
殺そうとした・・・
だけど「その少女とやるまでは死んでも死にきれない」とその官吏は
首を宙吊りにされても体が光り輝き、死なない・・・
少女はさすがに不憫に感じ、
宙からおろし優しく抱きしめてやらせてあげると
その官吏は満足したのか、やっとあの世に旅立った・・・

そんな感じのストーリーです。
これはどーみても一般的な「バレエ」ではありませんよね・・・(笑)
だけどそこにあるのは
スラム街という社会でしぶとく生き続ける底辺の人達の生きるたくましさと
スラム街の怪しさ
その辺りのおどろおどろしさと民衆の生きる力が
このバレエ音楽には全体を通して貫かれています。

最初にこの音楽を聴いたのは1987年の東京文化会館の日本フィルの定期演奏会でしたけど
ホントまじでぶったまげました・・・
その「すさまじいバイタリティーと逞しさ、野蛮さ」に
一発で魅了されてしまいました。
このバレエ音楽、出たしからすさまじい荒々しさがあり、
いかにも都会の片隅の底辺で生きる人たちを暗示させています。
コールアングレで演奏されるとぼけた老人の表現も魅力的です。
少女に「やらせろ」と追いかけ迫るシーンは、
トロンボーンのソロとそれに続く激しい行き詰る管楽器の響きで
荒々しく表現されています。

この曲、全体的にソロとしての管楽器の使い方が非常に巧みで、
クラリネットの高音の絶叫
とぼけた感じのコールアングレ
けだるいオーボエ
荒々しいトロンボーンなどと
かなり効果的に使用しています。

バレエ音楽としては、30分程度の非常に短いもので、
更にトロンボーンのソロ以降の激しい部分で終わらせる組曲版もあります。
演奏会ではこの組曲版で派手に終わらせることが多いのですが、
出来ればラスト近くに合唱(といってもウーウーとハミングするだけですが・・)が入る
全曲盤が断然いいです。

この曲をCDで聴く場合、色々と名演が多く選ぶのに困るのですが、
アバドやドホナーニの指揮とか
1971年のブーレーズの指揮の演奏もいいのですけど
個人的には、ショルティー/シカゴ響が圧倒的に素晴らしい演奏を残しています。

この一幕のパントマイムを何とか現代社会に置き換えて
リバイバル上演できないかな・・・?? なーーんて風にもたまーに思ったりもしています・・・
例えば、格差社会が極端に広がり、社会は上流階級と底辺階級にはっきりと分かれ、
舞台は底辺社会の売春ビル・・・
そうした中にふらりと上流階級の世間知らずの若き官僚がふらりとやってきて
売春宿のとある少女が何か気になってしまう・・・

なんかそうしたものを映像化できないのかな・・・と考えたりもします。

そうですね・・・

自分の脳内妄想としては・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここは22世紀の日本・・・・

ここはある意味理想国家となっている・・・世界各国からも賞賛はされているようだ。
街のいたる所を歩いても塵一つなく全てが「整然と」されている。
整然と立ち並ぶ巨大高層ビルに一軒一軒の敷地面積がやたらと広いお屋敷群・・・
そういわゆる「エリート階級」と呼ばれる支配層が居住するエリアにおいては全てがそうなのだ・・・
このエリアにはいわゆる犯罪も問題も何もない・・・
だって・・・そうならないようにあらかじめ予定調和がされているからなのだ。
だけど・・・そうしたエリアには
僕たち「平民層」は一歩も足を踏み知れることは許されていない。

そう・・・

この時代・・・エリート階級と平民たちが暮らす底辺階級というとてつもない「格差」が普通に存在している社会と言うものは
最早「当たり前」になっているのだ・・・
誰も特に疑問を感じることなく暮らしている。
歴史の教科書をひも解いてみると、21世紀中盤あたりから、ま・・これは世界共通現象ではあるのだが
それまで「社会」を支えていた「中間階級」が全面的に没落し
世の中全体が「持つもの」と「持たざるもの」という相反する価値観で対峙する二つの階層が生み出す
とてつもない「格差」というものが生み出されたというのだが、
ま・・これは・・・ある意味「歴史の自明」という感じもしないではない。
だけど21世紀の場合、それがかなり極端な形で現れてしまったのだ・・・・
僕たちの時代においては、エリート階級対底辺階級の構成比は10:90と言われている。
だけど、エリート階級が所有する冨の割合は、全体の99.99999%以上とも言われている。
そう・・僕たち底辺層は、この自体においては何も所有していないのだ・・
だけど・・・
僕たちの生活自体はある程度「保証」をされている。
そういうヘンな時代でもあるのだ・・
多分だけど、21世紀の人間から見ると「奇妙な社会」とか「底辺層は飼いならされた存在」に
見られてしまうだろう・・
だけど仕方がないのだ・・・
そのように自分たちは既に飼いならされてしまっているのだ・・
どういう事か・・・
この時代、既に技術革新は凄まじくて、ほとんどの労働者というものは不要になっていったのだ・・・
ドライバー・工事現場の職人・工場労働者・サービススタッフ
そして・・・販売手法と言うものはとっくの昔にほぼ100%ネットにとって代わられている。
そう・・「働く事」自体が既に不要なものになっていたのだ・・・
この時代の日本政府はどうやって国家の「財政」を稼ぎ出しているのか・・・
それはほとんどが「知的財産」とか「アィディア」で生み出されている・・・
例えば・・・
頭にほんの少しセンサーを照らすだけで、その人間の過去の行動・言葉・見てきたもの・聞いてきたものを
全て・・・本当に全て把握させられてしまうシステムとか
その人間が過去・現在どういう場所に滞在し、どの場所に何分いたかを全て記録し、今現在どこにいるのかを
全て記録してしまうシステムとか
国土全体に目では見えない「バリアー」を張り、諸外国からどんな攻撃を受けても、それを跳ね返すばかりでなく
その攻撃されたミサイル等自体をそれを発射した国に送り戻してしまうある意味鉄壁の防御システムとか
そうしたシステムを友好国のみにレンタルし、その管理使用料で莫大な利益を稼ぎ出しているのだ。
そしてその前提として・・・
国家の「エネルギー」としてもとてつもないものも開発していた・・・
すなわち・・・
21世紀でいう所の「太陽光」を更に飛躍的に進化させ、昔はソーラーパネルを屋根全体に設置して
やっとこさっとこその家一軒分のエネルギーしか得られなかったのに
この時代においては、10㎝×10㎝程度のパネル一枚で、家一軒分の発電量を生み出すことは
最早当たり前になっていたのだ。
しかも・・! そうやって生み出したエネルギーを「蓄電」し、
過去では信じられない話なのだが、単一乾電池程度の蓄電装置で工場一棟分全体の使用電量を生み出していることは
最早当たり前の事なのだ。
そういう訳で・・・
一部のほんの限られた人達が生み出した技術によってこの国家・社会が支えられていて
そうした技術に関連した人たちがそうしたエリート階級を構成し、
一部の人たちの「頭脳」でもって残り90%の生活を支えていると言っても過言ではないのだ。

だけど・・・

さっきも言ったけど、そうした底辺階級大部分の人たちって、別に普段はやる事ないんだよね・・・

何でかと言うと、さっきも言ったけど
生産ラインとかサービスシステムとかほとんど全てコンピューターやロボットがやっているから
別に自分達の存在意義はないんだよね。
僕たちの生活は基本的にはほぼ全て国家から「保証」をされている。
僕たちは16歳を過ぎると政府から「一枚のカード」を手渡される。
そのカードは僕たちは「魔法のカード」と呼んでいるのだが、毎月月初になると
自動的に一定のポイントが付与される。
そうそう・・・この時代はほとんど「貨幣」というものは流通していない。
ほぼ全てこうしたカードによるその場のポイント決済が全てなんだ・・・
あるお店で何かモノを買ったら、その買った分がポイントから差し引かれていく。
そのポイント額なんだけど、
そうだね・・・21世紀初めのこの国の価値で言ったら大体毎月35万円くらいといった感じだろうか・・・
おっと・・・そんな月額35万円なんて言うと、過去の人達はびっくりしちゃうよね。
だけど違うんだ・・・
僕たちの時代は、既に消費税とか固定資産税とか住民税とかガソリン税とかそうしたほとんど全ての税金は
廃止になっている。
だけど・・・その代わりに「人頭税」みたいなものでまとめて一気に徴収されてしまう。
そうなんだ・・・月初に確かに35万ぐらい入ってくるのだけど入ったと同時に大体そうだな・・・12万ぐらいすぐに
差し引かれてしまう。
だから残った23万ぐらいで生活をしなくちゃいけないんだ。
僕たちは普段は「働く」ことは基本的にはしていない。
だって・・・仕事がないのだし、政府が別にしなくていいと言っているのだから仕方がないだろ・・・
政府の言い分としては、
要は・・
君達の存在価値というものは、「消費」をすることだけでいい・・との事らしい・・・
カードのポイントで何かモノを買ったりサービスを受けたりして、それでもらったお金を社会に同時に還元しろという事
らしいね。
あ・・・言っておくけど、このポイントはその月に使い切らないといけないんだ。
翌月に繰り越しと言うものは一切認められないし、カードに例え10万ぐらい残っていても月初の段階で
一瞬にゼロになってしまうんだ・・・
仕事は特段しないというけど、
ま・・月に4~6日くらいは、政府から例えば・・・
「ここの地区の清掃活動に入って欲しい」とか
「この地区には今月外国の要人が来るから、その警備員の一人として任務にあたって欲しい」とか
ま・・・色々くるけどね・・・
ま、それは・・たまに仕事をする事で「退屈しのぎ」になっているのかもしれない。
僕たちは普段は特に何もしていない・・・
何をしているかと言うと・・・別に何もしていないよね・・・(苦笑・・)
ゲームして遊んだり、昔のアニメとかドラマのソフトを見たりしているけど、とにかく・・・膨大な数のソフトもあるから
別に退屈とは思わないね・・・
何か悪く言うと確かに飼い殺されているのかもしれないよね。
だけど・・・・
なんか昔読んだ本によると、21世紀前半~中盤は持つものと持たざる者の「格差」がとにかくひどかったみたいだね。
で・・なんか色々と一悶着とか闘争があった末に、色々な技術革新という影響もあったけど、
今日のようなシステムに落ち着いたんだよね・・・
そう・・・・
結局は・・・一部の「持つ者」がほとんど大半の「持たざる者」の面倒と言うのか、最低限の「生活保証」をする
という方向になっちゃたんだよね・・・
代わりに・・・・
僕たち平民層と言うか底辺層は、いわゆる「選挙権」とか「参政権」みたいなものは放棄しているんだよね・・・
ま・・・それも悪くはないか・・・
別に働かなくても・・・別に難しい事を考えなくても
テキトーに遊んでゲームでもしてテキトーに消費して一定の生活は保証されているし
遊んででても生涯の生活は成り立っているんだよね・・・
ま・・・古代ローマのポピュリズムが堕落した際の市民が求めた「パンとサーカス」みたいなもんだよね・・・
このこ時代の頃の僕たちにとって「政府」とは・・・要は・・・「信託の対象先」ということなんじゃないのかな・・・?
あなた達にこの国の現在と未来を全て託すからその代わりに今現在の僕たちの生活もちゃんと
見ていてね・・・
保証さえちゃんとやってくれれば別にあなた達に何も文句は言わない・・・
だって・・・・
僕たちはこうした生活を十分に楽しんているし、別に不満は何も無いのだから・・・
だけどね・・・・
時たま、確かに鬱陶しくは感じるよ。
だって・・・基本的に僕たちの生活は全て管理というのか、監視されている側面もあるから・・・
さっきさ・・カードの話をしたけど、同時に僕たちは16歳になったと同時に
強制的に24時間装着していないといけない「腕時計」みたいなものも渡される。
これってある意味凄いアイテムだよね。
だって・・・
24時間中、僕たちが今どこにいてどういう所で過ごしていたのかという情報が全部つっつ抜けになってしまうんだよね。
前述の脳内記憶の掘り起しシステムと合せて
この時代、僕たちの世界では過去にあったような「犯罪」といものはほぼ皆無・・・・
だってさ・・・アリバイが全部白日のもとにさらちゃうのだから悪い事しようがないんだよね・・・(苦笑・・・)
だからさ・・・
僕たちは全て政府の意のまま操られているのかもしれないんだよね・・・
そう・・・彼らにとって
僕たちの存在なんて結局は、1.消費の対象 2.子孫を残す事である程度の人口を維持
こうした役割しか期待されていないんだよね。
ま・・・それでもいいか・・・、確かに生活自体に不自由はないからね。
そうそう・・・さっきの腕時計なんだけど、あれってさ・・・一種の「健康管理」にも使用されているんだよね・・・
あれでもって、血圧とかコレステロール値とか健康上の数値も日々把握されていて
数値が悪くなったり健康上何かしらの問題がある場合は、早めに病院に行かされるんだよね。
21世紀の日本の財政は、そうした医療と年金で財政が破綻しかけと聞いた事があるけど、
この時代においては、まず「年金」については、結局は・・さっきの「カード」に振込された月初のお金で
全てをうまくやりなさいという事で解決・・・
医療については・・・そうだね・・、この時代においては、腕時計のシステムによって
僕たち平民層にとってはどちらかというと「予防医療」を重視されている。
要は・・・お前ら病気にあんまりなるなよ・・・みたいな感じだね。
そしてエリート階級の人達なんかは、どちらかというとそうした予防医療よりも実際に病気になった後の
「治療」の方が優先されているのかな・・・

こうした事は、21世紀の人たちから見ると・・・それは「自由」なんかじゃない・・・と言われちゃうかもしれないよね。

だけど・・・

本人たちがそうした価値観なんだからそれでいいじゃないか・・・と思うしかないんだよね・・・

自分達の今の生活は、衣食住みたいな人間の基本的欲望はほぼ完璧に満たされているよね。
別に普段仕事なんかしていないから出世欲とん向上欲とか
自分を見て欲しい! 認めて欲しい欲なんかはこの時代はほぼ皆無じゃないのかな・・・?
だけど・・・
そういう時代でも、多分21世紀の人達に比べても大して変わりがないのは・・・・
否! むしろ「普遍的」なのは・・・
「性欲」だけ・・・という感じになってしまうのかも・・
ま・・・これはある意味仕方ないよね・・・だってこれこそが僕たちの「生きる本能」なんだもん・・・
僕たちの時代は、平民エリアは、家賃はタダなんだけど、政府が指定した低層アパートとか平屋で暮らすことが多い。
エリート層のあの超高層マンションとか広大なお屋敷とか隅から隅まで清掃された美しい街並みに比べると
僕たちが居住するスペースはかなり薄汚いのかもしれない。
だけど・・・ま・・・これは政府の・・ま・・・「黙認」というのか
「お前ら、別にそうした事をやってもいいけどあまり大がかりにやるなよ・・何か問題あればすぐに摘発するからな・・」
みたいな感じで・・・
ま・・・細々としたもんなんだけど、
底辺層の中には・・・1950年代あたりまで確かに存在していた昔の「赤線」みたいな事をその平民層が暮らす
居住スペースの中でやっている人達もいるんだ・・・
ま・・・こういう全てが管理された時代でも・・・
人間と言うものの「ドスケベ」という「本能」は残っているという事なんだよね。
実は・・・
僕自身もそうした売春組織みたいな事を小規模ながら運営している・・・
ま・・あくまで退屈しのぎみたいなもんだけどね・・・
だけどこれって面白いもんで・・・
普段は・・エリート階層に所属し、普段の日常は小難しそうな顔してプログラミングなんかしている
あの超高層タワーに住んでいる人達なんかも
この赤線地帯では「ただのスケベオヤジ」になってしまうんだよね・・・・
あれってなんか面白いよね・・・

そうそう・・・先日もなんかヘンな話があったんだ・・・
年は30代ぐらいかな・・・なんか官僚というのか役人くさい奴が一人こっそりと・・・客として表れて
「だれかいい娘はいないのか」と聞いてくるんだ。
その時・・・店内には女の子は2~3人しかいなかったけど、
その役人さんは、なんかしらないけどエミという女の子がお気に召したみたい・・・
このエミなんだけどさぁ―、
エミ自身は「あたいは10代後半・・」とか言っているんだけど
「おまえのどこが10代なんだ・・」という感じではあるんだよね・・・
だけどこのエミなんだけど、確かに顔はロリっぽいのだけど体は妙に妖艶なんだよね・・・
あの「アンバランスな感じ」が一部の人にウケるのかな・・・
だけどエミ自身は・・・「あんな役人嫌い!」とかいってお相手を拒否しちゃうんだよね・・・
だけどそのお役人さんは、エミとやりたくてやりたくて仕方がないみたいで盛んにエミを口説くんだけど
エミは完璧嫌がっている・・・
だけど・・・
そのお役人さんは・・・唐突に切れだし、こんな狭い店内でエミを追いかけ始めたんだよね・・・
さてさて・・あの時はちょっとした修羅場というのか、鬼ごっこが発生し
なんかヘンに鬼気迫る表情でエミを追っかけまわしているんだよね・・・
なんかあの感じは・・・
ちょっと古い話なんだけど、20世紀に作曲されたというバルトークという方の「中国の不思議な役人」
そのまんまの世界だったんた゜よね・・・
バルトークの場合は、あまりにもそのお役人さんがしつこくて、ならず者たちは
その役人さんを吊し上げてしまって首を絞めたんだけど、その役人さんの体が急に不気味に青白く光りだし
それでもその役人さんは「やらせろ、やらせろ・・」とか言ってるんだよね・・・
その役人さんをさすがに可哀想に感じた少女がその役人さんをおろして抱きしめてやらせてあげたら
やっと成仏した・・・そんな話だったけど
こちらの世界でもなんか似たような感じだったよな・・・
結局・・・エミが根負けしてしまって結局はその役人さんのされるがままになってしまったようたけど、
そうだね・・・
結局は・・・人間がいくらシステム的に進化を遂げたとしても
こういう「本能」というものは・・・変わりがないっちゅーことだよね・・・

ま・・・そうした話は・・色々とあるんだけど、ま・・今回はこの辺でやめておこう・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しょーもない私の「脳内妄想」・・・・大変失礼をいたしました・・・(苦笑・・・)

スポンサーサイト



3.磐城高校


  B/バレエ音楽「中国の不思議な役人」(B.バルトーク)


  バルトークの「中国の不思議な役人」と言うと・・
  神奈川大学・都立片倉高校・伊奈学園・天理高校等の素晴らしい名演がとても印象的ですけど
  オールド吹奏楽コンクールファンの私ですと、
  やはり・・・
  磐城高校による1981年の演奏と2001年のウルトラ名演がとっても印象的ですね。
  しかも・・
  磐城高校の場合、1981年と2001年の演奏の間には20年間というかなりの「時間的空間」があるのですけど、
  1981年の演奏も2001年の演奏も指揮者はどちらも根本先生なのですが、
  磐城高校吹奏楽部にとっても根本先生にとっても20年ぶりの金賞を取れたという事で
  とてつもなく「思い入れ」がある曲なのかな・・・とふと思ったりもします。
  そうですね・・・
  指揮者の根本先生にとっては、
  1981年の全国大会で金賞を受賞したこの「中国の不思議な役人」という曲でもって
  2001年度に、20年振りに磐城高校に金賞をもたらすことが出来たというのは
  やはり感慨深いものかあるのかな・・・と思ったりもしますね。

  このバルトークの「中国の不思議な役人」は今現在は吹奏楽コンクールでは定番の大人気曲の一つとなっています。
  この曲は1979年に駒澤大学が全国大会で金賞を受賞し、81年に磐城高校が全国で金賞を受賞し、
  もしかしてこの曲の人気に火が付くのかな・・と思っていたら、
  その後は全く演奏されない状態が15年程度続きます。
  多分ですけど・・・著作権か何かの問題があったのかもしれないですね・・
  それにこの曲自体は大変な難曲中の難曲ですので・・・
  そしてこの曲が再び脚光を浴びたのが、1996年の小林久仁郎先生指揮の秋田南の演奏だったのかな・・・と
  思います。
  この1996年ですけど、今にして思うと・・・全国大会で初めて前半・後半の総入替えという訳のわからんシステムが
  施行された年でもあるのですけど、
  前半に登場した秋田南の演奏はとっても素晴らしかったです!!
  ま、この時の課題曲が長めということもあり、自由曲は6分以内に収める必要があったせいもあり、
  面白いカットを採用しています。
  つまり・・序奏のあの凄まじい喧騒の後、原曲通りクラリネットのとてつもなく長いソロに繋げていき、
  そして・・・妖しいソロが終わったと同時にいきなり、トロンボーンソロの部分に繋げていき
  そこから先は、ヴァイタリティーとエネルギー炸裂!!みたいな感じで一気にラストまでなだれ込んでいくのですけど、
  秋田南の女の子のトロンボーン奏者のソロがとにかくめちゃくちゃ上手くて、
  その事も大変強く印象に残っています。
  あの女の子のやや猫背気味で足をしっかりとステージに付けたような感じの独特な吹き方がなんか今でも
  目に焼き付いています・・・
  そしてこの秋田南の演奏以降、この曲が一気にブレイクし今現在に至っているみたいな印象もあります。

  2001年の磐城高校の演奏は本当に素晴らしかったと思います。
  課題曲Ⅳ/SLが行くのあののどかな雰囲気がとてもチャーミングでしたし、一転して自由曲の
  「中国の不思議な役人」の激しさとヴァイタリティーは、自分の中ではこの年のNo.1の仕上がりとすら思っています。
  この年の磐城のカットは、1981年の同校の演奏とほぼ同じなのですけど、部分的に少しだけ
  81年の演奏に付け加えがあったりもしています。

  さてさて・・・・その上で、1981年の磐城高校の演奏なのですけど、
  実は・・・
  ま・・・もう既に過去記事で散々書いていますけど、
  私、この時の磐城高校の演奏は東北大会で聴いています。
  あの東北大会の時の演奏は本当に素晴らしかったですね!!
  私の中では・・・あの時の東北大会の1位は磐城 2位は花輪 3位は大曲という感じでしたけど
  何度も繰り返して言う通り、大曲高校の三善晃/交響三章第二楽章のあの内省的緊張感溢れる演奏が
  東北大会でダメ金で終った事は・・・・本当に勿体無いと・・・今でも感じています・・・
  そして同時に、磐城・花輪・大曲みたいな素晴らしい演奏を聴かせてくれたあの奏者達は、当時、自分と同じ高校生で
  あるという事実に、自分自身とても恥ずかしいというか悔しい思いをしたのもまた事実ですね・・・
  ま・・それは今はいいとして・・・
  1981年の磐城の東北大会の演奏は、ほとんど全ての聴衆の心を掴み、ノックアウトしていたと思います。
  そしてあの演奏を初出場ながら全国大会でも、東北大会と全く同じ・・・
  否!! それ以上の素晴らしい演奏を聴かせてくれていたと思います。

  全国大会初出場でしかも早い時間帯での演奏・・・正直相当な緊張もあったと思いますが、
  とにかく・・・伸び伸びと自分たちが持っているものをすべて出し切って大満足の演奏という感じだと思います。
  演奏も全く萎縮することなく、自由自在変幻自在に聴かせてくれていました。
  それと・・・余談ですが・・・・
  この時の指揮者の根本先生ですけど、東北大会で自分が見た限りの印象では、
  とにかく奏者に細かい指示を出し、こねくり回すような煩雑な指揮・・・みたいな印象がありました。
  だけど・・・
  同じ自由曲の2001年の演奏とか最近の矢代秋雄/交響曲等での指揮を見た限りでは
  「あれれ・・そんなに煩雑な指揮ではなくて、むしろわかりやすい振り方」みたいに感じました。
  やはり・・・指揮者にとっても歳月というものは、変化というものをもたらすものですね。

  課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュですけど、印象としては、地元なんだけどそれほどの過剰な「思い入れ」は少なく
  どちらかというと・・・
  高まる感情を少し抑制して理性的に表現していたみたいな記憶があります。
  ま・・・だけど磐城の場合、圧巻は自由曲の「中国の不思議な役人」でしたね!!
  1981年の全国大会・高校の部は前年の1980年には一歩及ばないけど、それでも全体的には大変高い水準の大会
  だったと思いますが、この年において、もしも・・昔のように「順位制」だったらどうなるのかな・・・と思ったところ
  自分の中では・・・
  1位 天理 2位 川本 そして・・・3位がこの磐城ではないのかな・・と思うほど
  とにかく磐城高校の演奏、特に自由曲は素晴らしかったです!!
  余談ですけど、もしも4位を付けるとしたら・・・福岡工大付属を推したいです! そして・・・影のMVPは・・当然、市立川口ですっ!!

  磐城の自由曲は、本当に細かいところまで完璧に消化されていて
  演奏に全く弱みとか技術的不安が無い所が凄いと思います。
  前半のドロドロした部分とか原作のバレエにおけるとぼけた老人のユーモアあふれる表現とか
  生命の躍動感とか
  人間の「生きる本音」→性欲・欲情みたいなすさまじい「ドスケベの塊り」みたいなものを
  あそこまで本音丸出しで語れるとは・・・!!
  やはり・・・・あれは・・・磐城高校が当時は男子校というのも多少はあるのかもしれないですよね。
  男子校というと自分の高校も含めて「慢性的なクラリネット奏者不足」という「木管セクションの弱さ」という悩みが
  付き物ですけど、
  そうした木管の弱さはどこにもなく、むしろクラリネットセクションは大変よく鳴っていたと思います。

  そして・・・・圧巻は・・・

  トロンボーンの見事なソロとそれ以降のドロドロとした激しい展開ですね!!

  とにかくあの激しさは・・・

  まさに・・・

  売春婦の少女に「やらせろ、やらせろ!!」と迫るドスケベなエロ中年オヤジの「エゴ」そのものですね・・・

  ま・・・確かにそういう描写のバレエなんですけど・・

  とにかくお見事でした!!

  それと・・・

  あの演奏は、トロンボーン奏者も素晴らしかったけど、あくまで個人的な話ですけど・・
  打楽器奏者・・・特にハイハットシンバルをまるで「魅せるパーカッション」のごとく
  華麗な手さばきで撥で叩き付けたあの奏者は素晴らしかったと思いますし、
  マリンバ奏者も大変お見事なテクニックを見せてくれていたと思います。

  とにかく・・・・

  この年の磐城も素晴らしかったけど、あの年と全く同じ指揮者の根本先生を擁しているこのチームの
  今後の更なる飛躍をご祈念申し上げたいと思います。

 | BLOG TOP |