FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・・

さてさて・・・こうして無事に「魔法つかいプリキュア」が開始されましたけど
昨年の今頃の自分自身はどんな感じだったのかな・・・?
そうですね・・・
とにかく・・・・ハピネスチャージが終わってしまった「ハピロス症候群」の真っ只中で、
ブログでは健気にも・・・(?)「姫プリの第一話が楽しみ・・」とか書いていたと思いますけど、
本音は・・・
「ハピネスが終わって寂しい・・・」という感じでしたね・・・・
ま・・・・あのハピロス症候群は、トワイライト様登場までしばし続く事になったのですけどね・・・・

だけど・・・

今この時点の気持ちとしては、そうした「喪失感」は全くありませんので
とにかく・・・!!
気持ちとしては「魔法つかいプリキュア」を第一話からのびのびと楽しめる気持ちでありますっ!!

いやーーーとにかくこの「晴れ晴れとした気持ち」はとってもいいもんです!!
とってもすがすがしい!!
魔法つかいの第一話がとっても素晴らしかっただけに
この一年間、とにかくとにかく・・この素晴らしきシリーズになりそうな予感に満ち溢れているこの作品を
思いっきり楽しみたいですし、
そうなる「予感」は間違いなくなくあると思います!!

とにかく・・・私は・・・「プリキュア」が大好きですっ!!

そうですね・・・・

最近のフレッシュの再放送にてラブがあの不滅の名言・・・「私はプリキュアもダンスも両方頑張る!!」を
ついに言ってくれましたけど、
私の今の気分は・・・・
私は・・・・プリキュアも東方も吹奏楽もみーーんな同じくらい大好き!!
という感じですっ!!

さてさて・・・第一話と言う事で、背景とか家族構成とかキャラ紹介とか色々説明をしなくちゃいけない回なのに
それも的確にこなした上で、
みらいとリコのキャラの違いなんかも丁寧に描いていたと思われますし、
なんか本当にあっという間の30分間でした!!
リコちゃんは紫系プリキュアと言う事で、現時点で青系が出ていない時点においては、
本来は、しっかり者・ツッコミ役・真面目・ポンコツピンク系のサポート・聡明といった役割を担うのが
ま・・・これまでの伝統なのですけど
そうした点を踏まえつつも、少し「ポンコツ」の香りが漂うのは実に素晴らしいと思います。
何となくですけど・・・初期の頃のみらいとリコは「ダブルボケ&ダブルポンコツ」設定という感じになるのかな・・・?
いやーーー、だけど、私・・・歴代プリキュアにおいては、
優秀系も・・・ま・・・悪くはないのですけど、
やっぱりプリキュアについつい求めちゃうのは、
「ポンコツ系」の女の子が一年間頑張って、その子なりの「成長」をつかみとり、そして「自分の夢」を
見つける事なのだと思います。
だからこそ・・・こういう初期設定がポンコツの方が私は大好きです!!
みらいも・・・リコちゃん以上にとっても面白い子ですよね!!
あの落ち着きのない感じとか、ま・・・少なくとも「学業成績が決して優秀で無い」あたりとか、
好奇心旺盛な所とかおせっかい焼きな所とか
まさに・・・ピンク系プリキュアの典型だと思います!!
いやーーー、こういう「ピンク系」はやっぱりポンコツ系が実に座り心地がいいと思います!!
ま・・・みらい・・・お願いだから・・・お勉強はできなくてもいいから・・・・
せめて・・・2代前の偉大なる先輩のように「学年最下位」だけは勘弁してね・・・・(笑・・)
みらいの会話の中でも、時にタメ口・時に丁寧語というようになんかあの「落ち着きのないごちゃまぜ感」が
実にプリキュアの主人公らしくてとっても大好きです!!
みらいの「それってワクワクもんだぁ~!」のあのセリフがとっても大好きですっ!!
あれはもしかして・・・みらいの口癖の一つなのかな・・・??

みらいの家族構成ですけど
今作のピンクは、母親はアクセサリーショップ経営の自営業で三世代同居なんですね!!
歴代で三世代が同居していたプリキュアですと・・・
つぼみ・いつき・れいか・マナがそうでしたね。
祖父母と孫の二世代同居というパターンですと・・・・ほのかとアコちゃんがそうでしたね・・・
みらいのおばあちゃまも・・・・昔は美人さん・・・という感じですけど
まさか・・・・そのおばあちゃんが「実は・・・私・・・昔は魔法使いだったのぉーー」というパターンは
あり得るのかな・・・・?
そうなった場合は、つぼみと被りそうですね・・・・(笑)






0bf15a87_convert_20160208202728.jpg


1eef105c_convert_20160208202832.jpg



第一話の冒頭シーンを見て、まず思った事は・・・・

これは・・・もしかして・・・・歴代のピンク系の王道のように・・・・
ピンク系の顔面直撃パターンなのかな・・・と思ってしまいました・・・(苦笑・・・)
ま・・なぎさ・つぼみ・みゆきの場合は、あれはあくまで妖精が顔面直撃でしたけど、
さすがに人の顔面に人が直撃したらまずいか・・・・
なんか冒頭でいきなり箒に乗りながらもうまくコントロール出来ずにフラフラ飛行しているリコを見て
「あれれ・・・もしかして・・プリキュアがプリキュアを顔面直撃する事が初めての出会いになってしまう
初めてのパターン誕生か・・・」と思ったのですけど、
ま・・・確かにそりゃまずいか・・・

それにしても・・・・リコは第一印象では「なんでもそつなくこなしてしまう万能タイプ」に見えてしまったのですけど
実態は・・・・
まだまだ発展途上で修業中で「未熟な魔法使い」という感じですね・・・
うーーむ、今年のプリキュアはみらいもリコもとにかくなんか「無限の可能性」を秘めていて
とっても「のびしろ」がありそうで、この意味でもとっても楽しみですね!!
これにもしかして・・・「追加戦士」でも入ってきたら尚楽しそう!!

それにしても・・・・

みらいは、いきなり街中で箒にまたがって空を飛ぶ女の子を見ても全然驚かないのですね!!
逆に・・・色々と質問攻めにしちゃうくらい好奇心旺盛!!
いやーー、これぞまさしくピンク系プリキュアの王道!!
うん!! みらい、えらい!! あなたはなるべくして「ピンクの魔法プリキュア」になったのだと思います!!
最初はなんかドヤ顔みたいに「ふんっ・・私はあなたのような一般人と少し違うのよ・・・」みたいな感じのリコでしたけど、
段々と少しずつ二人の「距離」が縮まっていく演出が素晴らしいですね。
ま・・・本格的に二人の間に「友情」が芽生えていくのは来週以降のお楽しみという感じなのかな・・・
ドヤ顔みたいな感じで一旦は一人箒にまたがってその場を離れようとするリコですけど、
好奇心旺盛のため、まだまだいろいろ聞きたい事があるみらいが、その箒に飛び乗ってしまう辺りは
まさに好奇心のかたまり!!という感じですし、
まさに・・・怖いもの知らず&やんちゃの典型的なピンク系という感じがぷんぷんと漂ってきます。
お腹がすいてしまうと、魔法使いとしてのパワーが落ちてしまい、
「飛ぶ力」を維持できなくなってしまうリコのポンコツさもとっても可愛いです!!

それにしても・・・みらいのおせっかい焼きも相当なものがありましたね・・・

リコの探し物に「二人で探した方が早く見つかる」とか言ってリコと一緒に行動する辺りは
うーーん、なんかあのおせっかい焼きぶりは、3代前の偉大なるマナ大先輩を彷彿とさせるものが
ありますね!!

少し話はそれますが、そう言えば、マナ大先輩は第一話からいきなり「マナ大物伝説」を
作りあげていましたね!!

例えば・・・・

〇瞬時に喧嘩・病人・落し物等のトラブルを解決

〇足がめちゃくちゃ速い!! →陸上の公認記録よりももっと早い!!

〇声がデカい

〇困っている人を見ると放っておけない

〇高さ999メートルのタワーの階段を一気に駆け上がるスーパー体力

〇怪物キャラのジコチューに説教を始める

〇妖精がいきなり話しかけても全く動転せず、普通に自己紹介を始め、簡単にプリキュアに変身
 する事を了解してしまうスーパー柔軟性と適応力

〇怪物に襲われた子供を無事に救出してすぐにタワーからの景色に見とれてしまう・・・

ま・・・あれが最初から出来ちゃう人は・・・多分・・歴代でもマナだけだと思いますけどね・・・



ee88ef50_convert_20160208203031.jpg


それにしても・・・・

改めてですけど、みらいは本当に「夢見る少女」という感じで、そのまっすくで純真な感じが実に
素晴らしいですね!!
それでいて好奇心旺盛でおせっかい焼きで落ち着きがない所は、本当にまさに正統派ピンク系ですね!!

せっかくリコが「昼ごはんのお礼に一つだけ魔法を見せてあげる」と言われても
リコが呪文を唱えている間もずーーーっとリコに話しかけっ放し・・というのもなんか「いかにも・・・」という感じで
逆に好感に満ち溢れています!!

だけど・・・・

意外とみらいは勘が鋭かったですね!!

ここで・・・ついに敵幹部が登場!!

バッティというのが敵幹部なのですけど、これは・・・敵幹部の一人という感じなのかな・・・
あと何人くらいこうした敵幹部がいるのかな・・・?
バッティはいきなり「リンクルストーン」について質問をしてきますが、実はこれ・・どうもリコが探しているものと
同じなのかな・・・?
リコは、ついついそのバッティに近づいて色々と聞こうとするのですけど、
こらこら・・リコちゃん・・・悪い人とそうじゃない人の区別はちゃんとつけるようにしないと・・・
リコちゃんは・・・もしかして・・・
悪い人に騙されてついていっちゃうタイプなのかな・・・??
リコの通う「魔法学校」では・・・・
「不審者には近づかないように・・」という教育がされていないのかな・・・・(苦笑・・)

だけど・・・

みらいは意外にも勘が鋭かった!!

あれは・・・みらいの「直感」なんでしょうね・・・

「ごめん!でも逃げなきゃって。近づいたら危ない…とってもこわい感じが…」

うーーむ、みらいもやる時はやるもんです!!  素晴らしい!!


f55e0be3_convert_20160208203428.jpg


e3051684_convert_20160208203322.jpg



今度の敵側の怪物は「ヨクバール」というのですね・・・(苦笑・・)
ま・・・「サイアーク」とか「アカンベエ」よりはマシなネーミングなのかも・・・・??

それにしても・・・・いきなり街の空中であんな化物が出てきたり
可愛い女の子が箒にまたがって空を飛んでいるというのに・・・
街の反応が皆無・・・・というのもなんか面白い・・・
そういえば戦闘終了後は、何事もなかったかのように元に戻っていましたね。
考えてみると・・・・フレッシュなんかですと、戦闘終了後でもイースなんかが破壊したものはそのまんま
元に戻らず破壊されたまんまでしたけど、
あれは意外と画期的な事だったのかも・・・??

そして今回の第一話で一番素晴らしいと感じたのは・・・・

みらいとリコが必死で箒に二人乗りして逃げる中、モフルンが落下・・・・
それを受け止めるリコ・・
だけどそのためにバランスを失ってしまって箒から滑り落ちてしまいます。
だけど・・・
落下するリコを必死で支えるみらいがとっても健気でした!!

あのシーンを改めて見てみると・・・
みらいが片手で箒にぶら下がり、もう一つの片手でリコをつかんでいる・・・
一方リコの片手はみらいと繋がっていて
リコのもう片手はモフルンを握りしめている・・・

そう・・・リコは・・・魔法の杖を使えない状態なのです・・・

これは第一話から大変やばい状態・・・・

ま・・・こういう時の敵幹部さんは・・・余裕のよっちゃん状態ですからなめきって・・・・
トドメを刺さないのですよね・・・
ま・・毎回毎回歴代の敵幹部さんはこうした「油断と詰めの甘さ」があるから・・
毎回毎回・・・「ポンコツ幹部」になってしまうのですけどね・・・

みらいもリコも・・・あの呪文を唱え続けます・・・

「キュアップ・ラパパ!怪物よ、あっちへ行きなさい!」

だけど何も奇蹟はおきません・・・・

だけど・・・・二人の気持ちが一つになった瞬間・・・・そう! まさに「奇蹟」がおきたのです!!

そう!! この瞬間に「魔法つかいプリキュア」の伝説が始まったのです!!


e76f05df_convert_20160208203148.jpg



それにしても・・・・

みらいもリコは、キュアミラクルになってもキュアマジカルになってもどちらも可愛い!!

そしてミラクルは・・・プリキュアになってしまうと「可愛い」という感じよりは「正統派美人さん!!」というオーラに
満ち溢れていると思います!!

本当に楽しみな楽しみなプリキュアの誕生です!!

今回のプリキュアは・・・
従来の「伝説の戦士プリキュア」ではなくて「伝説の魔法使いプリキュア」という風に微妙に呼称が変更されていますけど
果たしてそれが意味するものとは・・・・??

最後に・・・・

第一話で個人的にものすごーーく気になった事があります。

リコがネコに魔法をかけるシーンを含めて結構あのネコが登場していましたけど
あのネコ役の声優さんが
なんと・・・私が大好きな声優さんの早見沙織さん!!
早見さんは大人気声優さんですし、
早見さんが・・まさかこうしたネコというチョイ役で終るとは考えにくいですので、
もしかして・・・「追加戦士」という可能性はあったりして・・・??
私、以前から「青系プリキュアの理想的声優さんは早見沙織さん!!」と言い続けてきましたので
もしもそうなったとしたら・・・めちゃくちゃウルトラハッピーです!!
ま・・早見さん自身も「魔法科高校の劣等生」というアニメでヒロインを務めていますから、
同じ「魔法」という事でそうなってくれないのかな・・・・??
スポンサーサイト



いやーー、改めてですけど2/7より放映開始の「魔法つかいプリキュア」とってもよかったですね!!
なんかリコちゃんがああやって「魔法の箒」にヨタヨタと乗っている姿とか
あのいかにも魔法使いって感じのあの魔女みたいな帽子を見てしまうと、
「あーー、やっぱり可愛い女の子の魔法使いはいいもんだなぁーー!!」と心から思ったりもします。

あ・・・ここは「吹奏楽カテゴリ」であって、「プリキュアカテゴリ」ではないっちゅーに・・・!!(苦笑・・・)

「魔法つかいプリキュア」第一話は、もうこれで5~6回ほど繰り返し見ているかな・・・
(だって・・面白くてとっても可愛いんだもん・・・!!)
だけど、そうやって「魔法つかいプリキュア」ばっかり見ていたせいか、なんか頭の中が
「魔法使い」というワード一色に染まってしまい
その結果かどうかはよく分からないけど、頭に思い浮かんで来て離れない曲が一つあります・・・

さてさて・・・それはなんでしょう・・・??

ま・・・・クラシック音楽に精通した方ですと、
「そんなの簡単じゃん・・・デュカスの交響詩"魔法使いの弟子"でしょ・・・」と言われそうですけど
残念でした・・・違います・・・
ま・・・だけど・・デュカスの「魔法使いの弟子」も
師匠がお出かけしている際に覚えたての呪文を唱えて、バケツに魔法をかけて
そのバケツが次から次へと水を汲んできたのはいいけど、その魔法の止め方を習っていなくて
バケツが次から次へと水を汲んでくるものだから、部屋の中は洪水状態・・・
あやうく溺死・・・という寸前で師匠が帰ってきて、その魔法を解き、魔法使いの弟子は何とか水難を免れました・・・
そんなお話でしたけど、
その魔法使いの弟子のポンコツさ・未熟さは・・
まさに・・・・
リコちゃんそのものでしたね!!



c2f14409-s_convert_20160208063416.jpg


さてさて・・・先ほどの「魔法使い」というワードで頭に思い浮かんだ曲の正解ですけど
うーーん、これは・・・正直・・・・吹奏楽関連に詳しい人とかこの曲を実際に演奏した経験がある人でないと
分からないかもしれないですけど
オランダの作曲家、ヨハン・デ・メイが作曲した交響曲第1番「指輪物語」の
第一楽章・魔法使い・ガンダルフでした。

この「指輪物語」ですけど、
日本でも知っている人は多いんじゃないのかな・・・?
そう・・・、「ロード・オブ・ザ・リング」という邦題で2001年~2003年に三部作として映画化もされていました。
「指輪物語」というのは、イギリスのJ・R・R・トールキンによる長編小説でして、
妖精や魔法使いが国家を築き、戦争を繰り広げる架空の世界を舞台としたファンタジー長編です。
これ・・・私は原作は読んだことはありませんけど、ストーリーの概要を見た感じでは、何となくですけど
ドイツの民族叙事詩をベースに作曲されたワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」を彷彿させるような
感じはあったりもします。
ちなみに・・・ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」は、四部作構成となっていて
上演するのになんと・・・4晩もかかってしまい、連作歌劇としては、世界最長のものとなっているそうです。
ちなみに・・・
単独歌劇としての最長作品は、同じくワーグナーの楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」です。

さてさて・・ヨハン=デ=メイの交響曲第1番「指輪物語」ですけど、
これってとにかく第一楽章冒頭のあのフレーズがとっても印象的です!!
ダターン!! ダダダダ― タタタターのあのtuttiの全合奏の壮麗な響きがとっても素晴らしいと思います。
そしてこの第一楽章冒頭のメロディは、第一楽章ラストとか
第五楽章「ホビットたち」の展開部とか終盤にも再現されていますし、
何か聴き方によっては、チャイコフスキーやフランクの交響曲の形式で見られた「循環主題」みたいな形式を
彷彿とさせます。
確かに・・・
曲の主要メロディーがその後色々な楽章で再現されていくあの手法は、まさに・・・
チャイコフスキー/交響曲第5番の世界に近いものがありそうな感じもあります。

私が吹奏楽部の現役奏者だった1978~1987年あたりって、
「吹奏楽オリジナル作品」というと、ほとんどはアメリカの作品ばかりでした。
そうした流れに変化が出てきたのは、1990年代以降の話なのですけど、
その流れを最初に呼び込んだのが、ローストの交響詩「スパルタクス」とか「カンタベリーコラール」だったと思います。
ローストの日本でのブレイクがきっかけになったのかは定かではありませんけど、
その後・・・ロースト・スパーク・チェザリーニ、そして・・・このメイなどアメリカ以外の
ヨーロッパの作曲家による吹奏楽作品が日本でも演奏されるようになり、
そしてその流れが・・・・今日の吹奏楽コンクールにおける「邦人作品の大人気」にも繋がっていっているような
感じもあります。
ま・・・そのくらい・・・1980年代の吹奏楽オリジナル作品は、アメリカの作曲家ばっかりでしたからね・・・
そうですね・・・・
個人的な趣味で言うと・・・
非アメリカ系ヨーロッパの作品で大好きなのは、
何と言ってもスパークの「ドラゴンの年」ですっ!!
ま・・この「ドラゴンの年」はこのブログでも過去記事で散々熱く語っていますが、あの第二楽章の高揚感は・・・・
素晴らしい!!
極端な言い方をしてしまうと、あの第二楽章の「感情の高まり」を聴いて何にも感じない奴はヒトじゃねーー!!とすら
思った事もあります・・・・
チェザリーニの「アルプスの詩」とか「青い水平線」とか「ビザンチンのモザイク画」もとっても大好きな作品です!!

さてさて・・・・メイの「指輪物語」ですけど、
この交響曲は下記の楽章で構成されています。

第1楽章 魔法使い”ガンダルフ”
第2楽章 エルヴェンの森”ロスロリアン”
第3楽章 ゴラム
第4楽章 暗闇の旅ーモリアの森、カザド=デュムの橋
第5楽章 ホビットたち

この交響曲なのですけど、正直・・・あんまり難しい要素はないです・・
大変分かりやすい曲で、音楽の雰囲気が原作の物語の世界をある程度忠実に再現していると思います。
第二楽章の厳粛なトロンボーンのコラールは第一楽章のメロディーラインの再現箇所でもあり、
やはりこの曲は循環主題なんだな・・と思ってしまいます。
第三楽章のソプラノサックスとトロンボーンの長大なソロは、この楽章の大きな聴きどころの一つです。
第四楽章は、低音打楽器のリズムの刻みが不気味さをよく醸し出していると思います。
だけど・・・この交響曲は第一・第五楽章が大変印象的ですね!!
何て言うのかな・・・
特に第一楽章のメロディーラインのあのノリは・・・なんか日本人にとっては
「なんか懐かしい・・!!」と感じさせるものがありそうな気がするのですよね・・・・
なんだろう・・・
そう思っていたら・・・
「あ・・・そうそう!! この第一楽章はなんか日本の演歌っぽいノリがあるんだよなぁ・・・
何となくだけど・・・・都はるみのあんこ椿じゃないけど、あんこおぉぉぉぉぉうぅぅぅぅぅ・・・!!みたいななんか
こぶしが炸裂しているようにも感じられるのだよな・・・」と思ってしまうのですよね・・・
ま、これはあくまで私の「感じ方」ですけど・・・・(笑)
第五楽章は・・・ま・・・正直・・・・単調というのか、同じメロディーラインの繰り返しばかりなのですけど
あれがなんか「開放されたファンタジー」みたいな感じもあり、素朴な感じもあり
ま・・・正直・・・そのバタ臭さが時折鼻につくのですけど、
ああいうシンプルな楽しい感じがとっても親しみやすいですし、あのメロディーはなんか一度聴いたら
忘れられない感じもありますね。
そうそうそ・・・
あの第五楽章のあの繰り返しメロディなのですけど
何となくですけど・・・・
むかーーし、大塚製薬の「ベータカロチン」のCMの「とーりませ、ベータカロチン♪」のBGMに
なんか似ているような気も・・・・??

吹奏楽コンクールでは、指輪物語は全国大会では6回演奏されていますけど
そうですね・・・
今一つ「これぞ名演!」というものがないと思います。
どこか・・・この曲の素晴らしい名演を残してくれるととっても嬉しいですね。

最後に・・・

メイは後日交響曲第2番「ビッグアップル」を発表していますけど
指輪物語のあのバタ臭い感じを勧善に封じ込めてしまい、メカニックで近代的な作風に変身していたのは
正直びっくりしたものです!!

 | BLOG TOP |