FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやーーーーー!!

ついに始まりました!!「魔法つかいプリキュア」 

初めに結論から申し上げます!!

いやーーーー、実に素晴らしい!!
あまりにも素晴らしすぎて、日曜の仕事から戻ってきてほぼ何もせず(苦笑・・)
そのまんま録画しておいた第一話を見てしまい、
結局・・・・3回ぐらいずーーーっと繰り返し見ていたら、そのまま朝まで爆睡してしまい、
「魔法つかいの第一話記事ぐらいはその日にうちにUPしておこう!!」と思っていたのに
結局寝てしまったので、今現在・・・AM6:55から慌てて書いています・・・(苦笑・・・)

ま・・・本日も・・・・出勤でありますので
多分・・・・このあと15分程度しか記事書く時間は無いのですけど
とにかく・・・・
その①はあくまで第一印象と言う事でさーーーーっとまずは書いてみたいと思います。

第一話を見て、とにかく・・・!! 色々と感じるところは多々ありましたし
多分ですけど・・・・
事前の予感通り、今年のプリキュアにはまることは間違いなく確定してしまいましたので
その②において、改めて色々と語りたいな・・・と思っています。

だけど・・・・

まずは・・・・

リコちゃんが意外とポンコツ気味で実に楽しかったです!!

それと・・・声優さんか堀江さんと言う事で安心感が全然違う!!
みらいの方は・・・第一話は・・・すこーーし緊張気味だったのかな・・・??

現在東京MXテレビにてフレッシュプリキュアが再放送中で
今現在イースが「最後の戦い」を仕掛けているまさに真っ最中で、その際にイースが何かにつけて
「わが名はイース、メビウス様の忠実なるしもべ!!」とか何とか言っていますけど
そうですね・・・・
今現在の心境ですと・・・・
「わが名はぬくぬく先生・・・ミラクルとリコちゃんの忠実なるしもべ・・!!」とか何とか言いたくなっちゃいそうですね・・・(苦笑・・)





冒頭から実によかったですね!!

みらいのなんかあの好奇心たっぷりな感じがいかにも「夢見る少女」という感じでしたし、
やっぱり・・・
とにかくめちゃくちゃ可愛い!!
中二設定なんだけど、前作のきらら・トワ様に比べて少し幼く見えるのが実にいいですね!!
ちなみに・・・歴代プリキュアの伝統通り・・・ママさんもとっても美人ですね!!

だけどなによりも・・・リコちゃんの少しポンコツなところがいきなり炸裂していたのはとにかく素晴らしかったです!!

「私、落ちてないしぃぃ…」

あの木からの落下シーンは実に楽しかったです!!

リコ=キュアマジカルは「紫系プリキュア」になるのですけど、
その伝統に基づいて
事前の予想では・・・・少し孤高とか真面目とか優秀だけど少し頭がかたい・・みたいな感じもあったけど
第一話の冒頭シーンから
すこしポンコツな所も見せていたのはとってもよかったし、
みらいとの出会いとかみらいとの会話なんかも、
これまでの紫のある意味お家芸な所でもある「頭のかたさ・ツンツン傾向・孤高」みたいなものはあまり感じさせず
むしろフレンドリーみたいな感じもあったのがよかったです。

この二人の今後の「友情の進展」もとっても楽しみですね!!

ま・・・・リコちゃんの「私、落ちてないしぃぃ…」は・・受験生にとっては禁句なのかな・・・??

そうですね・・・

何となくですけど
今作のプリキュアはとてつもなく「のびしろ」があるような気がしています。
みらいもリコもなんとなく・・・「未熟」・・・そうしたものを感じさせる第一回でもありましたけど、
プリキュアはそれがいいんですっ!!
あまりにも最初から優秀すぎると・・・メインヒロインたちの「成長」というものがあまり楽しめなくなってしまう・・・
最初は少しポンコツな感じの方がいいと思います!!

スマイルがポンコツ系、ドキドキが優秀系 ハピネスがポンコツ系、そして姫プリが優秀系でしたので
今作は・・・
やはりポンコツ系なのかな・・・
だけど・・・
私のこれまでのパターンですと、
はまりやすいパターンは断然「ポンコツ系」の方です!!

だから・・・

今年のプリキュアに「はまってしまうこと、けってーーーい!!」という感じなのかな・・・・??
(By 夢原のぞみ・・・)



b5d94eaa_convert_20160208063540.jpg



a9d865f7_convert_20160208063339.jpg


好奇心旺盛で、何でも首をつっこみたがるみらいに
「頑張ろう!!」という意識は強いけど、まだまだ未熟な魔法使いゆえに少しポンコツな感じのリコ・・・

なんか・・・

とにかく無敵の二人!!という感じですね!!


836817bd_convert_20160208063227.jpg


二人の初変身も可愛かった!!

なんか話の展開としては・・・

歴代プリキュアにふさわしく・・「なんだかよく分からないけどプリキュアになっちゃって
なんかよくわからないけどいきなり出てきた化物と戦い羽目になっちゃったーー!!」
みたいな感じでしたけど、
初陣も無事に飾れた!!という感じですね・・・
ま・・・最近のプリキュアでは初陣を飾れなかったりいきなり敗北してしまったり
果てには・・・・初陣でいきなり敵前逃亡してしまった先輩達を見ると・・・・
これは中々上出来です!!

変身前に・・・・みらいやリコが必死で魔法のほうきにつかまりながら、あの呪文を唱えて
敵を追っ払おうとしていた姿は・・・素晴らしい!!

あれこそ・・・・プリキュアの鑑ですね!!

さてさて・・・・ここで15分経過・・・・今から出勤です・・・・(泣・・)

あ・・・でも15分でもこの文量書けてしまうんだ・・・(ここで自分をほめてどーーする・・・苦笑・・)

とにかく・・・!!

今後が楽しみな「魔法つかいプリキュア」です!!

そして・・・改めてその②で続きわ語ってみたいと思います!!
スポンサーサイト



先日の記事の中でテクノスジャパンの「出世大相撲」のゲームの事を書いていたら
「あ・・・そう言えばこの出世大相撲が世に出た頃、ムーンクレスタなんてゲームも
よくやっていたな・・・」と
なんかヘンな所でヘンなものを思い出してしまい、
ついつい記事にさせて頂きました・・(笑)

最近のゲームセンターというのか・・・「アミューズメントセンター」というのはとっても綺麗ですよね!!
昔・・・というか・・・私が中学~高校を過ごした1980年代のゲーセンなんていうのは
なんか「薄汚れたイメージ」とか「入りにくいイメージ」とか
「不良のあんちゃんたちがたむろしているちょっとやばい場所」みたいなイメージもあったのですけど、
そうした視点から見てしまうと、
現在のゲームセンターというのは、親子で楽しめる遊戯場という雰囲気があり、
とっても清潔で安全で親しみやすいみたいな雰囲気がとても強いですね。

高校時代、吹奏楽部の練習が終わっても・・・ま・・・ほとんど寄り道せずに家に帰るという事は
まず無かったですね・・・
部員たちと買い食いしたり、ふらふら楽器屋に立ち寄ったりとか、本屋に立ち寄って
ちょびっと・・・スケベな本を立ち読みしたりとか・・・(苦笑・・)
ま・・・色々それなりに楽しんでいたと思います。
そんな中・・ゲーセンなんかも結構行っていましたね。
だけど、当時のゲーセンは前述の通り、なんか「怪しさ」満開という感じでしたし、
高校の近くにあるゲーセンは、なんかうす暗い雰囲気でした、タバコの煙は充満していましたし、
ま・・・正直お世辞にも健全とは言い難い雰囲気でしたけど
結構ちょこちょこ寄っていました・・・
当時のゲーム機というのは、今のものと違って、小さいテーブルのようなものに南北で二人掛けという
スタイルが定番だったと思います。
椅子というのも汚いパイプ椅子とか背もたれが何にも無いただのイスというのがごく普通でしたね。
勿論一人でも出来るのですけど、
二人組でゲームをする事の方が多かったような気がします。
一人がゲームをしている間は、もう一人の方は相手が敵にやられて一機または一人を失うまでは
待たなくてはいけないというのもなんか・・レトロ感満載ですね・・・・(苦笑・・)
ゲームが巧い奴とゲーセンに行くとそうした「待機時間」がやたら長く・・・・
そいつがゲームをしている間は・・ひたすらゲームを見つめているか「ヒマだな・・・」と連発するしかないという
感じでした・・・

当時流行っていたゲームって何だろう・・・・

実は・・・・1980年代初期の頃は・・・・いまだに・・・「インベーダーゲーム」が現役で稼働をしていました!!(苦笑・・・)
よく・・・「名古屋打ちだべーー!!」とか何とか言っていましたね・・・(苦笑・・)
あとは・・・
そうですね・・・「ドンキーコング」というスーパーマリオシリーズの元祖みたいなものも
出現していましたね。

だけど・・・当時自分達の間で流行っていたのが「ムーンクレスタ」でした。

あ・・・なんかこのゲームなつかしい・・・!!

このムーンクレスタが世に出ていた数年後にあの名作「ゼピウス」が登場してきますので、
ムーンクレスタと言うのは
インベーダーとゼピウスの丁度中間的な位置づけなのかも・・・?

この「ムーンクレスタ」なのですけど、
遊び方は単純明快で・・・・とにかく・・・「やっつけろ!!」という感じです!!
画面に出てきたコールドアイとかスーパーフライ等の敵をひたすら撃ち落とすという感じです。
そしてこのゲームの面白いところは、
敵は・・・一切爆弾を投下したりとかビームを発するという事はしません!!
ひたすら・・・・
こちらの自機に対して体当たりしてくるだけです。
つまり・・・敵キャラが自機に触れたら、その自機は終わりです・・・
このゲームの自機は1~3号機の計3台ありますが、、
1号機が一番小さくすばしっこいけど単発しか撃てません。
2号機が一番安定していて、動きは早いし連射が可能です。
3号機は一番でかいし連射もできるけど、機体がバカデカイのですぐ敵キャラにぶつかってしまう役ただずです・・・・
そしてこの「ムーンクレスタ」の最大の特徴なのですけど、
ゲームの転換時において、1号機と2号機のドッキングが出来て、そのドッキングによってさらに連射が可能となり、
そして更にゲームが進行してくると・・・
1号機+2号機のドッキングに更に・・3号機とのドッキングも可能で、
1~3号機による三台による連射が可能になります。
ま・・・・だけど・・・前述の通り、元々3号機がバカでかいので三台ドッキングは敵にも突撃されやすいという
欠点もあったりします。

だけど・・・当時としてはこうした「ドッキング」というのは画期的だったのかもしれません。

このムーンクレスタ目当てにゲーセン来る人は結構多かったような記憶があります・・・・

当時のそのゲーセンのゲーム機の半数近くがこのムーンクレスタみたいな時期もあったほど人気はあったと
思います。


ムーン


そうですね・・・・

このゲームを何度もやってきた人間の感覚で言うと・・・・
1号機と2号機だけのドッキングのみに留めておき、3号機は無視した方がいいのかもしれません。
敵は・・・とにかくすばしっこいしトリッキーな動きをしてきます。
インベーダーは上下左右にしか変化しませんでしたけど
ムーンクレスタの場合はとにかく動きが変則的・・・!!
そしてむやみやたらと体当たりをしてきますので、やっぱり・・・動きが鈍い3号機は無用の長物に
なってしまいがちですね・・・・


むーんく


そうそう・・・

この「ドッキング」ですけど、これ・・・意外と難しいです。

1号機と2号機のドッキングに失敗すると・・・・なんと・・・!! 1号機と2号機の全てを失ってしまいます。
そして・・・1+2号機と3号機の三機ドッキングに失敗すると・・・
一瞬でゲームオーバーになってしまいます・・・

一度なんですけど、このムーンクレスタをとある先輩とやっている時に、
その先輩が唐突に・・・・
「やばい・・トイレに行きたくなってきた・・・お前・・・席変れ・・・!!オレがトイレに行っている間に
ゲームを進展させていろ!!
間もなく1+2号機と3号機のドッキングタイムだけど
おまえ・・・これ外したらどうなるか分かっているだろうな・・」とか何とか言ってトイレに駆け込んだのですけど
私は・・・・
なんと・・・余計なプレッシャーのせいか・・・(?)
このドッキングに失敗してしまい・・・・
後でその先輩から思いっきり・・・・どつかれました・・・・(苦笑・・・)


むーんくれ


最後に・・・・

「出世大相撲」はそのしこ名は自分で好きな名前を入力できまして・・
当時・・・・
実は好きだった女の子の名前をその「しこ名」にしてしまうとんでもねー事を当時していたものですけど(苦笑・・)
この「ムーンクレスタ」も得点ランキングで一位になると
好きなネーミングを打ち込むことが出来て、しかも画面のトップ表示にその名前が記されます。
ま・・・12文字以内のアルファベットですけどね・・・

当時の高校生の頃の自分は・・・・

〇〇(←当時のクラリネットの先輩の氏名)、バカ死ね!!とか・・・

当時大好きで心酔していた「市立川口高校」の「無言の変革」にかこつけて・・・
MUGONHENKAKUとかなんとか入力していましたね・・・
ホントに・・・おバカな時代でした・・・・(苦笑・・)

 | BLOG TOP |