FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


毎年そうなのですけど、
新しいプリキュアの第一回目は何か緊張しますね・・・
不安半分、期待半分という感じですね・・・

とにかく「魔法つかいプリキュア」の第一話の放映がとっても楽しみです!!
そしてこれは・・・この一年間の私の「生きるチカラ」の一つになるのは間違いないと思います。

プリキュアシリーズの第一話というのは、
各プリキュア達のキャラクター紹介・妖精と敵キャラの背景などをバタバタと説明し、
なんか唐突に妖精が現れて・・・
「なんだかよく分からないけどプリキュアになっちゃったーー!!」みたいな感じでプリキュアとして覚醒し
よく分からないまま敵とバトルを繰り広げてドタバタして
「はい、第一話終了」みたいな流れが多かったようにも思えます。
ま・・・その典型がSSとプリキュア5【無印版】・フレッシュ・スマイルなのかなと思います。
だけど、初代【MH】やプリキュア5GoGoは、2シーズン目という事で
キャラクターや背景の説明をそれほどしなくても良いせいか、比較的余裕を持った作りと
なっています。

そんな中、「ハートキャッチプリキュア」だけは少し例外的だと思います。
ハートキャッチの第一話は、本当に「深い」ものを感じます。

冒頭から、ムーンライトとダークプリキュアのガチバトルから始まり、しかもまさかの
プリキュアが敗北する展開・・・
正直最初にこのシーンを見た時は、そのあまりの予想外の展開に
衝撃と新鮮さを感じました。
つぼみの登校シーンで、「四つ葉のクローバー」を見つけるシーンは、
前作「フレッシュ」からの無事引継ぎ完了を示唆するシーンでもあり、何か妙に印象に
残っています。

だけどハートキャッチの第一話で優れている点は、
第一話の時点で既につぼみとえりかのその時点での弱点・ココロの痛み・コンプレックスに感じている点を
容赦なくさらけ出している点だと思います。

例えば・・・・

つぼみ→人見知り・内気・気弱さ
えりか→図々しさ・姉へのコンプレックス・他人への思いやりの欠如

そうした初期の頃の二人の「心の弱さ」をかなり露骨にさらけ出していて、結果的にそうした欠点をどうやって
この二人が克服していくのか・・という点は大変素晴らしい試みだったと思います。
こうした試みは結果的に大成功だったと思いますし、ハートキャッチの大きな満足感に繋がっていたと
思います。
(ま、ハピネスのひめは、つぼみとえりかの欠点を一人で抱え込んでいましたね・・・、この辺りが
 「一人ハートキャッチ」と呼ばれる由縁なのかな・・・・)

そうした二人の弱さをさらけ出した後も、
妖精二匹とつぼみの出会い・敵幹部の登場・キュアブロッサム誕生など
唐突な展開にも左程違和感を感じることなく物語が進展していく演出には
本当に感服させられたものでした。
そういえば・・・歴代プリキュアにおいて第一話にて、プリキュアが敵と戦わないで「変身」だけで終了と言うのは
ハートキャッチが一番最初でした。

「ハートキャッチ」って、「キュアマリン」という
「歴代でも突出した一人だけ毛色が異なるプリキュア」のおかけで(?)
;歴代シリーズの中でも
「屈指の変化球シリーズ」とか言われますけど、
実は・・・よーーく見てみると、かなり「重たい要素」も内在しているのですよね・・・
つまり「人の心の弱さ」とか「他人には見せたくない心の隙間」とか
そうしたものを容赦なく抉っている側面もあると思います。

ま、そうした重さを回避するために、
ああいう「マリン」という歴代でも屈指のヘンな変化球プリキュアを持ってきたのかもしれませんよね・・・

ま、私は「キュアマリン」が大好きですし、
「アクア・ビューティ・ダイヤモンド」と並ぶ「大好き青系四天王」の一角であるのは紛れもない事実です!

さてさて・・・・

ホント、今年の「魔法つかいプリキュア」は、私にどんな「ドキドキ」を提示してくれるのか・・・・

今からすごーーく楽しみです!!

「魔法つかいプリキュア」の設定とか・・・公式の事前の発表とかは、実は今年はあんまり意識的に
見ないようにしています。
出来るだけ・・・第一話での「新鮮さ」をキープしておきたいというのがその理由です。
一つ気になっているのは、みらいはなんか「魔法学校」に通うようになるのですけど
それって・・
人間界の学校からの「転校」という事になるのかな・・?
ま・・・そのあたりの世界観とか設定もとっても楽しみです。

どんな第一話になるのだろう・・・?

とにかく楽しみです!!

ハートキャッチとドキドキとハピネスでは、その第一話の冒頭シーンは
まさかまさかの「プリキュアの敗北」という衝撃シーンから開始されましたし、
何よりもハピネスは・・・・
同じプリキュア同士だというのに
一方のプリキュアがもう一方のプリキュアに対して
「私はあなたを許さない! 絶対によ!!」と言い放つシーンは・・・あれは・・まさに私にとっては
「衝撃」でしたっ!!
ま・・・あまりにもめぐみ=ラブリーが想像以上に・・否!! 私の貧困なこの想像力の全てをはるか彼方の方向に
超越させるぐらいのすさまじい「可愛らしさ」を第一話から見せつけてくれていましたので
フォーチュンのあの暴言(?)はすく゜に脳裏から消えてしまっていました・・・・(笑)




縺ソ繧峨>繝サ鬲疲ウ廟convert_20160204152026


それにしてもみらいは・・・私服でも「キュアミラクル」としてもみーーんな可愛い!!

この「魔法学校」の制服もとってもよく似合っていますね!!

なんかいかにも・・「魔法使いの弟子」みたいな感じが漂っていると思いますし、
「魔法使い」には定番のあの「帽子」もとってもよく似合っていると思います。

最近このブログでも何かとネタにしている「東方Project」における魔法使いというと魔理沙が真っ先に
思い浮かびますけど
魔理沙のあの帽子も「いかにも魔法使い・・」みたいな感じもしますし、
魔理沙がいかにも「修羅場を何度も霊夢と一緒にくぐり抜けてきた」みたいな歴戦の勇者みたいな雰囲気が
あるのに対して
みらいの場合は逆にその「初々しさ」が実にいいですね!!



繝ェ繧ウ繝サ鬲疲ウ廟convert_20160204152102



リコもまたとっても可愛い!!

魔法使いとしては、みらいよりは先輩という感じなのかな・・・?

とにかく・・・もーーとにかく第一話が楽しみですっ!!
スポンサーサイト



テレビ埼玉の「スマイルプリキュア」再放送も第39話まで進んでいます。
スマイルの再放送が終わると次は「ドキドキ」の再放送がスタートするのかな・・??
このスマイル第39話がリアルタイムで放映されていたころは、ちょうどスマイルの映画「絵本の中はみんなチグハグ!?」が
上映されていた頃と重なりますけど、
当時の感覚としては・・・
映画の中のプリキュア達は、本当にチグハグな展開に振り回されて
この本編の第39話では、原作の「シンデレラ」とはちょびっと(?)違う感じの展開にみんなでハチャメチャ・・という
感じで、どちらも「とっても面白い! 大好き!!」という感じでした。

映画の中でもみゆきは「シンデレラ」を演じていましたけど
みゆきは本当に「シンデレラ」が大好きなんですね!!
映画の中も本編の方でもみゆきの「シンデレラ」はとにかくとっても可愛かったです!!
映画もとっても楽しくて素敵でしたね!!
あの映画は・・・
実は・・・今にして思うと少しだけハピネスの映画「人形の国のバレリーナ」に似ている所があるのかな・・と
思っていまして、
みゆきもめぐみも映画の中のゲストヒロインに対して「出来もしない約束」を安易にしてしまい、
その結果として思いもよらないしっぺ返しを食らってしまうという点が似ていると思います。
めぐみの場合、ま・・あまりにも安直に安請け合いをしてしまったという事と
「プリキュアといえども全ての人達を救う事は出来ない」という事に今更ながら気付くというその鈍感さに
悲劇の原因があったようにも思えますし、
その辺りが後半のあの「感動」を呼び込んでしまうのですけど
ま・・・みゆきの場合は・・・・
うーーん、幼少の頃という事もありますけど、要は分かりやすく言うと・・・・
みゆきはニコちゃんとの約束を「すっかり忘れてしまった・・・」という事になるのだと思います。
めぐみの場合は作為的な意図もありましたけど
みゆきの場合は・・・・これは無作為というか、単なる注意力散漫みたいなものでして、
そのせいもあってか、
みゆきは映画の中で確かに一時的に凹みはするけど、ラブリーほどの精神的打撃は受けていないというのが
大きな違いなのだと思います。
あとそうですね・・・・
ハピネスの映画で凹むめぐみに喝を入れたのはひめ=プリンセスなのですけど
スマイルの映画では凹むみゆきに喝を入れ、温かくアドバイスをしてあげて
「いま、みゆきは何をしたいねん・・・?」と優しく背中を押してあげるあかねちゃん=キュアサニーは
あの映画の中では、実は影のMVPなのではないのかな・・・・とも思ったりもしています。
スマイルの映画の助演女優賞はハッピーですけど、主演女優賞は・・・・間違いなくニコちゃんだと思います。
あの映画でニコちゃん役を務められた林原めぐみさんの演技は・・・本当に素晴らしかったと思います!!






映画においては、例えばシンデレラの世界に突然桃太郎が乱入してくるなど
とにかく・・・各物語の主人公達が別の物語の登場人物として乱入してくるなど
タイトル通り、まさに「チグハグ」な感じでその「噛み合わない感じ」がとってもナンセンスで楽しかったのですけど
本編第39話はまさに・・・ハチャメチャ・・・
みゆきの「シンデレラ」というのは妥当性があると思うのですけど
ポンコツ幹部3人がなぜか・・・シンデレラの邪悪な義姉役・・・・(苦笑・・・)
ウルフルンとアカオーニは一応は・・・・女装と言う感じですかね・・・?
れいかは女の子なのになぜか王子役・・・
あかねちゃんとなおは・・・・なぜかネズミ役+馬役・・・
あ・・・・そういえば映画の中でもあかねちゃんは一寸法師を演じていましたけど、本編でもちびっこいネズミ役・・・
よほど「チイサクナ~ル」がお好きなのかな・・・?

今回のお話は一言で言うと・・・映画にも多少連動していたようにも思えるのですけど
「シンデレラ」という未来永劫後世の子供たちにも伝え続けていきたい「素敵な物語」を
みゆき達プリキュアが守るというものなのですけど
そうした中でも、
この話の中でみゆき達がドタバタ演じたように「シンデレラ」を含めてこうした「物語」というものは
決して「決まりきったもの」があるという訳ではなくて
読み手によって色々な解釈が出来るし
物語は決して一つだけのものではなくてこうした「多様性」があるものなのだよ・・みたいな事を提示していたような
話にも感じられます。

ま・・・お話自体はそんな高尚なものではなくて終始一貫してドタバタを演じていますけど
さすがにみゆきは「無類のシンデレラ好き」というせいもありますけど
一人気合入りまくり!!という感じでしたし、
やっぱり・・改めてですけど「みゆき=キュアハッピーはとっても可愛い!!」と心から実感してしまう
とっても楽しい回でした!!


7ddd85d0_convert_20160203155158.jpg


fa2b724b_convert_20160203155448.jpg



この回のみゆきのシンデレラに対するお相手の王子様役はなおちゃんではなくてなぜかれいかというのも
なんかその微妙なミスマッチがとても楽しいです。
魔法使い役がやよいというのはまさに適役!!
ま・・・そのやよいもウルフルン達に捕まってしまい、みのむしみたいに吊るされてしまうのはなんかシュールな感じ・・
原作の上では、シンデレラは継母・義姉たちから散々いじわるをされまくってしまいますけど
みゆきの場合はいじめられるのがとっても楽しそうな感じでしたけど、
ま・・その継母たちがウルフルンではね・・・(苦笑・・)
だけど・・・みゆきのお料理シーンで、みゆきの邪魔をしようとしていたマジョリーナの目の前で
みゆきが皿を割ったり勝手に自爆してしまい
別にマジョリーナが手を汚さなくてもキッチンがほぼ崩壊状態になってしまったのは
いかにもみゆきらしい話ですね。
ま・・・のぞみも響ももほぼ同じことになってしまうと思いますけどね・・・(苦笑・・)

そうですね・・・原作のシンデレラとは全然違うシンデレラになっているのですけど
なんか全体の雰囲気は合っているというのが今回の話の素敵なところですね。
言うならば・・・
数学の方程式に例えるとも途中の計算過程は無茶苦茶ずれてでたらめなのに
答えだけはなぜか合ってしまう・・・
なんかそんな雰囲気でしたね。
だけど、そうした「多様なシンデレラもありなんじゃない・・? 物語というものは個人の内面の妄想なんかで
いくらでも変容できるのだけど
それはそれで素敵なもの」みたいな事を示唆している感じもありましたね。

「シンデレラ」というと、ペロー童話とかグリム童話でもお馴染みだとは思いますが、
どちらかというと、ディズニー映画としてのシンデレラがかなり印象が強いような感じもあります。
音楽の世界では、意外と素材として扱っている事例は少なく、
ロッシーニ・マスネー・プロコフィエフぐらいしか無いのかな・・・・
ロッシーニの歌劇では・・・・
現在の認識とは少しズレがあるみたいで、
例えば・・・・
シンデレラをいじめるのは義母ではなくて義父であったりとか、
シンデレラにドレスを与えるのは、魔法使いではなくて王子の家庭教師であったりとか、
ガラスの靴はなぜか「腕輪」に置き換えられていたりと、随分と現在の視点から眺めると・・・・
違いはありそうですね・・・
ま・・・音楽の世界でもそうした「多様性」が高らかに謳われているのですから、
「プリキュア」の世界でもこうしたみゆき達のドタバタではありますが「多様性」を遺憾なく発揮しているのは
むしろ妥当なような感じもあったりします。



507e3b80_convert_20160203155313.jpg


それにしてもこの第39話は、まさにみゆきが主人公!!
私のように大のみゆき=キュアハッピー大好き人間にとっては、まさに「プリキュアの鑑」のような回です!!
(おいおい、先日まではラブリー死ぬほど大好きとかなんとか言っていたくせに・・・・)
ハッピーの単独変身も久しぶりのような気がしますし、
考えてみると・・・第1話と第44話を除外するとこうしたハッピーの単独変身&ハッピーの単独バトルというのも
スマイルにおいては珍しい部類に入るのかもしれないですね。
スマイルの後半になって、ハイパーアカンベエが登場してくると、5人での合体技で無いと
撃破できない感じになっていて、
今回「スマイルパクト」を持って来ているのはみゆきだけ・・・・
さてさて、それじゃ一体どうやって撃破するのかな・・・?と思っていたら・・・
そういうのはまさしくご都合主義のプリキュア!! その辺りはちゃんと計算されています。
つまり・・・・
ウルフルンが間違えてただの赤っ鼻を出してしまい、
普通の「アカンベエ」を出したから、ハッピーも無事に単独でアカンベエを浄化出来ましたとさ・・・めでたし、めでたし・・・
という感じなのかもしれないですね(笑)

それにしてもこの回のハッピーの活躍は目を見張るものがありましたし、
あかねちゃんの言葉通り、とっても気合が入っていたと思います。
まさに・・・「シンデレラ」に対するみゆきの「熱い気持ち」が乗り移ったようなものですね!!

あのバトルが開始された頃の時計の針は・・・・PM23:56頃でしたから、
わずか4分程度で最初は時間稼ぎのために逃げ纏うアカンベエを、まさにとっつかまえて
最後は・・・・
「ハッピーシャワー」すらもいつの間にか超越してしまった「シンデレラハッピーシャワー」で
浄化してしまいました!!

うーーむ、普段はポンコツのハッピーもやる時はやるものですね!!


6ea4adca_convert_20160203155111.jpg


さてさて・・・みゆきの「シンデレラ」は無事に12時に家にたどりつき、
翌日・・・
無事にシンデレラの「ガラスの靴」とビタリ符合してハッピーエンドになりました。

「シンデレラ」というと・・・・
そうですね・・クラシック音楽というかバレエ音楽の世界では
やはり何と言ってもプロコフィエフの作品が一番有名だと思いますし、
上演頻度も高いまさに名作の誉れ高い作品だと思います。

プロコフィエフは後に「演奏会用組曲」として、バレエの音楽の中から三つの組曲を残しましたけど
個人的には・・・・・第一組曲がとても大好きです。

この第一組曲は、下記の8曲から構成されています。

Ⅰ.序奏
Ⅱ.パ・ド・シャ
Ⅲ.喧嘩
Ⅳ.仙女のお婆さんと冬の精
Ⅴ.マズルカ
Ⅵ.舞踏会へ行くシンデレラ
Ⅶ.シンデレラのワルツ
Ⅷ..真夜中

Ⅰの序奏のファンタジー感溢れるメロディーは本当に素晴らしいし、いつ聴いてもうっとりとさせられますね・・・
この序奏においては、「愛のテーマ」が壮大に奏でられるのですけど、
この「愛のテーマ」は、この後も至る所で反復使用されています。
この組曲自体、全体的に、鋭角的な作風の多いプロコフィエフとは思えないほどの優しさと幻想さ、分かり易い
作風でまとめられていますが、
時折Ⅴのマズルカのように、かつてのプロコフィエフを想起させるメタリックで鋭角的な響きも
見せたりします。
個人的には、ⅦのシンデレラのワルツからⅧの真夜中に至る所が大好きです。
ハープ二台を駆使し、いかにも舞踏会という感じのワルツを経て、
「真夜中」に至るのですが、ここの部分は、夜12時の時計の音を聞いて
あわてふためくシンデレラが見事に表現され、最後に「愛のテーマ」が奏でられるのは
本当に何度聞いてもその情景が目に浮かびます。
真夜中の部分の時計のカチコチという描写は、ウッドブロックで表現されるのですが、
この「カッチンコッチン」という時計の刻みの音は、まさに「時計の刻みそのものの音」であり、
それを聞いて慌てふためくシンデレラの描写と合せて
大変優れた音楽物語だと感じます。
まさに、「12時の時報に慌てふためくシンデレラ」の姿が目に浮かびそうですね・・・・
この12時を知らせる時計の音の描写で、急激に幻想から現実の世界に無理やり戻されるような雰囲気もあり、
実に「音楽づくりが巧みだな・・・」と感じさせられます。
このⅧの真夜中のラストは、「愛のテーマ」を高らかに歌い上げて終わらせますので
とても爽やかな印象も与えていると思います。

プロコフィエフとか、このバレエを知らない方でも
是非是非、第一組曲の、シンデレラのワルツと真夜中は聴いて頂けると嬉しいですね・・・・
とにかくイメージは間違いなく伝わってくると思います。

ちなみに・・・・

吹奏楽コンクールの「シンデレラ」~Ⅷ.真夜中ですと・・・
あくまで個人的な趣向ですけど、
1990年の江戸川女子と大社中は、真夜中の時計の「コッチン・コッチン」の音は原曲の通りウッドブロックを
使用していて、あの甲高い響きは、シンデレラの「時間に追われる慌て振り」を
象徴していると思います。
1993年の兵庫高校の場合は、ウッドブロックではなくて「スネアドラム」を使用していて
何となく・・・・
ドスの効いた雰囲気を醸し出していて「魔法が消滅して現実に戻る」というリアル社会と魔法の落差
みたいなものを象徴しているようにも感じたりもしますね。


 | BLOG TOP |