FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉での「スマイルプリキュア」の再放送も、やたら中断とかお休みが多いながらも
早いものでもう第37話に突入・・・
この後、映画宣伝も兼ねたみゆきのシンデレラ話と5人それぞれの個人回が終わると
もう最終決戦に突入してしまいますから、
ま・・早いものですよね・・・・
そう言えば・・・
昨年の今頃は、ハピネスの最終決戦とスイートの再放送の最終決戦がほぼ同時期に重なっていて
「ダブルでの最終決戦!!」とやたら自分自身もテンションが高かったような気もするのですけど、
今年の姫プリの最終決戦は、歴代に比べると・・・「少し迫力と盛り上がりに欠けるな・・」とも感じてしまっていますし
(そのせいもあってか・・・最近は姫プリの感想記事全く書いていないですね・・・
そうですね・・・・
「魔法つかいプリキュア」が開始されれば・・・心を入れ替えて(?)心機一転感想記事の方も
例年通りしっかりやっていきたいと思っています!!)
スマイルが夏の頃にとにかくやたら中断ばかりしていましたので、
今年は、現役プリキュアと同時期に最終決戦を迎えられなかった事は・・・少し勿体無い感じもしています・・・







それにしてもスマイルのこの回は・・・・
ある意味凄い回ですよね・・・・(苦笑・・)
プリキュアの敵幹部が人間達に化けて何か悪事を働く・・・みたいな事はそんなに珍しい事ではないのですけど
スマイルの場合・・・
なんでプリキュア達が通う学校にわざわざ転校してきて、しかも転校と同時に
なぜか生徒会長選挙に立候補という事までやってのけていますからね・・・
というか・・・・
七色ヶ丘中学校もある意味ポンコツと言うのか、
「こらこら・・君達の学校にはれいかさん以外の人材はいないのかいな・・・」と余計なツッコミを入れたくも
なってしまいます。

そう言えば・・・

歴代プリキュアにおいて、敵幹部が人間等に化けた例としては
初代のポイズニー姉さんがほのかに化けていましたし、
SSでは、なぜかドロドロンとミズシタターレ姐さんが動物園の清掃員になっていましたし、
フレッシュのウエスターは・・・・ま・・・いかにも「愛すべきバカ」のこの人らしい話なのですけど
主婦・銅像・着ぐるみ等で実を隠しても、結局は・・・カオルちゃんに全部バレバレ・・・みたいな事も
やっていましたね・・・(苦笑・・)
スイートでは、トリオ・ザ・マイナーがなぜか全員女装していましたし
ドキドキでは・・・
マーモとイーラが学生さんに化けてマナをニセ会場に誘導していましたね。
だけど・・・プリキュアの世界で「化ける」というと・・・・ま・・・・誰が何と言ってもセイレーンが一番厄介でしたね・・・

それにしても七色ヶ丘中学校の「生徒会長選挙」の演説会はある意味シュールな光景・・・・(苦笑・・)

人間に化けたウルフルン達3人にれいかさん・・・・

うーーむ、まさに・・・「美女と野獣」の組合せなのかも・・・

というか・・・こんな見え見えの変装気づけよ・・・!!とみゆき達にツッコみたい気持ちはあるのですけど、
ま・・みゆき達は・・・・
歴代でもポンコツ度においては多分・・・・歴代No.1だから・・ま・・仕方ないか・・・(苦笑・・)
そうした意味においては、ジョー岡田に化けたベールの変装を即座に見抜いたドキドキのマナや六花の優秀さは
やっぱり際立ちますね!!
そうなんだよなぁ・・・私・・「青系プリキュア」の理想は・・・れいかか六花になってしまうんだよなぁ・・・・(笑)
それにしても、女子中学生に化けたマジョリーナは、あれは・・・「おばさまのコスプレ」以外の
何者でもないですね・・・(苦笑・・)



96eb4994_convert_20160127154029.jpg


69ee94d6_convert_20160127154004.jpg



一見するととてつもなくしょーもない話に見えてしまうスマイルの第37話なのですけど
これって意外と「深い話」でもありまして、
要は・・・・
「ポピュリズム」というか・・・「衆愚政治」の是非についても問いかけをしている作品のようにも
感じたりもします。
このスマイルの第37話が放映されていた頃って、確か、当時の総理大臣・野田氏と現総理の安倍氏が
国会討論の場において
「定数是正と国会議員の削減を真剣に検討すると約束するならば、国会解散&総選挙に応じましょう」と言う事で
一気に「選挙モード」に突入していった時期でもあるのですけど、
何となくですけど・・・
制作者サイドの「政治ってこんなものでいいの・・?」みたいな問いかけも少しは含んでいたようにも感じられる・・・
というのは、さすがに少し考え過ぎなのかな・・・?

今回の話では、
れいかは一般生徒に対しては
「清掃をきちんとしましょう、校内のルールはちゃんと守りましょう」と・・ま・・・至極当たり前の事を言っているのですけど
一般生徒にとっては・・・
「なーーにを頭の固い建前論ばかりいっているんだ・・・」みたいな感じ方をしちゃうのかもしれません。
ま・・・れいかが主張している内容は妥当性は十分にあるのですけど、
必ずしも・・・れいか自身の言葉で語っている訳ではなくて、表面的な建前を言っているに過ぎないと
思われたのかもしれません。
だからこそ・・・れいかに対する「受け」とか「反応」は必ずしもよくはないし
れいか自身が迷ってしまう素描があったりもします。
(弓道シーンでれいかが珍しく的を外すシーンは・・・心の迷いは武芸にも表れるみたいな感じで
とっても示唆的で印象的です)
それに対して、ウルフルン達は・・・
(それにしても・・ウルフルン太郎とかオニキチとか・・・そのまんまやねん!!という感じですね・・苦笑・・・)
「宿題廃止」とか「校内でゲーム容認」とか「校内にお菓子持込みOK」みたいな
生徒にとっては「受けが良い主張」を展開する事で、
一般生徒からの高い支持を受けることになってしまいます。
ま・・・これって別に漫画やアニメの世界のお話というのではなくて、現実社会・・・というかごく最近の日本でも
起きている事なんですよね・・・

「国民の皆様に子ども手当を支給します・・・子供一人当たり一律26000円を至急させて頂きます」
「消費税は据え置きします」
「ガソリン税を廃止します」
「え・・・財源・・・?? そんなの官僚を締め上げてムダを削ればいくらでも出てくる!! 隠れ財源も
山のようにあるはず・・」
「最低でも県外に基地は移転させます」

そーーんな出来る訳も無い「甘い事」を散々並べても
結局は・・・・「勢い」と「主張のわかりやすさ」だけで国民の支持を取り付けて選挙に圧勝して
政権を取ったものの
結局は・・・・
「すみません・・やっぱり日本にはそうした財源はありませんし、アメリカとの絡みがあるからそんな事は出来ません・・」と
なってしまい、
結果的に国民の失笑と失望を招いたどっかの政党と大して変わりがないような気がしますね・・・

「民主主義」って何か言葉が独り歩きして
「絶対的に正しいもの!!」みたいに思われてしまう傾向にあるのですけど、
これって大変難しい問題も含んでおりまして、
決して絶対的に正しいシステムとは到底思えない・・という側面もあるんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
要は・・・・
選挙においてのみ、国民にウケる甘い事を散々言っておいて「政権」を一度奪取してしまえば
もしかして・・・その後に待ち構えているのは・・・・
とんでもない事態・・・ということだって十分あり得ると思いますし、
事実、あのナチス政権だって、合法的な選挙で選ばれた政権ですからね・・・

難しいのですよね・・・・

国民にとって「耳の痛い政策」を唱えると「選挙」での当選が難しくなってしまうし、
だけど一方
「未来の国や国民」の事を本気で心配すると、今現在「痛みを伴う政策」を施行しないと
その未来に地獄しかない場合だってありますし、
そのためにはちゃんと「耳に痛い事」をきちんと提示しなければいけないことだってあると思うのです。
要は・・・・
「選挙」というものは「単なる人気取り」ではないと思うのです。
きちんと「国民にとっては不都合な事実」も提示した上で
「そうした事態を回避するためには、取り急ぎ今は、こうした事をやらないといけない!!」ときちんと説明するのが
政治家の第一の役割だと思うのですけど、
ま・・実態は・・・みんなどいつもこいつも「自己保身」ばかり・・
「自分の当選」しか眼中にないですよね・・・・

政治家の役割の一つは「国民に未来図をきちんと提示・説明をする事」
国民が果たすべき責務は、「未来に対してきちんとビジョンを描けている人に選び信託する事」
だと思うのですけど
ま・・・それが出来ないから
今後必ず日本の未来に暗い影を与える「財政破綻」の問題とか
小泉劇場とかばらまき政策みたいな事が日常茶飯事になってしまうのですよね・・・



b46b69c2_convert_20160127154253.jpg


98abbb2a_convert_20160127154056.jpg



あ・・・・今は・・・「スマイルプリキュア」の話でしたよね・・・

今回の話で「あ・・・よかったな・・」と思う点は、れいかの「変化」です。

一番最初の演説とかを聞くと
れいかの言葉は必ずしも「自分の言葉」で語っている訳ではないし、どことなく・・・他人事・・
一般生徒からの「支持」をこの時点では得られていない一つの理由にもなっているような気もします。
まさに、ウルフルン太郎が指摘する通り
「てめーは、何がしたいかがさっぱり分からねーんだよ!!」みたいな感じなのだと思います。
そして例によって例のごとく・・・戦闘シーンになっていくのですけど
ここでれいかは・・・・
「仲間との協力」と言うのか
「自分一人ではできる事は少ない・・・だけど皆と共有意識さえはっきり持てば、自分にだって、何かは出来るはず!!」という
事に気が付き
結果的にそれが・・・・あの最終場面の演説シーンにつながっていくのだと思います。
そうですね・・・
この辺りは、第16話の「どうして勉強するの・・?」の回に対するれいかとしての「答え」が提示されていたような
感じもありますね。
ま、それは・・・・
「己の限界を知る事と仲間からの刺激によって人はいくらでも変れる」という事なのだと思います。

それにしても・・・

れいか役の西村ちなみさんの演技は素晴らしい!!

あのれいかの演説の長セリフは・・・・

もしかしたら・・・歴代プリキュアの中では単独セリフとしては「歴代最長の長さ」なのかもしれません。
すさまじい長セリフでしたけど、
あれを・・・あそこまで粛々とかつ同時にれいかの心情を吐露しながらの演技は
大変素晴らしいものがありました!!

ま・・・スマイルの中で、ビューティ・バットエンドビューティ・子供の頃のれいかの三役をきちんと声で演じ切れた人は
5人の中で西村さん唯一人だと思います。
この御方は・・・
プリキュア5の映画の中でもあのまさに「伝説」の名に恥じない「ダークドリーム」をあそこまで感動的に
演じた方ですので
あの長セリフは、まさに声優さんとしては適任という感じでしょうね。


b3ac7112_convert_20160127154213.jpg


それにしても・・・・

マジョリーナの「本音としての公約」が
「学校を魔法の学校にする」というものでしたけど、
そうですね・・・
マジョリーナはスマイルではなくて
2/7からいよいよ放映が開始される「魔法つかいプリキュア」の「魔法学校」の教師役として
出演した方がいいのかも・・・・??
スポンサーサイト



あ・・・なんか1981年の高校の部に入るまでの「番外編」と言うか「エピソード」が長すぎましたね・・・
エピソードは今回で一旦終了とし、
次回以降、プログラム第一番・高岡商業から語っていきたいと思います。

考えてみると・・・・

中学の頃の自分と高校の頃の自分では「吹奏楽」においてはどこに違いがあったのか・・・

答えは簡単なような気がします。

つまり・・・・

人に言われて嫌々やらされる事と自分の意志で「上手くなりたい!」と思って吹くのか
その違いだけです。
そして・・・
「上手くなりたい!」と思って一生懸命死ぬほど練習しまくってちっとは上手く吹けるようにはなり
その結果として・・・
「音楽が好き!!」というのか「音楽に興味を持つようになっていった・・」という事に繋がっていったのだと思います。
そうですね・・・
自分の感覚としては、中学の頃と高校ではどちらが単純に「練習量」が多かったか・・・
それは・・・文句なく中学時代の頃だったと思います。
だけど、あの頃は・・・
何度も書いている通り、煩くてとにかくおっなかい顧問の指揮者の先生の顔色ばかり見て
嫌々渋々吹いていた・・・
「ここをこうやって吹け!!」と言われたから操り人形のように何も考えずに機械的に吹いていた・・・
そんな感じだったのかもしれないです。

そして・・・自分の意志で「上手くなりたい!」と思う事は、すなわち・・・
「自分の担当する楽器」に対して
「ではどうすれば上手く吹けるようになるのだろう・・・?」と純粋な「興味」を持つことから始まっていくのかも
しれません。
ではなんで高校に入って急に
「もっと上手くなりたい!」と思うようになったかと言うと・・・
簡単な事で、他のクラリネット奏者達が経験者であるはずの自分よりもはるかに上手い事に
プレッシャーを感じていた事と
男子校特有の「クラリネット奏者の絶対的不足」というものがそこにはあったのかもしれません。

とにかく・・・・男子校は・・・・木管奏者が少ない・・・・そして特に特に・・・・クラリネットパートは人がいない・・・・
中学の頃は部員90人以上に対してクラリネットは18~20人は常にいたと思いますけど
高校の頃は・・・・部員35~40人前後でクラリネットパートはわずか4~5人・・・・
つまり・・・「絶対的な人数」が決定的に足りていないのです。
だから・・・・
一人一人の奏者の役割が全然違ってくるのです。
どの場面でも「空吹き」とか「手抜き」とか「この部分は出来ないので吹けません・・・」という事は
絶対に許されないものがありました・・・・
そして何よりも人数が少ないから一人一人が正確に吹かないと全く話にならない・・・・
入部して間もなくの頃・・・
「あれ・・・・自分のクラリネットの音色は全然クリアじゃないし、むしろ濁っている・・・」と
自分の下手さにすぐ気が付き
「これはまずい・・・」と思い、
とにかく先輩達に改めて一から教わりながら、アンブシュア・正しい呼吸法・ロングトーン・リードの調整法などを
とにかくひたむきに吸収していったと思います。
多分・・・・あの頃が私が10年間の奏者の中で一番真面目にひたむきに余計な事を考えないで
「クラリネット」に向き合っていた時期だと思います。
あの頃は・・・・
教室とか廊下で、メトロノームを相棒にして、とにかくロングトーンをしまくっていたというか
まずは・・・・
「自分が一番美しく出せる音はどの音だろう・・・」と考え初め
「中音域のCの音か・・・」
「それではCの音が美しく出せるようになったら次はDの音・・・」というように
当時の先輩たちの「美しい響き」を見よう見まねで吹いていき、
とにかく「美しい音」を一つの音でもいいから出せるようにしていこう・・!!としていったものです。

「どうすればクラリネットを上手く吹けるようになるのか・・たのためにはどうすればいいのか・・・
何をすべきなのか・・・」という事を
自分の頭で考えるようになり、
他人から別に何も言われなくても勝手に自然に・・・練習を始めるようになっていった・・・・
その辺りが中学の頃との「嫌々渋々練習」との決定的な違いなのかも・・・という所ですね。

考えてみると・・・・

今現在の仕事だって、実は全く同じ・・・・

よく人からは「クレーム処理なんて嫌な立ち位置だよね・・」とか言われますけど
ま・・・実際その通りなのですけど、
一つ言える事は・・・
事前に・・・
「この顧客はなんであんなに激怒しているのだろう・・」
「どういう経緯が過去にあったのか・・・」
「この人はそもそもどういう経歴の人で、家に対しては元々どういうスタンスを取っていたのか・・」などなど
その顧客の事を
色々と想像(妄想・・・??)する事で
何となくですけど・・・
その顧客に対する「興味」がちっとは湧いてきて・・・
「それじゃ・・・・この顧客に対しては次回行った時にどうすればいいのだろう・・何て言う言葉を発すればいいのだろう・・」と
少しは事前に「作戦会議」みたいな事が自分の頭で出来たりもします・・・

ま・・・要は・・・・

人間と言うものは・・・

自分が興味を持てない事に対してはやる気が出ないし
自分が興味を持てた事柄に対してだけしか・・・本気で動かない・・・という事なのかもしれません。
人がよく「仕事」で「やる気が出ない」とか「モチベーションが下がった」とかマイナス的な事を言う場合って
要は・・・
自分の担当する「仕事」に対する「己の興味の持ち方」の違いなのかもしれませんね・・・






06163015_convert_20150501163015.jpg



管楽器における「基本練習中の基本練習」である「ロングトーン」というのも
その「意識の持ち方・・」というか「興味の度合い」によって意味合いが全然異なってくるようにも
感じられます。

だけど、ロングトーンは大変地味で単調な練習であり、
正直、何の目的意識もなくただ漫然と音をボ―――――――ッと吹き続けているだけでは
ほとんど意味がありませんし、まさに時間の無駄という感じになってしまいます。

ロングトーンの目的と成果は何だろう・・・・・
そしてどういう事に気を付けて音を伸ばせばよいのだろう・・・・
思いついた事を列挙してみると・・・

1.音の吹き始めから終わりまで音量を変えないように気をつける
2.音の吹き始めから終わりまで音色が変わらないように気をつける
3.自分の思ったタイミングで音が出るように気をつける
4.呼吸法を意識する(腹式呼吸)
5.出来るだけリラックスして吹く

つまり・・・・ウォーミングアップの役割と
体に不必要な力が入ったまま演奏する癖を付けないようにするという側面もあると思いますね。

私が中学の吹奏楽部の頃は、このロングトーンは、まさに拷問で単調でつまらない練習以外の
何者でも無かったですね・・・・
あの頃は・・・・
朝7:15からの早朝練習の大半は・・・・ロングトーンに費やされていましたけど
多分・・・・私を含めてほとんどの部員は
「それではなんでこんな朝も早くからこんな単調な練習をしなくちゃいけないんだ・・・・」と
全く目的意識も無く漫然と文句ばかり言いながら吹いていましたね・・・・
だから・・・・
あんだけロングトーンに時間を割いても、ほとんど上達していなかったのは、
部員の「目的意識の欠如」以外の何者でもなかったように思えます。

高校の吹奏楽部に入部してまず驚いたのは、この「ロングトーン」に対する目的意識が全然違っていて、
ロングトーン中は、「自分の音」だけでなく「他の楽器の音も同時に聴くと言う事」をとにかく徹底されられました。
具体的には・・・・
中学の時は全員が、ドーレーミーファーと同じ音を同じ音量で漫然と吹いていましたけど
高校の場合は、
35~40人の部員をA~Eグループに分けてグループ毎にそれぞれ違った音を吹かせていて、
それがうまく和音的に調和するように配列されていたので、
自分の音を出しながら、全体の「ハモリ」を確認するという一石二鳥の効果が発揮されていたと
思います。
時にはそれが不協和音みたいな和音構成になっていましたけど、
その時に初めて、「不協和音も響かせ方によっては美しく響く事もある」という事を意識したような感じも
あります。
ま、全員で単一音を漫然と吹くというとどうしても単調になってしまいますけど、
グループ間で違った音を出す事で、「個人」対「全体」の音の響かせ方の違いとか
和音のハモリ方とかそうした事を
このロングトーンを通じて改めて気が付かされた・・・・という感じもありますね。
それと・・・・
音量に付いても色々と細かい指示がなされ、
最初の5分間はffで、次の5分間は一転してpppで、次の5分間はその中間のmfで、
ラスト5分間は盛大にfffでと
色々と変化もあったりして、
「ロングトーン」といえども全く気が抜けない感じになっていて
中学時代の漫然としたロングトーンとは本当にエライ違いになっていましたけど
これは・・・、結果的に大変良かったと思います。
ま、吹いている当人たちは・・・・・本当に大変でしたけど・・・・・

「どうすれば自分は上手く吹けるのか」というのは・・・

ま・・・「響け! ユーフォニアム」の第12話の大変重要なテーマにもなっていましたけど、
そうですね・・・・
あの久美子の「うまくなりたい、上手くなりたい!!」という「叫び」は・・・
実は・・・
全ての吹奏楽経験者が一度は辿った道なのかも・・・・


 | BLOG TOP |