fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


改めてですけど・・・
ルーミアって本当に可愛いですよね!!
東方の世界ではかなり古いキャラの一人だと思うのですけど、
先日発表された人気投票でも堂々の第25位をキープし続けています。
毎年あれだけ多くの新登場キャラとか古参の人気キャラがてんこ盛りの東方キャラの中において
この位置を毎年キープし続けているのは本当にある意味凄いな・・・と思ってしまいますね!!
しかも・・・ここ3年間は毎年順位を上げ続けていますしね・・・
公式作品としては・・・・正直・・・・最近は露出も少ないのに、
そしてなによりも・・・・
あの「そーなのかー」の持ちネタ一本だけで(?)ここまで人気をキープし続けているのは
やはり並大抵の事ではないと思いますし、
やはり・・・あの「可愛らしさ」がたまらない!!という人が多いのかな・・?とも思ってしまいますね。

その②で書いた通り、ルーミアは一応は・・・「人食い妖怪」系となっていますし
ま・・・本来はむやみやたらに近づいたら危険なのかも・・・?という感じも無くはないのですけど
本人自身が・・・
「えーーーー、人間を襲うの・・・? めんどうくさーーい!」とか何とか言っていますし
東方の世界において、「妖怪」は基本的に人を捕食する事になってはいるのですけど
この場合・・・・
人を食うというよりは「人の心を食う」みたいな解釈もありなのかも・・・??

ルーミアの場合、「人の捕食」という目的のために「闇」を発動するというよりは
本人すらも・・・・
何のために闇を発動するのかよく分からないまま、とにかくふらふらと空を飛び回り
闇の発動中も本人自身が闇の中の位置関係を全く把握していませんから、木などの各種障害物に
ぶつかりまくっていますので、
やはり・・・少しポンコツ系な妖怪なのかもしれないですね。

ま・・そういう少しポンコツさんな所も人気の秘密なのかもしれないですよね。

そうそう・・・ルーミアは阿求ちゃんにも「もしかして相当間抜けなのではないか・・」とはっきり
書かれていますけどね・・・(苦笑・・)







上記イラストは、いつも大変お世話になっていて、
当プログの大切なブロとも様のお一人で「dream fantasy」というとっても素敵なプログを管理運営されている
アミグリさんが2012年に描かれた作品です。
いかにも・・・クリスマスにぴったりの雰囲気ですね!!

その②の記事において
「ルーミアは実は怖がりなのでは・・・?」みたいな事を書いたのですけど
ルーミアというとあの「そーなのかー」というセリフの他に、両手を左右に広げたあのポーズが
結構知れ渡ってはいますが
自分の脳内妄想の中では、あの両手を広げたポーズというのは
ルーミアの「人食い妖怪とされながらも、実は・・・人が怖い・・・」という事を何か暗示しているポーズなのかな・・・?とも
思ったりもしています。
というのも・・・・
これは大変古い話で申し訳ないのですが、
あの巨匠・・宮崎監督の出世作とも言える映画「風の谷のナウシカ」において
王蟲の子を囮にして風の谷に王蟲が大挙して押し寄せてくるのを阻止するために
ナウシカが王蟲の子を吊るしている飛行機に、無抵抗を意味するようにふわーーーっと両手を左右に広げて
「私はなにも危害を加えない・・」みたいな事を無言で示唆しているあの感じが
なんか・・・ルーミアに近いものがあったりもするのかな・・・ともふと思ったりもします。
要は・・・
本当は人が怖くてこわくて仕方がないし、
人を襲って食べるなんてとてもとても出来やしないルーミアが
「私はあなた達が本当はこわくて仕方がないのだから私にあんまり関わってこないで・・・」みたいな事・・・・
つまり・・・
「私は無抵抗状態であなた達に何も危害は加えないから、あなた達も私に何も関わらないで!!」みたいな事を
あの左右に広げたポーズで示唆しているというのは・・・
さすがに考え過ぎなのかな・・・??



tosyorumya_convert_20121206151902_convert_20160131040823.png


その②の自分の脳内妄想として
「いつものようにふらふらと闇を発動しながら空を飛んでいたルーミアが木に激突し、そのまま失神・・・
目覚めたら大勢の人間達に囲まれ、ボコボコニされる寸前に止めに入ったのは
あの・・人も妖怪も皆同じでお馴染みの聖白蓮であった・・・」みたいな事を書いたのですけど
そうですね・・・
その続きみたいな事を書いてしまうと、
聖白蓮によって救出され一旦は命蓮寺に保護されたルーミアであったが
白蓮に何を聞かれても・・・何を質問されても
「そーなのかー」・「そーなのかー」というばかりであんまり会話が進展しない・・・
困り果てた白蓮は・・・
「もしかして・・・こやつは元々がアホなのか・・」と思い
「それならば・・・こやつはお寺に置いて修行うんぬんの前に、少し・・・・教養を身に付けさせないといけない・・・
どっかにいい所がないか・・・・
どっか・・・初歩的な教育とか幻想郷の歴史を教える事ができるところはないものか・・・
あ・・・いい所があった・・・
そう言えば・・・上白沢慧音が開いている寺子屋には
現在確か・・・・チルノ、リグル、ミスティアの3人のバカが通っているから
こいつを入れても別にかまわないか・・・
これでおバカ3人トリオではなくて、おバカ4人衆・・パカルテットの結成だな・・・」

そんな脳内妄想が起きたりもしています・・・(苦笑・・・)

あ・・・だけど改めてこの4人を見てみると、妖精がチルノ一人で残りはルーミアを含めて妖怪・・・
そしてチルノ以外の三人は「闇」とか「夜」に関係しているのも
何か面白い共通点ですね。
何となくですけど・・・
ルーミアは、もしかしたら「怖がり」なのかもしれないけど、こうやって色々な仲間が出来たりもすると
徐々に・・・そうした人見知りっぽいところが少なくなっていったり
意外と・・・(?)お勉強なんかも頑張ってどんどん頭が良くなっていくような感じもなくはないのですけど
チルノの場合・・・
(ま・・・確かに公式で唯一・・・?? おバカ認定されているせいもあるのですけど)
何度教えても
「え・・・わかんなーーい!!」と連発したり
足し算に至っては・・・
正解が一桁ならばなんとか両手を使って出来るようになったけど
二けた以上になってしまうと答えはぜーーんぶ・・・「たくさん!!」になってしまうような
雰囲気もあったりして・・・??
ま・・・それがチルノのいい所ですし、チルノって本当に可愛いですからね・・!!

上記イラストは・・・やはりアミグリさんが2012年に描かれたものですけど、
この本を読むルーミアは、なんか・・・寺子屋で一生懸命お勉強するルーミア・・・みたいな妄想を
私に与えてしまった(?)素敵な一枚です!!
読んでいる本は・・・やはり教科書なのかな・・・??
通い始めたばかりの頃のルーミアだったら・・・・
本が上下逆になっても気が付かずにいて
上白沢大先生から「それ・・・逆・・」と言われてると・・・
「そーなのかー」と何か言っちゃいそうな雰囲気があるのかも・・・・??

さてさて・・・

次回以降の東方語りは、最近よくその名前が登場してくる「聖白蓮」について語ってみたいと
思います。
ルーミアの場合、切り口は正直・・・それ程多くはないのですけど
白蓮の場合、とにかくツッコミ所が多過ぎて何をどう語ればいいのか自分でもよく分からないけど
とにかく・・・聖白蓮について
熱く(?)語ってみたいと思います。

その前に・・・・

これは「予告」になってしまうのですけど、明日・・・2/1に
冒頭で名前を出させて頂きましたが、アミグリさんが過去作品で描かれたとにかく「素晴らしい一枚」について
ご紹介をさせて頂きたいと思います。

どうぞお楽しみに・・・・!!

これはもしかして・・・アミグリさんの「最高傑作」の一つなのかも・・・??

ちなみに・・・この記事が累計2700記事になりました!!
開設時のそもそもの目標でもあった累計3000記事は・・・何とか年内に達成できるのかも・・・??

最後に宣伝になってしまいますが、
アミグリさんのプログ「dream fantasy」をご覧に鳴りたい方は
是非是非こちらから・・・・⇒ dream fantasy

とにかく・・素敵なイラストが溢れています!!
スポンサーサイト



モルトン=グールドなんていう作曲家、日本での知名度は
低いのでしようね・・
だけど自分のように吹奏楽経験者に限って言うと
知名度はグンと跳ね上がると思います。
グールドの吹奏楽作品というと、

〇サンタ・フェ・サガ

〇狂詩曲「ジェリコ」

〇吹奏楽のためのバラード

〇アメリカンサリュート~ジョニーが凱旋する時のテーマによる

あたりが有名でしょうし、
ジェリコは現在でも、吹奏楽コンクールで耳にすることもありますし
根強い人気はあるのかもしれません。

「ジェリコ」というと吹奏楽のオールドファンなら、
1960年代の出雲一中を思い出す人も多いと思いますが、
自分にとっての「ジェリコ」は、1977年の神奈川大学の演奏ですね・・・
残念ながら、この年の演奏レコード音源にありませんし、
知る人ぞ知る演奏になっているのは極めて残念なのですけど、
金管セクションの強烈なリズム感とか、城壁が壊れるシーンの打楽器の大活躍ぶりとか
埋もれてしまうには惜しまれる「名演」です。
小太鼓の響きがとっても印象的です!!
この時の演奏は、まだ小澤先生が赴任される前の演奏なのですけど、
小澤先生が赴任される前に既に神奈川大学吹奏楽部は
かなりのレベルに達していたものと推察されます。

あ、なんか全然話がそれてしまいました。

グールドは、純粋なクラシック音楽の作曲家なのかもしれませんけど、
多彩な才能があり、
映画音楽・バレエ音楽・ジャズ・ミュージカルなど多くの分野で作品を残しましたけど、
特にテレビにおけるBGMとしてのテレビ音楽作りに大きな役割があったのかもしれません。
日本では、2003年までテレビ朝日系で放送されていた「日曜洋画劇場」の
エンディングテーマ/So in Loveの作曲者と言った方が馴染みがあるのかもしれませんよね。
グールドは、作曲家としての顔もありましたけど、
指揮者の顔も有しており、RCAレコードに膨大な録音が残されています。
この方、コープランドと大体同じ時期に活動されていましたけど、
かなり長生きされていて、亡くなったのは1996年です。
しかも現役バリバリだったようで、亡くなる翌日は、元々ディズニーのイベントの指揮を振る
予定だったとの事です。

モルトン=グールドの管弦楽の作品と言うと、
私は何といっても「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」を強く推したいと思います。
残念ながらこの素晴らしい曲、日本では知る人ぞ知る曲なのですけど、
こんなに聴いていて楽しい曲もないと思います。
「交響曲」という表記ですけど、
実際は組曲に近い印象です。
この曲の最大の特徴は、管弦楽曲なのに、サックスが5本も入り(アルト2 テナー2 バリトン1)と
更にギターも入る点かな・・・
曲は四つの楽章から構成されます。

Ⅰ.ルンバ

 タイトル通り、ノリノリな曲です。
 全体にサックスセクションが全体を牽引しているような感じもします。
 楽しげに踊っている光景が目に浮かびます。

Ⅱ.タンゴ

 ギターで開始されます。
 南米の夜のだるーい雰囲気がよく出ています。

Ⅲ.ガラーチャ

 バスクラリネットの伴奏に乗る形でトランペットによる軽快な舞曲が
 印象的です。
 リズム感抜群の感じの曲です。

Ⅳ.コンガ

 熱狂的なリオのカーニバルを連想させる音楽です。
 出だしは打楽器から開始されますが、色々な楽器が絡み盛り上げていきます。
 ラストは、8小節の打楽器セクションのソロを経て
 唐突に閉じられます。

いやいや、17分足らずの短い曲なのですけど、
熱狂あり、かったるい部分あり、ダンスあり、リズム感の切れ抜群と
とにかく純粋に音楽を楽しみたい方にとっては
うってつけの曲です。

このグールドの「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」を聴くと
どうしても連想してしまう曲があります。
何かと言うと、吹奏楽曲なのですけど、
A.リードの吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」です。
この組曲も四楽章構成で、

Ⅰ.ソン・モントゥーノ

Ⅱ.タンゴ

Ⅲ.グワラチャ

Ⅳ.パソ・ドブレ!

から成っているのですけど、
構成がグールドの「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」と大体同じなのですよね。
Ⅰがリズム感抜群 Ⅱがだるくて Ⅲがスケルツォ風 Ⅳが豪快に決めるという感じは
両曲とも大体同じような気がします。

ま、だけど両曲とも素材が同じだから、
当然なのでしようけどね。

この組曲は、文字通り、キューバやブラジル、アルゼンチン、メキシコなどのラテンアメリカ諸国のそれぞれに根付く、
独自の歌やダンスなどを題材にした一風変わった作品とも言えます。
計4つの楽章から構成されている組曲は、楽章ごとにモチーフとなった音楽が異なるため
同じラテンミュージックの雰囲気ではありながら、それぞれで全く違った曲想を味わうことが出来ます。
つまり・・・
「一つの組曲で四つ美味しい・・」とも言える事が出来ると思います。

先日の記事の中で、この「吹奏楽のための第二組曲」は、私が高校2年の時の定期演奏会で演奏した曲目の一つと記し
その時の演奏会の曲決めのエピソードを先日記事にした訳ですけど
この曲ほど吹いていて
「楽しいなぁ~」とか
「吹くのが楽しいし気持ちがいい!!」と感じさせる曲は無いと思います。
技術的には・・・ま・・決して簡単な曲ではないし、特にⅢのクラリネットの細かい動きは結構大変だし、
Ⅳの四分の3+2拍子という日本人には中々その「ノリ」が表現しづらいやっかいさというのも
ありましたけど、
とにかく「音楽ってこんなに楽しいんだーーー!!」という事を心の底から実感出来た曲ですし
本当に懐かしいなつかしい曲ですね!!

この第二組曲は、ソロ担当が結構います。

Ⅱのオーボエ・クラリネット
Ⅲのクラリネット
Ⅳのクラリネット・オーボエ・フルート・トランペット
特にⅣのトランペットソロは本当に恰好がいいですね!!
あれはいかにも「闘牛士の入場!!」みたいな感じですね。
うちの学校は前から何度も書いている通り、男子校でクラリネットがとにかく絶対的な数不足に泣かされていましたので
こういうクラリネットにソロがある曲は正直・・
ありがた迷惑の領域だったかも・・・・(苦笑・・)
Ⅱ~Ⅳの三つの楽章でクラリネットのソロがありましたので、当時の3年生たちは
「3人で一つの楽章ずつのソロを担当しよう・・」と悪知恵を働かせ、
ソロのプレッシャーという負担を三等分していました・・・
ま・・・翌年・・・自分達の世代もR.コルサコフの「スペイン奇想曲」をやはりⅢ~Ⅴの三つの楽章については、
「3人で一つの楽章ずつのソロを担当しよう・・」という先代からの悪知恵をそのまま受け継いでしまいました・・・(苦笑・・)

Ⅰの勢いも楽しかったし、Ⅱのだるそうな感覚もよかったし
なによりも・・・
Ⅳの「楽しさ」は本当に圧巻でしたね!!
Ⅳの中間部の三拍子の部分は、吹いていて
確か演奏会の本番中でも・・・・
「ああ・・・音楽ってこんなにいいもんなんだ!!」と半分涙ぐみながら(?)それでものびのび楽しく吹いていたのが
自分自身とっても印象的です。
Ⅳのカスタネットとタンバリンの響きは、まさに「ラテンのノリ」そのものです!!
そうそう・・・
打楽器と言うと、この曲は最低でも7人の打楽器奏者は必要とするのですけど
うちの学校、そんなに奏者がいない・・・
そうなると・・・
他パートから「レンタル」せざるを得なくなってしまう・・・・
さてさて・・・誰が打楽器パートに左遷(栄転?)させられたかと言うと・・・チューバパートの1年生・・・
「えーーー、なんで俺が!!」と終始文句たらたら言っていて
練習もテキトーにやっていたら見事に天誅が下ってしまい、
本番中・・・Ⅲにおいて担当楽器の「マラカス」が廻りとリズムが狂いまくってこの楽章はぼ崩壊状態・・・
んで・・・
後日・・演奏会時の「アンケート」において
かなりの枚数で・・・
「第二組曲のマラカス奏者、おまえ・・打楽器やる気あんのかよ!!」みたいな事を書かれていて
「オレ・・・・打楽器じゃなくてチューバなんだけどな・・・」と思いっきり凹んでいましたけど
誰一人・・・・フォローする人は・・・・
いませんでした・・・(苦笑・・・)

これぞまさに自業自得!!

 | BLOG TOP |