fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


先日の大相撲・初場所では大関・琴奨菊が日本人としては実に実に久しぶりの「優勝」を勝ち取って
くれましたけど、
こういうニュースを耳にすると
「日本人も国技の相撲ぐらいはもう少し頑張ってくれないと・・」とも思う反面
「よくやった!!」みたいに嬉しくもなったりするのも・・・一つの「郷土愛」みたいなものなのかな・・・?

お相撲というと・・・ほんの少しだけご縁があったりもします。

このブログでは何度か語っている通り、大学時代も性懲りもなく「吹奏楽団」活動ばかりしていた私ですけど
大学の吹奏楽団の練習場が都内の「両国」にあり、
そう・・・両国と言うと・・・ご存知の通り「両国国技館」が立地している所でもあり、
実は・・・・その練習場に通う際に何度も何度も・・・お相撲さんに出会ったりもしています。
午前中から昼前後に見かけるのは、序二段・三段目・幕下等のいわば下っ端さんなのですけど、
午後2時過ぎ以降ですと、運が良ければ
「あれれ・・・この人どっかで見た事ある!!」みたいな感じの人にバッタリすれ違う事も何度かありました!!
その中では・・・
寺尾・逆鉾・大徹・多賀竜・・・そして何よりも・・・大乃国が大変印象的でした!!
今はどうかわかりませんけど、
当時のお相撲さんって、結構普通に・・・・電車というか・・・総武線に乗って両国まで来る方もいましたし、
そうやって駅から普通に国技館まで歩いてくるようなお相撲さんも多かったと思います。
また・・・
今現在はどうかは分かりませんけど、当時、両国には相撲部屋も結構あったようでして
そういうお相撲さんというのは、
両国という場所の中では「ありふれた光景」だったのかもしれないですね。

私が大学1年の頃は・・・実はまだ両国の国技館は建設の途中でありまして
あの頃の本場所は確か、蔵前で行われていたと思います。
そうそう・・・確か蔵前で開催された最後の場所で、まさかまさかの・・多賀竜という平幕優勝で
幕を閉じたような記憶があります・・・
そしてさらに・・・
その蔵前開催の文字通りの「千秋楽」において、最後の表彰式でなぜか当時の関取さん全員が
土俵上で「ペンライト」を振って
「ありがとう蔵前!! そして・・・ようこそ!! 両国」とか何とか言っていたのが大変印象的でした・・・(笑・・)

そうですね・・・・

あんな大男のお相撲さんたちが「ペンライト」を楽しそうに振っている光景がとっても楽しくも見えましたし
なんか・・・思いっきり「違和感」も感じたものでした・・・
なんかあんなペンライトを振るなんて・・・・
そうですね・・・
「プリキュア映画」のクライマックスにて
「プリキュア頑張れ――!!」とミラクルライト(→要は・・ペンライト・・)を振っている父親母親と同じようなものですね・・(苦笑・・)



すもー



すもう



さてさて・・・蔵前から両国に国技館が移ったのは1985年だったと思うのですけど
丁度そのころ・・・
テクノスジャパンという所から「出世大相撲」というゲームもゲーセンに登場していました。
これって結構面白いのですよ~!!
だって・・・・
ま・・枯れたギャグの一つだと思うのですけど、とある力士の所属部屋が「徹子の部屋」であったりとか
「二人の部屋」であったりとか「子供部屋」とか「屋根裏部屋」とか・・・
ま・・・なんか・・・「カビの生えたギャグ」ですね・・・(苦笑・・・)
だけど・・・結構本格的な要素もあり、
ちゃんと行司がいて「待ったなし!!」とか言っていましたし、
勝負がきわどいと・・・ちゃんと・・「物言い」になる事もありましたし、その結果取り直しになる事もありましたし、
中には・・・
土俵間際のうっちゃり等で相手力士を審判員まで吹っ飛ばしてしまい、審判員が下敷きになるケースも
あったりしましたね・・・・(笑)
そうそう・・呼出なんてのもちゃんといましたし、
横綱土俵入りというのもありましたし、その際には、太刀持ち・露払いの役割の力士もいましたし、
面白かったのは・・・観客に・・・当時、プロレスでお馴染みのタイガー・ジェット・シンもちゃっかり混ざっていました・・・・(笑)
表彰式とか弓取り式もちゃんと行われていましたし、
優勝すると・・・ちゃんと座布団が舞っていました!!

基本的には・・・ゲームの上ではひと場所三番です→初日・中日・千秋楽
そして・・・三番のうち2番勝つといわゆる「出世」・・・というか番付が上がっていきます。
三番とも負けてしまうとゲームオーバーです。
そうそう・・・横綱に昇進すると一敗でもしちゃうと、ゲームオーバーです。
うーーん、なんて相撲の世界は厳しいんだ!!
ゲーム自体は幕下から開始され、十両→前頭5→前頭4→前頭3→前頭2→前頭1→小結→関脇→大関
そして最後はついに・・・横綱と
勝負に勝っていけばどんどん昇進していきます。

操作自体はシンブルで、十字キーと二つのボタンで操作するのですけど
組合せによっては上手投げとかうっちゃりとかつり出しとか色々と出来ます。
面白いのは・・・・
相手に何度か技をかけたり、相手の猛攻をしのいだりしていると「気合い」という表示が出て、
この「気合」という表示をゲットすると
立ち合いの際に相手を吹っ飛ばしたり
張り手の打ち合いの際に強烈な一撃を食らわしたりすることが出来たりもします。
この「気合」マークは確か・・・・30個まで貯められるのですけど
結局は・・・・横綱戦でほとんど否応なしに使わせられてしまいます。

相手力士ですけど
横綱のふたば山は・・・そう・・間違いなくあの双葉山の事でしょう・・・無茶苦茶強いです・・!!気合いマーク使用しないと絶対に
勝てないと思います!!
大関のくまの洋は・・・あの雰囲気は高見山なのかな・・・?
関脇のおおくには・・・間違いなく大乃国なのでしょうね・・・(笑)

幕下の対戦相手のよわの里は・・・本当にめちゃくちゃ弱いです・・(苦笑・・)
十両のにげの谷は・・・本当に逃げてばかりで、最後はうっちゃられたり肩すかしを食らわしてきますので
結構しぶといです・・・・
このにげの谷は、眼鏡をかけており、上手投げ等で吹っ飛ばすと・・・・
お約束通り・・・無様に眼鏡が外れる演出がされています・・・・(苦笑・・)
前頭のとうほく部屋の「おしん花」は・・あれはどうみても・・・「隆の里」ですよね・・・(苦笑・・)

そしてそして・・・

意外とてこずるのは・・・・前頭4枚目の「にたり川」でしたね・・・・
この人は・・ずるがしこい!!
立ち合いは大抵の場合肩すかしをしてきますし、
組んでも押しても・・・・結局はどんどんいなしてくるし、そして最後はうっちゃられるか
肩すかしで土俵の外に出されてしまいます・・
このにたり川はいつもいつもニヤニヤ笑っていて
勝ったりすると・・なんか「一つ目」みたいな目になって更にニカ―――ッと不気味な笑顔を見せてくれます・・・

この時代、携帯ケームなんてある訳ないし、PSPもDSもWiiも何も無い時代で、
まだ「スーパーマリオ」が流行る前の時代でしたし、
ゲームをしようと思ったら
「ゲーセン」に行くしか無い時代でしたけど、こうしたレトロな時代の大変レトロなゲームもあったもんです・・・・

なんか・・・

琴奨菊の優勝シーンを見ていたら、なんか当時妙に個人的にはまっていたこの「出世大相撲」の事を
思い出してしまいました・・・・(笑)
スポンサーサイト



先日・・・
結果的に更新にとてつもなく時間が掛ってしまい、昨年11月から今年の1月までなんと・・・計三か月も時間を
要してしまった
「1980年全日本吹奏楽コンクール・高校の部」の記事がやっと完了しましたけど
この吹奏楽コンクール関連記事は
次回以降は1981年の全国大会・高校の部にスポットを当てたいと思います。

では早速プログラム第一番の高岡商業から・・・・と思ったのですけど
その前に・・・
自分自身の1981年の出来事なんかも、あくまで「番外編」という形で記事にさせて頂きたいと
思います。
1981年というと・・・
時代的に言うと・・・・
歌謡曲的には、近藤真彦がデビューしたとかイモ欽トリオがブレイクしたとか寺尾聡の「ルビーの指輪」が大ヒットしたとか
ピンクレディーが引退したとか
そんな感じだったかな・・・?
確かあの頃・・・「なめ猫」なんてのもいましたね・・・・
商品的には、雪見大福とガリガリくんが新製品として世に現れた年でもありました。
(もう既に・・・遠い昭和の話ですね・・・苦笑・・・)

私は・・・1981年と言うと・・・中学を卒業して高校生になった年でもありました。
(こんな事リアルに書くと・・実年齢がバレバレですね・・・・苦笑・・)

さてさて・・・・

私自身は、このブログで何度か書いた通り、10年間の吹奏楽生活の中で
9年間クラリネットを、1年間アルトサックスを吹いたのですけど
(ま・・・厳密には小学校の管楽器クラブにて、打楽器奏者を2年間担当していますけどね・・・)
もともと、何で「クラリネット」になったんだっけ・・・・??

もしもタイムマシーンがあって、中学一年の吹奏楽部に入部して間もない自分に出会えるとしたら・・・・

「クラリネットだけは絶対にやめとき・・・!!」みたいな事を言うんだろうな・・・・(苦笑・・・)

だって・・・・

クラリネットは、技術的に大変難しい楽器だし、神経質な楽器だし、
リードを使用するため、リードの日々の状態によってかなり音にも影響が出てしまい、
リードを調整するだけのもかなり面倒だし、
オーケストラの場合、クラリネットは「香辛料」みたいな役割が多いのに対して
吹奏楽の場合、オケが担当しているヴァイオリンの役割を代用される事が多い為、
ヴァイオリンが奏でる早い動きを指と口とで対応しなくてはいけないし、
結果的にスコアは・・・・8分音符と16分音符ばっかりで、
指使いは大変だし、
大抵の場合、前列か前から2番目の列に位置しているせいか指揮者には一番怒られる損な役割を持っているし、
ホント、ロクな事はありません・・・・(苦笑・・・)
吹奏楽の「縁の下の力持ち」みたいな役割なんだけど、労が多い割には「実り」が極めて少ない
パートだと思います・・・・
また、クラリネットは・・・・
45人位の吹奏楽団の場合、7~9人程度は必要なため、各パートの中で一番人数が多いから
一番パート内の人間関係の調整が難しい・・・・という厄介な側面もあったりします・・・・

でも・・・・・上記の事は別にいいんです・・・・

最近の吹奏楽部もそうなのですけど、私が吹奏楽に関係し始めた1970年代後半から1980年代前半は
既に男子部員の数が極度に少なく、
男子部員は、全体の部員の2割くらいという感じだったかな・・・・
ましてや・・・・
クラリネットなんていうと・・・・ほとんど女子部員ばかりでしたね・・・
中学の頃は・・・・・クラリネットパートが18人くらいいて、自分以外は全員女の子・・・・
(現在の視点だったら・・・・・「うらやましい・・・」以外の何者でもないですけどね・・・苦笑・・・)
当時・・・何がおっかなかったかと言うと・・・・・クラリネットのお姉様たちですね・・・・・
だって・・・・・
すこーーーし、ほんのすこーーし反抗しただけで・・・・
4~8人ぐらいの先輩達に囲まれて・・・・
「そこで正座して、自分の何が悪かったかを語りなさい・・・!!」とか何とか
色々ネチネチ責められていたからな・・・(苦笑・・)
また・・・・
「あんた、この間、(別パートの)××という女の子に私の悪口言っていたでしょ・・・!!」とか
色々ツッコまれた事もありましたし、
「えーーー、なんでそんな事知っているんじゃ―――・・・うーーん女の子の横のつながりの
タレこみだの告げ口はおっかねーーー」と
ホント、しみじみと感じたものです・・・・(苦笑・・・)

というか・・・・・わずか12歳にして「女の子はおっかないもの・・・・」という自覚を持った私は・・・・
ある意味すごい・・・??(苦笑・・・)

でも・・・・

私、なんでクラリネットになったのかな・・・・

そうそう、入部当初の「楽器希望」は、トロンボーンを希望していたのですけど
当時の自分の身長は・・・・なんと・・・130㎝程度 体重は30キロ前後でしたので
体力的に無理と判断されたようですね・・・・
それでもって、「軽い楽器がいいんじゃないか・・・」と勝手に判断され
勝手に楽器が振り分けられてしまいました・・・・・

そして・・・このブログの「響け! ユーフォニアム」カテゴリ等で散々愚痴っていたように
中学の頃は・・・・
とにかくおっかない吹奏楽部の顧問の教師の威圧的な指導とか
自分自身全然カリスマ性はないのに「部長職」を押し付けられ、顧問の指揮者の先生と部員の奏者達との間の板挟み状態で
散々悩んだりとか
部員の大量退部事件の後遺症に悩まされたりと
とにかく・・・いい思い出はあんまりないです・・・
ま・・・強いて言うと・・・以前も書いたけど、夏の練習が終わった後に入れる学校のプールで
女の子の部員のスクール水着が見放題であった事くらいかな・・・(苦笑・・・)

とにかく・・・

私は中学を卒業する頃は、大の音楽嫌いというか・・大の吹奏楽嫌いでしたし
高校に入ったら金輪際吹奏楽部には絶対入らないという気持ちで一杯でしたし、
事実・・・
中学の卒業文集には「高校に入ったら、得意の長距離走を活かして運動部に入る」と明言していました・・・

そして・・・・

高校入試が終わって「合格発表」の際、
一階のロータリーの中庭にて合格者氏名の掲示板が貼りだされるのですけど
その発表の10分くらい前から・・・・
何やら・・・・
頭上から不気味で嫌な音楽が聴こえてくる・・・・
よーーく聴いていると・・・
それは・・・
ショパンの「葬送行進曲」とワーグナーの「ジークフリートの葬送行進曲」でした・・・
そう・・・
中庭の頭上には・・・音楽室・・・、そう・・吹奏楽部の部室があったのです・・・
その吹奏楽部の窓を開けて
何人かの部員がそうした「葬送行進曲」を嫌味ったらしく吹いていました・・・・(苦笑・・)
ま、あれは後日分かったのですけど
あれは・・・合格発表の際の吹奏楽部からの伝統的な「プレゼント」なそうです・・・(苦笑・・)
ま・・・いかにもガサツな男子校らしい話ですよね・・・
だけど・・・あれ・・・正直・・シャレにならなかったよな・・
自分自身、頭上からあの陰気なメロディーが響いてくると
「やばい・・・落ちたらどうしよう・・」とか
「やっぱり・・吹奏楽部の奴らは性格わりーーー!! 絶対に自分は吹奏楽部には入らない!! 否!! 絶対に入ってやるもんか!!」と
固く誓っていましたね・・・
ちなみにですけど・・・・
合格発表の掲示板が貼りだされた瞬間に
いきなり・・・・
ショスタコーヴィッチの「祝典序曲」の冒頭のあの輝かしいファンファーレが高らかに鳴り響いていましたけどね・・・・(苦笑・・)






ま・・・こうやって何とか無事に高校に潜り込めたのですけど、前述の通り
中学の吹奏楽部時代のトラウマから
「音楽大嫌い、吹奏楽大嫌い」という感じは変わっていなかったと思います。
新入生が入学した頃の吹奏楽部はと言うと・・・実は一年を通して吹奏楽コンクールの時期と並んで
大変活気のある時期と言えます。
何かと言うと・・私の高校は毎年5月のGWの頃に「定期演奏会」を開催していて、4月なんてまさにその追い込み時期・・・
定期演奏会で演奏する曲の仕上がりで大変ドタバタと盛り上がっているという時期でもありました。
さてさて・・・そう言う中・・・朝とか放課後には音楽室からは吹奏楽部の「音の風景」が流れています・・・
音楽室から流れてきた
リードの「アルメニアンダンスパートⅠ」とか
ボロディンの歌劇「イーゴリ公」~ダッタン人の踊りの
素晴らしい響きに何か魅了されたというのもありますし、
(あの頃は・・・今と違って耳が肥えていなかったから、どんな音楽聴いても「上手いな・・」としか感じなかったですね・・・)
新入生に対する「部活紹介」での吹奏楽部の
「うちの部には、音楽を指揮する先生はいない・・・・生徒の中から指揮者を選出し、自主的に音楽を
創り出していくスタイル」という説明に何か興味を惹かれ
ついつい・・・・・「練習見学会」に顔を出したところ・・・・・
「キミキミ・・・・経験楽器を聞かせて」と言われ、ついつい「クラリネットとアルトサックス」と答えてしまうと・・・
相手の目の色が変わりだし
「男子校でクラリネット経験者は極めて貴重な存在!!」とか色々たぶらかされてしまいましたが、
それでも・・・・・
中学時代のクラリネット奏者としてのトラウマが蘇りもしましたし、
百歩譲ってもしも吹奏楽部に入部するとしても
中学3年の時の「アルトサックス」という大変吹き易く音色が甘い魅力的な楽器を是非高校でも
続けたいと思っていましたし、
それ以前の問題として、自分自身「中学を卒業した際は、絶対に二度と吹奏楽をやらない」と決めていたではないか・・という
自問自答もありましたし、
もしも・・・・高校でも吹奏楽をやるならアルトサックス以外は絶対にありえない・・・・
クラリネットをやるんだったら、
別の部に入った方がマシ・・・と思っていたので
「だけど・・・・そこをなんとか・・・・クラリネットだけは勘弁して・・・・」と懇願したのですけど・・・・
そこに割って入ってきたのは・・・・・
私の中学で唯一自分が入学した高校に進学していたとある先輩・・・・・

「あれれ、お前・・・・俺が中学の時はクラリネットを吹いていたよな・・・・
男子校というのは、絶対的にクラリネット奏者不足なんだよ・・・
そんなのおまえでも分かるよな・・・
35~40人程度の部員で、現在はクラリネットはたったの4人しかいない・・・・
この位のメンバーだったら最低でも6人は必要なんだよな・・・・
こんだけ頼んでるんだから、お前、クラリネットをやるのが筋じゃねーか・・・!!」と半分恫喝(?)
されてしまい・・・・・
高校時代も・・・・しぶしぶ・・・クラリネットに「振り分け」をさせられてしまったのでした・・・・・(苦笑・・・)

あれれ・・・なんかこの辺りの敬意は「響け! ユーフォニアム」の第二話となんかそっくりですね・・・・

ま・・そんな訳で・・・・

1981年の「吹奏楽部生活」は・・・中学時代に続いてまたまた「クラリネット奏者」として始まっていったのです・・・

 | BLOG TOP |