fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


先日なのですけど「ルーミア、とっても可愛い! その①」の記事を掲載させて頂き、
その記事の中で
当ブログの大切なブロとも様のお一人で、とっても可愛くて素敵な東方や艦これ等のイラストをメインに
描かれている絵師様であるアミグリさんが管理運営されている「dream fantasy」というブログの事も
ご紹介させて頂いたのですが、

なんと・・・・

本家本元の「dream fantasy」のアミグリ様より、まそにその「ルーミア」のイラストを
描いて頂けていました!!
正直・・・この粋なサプライズには私も少しビックリ・・・
アミグリ様、とても可愛いツインテールのルーミア、ありがとうございました!!
東方のキャラって、意外とツインテールは少ないのかな・・・とも思える中、こういうツインテールのルーミアは
大変貴重なものだと思います!!

この可愛いかわいいルーミアをご覧になりたい方は・・・
是非是非
こちらから!!⇒  「ツインテールルーミア」

もおぅーーー!! 本当にこのルーミアには癒されちゃいますよね!! ホント、マジでとっても可愛いですっ!!



huriru-mia_convert_20130407134454_convert_20160126154850.png


ちなみに・・・・上記イラストもアミグリさんが2013年に描かれた作品です。
再度確認ですけど、こちらのブログへの転載とリンク貼り付けはあくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、
無断コピー&無断お持ち帰りは・・・ご遠慮くださいね・・・

さてさて・・・・東方Projectの世界観の一つとして「幻想郷」内での人間と妖怪の基本的な位置づけですけど、
ま・・・一般的には「妖怪」と言うと・・・
「怖い」とか「忌み嫌われる存在」とか「人間に危害を加える」みたいなイメージで捉えがちなのかも・・という
感じですが、
東方の世界観では妖怪全てが人間との対立関係にあるという訳では全く無く
ある意味・・・共存共栄というのか、お互いにの「持ち場」を尊重しつつパワーバランスを取っているような
感じなのだと思います。
聖白蓮の言葉を借りて表現すると・・・
「神も仏も人も妖怪も皆同じ!!」という事なそうです・・・・
うーーむ、聖白蓮は・・・本当にいい人!! 同時にとてつもない人徳者・・・・ 
ま・・・聖白蓮は・・・・人と言うよりは・・・魔法使いという感じなのかな・・・
その意味では魔理沙と同業者という立ち位置なのかもしれません。
だけど妖怪は・・・・
ま・・これは妖怪の性質上仕方がない事なのですけど、
妖怪の最大の特徴は・・・「自らの食事のために・・・生きるために・・・人間を襲い
そして人間を捕食してしまう事」なのだと思います。
だけど・・・妖怪は必要以上に人間は襲わず、空腹の時のみ襲います。
それは・・・人間の数が減ると妖怪自身が困ってしまう事が分かっているからとの事です。
他にも・・・家畜や農産物を盗んでしまう事も多々あるとの事です。
だから・・・・
幻想郷内では・・・「絶対的に厭われる存在ではないけど、定期的に妖怪は退治されるべきもの・・」という
認識ではほぼ定着されていると思います。
妖怪は・・時に自らの命を守るために人を襲い、
人は・・・定期的に妖怪は退治しないといけない・・・
そういう世界なのだと思います。
ま・・・そうは言っても・・・妖怪なんか幻想郷内では普通に買い物とかしていますし、
人との接触は・・別に珍しくもないですからね・・
決定的な「対立軸」があるとかそういう訳ではないのです・・・・
だけど・・・時に「妖怪退治」はやらないといけないし、それが幻想郷内での一つの「仕来り」なのです。
そういう妖怪退治を専門に生業にしている者の一人が・・・
そう・・・あの博麗神社の巫女さんの「霊夢」という訳なのです!!

さてさて・・・「ルーミア」なのですけど、
そうですね・・・
ルーミアに関しては、妖怪の中では危険度はかなり低いという位置づけです。
ま・・・というか・・・東方の世界の場合、「妖怪」と言っても水木先生の「ゲゲゲの鬼太郎」みたいな
ああいうおぞましいドロドロとした世界観ではなくて
ほとんどの妖怪は・・・見た目が幼くて可愛い女の子というのが一つの特徴なのかもしれません。
ルーミアは「宵闇の妖怪」という事で「闇を操る程度能力」を持つという設定なのですけど、
周囲を闇で球状に包み込むことで昼間でも夜と同じ暗さにするというのが最大の特徴で、
要は・・・ルーミアの周辺にいる人達全てを一瞬で真っ暗闇に放り投げる事が出来るみたいなチカラです。
でもこれって結構厄介・・・・
あたりは何にも見えないし、
「あ・・・誰かいた・・」と思ってもそれが味方なのか敵なのかさっぱり分からないし
視界ゼロの状態に強制的にさせられてしまう・・という感じですね。
この闇に乗じて襲われるとひとたまりもなく、逃げ道すら見えなくなるそうですので、もしも・・・
妖怪同士連携して徒党を組まれて襲撃されたら・・・相当恐ろしいものはありそうですね・・・

だけど・・・・

ルーミアの場合、基本的に単独行動だし、
本当に・・・・「人を食うのか・・」みたいな幼い可愛い雰囲気ですし、
何よりも・・・
周囲を闇で包んでしまうのだけど
当の本人が・・・
本人も視界を奪われてしまう欠点があるのが何ともマヌケな所・・
つまり・・
あたりは真っ暗闇なのですけど、ルーミア自身も実は・・・この闇の中では本人も何も見えていないとの事です・・
自分で闇を発動しておいて
実は・・・ルーミア自身も全く闇の中の自分の位置を把握できていませんし、
同時に、闇の外の様子も全く見えていないそうです。
だから・・・
あちこちで木にぶつかっている姿が目撃されているとの事です。
そして基本的には・・
あんまり人も襲わず、昼も夜もあてもなくふよふよと空を飛んでいるだけの事が多いとの事です。

ま・・・そういうちよっとおバカさんみたいな所とか可愛い容姿とかなんかが
人気の所以ですし、
時に・・・・その①で記載した通り、チルノ等と並んで「東方パカルテット」みたいに呼ばれちゃう理由なのかも・・??


rumi_convert_20140407170737_convert_20160126154734.png


さてさて・・・上記イラストは、やはりアミグリさんが2014年に描かれた「泣き顔ルーミア」です。
当時のアミグリさんのコメントとして
「ルーミアを泣かせたのは私です・・」と記されていましたけど
なんかルーミアは・・・妖怪なんだけど、とっても可愛くて、だけどとっても弱くって
すぐに泣いちゃう・・みたいなイメージもあったりもしますね!!
そういう意味では結構鋭いところを突かれているのかも・・・??

ルーミアって「妖怪」なんだけど、実は・・・・意外にも・・・
「怖がり」じゃないのかな・・・??みたいな脳内妄想が自分の中にはあったりもします。
本当は・・・怖い・・・
人里に行くのが怖い・・・
人間はもっと怖い・・・
だから、私は・・・人と出くわす寸前になると「球状の闇」をついつい防衛本能で出してしまい
人間が私に近づいてくるのを防ごうとする・・・
だけど・・・あまりにも真っ暗闇なので、私も逃げる際についつい木とかに衝突してしまう・・・・

案外・・・そう思っているんじゃないのかな・・・と妙な妄想したりもします・・・

ルーミアなんですけど、そうした「闇を操る能力」は「新月の晩」にはなぜか発動しないことが多いとの事なそうです。
果たしてこれは何を意味しているのかな・・・?
新月だから既に辺りは「真っ暗」状態だから
ルーミアがそうした能力を発動しなくたって構わない、だから・・・そうした力を発揮しない
または・・・
新月の晩だけ、ルーミアのそうした能力が封印されてしまうのかもしれないですよね・・・

なんか私の脳内妄想では・・・・

ルーミアが新月の前日にいつも通りあてもなくふらふらと空を飛んでいた・・・
そして・・いつも通り木にぶつかってしまい
たまたま、その時は当たり所が悪く、そのまんま新月の晩にまで失神していた・・・・
そうして新月の晩・・・・
ルーミアが目を覚ますと・・・周辺に人間達が大勢ルーミアを囲んでいる・・・

あ・・・やっと目を覚ましたさました・・・

こいつ・・・見た目は可愛いけど、実は人を食う妖怪なんだよ・・・

えーー、こわーーい!!

いつも人間達に危害を加えやがって・・・!! ホントまじでこいつうぜーー!! 早よ、死ね!!

丁度新月じゃん・・二度と悪さしないようにとっちめちゃおーぜー!!

ルーミアは怯えていた・・・心底怯えていた・・・・

どうして・・・なんで私が・・・・私、何にも悪いことしていないのに・・・

本当は・・・・人間が・・人が・・・怖いだけなのに・・・否!! 私は・・・他の妖怪たちも本当は怖くて仕方がない・・・・

ああ・・・誰か・・・助けて・・・!! 本当に人間達にやられる・・・・!!

その時・・・・

「待て―――!!」と言ってその輪に入ろうとした人がいた・・・・

その人の名は・・・後に分かるのだが・・・・「聖白蓮」という名だった・・・・


なーーんて言うのは・・・ちょっとあまりにも逸脱した脳内妄想でしたね・・・(苦笑・・・)
アミグリさんが描いた泣き顔ルーミアを見て、なんかそんなヘンな妄想が起きてしまいました・・・・

→その③に続く・・・・・




スポンサーサイト



昨年11月から中々遅々として進まない「1980年度吹奏楽コンクール全国大会」感想記事でしたけど、
おかげさまをもちまして
先日やっとどうにか・・・コンプリートできましたぁーー!!
そしてこの感想記事については、本当に多くの皆様より素敵な感想記事を頂戴し、
こんな・・・ポンコツ管理人の私としては・・・まさに「感涙」ものであります!!
本当にコメントを頂戴した皆様、改めてですけどお礼の言葉をお伝えさせて頂きたいと思います。
そして改めてですけど、宜しくお願いします!!
正直・・・
「こんなあまりにもマイナーな話・・・そしてあまりにも古すぎる話を書いたとしても、こんなのきちんと見て頂ける人って
いるのかな・・」と思っていた時期もなくはなかったのですけど
本当に色々な人に見て頂き、その出場チームの関係者の方を含めてこんなにも温かい激励のコメントを頂けた事に
感謝いたします。

さてさて・・・次回の感想記事はどの年代にしようかな・・・
たまーーには、21世紀以降の年の感想記事書くのもいいかも・・と思ったのですけど
そうですね・・・
改めて述べてしまうと、
このブログの「吹奏楽カテゴリ」の目的は、あくまで・・・
歴史と歳月の流れに隠れて「埋もれてしまいがち」で「忘れてしまいがちな」過去の素晴らしい演奏の数々を
後世の皆様たちにも
何か目に見える「形」として・・「記録」として・・残すという事でありますので
あんまり最近のコンクールの事を書いてもあんまり意味が無い・・・
そのため・・・
今回も・・・
かなり古い時代の吹奏楽コンクール感想記事を書かせて頂きたいと思います。
具体的には、1981年(昭和56年)の全国大会・高校の部にさせて頂きたいと思います。
そうですね・・・
この年の高校の部の感想記事は実は既に一度書いているのですけど、
正直あれは・・・このブログ開設初期の頃の記事ですし、いま読み返しても、正直・・・なんか関係ない話ばかり
ぐたぐたと書いている傾向が強く
(あ・・・それは今も同じか・・・苦笑・・)
以前からかなり自分自身かなり不満に感じていましたので、
今回は・・・過去記事の再掲載とか再構成というのではなくて、全く「新しい記事」として書かせて頂きたいと
思います。

さてさて・・・1981年というと私は高校一年生
(まったく・・実年齢がバレバレですね・・苦笑・・・)
このブログにおいて「響け! ユーフォニアム」カテゴリで散々書いてきたように
中学の吹奏楽部時代に本当に嫌な事ばかり体験し、吹奏楽自体に凄まじいトラウマ&嫌な記憶ばかりがあった
当時の自分が、高校に入っても吹奏楽を続ける事自体、全くの想定外だったのですけど
ま・・再度ご縁があって入部した以上はやるしかない・・・という気持ちでしたし、
これまで何度も書いている通り、この高校時代に色々な出会い&出来事・・・そして何よりも・・・
1982年の東北大会における花輪高校吹奏楽部におけるあの奇跡としか言いようがないウォルトンの交響曲第1番と
出会う事によって・・・
私の「音楽に対する向き合い方」は・・・まさに180度劇的に変ってしまった!!というものでした。

自分の高校は、今は違いますけど、当時は毎年部員の中から指揮者を選出し、
生徒たちだけによる「完全な手作りの音楽」・「手作りのコンクール」というものを実践していて
課題曲も自由曲も指揮者の一存ではなくて
部員全員の意見を聞いたうえでの多数決による決定という事をしていた学校でした。
この年の課題曲は

A イリュージョン

B 東北地方の民謡によるコラージュ

C シンフォニックマーチ

D 行進曲「青空の下で」

という4曲でしたけど、そうですね・・・誰がどう聴いても抜きん出ていたのは課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュ
だったと思います。
というか・・私今でもこの「コラージュ」は大好きですね!
吹奏楽コンクールの課題曲というと、
87年の風紋とか90年のランドスケイブとか98年の稲穂の波とか素晴らしい名曲はそれこそてんこ盛りなのですけど
特にこの課題曲は大好きでした!!
やはり・・・「東北生れ・東北育ち」としての「血」というのか、
この曲のベースとなっている「民謡」を聴くと・・なんか「郷愁」みたいなものを感じ、血が騒ぐ・・・みたいな
感覚があったのかもしれないです。
だけど・・・・
自分の高校は前年度は(私自身もそうでしたけど)課題曲は「北海の大漁歌」というやはり「民謡」をベースにした
課題曲を選択し、
1年生は課題曲は「Bのコラージュがいい」という意見が強かったのに
2~3年生は
「2年連続の民謡はイヤ!!」という意見が大勢を占め
結果的に・・・
この年の課題曲はAの「イリュージョン」だったのは・・今にして思うと悔やんでも悔やみきれないものが
ありましたね・・・・(泣・・・)

この年の課題曲は、全国的な傾向なのですけど
課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュに人気が集中し、
例えば東北大会においても高校A部門では、13チーム中、課題曲Bを選んだチームが実に9チームにも達していました。
全国大会でも高校の部では出場25チームのうち、課題曲Bを選んでいたのは実に3/5の15チームにものぼっていました。
この課題曲は私も大好きな曲なので、
一日に何度も同じ課題曲を聴いたとしても、この曲は全く飽きなかったですね。
むしろ色々な表現とか、演奏団体によって全然異なる解釈が非常に興味深く
聴いていてホント、楽しかったものです。

「東北地方の民話によるコラージュ」は、後年の1994年の課題曲Ⅳ/雲のコラージュと同様に
譜面に記載されている指定楽器は使用しなくても構わないし、
基本的にはどんな楽器で代用してもOKという非常におおらかなものでした。
ま、ほとんどのチームは、譜面の指定通りの楽器を使用していましたけど、
中には、
青森県信用組合のように、アルトサックスのソロの部分をなんと本物の「尺八」で代用したり
弘前南のようにラストのトランペットの二重奏をフルート二重奏で置き換えたケースもあり
色々興味深い演奏は聴けることが出来ました。
また・・面白い事にこの課題曲は・・・例えば・・トランペット二重奏部分の前とか
導入部が集結しアレグロに入る手前に「ちょっとしたフレーズ」が出てくるのですけど、
この部分は指揮者の判断によりカットしても構わないといった
作曲者公認の「カットOK」という珍しい要素も含まれていました。
この課題曲は、
題名通り「東北地方に伝わる民謡」をベースにし、
具体的には「南部牛追い歌」「津軽じょんがら節」「庄内おばこ」「南部二下り甚句」といった東北の人ならば
一度くらいは耳にした事がある懐かしいフレーズが次から次へと出てきますけど
個人的には一番「懐かしいな・・・胸にしみるな・・」と感じるのは「南部牛追い歌」ですね・・・
また・・・打楽器編成の中に和太鼓・締太鼓といった日本の伝統楽器が登場するのも大変興味深いものが
ありましたし、部分的に「ガラガラ」みたいな打楽器も登場していました。
序奏は大変幽玄的で、アレグロの展開部分は大変ヴァイタリティーがあり、ラストのトランペット二重奏で
しんみりと閉じられる・・・
構成的にも大変巧みなものはあったと思います。

ま・・・この課題曲については、個別には・・・1981年の記事で色々と語りたいと思いますが、
やはり・・・
尺八を使用した青森県信用組合の演奏は大変印象度が強かったですね。
それと・・・
先日・・・・秋田南の「交響三章」の所で既に散々語りましたので今回は割愛をいたしますが、
個人的には・・・
全国・支部・県を通して最高の「東北地方の民謡によるコラージュ」は東北大会でダメ金でしたけど、
大曲高校のあの内面的緊張感の充実した素晴らしい演奏だと
私は・・・今でも確信しています!!

最後に・・・

この課題曲Bは、全国大会・高校の部においては、九州・四国・中国・関西といった西エリアのチームは
ほとんど演奏していません。
たまーに演奏していても、
福岡工大付属のように異常に前半が遅いとか
就実のように後半、やたらと和太鼓を叩き鳴らすとか・・「ちと・・違うんじゃない・・」みたいな解釈は多かったと
思います。
そうですね・・・
これは・・・「大阪俗謡による幻想曲」が関西より西のチームばかり演奏する事例が多いように
一つの「郷愁」というのか「血が騒ぐ感覚」というのに
通ずるものがあるのかもしれないですよね。

 | BLOG TOP |