fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


先日辺りから・・・
コンタクトをしたまま長時間運転したり、はたまた長時間パソコンを使用し続けていたりとかしていると
なんか唐突に
目に涙が入り込んできたような感覚に襲われ、その涙がとっても目に染みて、最後には「痛い・・」みたいな
感覚に陥ったりする事もあったりします。

そうなんですよね・・・

どちらかというと、PC使っている時というよりは
秋から冬にかけて低い位置から西日が差してくる時にその太陽の光が目に入ってきたりすると
なんかやたらと目に何か汗っぽいものが目に入ってきて
それがなんか目に染みてくるような感覚があったりします。

これって・・・・信号待ちをしている時にそうした症状が起きればいいのですけど
大抵の場合、運転中にそうした事が起きたりもするから、たまに困ってしまいます。
別に悲しいから・・・
何かとてつもなく嫌な事があったからという訳では全然無くて・・・(苦笑・・)
目が染みるから・・・みたいな事で
いきなり車内で涙が出てしまう・・というのもなんか・・・ヘンな話であり、
あんまり・・・シャレにもならないですよね・・・(苦笑・・・)

これって聞いた話によると、目がしみる原因の多くは眼精疲労によるドライアイらしいですね・・・

涙が目にしみる原因は目の乾燥だと考えられているそうです。

人間の目は、目の表面やまわりの粘膜の乾燥を防ぐために、
目を潤す仕組みがありますけど、
テレビやスマートフォンをずっと見続けていたり仕事でパソコンに長時間向き合っていたり、長時間の車の運転等の
生活環境によって、その目を潤すはたらきが正常に機能出来なくなっている場合があるそうですね・・・

そうですね・・・・

やはり、そういう場合に備えて普段から目の周りのツボをグイグイと刺激したり
目が乾燥してきたな・・と感じる前に目薬を差したり
ま・・何よりも・・・長時間の車やPCの使用は控えめに・・・という感じなのかもしれないですよね・・・

そうですね・・・・

先日ですけど、顧客の中に眼科医の先生がいたもので、
上記のような症状の話をしたところ・・・
あっけなく・・・

あ・・・そりゃ・・・加齢による眼精疲労とドライアイだね・・・の一言で完了してしまいました・・・・
そうですね・・・
なんか最近やたらと
「加齢のせいだね・・・」の一言で済むケースが多くなっているような気が・・・・(苦笑・・・)







6c4b1522_convert_20160119223751.jpg



fd0a6e20_convert_20160119223920.jpg


そうそう・・・・

上記の話とは全く関係ないのですけど
歴代プリキュアの中でも、
なぜか唐突に・・・・
目からビームを放つ「新技」を生み出したものの
そうした「目からビーム」という荒業を放ったゆえに
「目が~!!」とか何とか言って痛がるどっかのやんちゃなピンクのプリキュアもいましたね・・・(苦笑・・・)

最初にあの「ラブリービーム」を放った際のインパクトは・・・当時かなり大きかったですね・・・(苦笑・・)

そっか・・・ついにプリキュアも目からビームを放つ時代になったのか・・と当時は
なかなかぶったまげたものでしたけど、
ま・・・・後日・・・
いおなコーチのアドバイスもあり(?)
ラブリービーム100連発とか片目で発射とか360度回転しながらビームを乱射するという「荒業」も
ま・・・とにかく・・ポンポンと生み出していましたよね・・・
だけど・・とにかくあんな「目からビーム」というのは・・・確かに痛そうですよね・・・(苦笑・・・)

私の場合・・・ま・・・「目の痛み・しみ」の原因は、ラブリービームではない事は
確かだと思いますけどね・・・(笑・・)
スポンサーサイト



23.中標津高校


  A/楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り(R.シュトラウス)


  この演奏ですけど、とにかく音色・サウンドがとっても温かくて
  いかにも先生と生徒が一生懸命手作りの音楽をして普門館までやってきましたという
  なんか「ほのぼのした空気」が感じられ、
  いかにもお金がない公立高校の演奏みたいな雰囲気が伝わり、
  同じ「貧乏県立高校」出身の者としては、大変「共感度」が高い演奏のようにも感じたりもします。

  課題曲A/花祭りですけど、私、よくこの課題曲に関しては、
  枯れた演奏タイプかメカニックな感じなのかみたいな言い方をしますけど、そういう意味ならば
  完全に前者のタイプだと思います。
  だけど・・・前橋商業みたいに「枯れた感じ」とか「高校生なのになにかさとりきった感じ」みたいな演奏とは
  少し違っていて、
  そうですね・・・「枯れた」というよりは「素朴・純朴」というイメージが近いと思います。
  中標津のこの課題曲Aですけど、これは・・・是非是非皆様にも聴いて頂きたいです!
  というのも・・・とにかく・・・音楽が「温かい」感じで、
  音色がどこまでも爽やかに明るく清涼に響いています。
  なんていうのかな・・・耳にとっても優しく響いてくるのです。
  この中標津の一つ前の演奏が、
  あのメカニックで機能性重視でとにかく・・・重厚戦車軍団のようにひたすら威圧して前へ前へ・・みたいな演奏に
  比べるとその「違い」は一目瞭然ではないのかな・・とも思います。
  特に、課題曲Aの「解釈」の違いはまさに・・・「対照的」という感じで
  その「違い」はとてつもなく興味深いし、
  本当に・・・音楽というものは、指揮者の解釈によって同じ曲でも全然違ったものになるという事を示した
  よい事例なのではないかとすら思っています。
  ま・・・私は、中標津も高岡商業もどちらも素晴らしいと思いますけどね・・・

  中標津の課題曲Aですけど、よーーく注意深く聴いてみると、結構・・・場面場面で
  「テンポ設定」に「変化」をつけているのが分かります。
  だけどその変化が全然作為的じゃないし、違和感もないし、全然普通に聴こえてしまうのは
  「すごいな・・・」とも思ったりもします。
  やはり音色・・・特に木管系の音色が大変マイルドで明るく温かいのは、これはチームとしても
  大変な財産なのて゜はないかと思います。

  自由曲の「サロメ」ですけど、これは・・・そうですね・・・どちらかというと課題曲で感じた「長所」が
  けっしてうまく働いた・・・という印象はないです。
  そうですね・・・
  こういうサウンドを持ち、こういう方向性の音楽作りをしているチームならば
  こうした「サロメ」みたいな「官能性」が高い音楽は、あまり選曲として不向きなような気もしました・・・
  なんていうのかな・・・
  課題曲に比べて少し淡々と進行しすぎた・・・みたいな印象もあったりします。
  もちろん・・・オーボエ・フルートの各ソロはべらぼうに上手いし、金管と木管のバランスも的確だし
  サウンドに弱さは感じさせないし、
  技術的にはほぼ申し分ないのですけど
  やはり・・・少し淡々と進行し過ぎで、サラッと吹いてしまったみたいな感じもあります。

  このチームの指揮者の山形先生ですけど、確か・・・中標津高校を指揮される前は
  中標津中学校で何度か全国大会に進まれ、
  そしてなぜかその後高校に赴任され、
  この年の翌年以降は、再度今度は当麻中学校という中学校の先生として赴任したという
  中学と高校の両方をいったりきたりと大変珍しい経歴をお持ちなのが面白いと思います。
  当麻中学の1982年の「木挽歌」なんて、あれはまさに・・・歴史的名演といっても過言ではないと思えます。
  そっか・・・課題曲A/花祭りも木挽歌も作曲者は同じですので
  こういう方向性の音楽に山形先生としても大変共感度が強かったといえるのかもしれないですよね。
  中標津高校は、翌年はなぜか北海道大会のA部門ではなくてB部門に出場していたのは
  なんか勿体無いような気がします。
  だって・・・確か聞いた話では、
  この時のB部門の交響組曲「寄港地」の演奏は、A部門で代表になった旭川商業よりもはるかに上手いという
  評判は、どこかでちらっと聞いた記憶があります。
  そうですね・・・当時の中標津の音楽的方向性から鑑みると、サロメよりは寄港地みたいな音楽の方が
  このチームのサウンド・方向性に合っているような感じも確かにありますよね・・・

 | BLOG TOP |