fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」ですけど、
たまーにですけど調ちゃん関連のイベントなんかも行われているみたいですね。
そうですね・・
新幹線は県庁所在地の「浦和の街」には停まらないけど、「浦和の調ちゃん」旋風は
まだまだ地元では止まらない・・という感じなのかな・・・・??
先日、調神社に参拝に行った際、この調神社の真向いのミニストップでは、昨年同様
「浦和の調ちゃん」とのタイアップ企画がまだまだ店内で行われていましたし、関連グッズの販売も行われていました。
ガールズ&パンツァー」で大成功を収めた「大洗」とまではいかなくても、
そうですね・・・
地味でもかまいませんので、何とか・・この貴重な「埼玉県ローカルアニメ」がしぶとく生き続けていってほしいな・・とも
思いますね。






この話は既にちらっと書いているのですけど
「浦和の調ちゃん」のアニメ本編は全12話で完結しているのですけど、
実は・・「幻の第13話」というものがあります。
この第13話は、DVDとBDに収録されていて、要は・・・これを見たければDVDを購入するかレンタルしろ・・という
事なのかもしれないですよね。
ま・・・私自身は・・
昨年あれだけこのブログでも散々ネタにさせて頂きましたし、大変お世話になったということもありましたし、
何よりも・・・
特典欲しさにこのDVDは購入はさせて頂きました。
と思っていたら、先日・・・ツタヤでこの「浦和の調ちゃん」のレンタルが既に開始されていました・・・(苦笑・・)
さてさて・・・この幻の第13話 「夏の日と、部室と、友達と」なのですけど、
そうですね・・・・アニメ本編同様、相変わらず何も無いない・・といった感じのお話です。
だけど・・・それがいいんですっ!!
この「何もないない」という「日常のゆるさ」こそがこのアニメの神髄なのかもしれないですよね。
この第13話の主役は・・・メインヒロインの高砂調ではありませんし、
調・常盤・アホの南の3人は一切登場しません。
では誰が主役なのか・・・
残念ながら・・・アニメ本編でもわずか2回しか登場しなかった三室美園でもありません・・・(苦笑・・)
意外な事に、このアニメでも屈指の「影の薄いキャラ」の「田島桜」がそうでした!!
それに生徒会の子鹿と彩湖が絡んでいくというものでしたけど、
幻の第13話でやっと・・主役を晴れるなんて・・・!!  やったね!! 桜ちゃん!!という感じなのかもしれないですね・・・(笑)

話自体ですけど、ま・・あってないようなものです・・・

夏休みの人影がまばらな校舎内において、
鉄道部のクーラーが利いた部室内で一人のんびりと冷たいジュース・お茶菓子・本を堪能する桜の
アニメ本編ではあまり見せなかった「のびのびとした感じ」が出ていて
とっても楽しいものはありました。
桜に話しかける子鹿に、それをそっと見守り「よかった、よかった・・・友達できたじゃん・・」みたいな彩湖の
ちっとは会長らしい雰囲気も微笑ましいものがあったと思います・・

ま・・・全体としては「ほのぼの・・」という感じでしたね・・・

さてさて・・・・

この「田島桜」なのですけど
このブログの大切なブロとも様のお一人で、絵師兼オリジナル小説のライターでもあり、
「五月雨日記<仮の宿>」の管理人でもある風月時雨様に
昨年3月だったかな・・
この田島桜を描いて頂き、メガネっ子ぶりとかサイドテールとか特徴的な靴下とか
とにかくとっても可愛くて素敵でしたっ!!
風月時雨様!! あの時は田島桜を描いて頂きありがとうございました!!

風月時雨様が描かれた「田島桜」をご覧になりたい方は
今すぐ・・・「五月雨日記<仮の宿>」へGo!! 当ブログの上から4つ目のリンク先です。
2015年の3/29の過去記事の中で見られると思います。




讒区Φ_convert_20160114234631


さてさて・・・この「浦和の調ちゃん」ですけど、昨年6月に惜しまれつつ(?)
最終回を迎えています・・・(泣・・)
そうですね・・・
ま・・私はさいたま市民でもないし、浦和区民でもなくて川口市民なのですけど
広い意味において「埼玉県民」なのですけど、
埼玉県における「ご当地アニメ」として後世に少しでも受け継がれていけばいいな・・と思っています。

ま・・・どうみても第二期はなくて第一期だけで終わりそう・・みたいな感じも濃厚なのですけど
少し勿体ない気持ちもあったりしますね・・・(笑)

でもそんな中・・・

昨年12/29~12/31の本当に大晦日近辺に、東京ビックサイトで開催された「コミケ89」のオジャガブースにて
この「浦和の調ちゃん」関連のコラボグッズとか
「浦和のスタッフ本」・「浦和の調ちゃん第2期構想本」みたいなスタッフ本も
発売されていたみたいですね・・・

この「浦和の調ちゃん第2期構想本」なんか、その中身が結構気になりますね・・・(笑)

なんだろう・・・どんな事が果たしてそこに書かれているのかな・・・?

ま・・これはあくまで「決定」とかそんなのではなくて・・要は・・・「願望」という感じなのかな・・・?

それにしても・・・このポニーテールの高砂調ちゃん、とっても可愛いですっ!!
ポニーテール好きの私には・・・
まさに・・・
「キュアラブリー」並の破壊力がありそうですね・・・(笑)
調の隣の黄色い子はいったい誰なんだろう・・・??

最後に・・・・

「浦和の調ちゃん」関連情報の一つとして皆様に是非見て欲しいな・・・と思うものがありました。

何かと言うと・・・

風月時雨様同様、このブログの大切なブロとも様のお一人でいらっしゃり、
「ガラスの肩とドイヒーに萌える球界」の管理人でもある五航戦の愛鷹様より
先日とっても素敵な情報を頂きました。
何かと言うと・・・・
「浦和の調ちゃん」のメインキャラの高砂調とメカのコラボが実現していました・・・
それは・・・「いまどきのムスメカ」と言う
新幹線誘致複合情報処理システム 「調宮様方通話装置」装備 高砂調というものでした!!

いやーーー!!

マジで最初にあれを見た時は・・・・思いっきりぶっ飛んでしまいましたぁ――!!
あれはまさしく「艦これ娘」の改二ですね!!

いやいや、これ・・最高です!!

五航戦の愛鷹様、本当に素敵な情報をありがとうございました!!

五航戦の愛鷹様のブログ「ガラスの肩とドイヒーに萌える球界」も当ブログのリンク先の一つですので
この高砂調のムスメカの画像をご覧になりたい方は
是非是非「ガラスの肩とドイヒーに萌える球界」へGo!!
1/12の記事にて紹介されています。

今回は・・・風月時雨様、そして、五航戦の愛鷹様 
色々とありがとうございました!!
そして・・・どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!!
スポンサーサイト



昨年末の事ですけど、1980年の秋田南高校の「交響三章」の記事を掲載したところ、
多くの方より温かく貴重なコメントを頂けた事に改めて感謝申し上げたいと思います。
その秋田南の1980年の方の「交響三章~第三楽章」なのですけど、この演奏を改めてブレーン社から出ている
「レジェンダリーシリーズ」にて改めて聴いたのですけど
やっぱり「素晴らしい!!」としか言いようがないですね!!
演奏がまさに神がかり的な奇跡の名演としか言いようがない素晴らしい演奏なんだな・・と改めて実感した次第です。
花輪高校と同様の感想なのですが
ピアノもハーブもチェレスタも使用禁止で、演奏人数が45人という今現在に比べて10名も編成が少なく制限され、
しかも秋田南のこの当時は、
ティンパニがペダル式ではなくて手締め式とか
コントラファゴットもコントラバスクラも確か木管低音セクションに配置されていない
そんな時代でも、あそこまで「内省的に充実した演奏」があそこまで緻密に出来る事自体
まさに・・「稀有な名演」と呼んでも全然差支えがないと思います。
三善晃の「交響三章」という曲自体、大変難易度が高い曲で、プロの管弦楽団でも滅多に演奏される事は
無い曲なのですけど、
作曲者の三善晃は、あの曲について「特に意図はありません・・」みたいな事を記していたような記憶が
あるのですけど、
そうですね・・・
あの曲に関しては、自分が感じた事を言うと、三善晃が後年作曲した「夏の錯乱」という管弦楽曲に
何か通ずるようなものがありそうな感じがあったりもします。
そう・・・何かと言うと、それは「亡びに向かう美学」みたいなものです・・・・
この世のもの全ては未来永劫、「不滅・不変」というものはありえない・・・・形あるものはいつか崩壊する・・・・
そうした形あるものが「亡び=滅び」に向かっていく散り際の美学みたいなものがあるのかな・・・と
感じる事もあったりします。
秋田南の1980年の「交響三章~第三楽章」は、なんか・・・私にとってはそうした「亡びの美学」みたいな「モノの哀れ・・」
みたいな諸行無常みたいなものを何か感じさせてくれています・・・
クライマックスに向けての金管のざわめきとかラスト近くのフルートソロとか冒頭の何かの暗示みたいなものは・・
まさしく・・
あれは「亡びの美学」そのものだと思いますし、
そうした美学を吹奏楽という言わば「色々何かと制約を課された管楽器編成」だけで
あそこまで完璧に内面的に完全燃焼し尽くした演奏なんて・・そう滅諦にないとすら感じてしまいます。

ま・・あの秋田南に肉薄する演奏って・・・・
神奈川大学を別格扱いとすると、高校の部ではあんまり無いのかな・・とすら思ってしまいます。
そうですね・・・
肉薄する例で言うと、1989年の習志野と1991年の新屋高校がそうなのかな・・・とも感じます。
両校とも低音セクションの扱いとか打楽器セクション(特に後半のトムトムの扱い)はむしろ秋田南を超えているのかな・・とも
感じるのですけど
やはり・・・
全体的な音楽的感銘度という意味では、やっぱり秋田南を超えてはいないんだよな・・・とも思ったりしますね・・・

ま・・・その位、あの年の秋田南の「神がかり度」は凄まじかった・・・という事なのだと思います。

ついでですので・・・

秋田南高校の小ネタを少しばかり・・・・

ま、具体的に言うと1975年の秋田南としては2回目の全国大会の演奏なのですけど
課題曲はC/吹奏楽のための練習曲
自由曲はチャイコフスキーの交響曲第5番終楽章という
意味では絶対にどのチームも選曲しない自由曲を演奏しています。
この演奏、結果的に「銅賞」という事になっているのですけど、
そうですね・・・
個人的にはこの「銅賞」は全然納得いかないですね!!
課題曲は、まさに・・正攻法の演奏で実にスタンダードな名演を聴かせてくれ
自由曲も・・・
翌年の「ペトルーシュカ」を彷彿させるような屈折した明るさ+生きる生命感+躍動感に満ち溢れていると
思います。
特に・・・コーダ以降はいかにも・・「大団円」に相応しい終わらせ方だと思いますし、
聴いていて・・・本当に「生きるチカラ・生きる歓び」に溢れていると感じます。
聴いていて・・・「よーーし、今は大変だけどもう少し頑張ってみよう!!」みたいな「勇気」みたいなものも貰えるような
感じすらあります。
ま、この年・・・1975年は19チーム中、10団体が銅賞という1976年に匹敵する激辛審査だったのですけど
それにしても・・・
「いくらなんでもこの演奏が銅賞はないでしょ・・」と文句を言ってやりたい気分はいまた゜にありますね。

もっとも・・・・ま・・確かに編曲の上で
例えば、コーダの部分に原曲には存在しない「小太鼓」を終始ロールとして入れたり
原曲には配置されていない大太鼓・シンバルを結構派手に鳴らしたりとか
色々やらかしてはくれているのですけど、
それはそれで面白いアレンジ&解釈という事に留めておきたいと思います・・・・

1975年の秋田南のチャイコフスキーを語っている人ってあんまり聞いた事がなかったもので、
ついつい・・・
またまた余計な感想記事を書いてしまいました・・・・

 | BLOG TOP |