fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


プリキュアシリーズを全話ご覧になった人に
「歴代でもっとも面白いと感じる神回的ギャグ回はなんですか?」と聞いてみたとすると
恐らくですけど、このスマイルの第35話の「ハッピーロボ」の話を推す人は多いのかもしれません。
そういう自分もその一人です。

本当にこの回は・・・・この回に関しては・・・・

下手な感想記事などまったく必要ありません!!
とにかく・・・文句なく底抜けに楽しいです!!
この回をリアルタイムで見た時は、とにかく・・・仕事から家に帰って録画したこの回を見ていたら
とにかく・・・
面白くて面白くて腹抱えて大爆笑という感じでした!!
本当に見ているだけで楽しい気分になってしまうし、とにかく爆笑とありえない世界の連続で
スマイルプリキュアを語る上では絶対に外すことが出来ない回だと思います。

いやいや・・・本音を書くと・・・とにかく「感想」なんて全く無い!!
あるのは・・・「大爆笑」だけ!!
スマイルプリキュアを全く知らない人が初めて見たとしても・・・多分・・・失笑してしまう
とにかく面白い回だと思います。
私もこの回はスマイルの中でも特に特に大好きな回と言えると思います。

あと、そうですね・・・
タイトルにやよいの名前がありますけど、
うーーん、この回の準主役は・・・言うまでも無く、星空みゆきというかハッピーロボなのですけど
主役は・・・
れいか=キュアビューティだと思います!!

歴代プリキュアの中でも・・ま・・その・・・
色々と凄まじいギャグ回とかドタバタ回とかありましたよね・・・(笑)
プリキュア5GoGoの「名探偵こまち」とか「りんちゃんVS大江戸妖怪」とか本当に楽しかったですね・・・
何気にプリキュア5シリーズのギャグ回の場合・・・結構な高確率でこまちが絡んでいるような印象が・・・(苦笑・・)
フレッシュの髪回とか文化祭回なんかも楽しかったですね・・・
ま・・・フレッシュの場合・・「お笑い要員」はウエスター、ボケ要員がブッキーというのが
一つの特徴でしたね、
ハートキャッチの場合、全体的に意外と内容がシリアスな傾向にあるのですけど、
そうした「重さ」を救ってくれたのは
えりかの変顔と数々の妙な言動でしたね・・・(笑)
ドキドキから現役の姫プリは、プロデューサーの方針なのかもしれないですけど、意外とギャグ回が
少なかったような気もしますけど、
ラブリーのラブリーホームランとかチョイアークの首根っこ鷲掴みは・・・もしかして・・・ギャグだったのかな・・・(笑)

さてさて・・・

そんな中、「ギャグ回」の宝庫は・・・そう!! 言うまでも無くこの「スマイルプリキュア」だと思います。
ま・・・あれは・・・
シリーズ全体がギャグシリーズなのかもしれないですよね・・・・
スマイルのギャグ回って・・・ほとんどはマジョリーナがしょーもねー発明品を産みだし、
毎回毎回判で押したようにみゆき=キュアハッピーがその餌食になってしまう・・・
そんなパターンばかりでしたけど、
ま・・・あれは・・ピンク系主人公の宿命みたいなものですね・・・
キャンディとの入替りとか透明人間になってしまった回とか・・・ま・・ホント、みゆきは毎回毎回
マジョリーナの妙ちくりんな発明品のある意味犠牲者でしたね・・・

ま・・・この回の「ハッピーロボ回」もそうしたマジョリーナの珍発明を巡ってのドタバタギャグ回なのですけど、
とにかく特筆すべきは、その凄まじい奇想天外振り・・・
というか・・・
マジョリーナの発明品というのが「ロボ二ナール」というピストルみたいなものから発する光線を浴びると
誰もが巨大ロボットになってしまうというのも・・・
ま・・ある意味とてつもない発明なんだけど、それが一回しか使えなくてそれを浴びたのが
またまた例によって例のごとくみゆきというのも・・・
ま・・・みゆきにとっては・・
「美味しい役どころ、ごっつあんですっ!!」という感じなのかも・・・・(苦笑・・・)

だけど・・・まさか・・みゆき=キュアハッピーがあんなとてつもない「巨大ロボット」になってしまうとは・・・
ま・・・歴代プリキュアの中にも
シンデレラになったり兎の格好になったり、浦島太郎になってしまったり、
幼少期の思い出の中に紛れ込んでしまったり、
小人になってしまったり、
ジャックと豆の木とかお菓子の国とかアラビアンナイト等童話の世界に入ってしまったり
ま・・色々な事に巻き込まれていましたけど
さすがに・・・巨大ロボットになってしまったのは・・・今の所は・・・みゆき唯一人だけですね・・・
(当たり前だっちゅーに!!・・・苦笑・・・)

ま・・・今回の話ですけど
ロボットのくせに、自力歩行とか自力飛行とか自分の力で戦うとか・・・そうした自力で何かをする事が
全く出来ない「ポンコツロボット」というのが設定の面白い所でしたね。
要は・・
誰かにハッピーロボを操縦して貰わないと、ただの金属ポンコツ・・というのが面白いところです。

さてさて・・・果たして誰がこのハッピーロボを操縦するのか・・??

ま・・・流れから言うと・・特撮オタクでもあり、地球を守るヒロインに憧れるやよい・・・という風に落ち着くのが
一つの王道なんでしょうけど、
ポンコツメンバーばかり揃いに揃っているスマイルにおいては・・・
ま・・・やよい・あかね・なおにロボットの操縦を求める方に無理があるのかな・・・・(苦笑・・)

さてさて・・・そうなると誰がハッピーロボを操縦できるのか・・・・!?

ま・・・答えは最初から決まっていましたね・・・・(苦笑・・・)

ま・・・例によって例のごとく・・・
スマイルチームがピンチに陥った時の救世主とは・・・
そう!! れいか様=キュアビューティなのですっ!!
いやいや・・マジでスマイルは、れいがもしもスマイルのメンバーの中にいなかったとしたら・・・
玉砕とか全滅という大変やばい事態になっていた可能性が濃厚・・・みたいな回も何度もありましたから、
まさに
ビューティはポンコツばかりのスマイルにあっては・・・まさに・・「救世主」以外の何者でもないようですね・・・





それにしても・・・

子供たちに大人気のアニメヒーローのロボットのフィギュアを購入するために
ごく普通に、ウルフルン達ポンコツ3幹部たちは・・
行列に並ぼうとしていましたよね・・・
あれ・・・街の人たちは・・・「キャー、化物だぁー!!」とか全く反応しませんし、
みゆき達の街の人たちは・・・意外と・・・怖いもの知らず筋金入りの無神経なのかどちらかなのかな・・・??



19203d50_convert_20160112234224.jpg



さてさて・・・

やよいからさり気なく渡されたロポッターの分厚い解説本ですけど、なんか軽く600ページは超えていそうな
感じですよね・・・
この場面は・・・実はあとで思いっきり活きてくる事になります・・・

というか・・・

れいかは一体いつこんな分厚い本を読破したのでしょう・・・??
変身前はそんな余裕はなかったはずですので、ハッピーロボに搭乗し、サニー・マーチ・ピースが
どたばたしている間に読破したという事になるのかな・・・??
こんな分厚い本をさーーーーっと斜め読みしただけで
例えば・・・必殺技の発動方法を記したのが583ページ目に書いてあると分かってしまうれいか様の頭脳の優秀さは・・・
そうですね・・・
初代のほのかとかドキドキのマナレベルという感じですね・・・



5af3a52d_convert_20160112234027.jpg


25d92a39_convert_20160112234148.jpg


歴代プリキュアで小さくなってしまった人達は、このスマイルとかプリキュア5で事例はありましたけど、
(そういえば、サニーはスマイルの映画の中でも一人小さくなっていましたね・・・)
巨大化したのは、ハッピーだけなのかも・・・??
というか・・・
ロボットになってしまったなんてのは・・・・
ま・・・たぶん・・・今後もハッピー以外絶対にないと思いますけどね・・・・(苦笑・・)

でもあのハッピーロボ、本当に楽しかったですね!!
あのシーンはもう・・・・何度見ても毎回笑い転げてしまいますね・・・・
しかもロボットのくせに、疲れてしまうし、自力では起き上がることすらできないし、
まさに・・・自力では「ポンコツロボット」以外の何者でもないですね・・・(笑)



2afca25b_convert_20160112233951.jpg


スマイルにおいて、こういう時にやっぱり頼りになるのは・・・・キュアビューティしかいないですよね・・・・

だけど・・・・あんな分厚い解説本をさーーっと斜め読みしただけで・・・しかもロボットの操縦なんて当然初めてなんでしょうけど、
そうした無茶振りを難なくこなしてしまうビューティ様は・・「さすが!!」ですね。
うーーん、さすが私の「大好き青系プリキュア四天王」の一角!!
改めてビューティさんに惚れ直してしまいますね!!
(おいおい、先日は青系ではダイヤモンド最高!!とか何とかいっていたくせに・・苦笑・・・)

ま・・・こういうロボット操縦という無茶振りなのですけど
例えば・・・・
「ガールズ&パンツァー」のあの可愛い女の子たちも、「戦車」なんて一度も触った事すらないのに
ある日突然教官がやってきて
「戦車なんてババーンと動かしちぇばいいのよ!!」とか何とか言われて、
練習初日から実践の模擬戦闘をやっていましたし、
現役の姫プリのきららだって、たぶん無免許なのに、クレーン車を操縦していましたからね・・・・

ビューティ様のロボット操縦ぐらい簡単・・・・な訳ないですよね・・・(苦笑・・)

でも私・・・・しれっとしたお顔でハッピーロボを操縦されているビューティ、本当に大好きです!!



57579588_convert_20160112234403.jpg


9eeefe5e_convert_20160112234117.jpg


キャンディのデコルと合体する形での空中戦とか
必殺技発動の際のビューティ様のやはりあの・・・・しれっとしたお顔は最高です!!

あれれ・・・・一体主役のはずのハッピーは一体どこにいるんだ・・・・??

そっか・・・ハッピー自体がロボットになっていましたね・・・(苦笑・・)

スポンサーサイト



20.浜松工業高校

 C/天使ミカエルの嘆き(藤田玄播)


 結果論になってしまいますけど、このチーム本当に勿体無い事をしましたね・・・・
 というのも、1977年の「ハーリ・ヤーノシュ」から3年連続して全国大会金賞を受賞し
 結果的に81年に全国で金賞を受賞していますので、
 この年、1980年さえ金賞を取っていれば、浜松工業は「5年連続全国大会金賞+翌年の特別演奏お披露目」という
 大変な栄誉が与えられましたので
 ホント、この年の銀賞は惜しまれます・・・
 しかもこの年は、確かに異常にレヴェルが高い年なのですけど、「金賞乱発」の凄まじいゴールドラッシュり年でも
 ありましたからね・・・

 1977年のハーリ・ヤーノシュ、78年のチャイコフスキーの交響曲第4番、79年のアルメニアンダンスパートⅡは、
 全体的に大変輝かしいサウンドと豊かな音量でもぎ取った大変勢いのある金賞だったと思うのですけど、
 この年は・・・
 少し地味な印象があります。
 何て言うのかな・・・前年までの「華麗なるサウンド」というのは影を潜め、少し影のある渋い音色に
 内省的な選曲に表現・・・
 前年までとのギャップに奏者自身が少し戸惑ってしまったのかな・・・みたいな印象はあります。
 そうですね・・・指揮者の遠山先生もこの年辺りから、少し「路線変更」みたいな事を意識したのかな・・・みたいに
 感じる側面もあるような気もしますし、
 1983年に浜松工業から浜松商業に異動された後は、
 工業時代の「華麗なる派手な演奏」から随分と内省的な演奏スタイルにシフトされていったような
 印象が自分の中にはあったりもします。
 だから、この年1980年の演奏は、そういう何か「過渡期」みたいな演奏で
 色々な意味で遠山先生も「模索の真っ最中」という感じだったのかもしれませんよね。
 遠山先生の「これぞ遠山先生!!」と思える圧倒的な名演は・・・というと・・・
 ま・・誰しもがそう感じるのかもしれませんけど、
 1986年の課題曲B/嗚呼! と自由曲のトッカータとフーガ二短調なのかもしれませんよね。
 あの時の「トッカータとフーガ」は普門館の生演奏で聴いていた時は、あまりの荘厳さに
 ホント、マジで背中の震えが止まらない!!というまさに「歴史的名演」ほ聴かせて頂いた思いがありますね!

 さてさて・・・・

 1980年の演奏ですけど、
 結果として大変中途半端な印象を受けます。
 サウンドは華麗でもないし、どちらかというとくすんだ印象・・・ソロ楽器も今一つ・・・・
 特に課題曲も自由曲もオーボエのソロは・・・・今一つというか不調でしたね・・
 だけどトランペットの課題曲のソロはべらぼうに上手かったと思います。
 課題曲C/北海の大漁歌は、少しノリが悪い演奏でしたね。
 一つ前の東海大学第四が「さすが北海道のご当地ソング!」みたいな正攻法のノリの良さを聴かせてくれたのに
 浜松工業はというと・・・
 「なーんでオレたちがこんなソーラン節みたいなだっせー民謡を吹かないといけないんだよ・・」みたいな
 何となく「気恥ずかしさ」みたいなものも感じられ、そのせいか・・・
 今一つ気分が乗らない演奏になっていたのは大変なマイナスポイントだと思います。
 自由曲もこういう内省的な曲を演奏する場合、場面場面の切換えをしっかりと行い、想い沈む場面と
 派手に鳴らす部分を巧みに切り替える必要があると思うのですけど、
 どの場面でも同じような音色・サウンド・音量のようにも感じられ「変化」に乏しい印象を与えてしまったのも
 マイナスなのかな・・・とも思います。
 曲が一旦静かになった際にオーボエが泣けるようなソロを展開するのですけど
 この年の浜松工業のオーボエ奏者は、普門館での演奏は今一つ不調だったようにも感じられ、
 音色もくすんでいるし音程が少し怪しかったような気も・・・・?
その辺りもマイナス評価につながったようにも感じられます。
 この曲、冒頭は大変静かに始まるのですけど、曲開始から1分を過ぎた辺りから3分目辺りが大変盛り上がり
 気分もすさまじく高揚するのですけど、
 その際、シロフォーンがすさまじいアドリブみたいな乱打をするのが一つの聴きどころでもあるようにも
 思えるのですけど、
 シロフォーンが全体の音量にかき消されたような感じもあったのが大変惜しまれます。
 最後も・・・・
 もう少し透明感が欲しかったし、もっともっと「祈り」みたいな側面が求められたような気もします。

 全体的には決して悪い演奏ではないのですけど、
 プログラム13番の秋田南から19番の東海大学第四まで本当に素晴らしい名演&金賞が続出していましたので
 この年の浜松工業のように、少しレヴェルが下がった演奏が出てくると、
 その前の演奏が異常に素晴らしすぎたというある意味大変気の毒な事情もあり、
 印象&評価が下がり気味だったのはなんか惜しまれますよね・・・・

 さてさて・・・ここから先は少し余談です。

 藤田氏の代表作と言えば、言うまでもなく「天使ミカエルの嘆き」だと思います。
 この曲は、兼田敏の「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」・保科洋の「カタストロフィー」と
 同様に1970年代の吹奏楽邦人作品の代表的名作だと思いますし、
 永遠に後世に受け継がれていくべき作品だと思います。
 ヤマハ浜松からの委嘱作品であり、全国大会初演が1978年でしたけど、
翌年以降結構各地で演奏されていましたし、何回か色々なチームで全国大会で演奏されていました。

 私がこの曲を初めて生で聴いたのは、
 1981年の宮城県大会の仙台地区予選だったのですけど、この曲を演奏したチームが一つ大変インパクトある裏技を
 見せてくれて、それが大変印象&記憶に焼き付いています。
 何かと言うと・・
 チューバの大胆な使用というか、チューバ奏者が前半から中間部の大変盛り上がる場面だけ、楽器を上下逆さまに持ち
 音を天井に向けて出すというのではなくて、
 床に向けて出すという事をやっていました。
 確かに低音がかなり効果的に鳴っていたのは覚えています。
 
 さてさて・・・この「天使ミカエルの嘆き」なのですけど、
 ヴィヴラフォーンの響きで開始され、徐々に気持ちが高潮していき、
 演奏開始から1分~3分目辺りで一つのクライマックスに到達します。前述の通り、この部分でのシロフォーンの
 無茶苦茶な乱打が視覚的にも聴覚的にもかなりの効果を発揮します。
 曲は一旦静まり、オーボエの呟くようなソロからトランペットの生き生きとしたソロへと展開し、
 一旦静かになり、
 メンデルスゾーンの「結婚行進曲」のパロディーみたいなファンファーレが高らかに鳴り響き
 曲は静かにうめくように閉じられていきます。
 タイトルが暗示する通り、非常に分り易い曲であり、
 吹奏楽の色彩的効果が魅力的に発揮されていると思います。

 藤田氏の他の曲と言うと、カンツォーネ・バルナバの生涯・切支丹の時代と色々ありますが、
 正直・・・ミカエル以外はあまり印象に残っていません。

 「天使ミカエルの嘆き」の演奏で一番印象に残っているのは
 1984年の東海大学第四高校です。
 このチームは1982年にもミカエルを取り上げ、82年は金、84年は銀賞ですが、断然84年の方が
 素晴らしい演奏と思います。
 ま・・・84年の東海大学第四の演奏に関しては、最近の記事でもかなり語っていますので
 今回は割愛をさせて頂きたいと思いますが、
 ラスト近くの弱奏部分の説得力、いかにも泣き崩れそうな表情は本当に大変お見事でした!!

 藤田氏は、実は吹奏楽の指揮者としても頑張っていた方で、
 90年代には、都留文科大学、三和銀行コンサートバンドでもタクトを振られ、
 都大会で何回か聴いた事があります。
 自作自演はではなくて、エル・サロン・メヒコとかウェーバーの主題による交響的変容といった
 アレンジものを振っていました。
 ま・・・既に故人の方の悪口を言うのも何ですけど・・・正直、指揮はあまり上手くはなかったですね・・・
 コチコチの硬い感じの指揮でした。
 演奏もかなり硬質で柔軟性に欠ける感じはありました・・・

 「天使ミカエルの嘆き」は、特に中学生・高校生の小編成で演奏して欲しい曲です。
 ある程度の人数がいれば、無理なく消化できる内容の曲ですし、
 こうした名曲は・・・・出来れば21世紀以降もずっと・・・受け継がれていくべき作品だと思います。
  

 | BLOG TOP |