FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら「またか・・・」という感じなのですけど
とにかく・・・
東方Projecrの中の古明地さとり・・・さとり様がとてつもなく大好きですっ!!

東方については、さとり様以外でも色々と語りたいキャラが山ほどいます。
例えば・・・
霊夢・魔理沙・ルーミア・十六夜咲夜・妖夢・てゐ・永琳・メディスン・早苗・ヤマザナドゥあたりは
今すぐにでも語りたいですね!!
特に・・・十六夜咲夜とか妖夢は・・・さとり様とこいしちゃんを語り尽くした暁には
熱く語りたいキャラの一人です!!

さてさて・・・・改めてですけど
さとり様は、地霊殿の主である妖怪なのですけど、その際立った能力は何と言っても
「相手の心を読み取る能力」です。
ま・・・確かにこの能力は少しばかり厄介な面はありそうですね・・・
確かに私達の社会は「裏表がある世界」だと思いますし、言うならば・・・本音と建て前を使い分ける社会なのだとも
思います。
確かに「本音」のまんま生きていければ・・・どれだけ楽か分かりゃしないと思います。
だけど・・・
生きていく上では、時に「本音」を隠すことが求めざるを得ない事が多々あったりします。

〇「結婚おめでとう!! 本当に美形で仕事も出来る素敵な花婿さんですね!」

  →「あんなのどこにでも転がっている男じゃん・・あんなののどこがいいのかさっぱり分からん・・・」

〇「先日の工事契約の受注おめでとう!! よくあんな難しいお客さんからこんな大きな仕事を取れたよね! 凄いね!!」

  →「そんなのたまたまじゃん・・それに・・上司の○○の援護射撃が無かったら元々まとまる話ではないじゃん・・」

〇「可愛いお子さんですね! ママに似てとっても愛らしいですね」

  →「なんか猿みたいな面のクソガキ・・・母親の性格の悪さがガキの面にも表れているよ・・」

〇「とっても素敵な服ですね。とってもお似合いですよ!!」

  →「ふんっ・・いかにも馬子にも衣装という感じだね・・・」

ま・・・そんな事は日常茶飯事ですし、別に珍しい事ではありません。
だけど、それは・・・
あくまで「本音」を隠すという事が大前提になります。
要は・・・・
世の中には言っていい事と決して口にしてはいけない事があるのだと思います。
そうですね・・・
心の中で思っていてもそれを自分の内面にしまい込んであえて何も語らない事の方が
世の中はスムーズにいくものですし、
そうした事が「生きる上での知恵」なのかもしれないです。

だけど・・・・

もしも・・・さとり様のようにそうした「本音」をくまなく読み取ってしまう人がいたとしたら・・・・
さとり様のように・・・
そうした「相手の本音」を・・・読み取った心をポンポンとついつい口にしてしまったとしたら・・・
そりゃ・・・確かに心を読み取られてそれを口にされてしまったら・・・
あんまりいい気分ではない・・・・
というか・・・
「お前、時と場所をわきまえろ!! 世の中には言っていい事とよくない事があるんだ゛ぞ!!」と
相手の怒りを買うどころか、
相手から不気味に思われてしまい嫌われてしまうのは・・
ま・・・確かに自明な事なんでしようね・・・
さとり様自身は・・・「自分は嫌われ者・・・」と心を閉ざしがちなお方なのですけど、
これって・・・
一つの「コミュニケーション障害」なのかもしれません・・・・
普通、「会話」というのは、お互いの「もっとあなたを知りたい・・・」という一つの興味から成立するものなのかなとも
思うのですけど、
さとり様の場合、既に「相手の心=本音」が分かっちゃているから
こうした「会話」みたいなまどろっこしい事は必要ないのですよね・・・
だから・・ついつい
先走りして相手の「心中」をついつい先取りしてついポロっ・・と喋ってしまうだけなのかもしれないです。
さとり様の場合は、言うならば・・・
「会話のデットボール」みたいなものです。
そうですね・・・いきなり問答無用で「核心」を突いてくるという感じなのかもしれないですね。
そういうさとり様に対しては・・・
会話・コミュニケーションというものは、瞬間で変化する「心のすきま」を配慮しながら、「間」を取って進めていくという事が
ご理解さえして頂ければ・・・
現在のどことなく「心・・ここにあらず」みたいなやや虚ろな表情から屈託のない笑顔が絶えない女の子に
なったりして・・・??
ま・・・矛盾するようだけど、それじゃ・・・さとり様でなくなってしまいますからね・・・・
そうしたさとり様とお付き合いをしたいという人は・・・・どうすればいいのかな・・・??
うーーん、これはかなりの「覚悟」が必要なのかも・・・
だって・・・さとり様は心が読めちゃうから、
「こいつ・・・やっぱり苦手・・・ダメだこりゃ・・」なーんて思った瞬間に成敗されそうですね・・
ましてや・・・「浮気」なんて考えた瞬間に
ペットのお空によって火責めの刑にあいそう・・・・
ま・・・とにかく「自分はさとり様が大好きだぁーーー!!」みたいな一直線の押しと押しでプッシュするしかないですね・・・
だけど・・・
「自分は嫌われ者・・」と心を閉ざしがちなさとり様ににはこれが一番有効な「告白」なのかもしれないですね・・・
ま・・・さとり様と関係を構築出来た場合、
その関係性はまさに・・・「以心伝心」以外の何者でもない関係になつてしまいそうですね・・
それと・・・・
さとり様は・・・既に心が読みとれているから
「そんな事は・・・口にしなくても」なんて思っていたらダメ・・・
それこそ・・さとり様から
「思っている事はちゃーんと口に出して言ってよね!!」と言われてしまいそう・・・・(苦笑・・)

このさとり様ですけど、一度霊夢とバトルを繰り広げた事があるのですけど、霊夢の前に敗北・・・
うーーん、なんかこれは意外な展開ですけど
そうですね・・・自分にとって東方のメインヒロインの二人がこうやってバトルを繰り広げただけでも
なんか感涙ものです・・・
ま・・さとり様は、これ以降なぜか霊夢がいたくお気に召したみたいで、
隙あらば「霊夢を自分のペットにして旧地獄の怨霊を管理させよう・・・」と企んでいるみたいですけどね・・・

これは全くの私の妄想ですけど
もしも・・・ハピネスチャージプリキュアのメンバーがこの地霊殿に迷い込んでしまったとしたらどうなるのか・・・??
そうですね・・・
めぐみはいち早くさとり様に心を読み取られてしまい
まるでアンラブリーのようにさとり様から結構辛辣な精神攻撃を受けて、早々に凹んで戦線離脱になってしまいそう・・・(苦笑・・)
ひめもその「心の弱さ」を読み取られて思いっきりさとり様の精神攻撃の餌食になってしまいそう・・・
「お姉ちゃんコンプレックス」の傾向があり少し頭が固そうないおなも大体同じなのかも・・・
そうですね・・・・
ゆうゆうだけは、どんな事を言われても・・・どんな精神攻撃を受けようともびくとも動じないメンタル面の強さは
ありそうですね・・・


縺輔→繧・2_convert_20151227233645



さてさて・・・改めてですけど
さとり様の「心を読み取る能力」というのは、よーーく考えてみると三重の意味で厄介な側面がありそうてすね。
一つ目は・・・・
「人の表面的な言葉というものは、決して本心ではない・・・むしろ・・・本心を偽った言葉である」という事を
誰よりも分かってしまい、
結果として・・・・
「ヒトと言うものは信頼に値するものではない」と人間不信に陥りやすい事
ま・・・もっともさとり様自身はヒトではなくてあくまで妖怪ですけどね・・・
二つ目は・・
「あれ・・・あなた今こんな事を言ったけど、それはあなたの心の深層とは随分違うよね・・・
なんでそんな心を偽るの・・??」みたいな事を言った途端に
相手から
「なんだ・・コイツは・・・自分の考えている事がなんで分かってしまうんだ・・」と気味悪がられるだけでなく
「コイツ・・・なんか苦手・・・」と嫌われてしまう事であり
そして三つ目は・・・
万一・・・上記二つの事が嫌になって
例え相手の本心が表面上の言葉とはまるで異なる事と分かっていても、それを自分の胸にだけ秘めてしまうと
逆にさとり様自身の心が荒んでしまい
多くの人間達の「心の秘密」を自分たった一人が抱え込む結果になってしまい、
相当なストレスを抱え込んでしまうという事になりかねないのかな・・・とも思ったりもします。
要は・・・イソップ昔話の「王様の耳はロバの耳」じゃないけど、
他人の秘密をずーーっと自身の胸にしまっておいたら自身の身が持たなくなるのと同じ事なのかな・・・とも
思ったりもします。
要は・・・大変厄介である意味「哀しい能力」と言えるのかもしれません・・・

そうですね・・・

なんか私自身がさとり様に心惹かれるのもその「哀しさ」が一つの理由なのかもしれないです・・・・
私が歴代プリキュアの中で特に「キュアラブリー」に何となく・・・「哀しさ」を感じて魅かれるのと次元は
同じなのかもしれないです。

そうそう・・・・

このさとり様の「人の心を読み取る能力」ですけど
筒井康隆の「七瀬三部作」~Ⅰ.家族八景 Ⅱ.七瀬ふたたび Ⅲ.エディプスの恋人でも
この「人の心を読み取れる能力」を持った女の子の「哀愁」が
描かれていましたね・・・
私・・・この三部作の中ではⅠの家族八景・・・七瀬が家政婦として色々な家庭が抱える「心の闇」を
容赦なく見せつけられて
人間に対して「深い絶望」と「幻滅感」を見せてくれた作品は大好きでした!!
あの時の少女・七瀬が抱えた悩みは・・・
まさに・・・
さとり様とほぼ同じようなものだと思います。



縺薙>縺・2_convert_20151227233712


さてさて・・・さとり様の妹のこいしちゃんですけど、
こいしちゃんも東方では大好きなキャラの一人です。
さとり様同様、元々「心を読み取る能力」を持っていたのですけど
その能力がゆえに相手から忌み嫌われる事を知り、さとり様は地霊殿にひきこもりがちになったのに対して
こいしちゃんは、さとり様同様元々有していた「第三の目」を閉じてしまい、自身の心を閉ざしてしまい、
本来の「心を読み取る能力」自体を封印してしまいます。
それによって相手の心は全然読み取れなくなってしまうのですけど
こいしちゃんが言うには・・・
「人の心なんて見ても落ち込むだけで、良い事なんて何一つ無いもん」との事だそうです・・・
うーーん、この言葉はある意味人間の「本質」をグサリと突いているような気がしますね・・・
ま・・・それだからこそ・・・
人の心を終始見続けていて、良い事なんか一つも無かったさとり様が・・・・
とてつもなく哀しく見えてしまいますよね・・・・

だからこそ・・・私は・・・・さとり様に優しくやさしく言葉をかけてあげたい!!

だけど・・・

そういう私のスケベ心なんかとっくにお見通し済のさとり様から

「バー―ーカ!!  てめーのそんな見え見えの見せかけの誠意なんてとっくの昔にバレてんだよ!!
てめーなんか地獄に落ちてしまえ!!」みたいな事を言われてしまいそう・・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・・

こいしちゃんですけど、心を読む能力を失った代わりに「無意識を操る能力」を手に入れ
自分という存在感を相手から喪失させてしまうという事を日常的にやってのける妖怪に変容し
結果的に・・・
地霊殿にいるかと思えば、あっちにふらふら、こっちにふらふら・・と
「放浪」を繰り返す妖怪になってしまいます・・・
ま・・結果論になるのですけど、
妖怪の山の天狗たちに気付かれることなく、妖怪の山を一人で登り切り、
守矢神社までやってきたところ、霊夢達に出会い、
ま・・・この出会いが少しはこいしちゃんが変化するきっかけになったような感じもあったりもします。

こいしちゃんの「心を閉ざす」とはどういう事なのかな・・・?

「感情を有さない・・・」という事で、どんな場面に遭遇したとしても「何も感じない・・・」という事なのかな・・・?
他人に対しては・・・一切「本音」を口にしないという事なのかな・・・?
だけど・・
この「何も感じない」という事こそが意外と・・・・「無の境地」の究極なのかもしれないですよね。
ま・・・実際・・・こいしちゃんは・・・後に・・・
白蓮に命蓮寺に誘われ、その在家の信者となっていますからね・・・・

私自身・・・西洋占星術で言うと・・・実は「蟹座」です。
この蟹座の特徴は何かと言うと・・・・

〇好き嫌いがとにかく激しい・・・

〇蟹の守護神である「月」が象徴する通り、怒ったと思ったら急に笑い出す・・・みたいに「感情」の起伏が激しい

〇味方と思った人への忠義・思いやり・誠意は深いが、敵と感じたモノに対しては平気で徹底的に
 攻撃を仕掛ける

〇防衛本能が非常に強い

〇感受性が高くて妄想癖が強い

〇蟹の表面を覆う「硬い殻」が象徴するように、自分の「本心・本音」は余程信頼がある相手でないと
 口にしない・・・

 こうやって考えてみると・・・・

こいしちゃんの「心を閉ざす」とは意外と蟹座の特徴に意外とピタリと符合するのかも・・・??

ま・・・こいしちゃんも・・・同じ「妹キャラ」のフランドール同様、ま・・ちと・・気がふれている面も無くはないのかな・・とも
思えるのですけど
蟹座の象徴の「月」は・・・
「狂気」を意味もしたりしていますからね・・・・

ま・・・・自分自身も・・・「この人だけは・・・!!」と余程思わない限りは、絶対に・・・「自分の本音」は吐露しませんもんね・・・!!
その意味では・・・・
「心のガード」が固い・・・
つまり・・・
「心を閉ざしている」という意味では、案外・・・さとり様ではなくて妹のこいしちゃんの方に近いのかもしれないですよね・・・・

ま・・・たまにですけど、このブログにおいては、ついつい・・「本音」を語ってしまう事があり、
それが他者へのコメントで炸裂してしまい
相手の方に不快な思いをさせてしまった事は・・・多分というか・・・間違いなくあったと思いますし
その点は・・・
申し訳ないな・・・とも思ったりもします。

最後に・・・・

こいしちゃんですけど、さとり様も素敵だけど、こいしちゃんの場合、見た感じがなんとなくですけど・・・
帽子を被っているせいもあり
何となくですけど「バスガイドさん」に似ているな・・・なーんて思ったりもしますね。

とにかく・・・東方の世界では、実姉妹・義理の姉妹を含めて結構「姉妹」は登場しますけど
やっぱり・・・
さとり様-こいしちゃんの姉妹が最高ですね!!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |