FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


その①で書いた事と多分内容は重複すると思うのですけど
ま・・そんな細かい事はどうでもよろしい・・・・(苦笑・・)
私が言いたい事はただ一つ!! さとり様、大好き!!という事です・・・

それにしても「東方project」に登場するキャラって本当に本当に・・・・魅力的なキャラが勢揃いしていますし、
あれを考え出したZUNさんは・・・・
とにかく「天才!!」としか言いようがないです。
東方の世界に登場するキャラは、あまりにも魅力的で惚れ惚れとするキャラばかりで、
それが一人や二人・・・というレヴェルではなくてもあんなにも膨大な魅力的なキャラが大勢いるという事に
驚きを禁じ得ません。
あれは、まさに・・・・三国志に登場する膨大な英雄・豪傑みたいなものですね・・・
ま、三国志は荒っぽくて粗野な男共のむさ苦しい世界なのですけど
「東方」は・・・
とにかくあんなにも可愛くて綺麗で素敵なキャラばかりですからね!!
ま・・・比べる対象の次元が全く異なるので単純に比較検討なんて出来る訳はないですし、
比べる事自体大変愚かな事だとは思うのですが、
私にとっては「歴代プリキュア」のあのあまりにも魅力的なキャラのオンパレードに匹敵するとにかく素晴らしき世界としか
言いようが無いですね!!

そうした魅力的なキャラがてんこ盛りの東方の世界において、特に特に私が魅かれるキャラって・・・
やっぱり・・・
さとり様・・・古明地さとり様なのですよね!!

ふわっとしたフリルのスカートとか普段は閉じている方目とか
さとり様の最大の特徴である「相手の心を読み取る能力」を司っているとも言える胸元の「第三の目」(サードアイ)とか
そういう外見的特徴もたまらなく魅力的なのですけど
やはり・・・その「相手の心を読み取る能力」にとっても惹かれるものがあったりします。
さとり様の場合・・・・
決してその人の「心の闇」とか「深層心理」とか「現在ではなくて過去のトラウマ」という事を瞬間的に
見破るという訳ではなくて
あくまで今現在この人が何を考えているのかという表層心理を読み取るというレヴェルなのですけど、
相手との対話・バトルを通して
その人の表層心理を容赦なく抉るとる事により相手の動揺を誘い、その動揺から相手の「過去のトラウマ」という
一番触れて欲しくない所をグイグイと精神攻撃していくみたいな側面もあったりするのですけど、
なんかこれって・・・
少しだけ・・・・ハピネスチャージプリキュアの「アンラブリー」に近いものがあったりするのかな・・?
ま・・・ラブリーは・・・自身の「心の奥底の深層心理・秘めた想い」を言葉にされてしまい、そこでの動揺を
アンラブリーによってグイグイとラブリーの「トラウマ」が抉られていったという感じはありましたね・・

そっか・・・、私、ハピネスの話の中ではこの第30話・アンラブリーの話がとてつもなく大好きですので
東方のさとり様が大好き!!というのも
なんか自分自身分かるような気もしますね・・・

さてさて・・・実際の「東方project」の世界でもそうなのですけど
こうしたさとり様の「相手の心を読む能力」というのは、大変やっかいなものであり、
大半の妖怪や怨霊からは忌み嫌われていて、
そのせいでさとり様は・・・基本的には地霊殿に引きこもって暮らされています。
ま・・・そりゃそうですよね・・・
もしも実社会においてこうしたさとり様みたいな能力を持っている人がいたとしたら、
本当は隠しておきたい表層心理としての「本音」をズバズバと言葉にされてしまったら・・・
ま・・・決して人はいい気持ちになれないでしょうし、
口に出さない事でどうにかこうにか「平穏」が保たれている社会においては、この本音トーク炸裂というのは
ある意味「地雷」みたいなものなのでしょうね・・・・
だからこそ・・さとり様はこうした「無用な諍い」を回避するという意味で地霊殿に閉じ籠ってしまっているのです・・・
考えてみると・・・
もしもこうやって「相手の心を読み取る能力」が持てたとしてら・・・・
結局は・・・周囲の人たちから・・・
「なにあの人・・・薄気味悪い・・・」と不気味がられて孤立気味になってしまうのも分かるような気がしますね。
そういう場合って・・・
結局は「他人とのコミュニケーション」を残念ながら放棄せざるを得なくなってしまうのだと思います。
なんか・・・その点にさとり様の「苦悩」とか「哀しさ」みたいなものをついつい感じてしまうのです。
そうした特殊能力を身につけた場合・・・

1.その能力が他人には絶対にさとられないようにひっそりと実社会で暮らしていく・・・

2.自分自身が他人とのコミュニケーションを一切絶って、どこか遠くで「引きこもり」の生活をする。

3.妹のこいしのようにその特殊能力自体を封印し、自身の心を閉ざしてしまう

その三点ぐらいしか生きる道がないのかな・・・

ま・・・ある意味・・・大変特殊な能力を身に付けてしまったゆえの「哀しさ」みたいなものはさとり様から
なんか感じてしまい、
それがなんか私がさとり様に魅かれてしまう理由なのかもしれないです。

さとり様は・・・地霊殿では、他者との接触は絶っているものの、ペットを一杯飼っていて
言葉を話せない動物などからは好かれているせいもあり、地霊殿は動物達で溢れている描写があったりもします。
さとり様のペット達は妖怪や怨霊を食べる事で強い人型妖怪に成長するらしく、
「放し飼いの方がいい」との事で、基本的にペット達は自由な生活を過ごしています。
人型に成長したペット達には仕事が与えられ、
普通のペット達の世話、地霊殿や庭の管理、地獄や怨霊の管理等が任されていますけど
そうした人型に成長したペットの代表格といえば・・・
そりゃ・・・お燐とお空に尽きますよねっ!!
そうそう・・・私、結構お空も大好きでして、あの少しアホっぽいところも大好きです!!
ま・・・お燐とお空については・・・後日改めて語りたいな・・と思います。

さとり様はなんで他の妖怪からあんなにも忌み嫌われてしまったのだろう・・・

ま・・・そりゃ・・・さとり様に見つめられるだけで
「今現在自分が何を考えているのか」を瞬間的に見破られ、それを言葉にされてしまったら・・・
「あ・・・この人すごーーい!! 自分が今考えている事がわかっちゃうなんて凄い!!」と感嘆する人は限りなく少数派・・・
大半の人達は・・・
「なにこの人・・・不気味・・・こわい・・・きもい・・」と思われるのがオチなのでしょう・・・
そうですね・・・
「不気味」というよりは・・・
他人から自分自身の「心」を読まれてその心の内を暴露される事で
さとり様を通して゜自分自身の醜い心の本音」を容赦なく晒されている事の方が怖い・・・
まるでさとり様は・・・自分自身の「醜い内面」を容赦なく映し出す鏡みたいな存在のように感じることで
さとり様がとてつもなく「畏敬」の念を通り越して
「怖い・・・」という気持ちになってしまうのかもしれないですよね・・・

話は全く変わるのですけど
このFC2プログ内でも「二次創作」というジャンルでかなり魅力的で素敵な二次小説をお書きになっている方が
一杯いるみたいで
あれを読むたびに・・・
「あ・・・アニメ本編では避けられていたあの事を触れている・・・」みたいに色々と興味津々に感じる事も
多々あったりもします。
そうですね・・・
もしもですけど・・・私自身が二次小説を書くとしたら・・・
実は「描く題材」は既に決まっています・・・
プリキュアだったら・・・断然「のぞみとりんちゃん」の世界です。
そして・・・・
東方だったら・・・・
断然・・・・さとり様ですねっ!!
ベタかもしれないですけど、何かの間違いで人間界に降臨したさとり様・・・
そこで人間達の心を次から次へと読み取る事で完全に周囲から浮き上がり嫌われて「孤独」に陥ったさとり様に対して
唯一・・・そうしたさとり様の特殊能力に無関心でさとり様を怖いと感じることがない男の子が一人いた・・・
なんかそんなあまりにもベタすぎるお話なんかも
いいんじゃない・・・??と
勝手に自分の中で脳内妄想をしております・・・・(苦笑・・)
あ・・・余談ですけど、「のぞみとりんちゃん」の二次小説の概要は・・・既に自分の「脳内妄想」の世界では
大体概要は固まっていて
要は・・・
サンクルミエール学園吹奏楽部で、トランペット奏者のりんちゃんとティンパニ奏者ののぞみの
「全日本吹奏楽コンクール全国大会」を目指すお話です・・・
あ・・・なんかこれじゃ・・・「響け! ユーフォニアム」の世界と大して違いはないのかも・・・
ちっ、ちっ、ちー(By 姫プリのアロマ・・・)
内容的には・・・「響け・・」とは全く異なる世界観です・・・



縺輔→繧頑ァ・1_convert_20151222173550



中古おもちゃショップを覗いてみると
一年前との違いはどこにあるかというと、あの当時は、
艦これ・ラブライブのフィギュアは「珍しい・・・よくこんなの置いてあるよな・・」みたいな物珍しさはあったのですけど
今現在は・・・・
艦これもちらほら目につきますし
(だけど・・・艦これ娘のフィギュアは高すぎ!! とても手が出ない・・本当は・・・あの改二の吹雪、欲しいのですけどね・・・苦笑・・)
ラブライブ関連は・・・
とにかく在庫が溢れかえっているという感じですね・・・

だけど・・・・

こうしたショップでは、東方関連のフィギュアを見かけることはまずないです・・・(泣・・・)

ま・・・それだけ人気があって需要が大きいというジャンルなのでしょうね・・・

うーーん、このさとり様のフィギュアも本当は欲しいのですけど、
アマゾンで見かけると・・・・
結構いい値は付いていますよね・・・・

このさとり様の完成度もかなり高く、第三の目とかフリルのスカートとか片目とか
申し分のない仕上がりだと思います。
ちなみにですけど・・・
設定の上でもそうですし、このフィギュアもそうなのですけど、さとり様が穿かれている履物は・・・
靴ではなくて・・・
なんと・・・スリッパです・・・


縺薙>縺誉convert_20151215231100



そうそう・・・さとり様には妹がいます・・・

古明地こいしがそうなのですけど、こいしちゃんもさとり様同様、元々は「相手の心を読み取る能力」を
有していました。
しかし・・・さとり様同様、この能力を有する事で他者から忌み嫌われる事を自覚させられる結果となってしまい、
お姉さんのさとり様は「ひきこもり」になってしまったのに対して
こいしちゃんは・・・自らこの能力を封印し
前述の「第三の目」(サードアイ)も閉じてしまいます。
そして代わりに得た能力が「無意識を操る能力」なのですけど、
これって・・・
他人を自由自在に操縦できる能力とまではいかないのですけど、
相手の無意識を操ることで他人に全く認識されずに行動することができるという感じです・・・
そうですね・・・
たとえこいしちゃんがが目の前に立っていたとしても、その存在を認識することはできない。
こいしという存在自体が無意識のうちにスルーされてしまうという感じです。
例えて言うと・・・
ドラえもんの中に
「のび太が廻りの人達は自分に干渉しないで欲しい!! 放っておいてほしい! 自分という存在は道端に落ちている小石と
同じような感覚で見て欲しい」という話があったと思いますけど、
ま・・それに近いような感じなのかもしれません・・
ま・・のび太の場合は、その「他者からの無視」という孤独に耐えられずすぐにドラえもんに泣きを入れてしまう
ヘタレなのですけど
こいしちゃんの場合は・・・
それをずっと貫いていますからね・・・・
ちなみに・・・こいしちゃんの閉じられた心は姉であるさとり様も読み取る事は出来ない設定です・・・

そうそう・・・さとり様も素敵なのですけど、こいしちゃんも私、大好きですね!!

外見は姉妹という事もありさとり様と似ている面もあるのですけど、
一番の特徴はあの帽子なのかな・・・

このこいしちゃんについて語り出すと、また止まらなくなってしまいますので、
こいしちゃんに関しては・・・
後日改めてゆっくりと語りたいと思います。

ま・・・それでも私の「大本命」はさとり様ですけどねっ!!

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |