FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ニセコイ」の第二期が終わってしまい、とっても寂しく感じているのですけど
こういう「ラブコメ」の王道の一つは・・やはり「とらドラ!」なのかな・・・とも思ったりもします。

あ・・「とらドラ!」というのは、少し古いけど20008年~09年にアニメ化もされています。

この作品は、うちの奥様が大のお気に入りで、彼女の影響で自分自身もはまっていったアニメです。
ちなみに原作はライトノベルです。

ストーリーの概要を下記に簡単に記すと・・・・

ツンデレヒロイン・逢坂大河は、北村祐作の事が好きなのに中々告白出来ない・・・
そしてもう一人の主人公、高須竜児は、大河の親友の櫛枝(みのりん)に密かに好意を抱いている・・・・
ある時、ひょんなことがきっかけで、大河と竜児は、
「大河と北村を結びつけるのに一肌脱ぐから、その代わりそれが成功したらみのりんと自分との仲を取り持って・・」
みたいな共同戦線を張る事になり、
かくして当初はいがみあっていた大河と竜児の二人三脚が始まる・・・
そこに川嶋亜美という性格極悪女が絡んだり
色々とドタバタがある中で、徐々に大河と竜児はお互いにひかれあっていく・・・・

そんな感じのストーリーです。

「とらドラ!」の凄い点は・・・・

正直、序盤はかなりのドタバタコメディーで、
特に大河と亜美ちゃんの絡みは必見ですね・・・
特に大河と亜美ちゃん(「ばかちー」→誰にでも人に懐くバカチワワを略したもの・・・)の
いがみあいはかなり面白かったですね・・・・
大河の亜美の最初の出会いのファミレスの場面において
大河が亜美ちゃんをぶん殴ったシーンは、
あれは・・・・
ま、ほとんどの視聴者は・・・
「えらいぞ!! 大河、よくやった!!」という感じでもあったのかな・・・
ま・・・自分自身もあの場面の際は・・・
「よし! ええで、ええで、大河!! 亜美ちゃんをもっとボコボコにしばいたれや!!」となぜか関西弁で
ツッコみまくりでした・・・
ずっと後の回ですけど、大河は生徒会長の殴り込みも敢行し、あの時は・・・停学処分を食らっています・・・
ま・・・あの時も、私の心情としては
「大河、エライ!!ようやった、ようやった!!」という感じでした!!

みのりんも可愛かったな・・・・
みのりんのソフトボールのユニフォーム姿とかバイト先のコスチュームも反則的に可愛かったけど
どこまで本気なのか分からないあの半分ずれた言動も最高でした・・・!!

だけど・・・・

後半になればなるほど、前半のドタバタ・コメディータッチは影を潜めていき
ラスト近くは「心理モノドラマ」みたいに大変繊細な作りになっています・・・・

あれは・・・・

高校生の「微妙な心理の変化」をうまーく描いていますね・・・・

本当に感心させられました・・・・

あのラストも意外な終わり方でしたね・・・・
(あ・・、ネタバレになってしまいますから、これ以上は語りません・・・・)

前半ドタバタコメディー、後半やや深刻で繊細な心理ドラマ・・・・
そうした素敵な作品でした・・・・

余談ですけど・・・・

大橋高校聖夜祭にて、大河と亜美ちゃんが歌った「ホーリーナイト」という挿入歌はとても
素敵な曲です。
あの曲のためだけに、「とらドラキャラクターソング集」を中古で買ってしまったほどです・・・・
間もなくクリスマスイブなのですけど、あの曲は、イブのBGMとしては本当に打ってつけの一曲だと思います。

更に余計な話ですけど、
声優さん繋がりで言うと
亜美役は、プリキュアで言ったらキュアベリー役の喜多村さん
大河役は、プリキュアで言ったら亜久里役の釘宮さん・・
亜美と大河は序盤よく派手ないがみ合いを演じていましたけど、
二人ともプリキュアそのまんまの声で演じていましたので
聴き方によっては、「私、完璧」の美希と「レディーのたしなみ」を説く亜久里の全面戦争のようにも
聞こえるので
ま、このあたりは下種な楽しみ方・・・・という事で・・・・(苦笑・・)


「とらドラ!」は、前述の通り、原作はライトノーベルで、原作は既に完結済です。
とらドラ!のアニメは、原作の世界観をほとんど壊すことなく、原作をほぼ忠実に再現してくれていて、
しかもアニメ放映時には、原作も確か完結していましたので、
原作の終わり方をアニメでも大体同じように再現していましたので
とてもすっきりとした完結になったと思います。

だから・・・

「とらドラ!」のアニメⅡ期というのはありえません・・・・

ま、卒業後の竜ちゃんと大河も見てみたい気もしますけどね・・・






さてさて、そんな中・・・

先日の記事で「キュアハッピー」のふわふわぬいぐるみの記事を書いたのですけど
実はその時に・・・
フィギュア陳列棚の割とすみっこの方に、「掘り出し物」を発見してしまいました!!

それが、この「とらドラ!」の逢坂大河だったのですけど、
確か、これ・・・2009年の発売時には結構ないい値段が付いていたような気が・・・
だけど今回は・・・
ま・・・リアルタイムでの放映から既に6年も経過しているし、今更「とらドラ」といってもなぁ・・・という感じなのか
当時にしては信じられない超激安価格で発売されていましたので
またまた、ついつい余計なものを買ってしまいました・・・(苦笑・・・)

あ・・・・でもこの大河のフィギュアとしての完成度はかなり高いと感じます!!

正直、アニメ本編での大河の世界を忠実にフィギュアとしてかなり精密に再現していると思います。
大河のちびっこい可愛らしさとツンデレ振りが結構リアルに再現されていると
思います。



004_convert_20151210172539.jpg



このフィギュアの付属品として「ちびっこい虎」も付いているのですけど
これは何かと言うと・・・・「手乗りタイガー」なのです。
大河の陰でクラス中から何て言われているかと言うと、それが「手乗りタイガー」なのですけど
その由来として、
1.逢坂大河自体、身長が飛び抜けて低くて、美少女なんだけどすごいおチビちゃん・・・
  まるで「手のひら」に乗るかのようなちびっこ・・・
2.性格は見た目とは裏腹にかなりの凶暴で短気で、すぐに手が出てしまう・・・
3.名前が「大河=たいが」ですので、タイガーと大変響きが似ている・・・
という事があるのだと思います。

ま・・・この付属品の手乗りタイガーもホント、ちびっこいですね・・・(笑)



005_convert_20151210172559.jpg



ちなみに・・・

手に持っているのは竹刀です・・・

ま・・竜ちゃんも・・・初期の頃は結構この竹刀でシバかれていましたね・・・(苦笑・・)
あ・・そうそう大河のお相手役の竜ちゃんですけど、
アニメ版は、目つきが悪いヤンキー顔という設定ですけど
これが漫画版だとなぜかイケメンになってしまいます・・・(苦笑・・)
うーーん、これは・・・正直アニメ版に慣れてしまった上で漫画版を読むと、思いっきり違和感があったりもします・・・
そうですね・・・
大変古い話で恐縮なのですけど、
昔・・・1980年に「銀河鉄道999」の劇場公開版においても、メーテルと共に旅をする星野鉄郎ですけど、
アニメ版ではブタメン顔なのですけど
なぜか映画版では・・・・凛々しい美少年になっていましたね・・・
なんかあれと少し似ているような気も・・・・??



螟ァ豐ウ_convert_20151210204009



参考までに・・・・

この上記画像はアニメ版の大河です。

ね・・・、このフィギュアと大して変わりがないでしょ・・・

やっぱり最近のアニメのフィギュア化の技術は素晴らしいものがありますよね!!

特に・・・「艦これ娘」の改二としてのフィギュアの完成度の高さは、本当に目を見張るものがあります!!



みの



でもね・・・

私・・・実は・・・「とらドラ!」は大河派ではないのですよね・・・(苦笑・・)

私は・・・「とらドラ!」においては、断然みのりん派でありますっ!!

みのりん、とっても可愛かったなぁ・・・・
あのボケも最高!!
ま・・・最後の方は、「自分の本当の気持ち」に気が付いて随分としんみりとさせてくれていましたね・・・・
スポンサーサイト



12.中村学園女子高校


  B/歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」序曲(ニコライ)


  今現在ですと、精華女子高校に代表されるように、安城学園・光が丘女子・玉名女子等数々の素晴らしい
  「女子高チーム」が本当に素晴らしいまさに「名演」の数々を生み出していますし、
  ま・・・・自分自身の母校がかつては男子校時代は慢性的な部員不足・クラリネット奏者不足に
  泣かされ続けていたのが、学校統廃合によって男女共学となって以降は、ほとんど「女子高チーム」みたいな
  編成になってしまった事に象徴される通り、
  現在の吹奏楽コンクールの中学・高校の部に関しては・・・
  多分ですけど、部員の80~85%は女の子ですので、
  実質的には・・・
  どのチームもほとんど「女子高」みたいなものだと思います。

  1970年代~80年代初期の頃ですと・・・
  
  そうですね・・・今現在の視点で見てしまうと全くありえない事なのだと思うのですけど
  とにかく・・当時は「女子高チーム」自体が大変珍しい存在だったのかな・・・と思います。
  そういう意味では・・・
  精華女子とか安城学園等の先駆け的存在と言うのかその「パイオニア」としての役割を
  1979年代後半~80年代前半にかけて一心に担った中村学園と就実高校の二つの学校の歴史的意義は
  大変なものがあると思います。
  ま・・・このブログでは、就実高校の「ル・シッド」とか「幻想舞曲集」の歴史的怒涛の名演に関しては・・・
  かなり過去記事で語っていましたね・・

  多分ですけど・・・

  日本の吹奏楽コンクール・全国大会において「女の子だけのチーム」が出場したのは
  世間一般的には1978年の中村学園という風に思っている方も多いと思うのですけど、
  実は・・・
  1960年代に既に・・・
  中国地方代表の職場の部の「林兼産業女子吹奏楽団」というチームが
  何度か全国大会出場を果たし、
  歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列においては、確か・・職場の部で第三位を
  受賞していたと思います。
  これは凄いですよね!!
  まさに・・・中村学園・就実を超える「真のパイオニア」なのかもしれないですよね。
  それと・・・重箱の隅をつつくような感じになりますけど、
  1978年に「展覧会の絵」で全国大会出場を果たした菊間中学校も・・男子部員はゼロですので、
  実質的には「女子校」みたいなものです・・

  中村学園は伝統的に、「分かりやすい親しみやすいクラシック音楽の編曲もの」を自由曲にする事が多く、
  特に・・1984年~87年のバレエ音楽シリーズはとても素晴らし内容でした!!
(ま・・個人的には・・84年のロデオはちょっとね・・86年の「バリの喜び」は、中村学園を代表する名演だと思います!!)
  初期の頃は、シャブリエの狂詩曲「スペイン」とかR.コルサコフの「スペイン奇想曲」みたいに
  スペインものの曲を選ぶ傾向もあり、
  その点は・・・
  やはり女子高チームの就実がスペインものをかなり得意にしていた事は、
  なんか・・・意外な共通点があるのかな・・とも思ったりもします。
  ま・・・中村学園はどちらかというと外見的な派手さ、就実は内省的な感じでして、
  目指す方向性は対照的だったようにも思えますけどね・・・

  中村学園の全国大会初出場は1978年のショスタコーヴィッチの「祝典序曲」なのですけど、
  これ・・・今現在の視点で聴いてみると・・・
  うーーん、申し訳ないのですけど「凡演」に近いと思います。
  なんか「勢い」と「パワー」だけで金賞をかっさらっていったような気もしないではないのですけど、
  一つ特筆すべきことは、課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」の冒頭を聴くとよーーく分かるのですけど
  彼女たちがしっかりと「腹式呼吸」を徹底しているのがよーーく聞き取れます。
  出だしのゆったりとした部分において、金管奏者ほぼ全員、フレーズの間で「すぅーーーーーっ」と大きく息を
  吸い込んでいる音がはっきりと・・・収録されています。
  それと・・・演奏終了後には・・・
  「ブラボー!!」ではなくて、なぜか知らないのですけど
  「やったね!! 日本一」という掛け声が思いっきり普門館の会場をこだましているのが
  なんか・・・とっても微笑ましいです・・・(笑)
  
  翌年の狂詩曲「スペイン」は78年の演奏から更に飛躍的に進歩し、実に鮮やかな演奏を聴かせてくれていました。

  だけど・・・・

  ショスタコの「祝典序曲」もそうですし、シャブリエの狂詩曲「スペイン」もそうなのですけど、
  なんか・・リズムが甘いのですよね・・・ 
  何て言うのかな・・・俗にいうダーダー吹きみたいな奏法のせいか、全体的にリズムがベタベタしているように
  聴こえる感じがあったりもします。
  ま・・それは指揮者の松澤先生の「好み」なのかな・・?
1987年を最後に松澤先生は中村学園を去ってしまうのですけど、松澤先生が指揮をされていた頃の中村学園は
  どちらかというと、そういう「ベタベタ演奏」が多かったような印象もありますけど
  まさに、あれこそが中村学園らしい演奏なのかも・・??

  だけど、そうした「ベタベタ演奏」がちょっと悪い方向に出てしまったのが、1980年の演奏だったのかも
  しれないです。
  課題曲Bは何となくですけど、サクサク進行しすぎて強弱の変化に少し欠けているようにも
  感じられましたし、
  自由曲のこういう木管主体の曲は今一つ中村学園の個性には合わないようにも感じられました。
  木管、特にクラリネットはほとんど休みなく細かい♪に追われ続ける曲ですし、金管も木管を支えるような役割の
  曲でもありますし、
  やはり・・・木管、特にクラリネットセクションのダーダー吹き、少しレガート奏法を強調しすぎたような吹き方が
  なんか気になってしまい、
  同時に曲の表現としてもサクサクと進行しすぎてしまい、
  正直、印象としては希薄な感じです。
  自由曲は、全体的にはチューバ・低音木管セクションの「全体を支えるような感じ」がとっても効果的に 
  威力を発揮していたようにも感じられたのが大変好印象です。

  あ・・・・そうそう、
  この課題曲B/南の島からは、曲の途中に「はぁ~! ヤッ!!」みたいな掛け声が入るのですけど
  この課題曲Bを全部門を通して女子校チームが演奏したのは中村学園だけだと思います。
  大変古し話ですけど、
  私が大学生頃辺りには・・・国生さゆり・工藤静香等が一世を風靡したあの「おにゃんこクラブ」がテレビ界で
  大活躍をしていた頃と完璧にリンクしているのですけど、
  この中村学園の課題曲Bのあの「はぁ~! ヤッ!!」の掛け声は、
  「あれこそ元祖おニャン子クラブだ!! 」な~んておバカな事を言っている男子団員が結構いたと
  思います・・(苦笑・・
  大学の同期の団員で、関西出身で中村学園の大ファンという奴は、どこから入手したのかよく分かりませんけど
  確か・・・1986年頃の中村学園の定期演奏会を録音したテープを持っていて、
  ポップスステージの中の余興の一つとして「中村学園おニャン子合唱隊による歌コーナー」とかいって
  部員がバックの吹奏楽に合わせてたしか・・・おニャン子の歌を歌っている場面があったような記憶が
  あります・・・・

  ま・・・どっちにしても大変古い話であり「おニャン子クラブ」なんて・・・「死語の世界」ですからね・・(苦笑・・)

 | BLOG TOP |