FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


歴代プリキュアシリーズの中で
一番重たいシリーズは何なのかな・・・?と考えた時、私の結論は簡単に出てしまいました。
それは・・・
意外に感じるかもしれないですけど
「ハートキャッチプリキュア」だと思います。
ハートキャッチというとどうしてもあの可愛い幼いデザインとか、毎回毎回えりか=キュアマリンの妙な言動の
おかげで一見軽い作品にみられがちなのですけど、
実は・・・ゲストキャラがそれぞれ抱える「心の隙間」とか「弱さ」とか「脆さ」をかなり容赦なく抉り取った作品
だとも思えますし、
やはり最終決戦時における「月影ゆり」の父親であるサバーク博士がゆりの目の前で惨殺されたというシーンは
そうした「重さ」に輪を掛けていたのかな・・・とも思ってしまいます。
だけどこの作品って全体を通して眺めてみると
四人のプリキュア・・・というかつぼみとえりか・・・特に特につぼみの「成長」が大変丁寧に描かれていて
つぼみの「閉ざされた心」がこの物語を通して「大輪の花」が満開に咲いたという印象が大変強いようにも
感じられます。
スイートも見方によっては大変重たい感じもするのですけど、
ま・・・エレンのプリキュアとしての覚醒以降は、一気にポンコツ振りと天然さん振りが弾け飛んだみたいな感じもあり
その点が「重さ」を回避するのに大変有効だったような感じもあります、
スマイルは・・・・そうですね・・・あれはある意味理想的な「娯楽作品」だったと思いますけど
あのポンコツさと時に見せるシリアスさの対比が極めて明快でこれも素晴らしかったと思います。

さてさて・・そうした中で「フレッシュプリキュア」は、
色々な意味で新しい「要素」がてんこ盛りで大変実験的で興味深いシリーズだったと思いますし、
結果的にそれらは大成功だったと思います。
全体的にそれほどの重厚さとか悲壮感はないのだけど、
やはり・・・「イース=せつなの再生の物語」という物語の「軸」が大変しっかりとした骨太のシリーズでは
ありましたので
全体としては・・・「真面目」という感じが自分の中であったりもします。

だけど・・・

そんな中、時にシリアスな方向になりがちなフレッシュも一つ、素晴らしすぎるポンコツ要素というのか
見る者を楽しい気分にさせてくれる素晴らしい登場人物がいたと思います。

そう・・・!!

それこそが「ウエスター」なのだと思います。

フレッシュの第一話から見てみると、序盤は・・・・意外なのですけど
ウエスターはそんなに「マヌケ幹部」とか「愛すべきバカ」みたいな感じはあんまりしないのは少し意外でしたね・・・
だけど・・・
ウエスターは・・・
この第12話から急速に弾け飛んだような感じがあります。
そうですね・・・この第12話をもって「ウエスター=愛すべきマヌケ幹部」の方程式が確立されたような感じが
あります。
その意味では・・・この第12話というのは「ウエスターマヌケ伝説」のはじまりとなった記念すべき回と
言えるのかもしれないですね。
だけどこのフレッシュの第12話はとっても面白かったですね!!
フレッシュの中では屈指のギャグ回と言えるのかもしれないですね。
ファンの方達からは、この回は「神回」ではなくて「素晴らしき髪回!!」という声がよくあがっていますけど、
まさに「その通りっ!!」という感じだと思います。

歴代プリキュアシリーズというと、「マヌケ幹部」というのは最早ある意味「王道」なのだと思うのですけど
その中において、フレッシュは少し違う雰囲気もあったりします。
ま・・・結果的に「真の敵」は「未来のスーパーコンピューター」という事で少なくともヒトではないので
メビウス様、ノーザ、クライン・・・その幹部達は歴代の中でも突出して情が無い・冷たい・機械的・無慈悲といった
印象があります。
そして・・・
イースも後に「キュアパッション」となるとは思えないけど、ラビリンス時代は感情が希薄で冷たい感じの少女という
印象がありますし、
サウラーもプリキュア幹部にしては珍しく狡猾で計算高いという印象があります。
つまり・・・
敵幹部としてはもかなり難易度が高く、全体的に「冷たい」といった雰囲気すらあります。
だけど・・・・
そんな中、どこでどう間違ったのかはよく分からないのですけど(笑・・・)
その中に・・・・
歴代プリキュア的幹部の中でもとにかく屈指の「マヌケ幹部」=「愛すべきバカ」のウエスターがいるのは
ある意味すごい・・・としか言いようがないですよね・・・
ま・・・・最終決戦近くまで連戦連敗を繰り返したウエスターを決して切る事もなく使いつづけたメビウス様は・・・
意外と・・・懐が広いコンピューター様だったのかな・・・??

だけど・・・・

こうやって序盤の段階で、既にフレッシュのストーリーも結末も概要も知り尽くしている観点から見てみても、
時折ですけど
イースも何やら「ヒトらしい温かい要素」も感じられることがありますし、
何よりも・・・・
ウエスターのポンコツ振りは・・・・
まさしく「人間」そのものなのだと思います。
確かにウエスターは敵幹部でやっている事はアホ以外の何者でもないのですけど、
プリキュア5のブンビーさん、否!! それ以上に全然憎めない存在なのですよね!!
いやー、最終決戦において、ウエスターとサウラーが最終的には「ヒトとしての温かい心」に気が付き
「救済」されたというのも
考えてみると「当然!!」という感じもありますよね!!

これは以前も何度も書いている事なのですけど「フレッシュプリキュア」は、ラブとせつなの愛の物語、
そして「せつなの再生の物語」でもありまして
そうした物語としての「軸」が大変しっかりと構成されていますので
その上での
シフォンとラブ達との「擬似子育て体験」とか
カオルちゃんのヘンだけど意外と的外れではない「大人」としてのラブ達へのアドバイスとか
ブッキーの天然さん振りとか
そして何よりも・・・・ウエスターの類稀なる「マヌケ幹部」振りが生きてくるのだと思います。

「ハピネスチャージプリキュア」は、私はとっても大好きなシリーズであり、
あくまでも私の「主観」なのですけど、
現役の巷の評価としてはハピネスよりは格段に評価と評判が極めて良い「プリンセスプリキュア」よりも
ハピネスの物語に100倍近く魅かれるものがあったりもします。
それでもハピネスが少しだけ「勿体無いな・・・」と感じる点は、あれだけ劇的要素を内在しながらも
「恋愛モノ」を物語に取り入れてしまったのは
フレッシュとは対照的に、少し「物語の軸」を見失ってしまったところもあったりするのは
惜しい・・と思います。
私は・・別にブルーは確かに必要不可欠な存在だったと思っていますけど
少なくても、ひめと誠司の「恋愛らしきもの」当たりの回は、少なくとも・・・不要だな・・・と思ったりもしちゃいます・・・






ef7ee66a_convert_20151209231006.jpg



それにしても・・・・ウエスターは本当に素晴らしいなぁ!!

本当にこの人のマヌケさ・ポンコツさは惚れ惚れとするものがあります。

この回も・・・

恐らくですけど、サウラーとイースに
「プリキュアを倒すためにはどうすればいいんじゃーー!!、またまた人間どもを不幸にするにはどうすればいいんじゃい・・
」みたいな恥も外聞も何も無い質問をしたのでしょうね・・・
そしてイース達の回答は・・・
ま・・・多分イースのあのやる気のない「どーでもいいわ・・」みたいな表情から判断すると・・・
「そんなの人間界の人達に直接聞けばいいんゃないの・・」と半分投げやりにテキトーに
答えたのでしょうね・・・

そしてウエスターは・・・果たしてどこをどう曲解したのかは定かではないのですけど
なぜかこのお方は・・・
廃品回収担当スタッフとなり
街の人達に
「どうすれば不幸になるのだろうか・・?」とあまりにもストレート過ぎる質問を投げかけているのは・・・
うーーん、本当に筋肉バカのいかにもこの人らしい行動ですね・・・・(苦笑・・)
というか・・・
このお方は、生まれる場所を間違えましたね・・・
そう、ウエスター、やっぱり、あなたは・・・
冷たい管理国家・ラビリンスではなくて
「くだらなくて愚かだけど温かいものは確実に備わっている人間界」に
最初から生まれてくるべきでしたね!!
ま・・・少なくともウエスターの就職先はラビリンスよりはブンビーさんじゃないけど
便利屋さん関連みたいな職の方が似合いそうですね・・・



2ded79ca_convert_20151209230617.jpg


a6bfe831_convert_20151209230824.jpg


3f7cc65f_convert_20151209230645.jpg



さてさて・・・この第12話ですけど
ラブのお父さんが大活躍をする回でもあります。
ナキワメーケの攻撃からブッキーパパと一緒になってプリキュア達を防御する辺りは
「お父さんも頑張っているな・・・」みたいな気持にもなったりもしちゃいますね。
歴代プリキュアにおいては、プリキュアママ達の存在は時に光る場合もありましたけど
ま・・・・お父さんたちは・・・
お邪魔な存在なのかな・・・?
あ・・・・触れ返ってみると・・・
ピンク系プリキュアのパパ達って、自営業系の方が多いですね。
咲・のぞみ・つぼみ・マナ・はるかがそうですし、
めぐみのパパも自営業みたいなものなのかな・・・?
響パパも・・・先生だけど自由人ですからね・・・(笑)
普通の典型的な会社員パパってなぎさとラブのパパぐらいなのかな・・?
それにしても・・・・私、結構なぎさの父親のあのくっだらねーオヤジギャグは好きでしたよ!!
めぐみと六花のパパは・・・なんか「チョイ悪オヤジ」みたいな香りもあり、結構好きですね!!
歴代プリキュアのパパと自分って・・・年齢的には近いのかもしれないけど、誰に一番似ているのかな・・・
うーーん・・誰もいない・・・・(苦笑・・)
あんな素敵なオヤジ共にはなれそうもない・・・・(泣・・・)
そうですね・・・強いて言うと、あの落ち着きの無さという観点からは、はるかの親父と一番近いものが
あるのかな・・・
ま・・・二人とも埼玉県民だし・・・・(苦笑・・・)

でも、この回のラブのパパは随分と頑張りました!!

だからこそ・・・

子供の頃は「カツラメーカーの社員としてのお父さんは少しヘン・・・」とドン引き状態だったラブのココロも
少しは変わっていき
「お父さんも頑張っているんだ・・・」みたいに変化していったのは大変好感が持てますね。
そうそう・・・ラブのパパは意外ですけど「婿養子さん」なのでしたね・・・
婿養子と言えば・・・実は・・・・多分ですけどマナのパパもそうなんじゃないのかな・・と思います。

それにしても・・・

幼少の頃のカツラのモデルさんとしてのラブは・・・ま・・本人的にはドン引きかもしれないけど
各種多様なカツラを頭に乗せたラブはとっても可愛かったです!!
あれれ・・・何か知らないけど
どっかの「情熱の赤い炎」の人もいましたね・・・・(苦笑・・)

だけどな・・・・

やっぱりそれでもウエスターはポンコツ幹部!!

だって・・・

「人を不幸にするには、髪の毛を入れ替えればいいんだ・・」なんて発想は・・・
普通はしないっすよね・・・・
案の定・・・街の人たちは・・・自分達の髪型が急に変っても誰も不幸になるどころか
全員まるで「スマイルプリキュア」みたいにみんなみんな笑顔でしたね・・・!!
あれれ・・・ウエスターの廻りにいる幼女ですけど、あの中に一人・・・・
「大いなる希望の力」の人の髪型の子がいましたね!!
いやーー、フレッシュのさりげないこういうシリーズを超えたイタズラ心は本当に洒落っ気を感じさせてくれますね!

ラブ達3人も髪型がチェンジ・・・・

だけどさすがに美希たんはモデルですね!! あの髪型はまさにモデルそのもの!!
ブッキーの懐古的な髪型もとっても可愛い!!
だけどラブはなぜか一人・・ああいう髪型になってしまうのはご愛嬌ですね・・・・(笑)

やっぱりウエスターは・・・敵幹部というよりは、スマイルプリキュアみたいな「笑顔」が似合いそうな
愛すべきポンコツさんですね!!

ま・・・結局この回においては、不幸のゲージに一滴も溜まらず
最終的には・・・ウエスターの不幸一滴だけが溜まっていましたね・・・・(苦笑・・)



d4a944ce_convert_20151209230923.jpg



最後に・・・・

この回は、なんかブッキー=キュアパインの「やられ役」としての役割も定着したような感じもあります。

ま・・・パインはああやっていたいけにやられちゃうところがまた可愛いのですけどね!!

第14話あたりでは、パイン対ウエスターの一対一の勝負になっていましたけど
かなりパインは・・・・
ボコボコにされていましたよね・・

さてさて・・この次の回は、いよいよこのパインに新しいアイテムが登場します・・・
そう・・・
あのある意味伝説の祈里のシフォン浣腸回でもあります!!
スポンサーサイト



11.弘前南高校

  
  B/組曲「ドリー」より(フォーレ)


  この学校は以前も何度か書いた事があるのですけど、一つ特筆すべきことは何かと言うと
  全部門を通して全国大会に5回以上出場した数多くのチームの中では、おそらくは・・・唯一・・・
  出場した全ての評価が「金賞」で、それ以外の評価は一切無しという
  ある意味偉業を成し遂げたチームだと思います。
  私が現役奏者の頃は、そういう「全国大会オール金賞」というと、ブリジストン久留米とかヤマハ浜松という
  チームが思いついたものですけど
  ま・・・ヤマハ浜松みたいな半分プロの吹奏楽団みたいなチームですら、たまーーには銀賞を
  受賞する事もある時代に既に入っていますからね・・・
  それと・・・・
  弘前南で「すごいな、この学校・・・」と思わず感じてしまう点は、
  1977年~81年の「5年連続金賞」を成し遂げている期間中、なんと・・・指揮者が異動のせいかよく分かりませんけど
  交代されています。
  一般的にこうしたスクールバンドの場合、実績ある前任者が別の学校に異動をしてしまうと、
  コンクール等であまり良い演奏&評価がされない傾向が大変強いのですけど
  (今年・・・2015年だって・・・あの精華女子高校ですら、偉大なる前任者の藤重先生が別の学校に移って
   他の方が指揮をされていたようですけど、
  結果は・・・・九州大会ダメ金ですから・・・
  本当に難しいものですよね・・・)
  弘前南は、1977年~79年で指揮されていた斉藤久子先生から斉藤聖一先生に指揮者が交代されても
  ずーーっとあの素晴らしい音楽をキープし続け
  結果的に5年連続金賞を達成してしまいましたから、
  とにかく・・・これは・・・「お見事!!」以外の言葉しか出てきません!! 
  斉藤久子先生のどちらかというと・・・「溌剌さ」が全面に出ていた演奏に対して
  斉藤聖一先生の「しっとりとした内省的で抒情的で瑞々しい演奏」という印象が自分の中ではあったりするのですけど、
  5年間の中で違った指揮者による違った個性をそれぞれ見事に表現していた5年間だったと思いますし、
  とにかく・・・
  今現在の視点でも賞賛に値する素晴らしい5年間の演奏だったと思います。 

  この年、1980年の弘前南の演奏ですけど、当時「BP」(バンドピープル)の高校の部の評を担当されていた
  指揮者の汐澤安彦氏のコメントが「まさにその通り!!」という感じだと思います。
  要は・・・・
  課題曲B/南の島からにおいては、序盤から中間部のゆったりとした部分は・・・なんか音楽がたるみがちで
  やや淡々と無表情に進行している傾向があるのですけど
  例の後半の「はあ~! ヤッ!!」という掛け声が全てを一新させてしまった様な印象があり、この掛け声以降は
  大変生き生きとしたまさしく「目が覚めるような」躍動感溢れる演奏をしてくれていたと思います。
  というか・・
  もしかして・・・これは斉藤聖一先生の「意図的な演出」なのかも・・・という感じすらあると思います。
  自由曲の「ドリー」は、原曲の繊細で粋なピアノ曲をここまで吹奏楽という「管楽器」で表現できる事に
  驚きを感じてしまいます。
  全体的に金管を抑制し、木管を主体に曲を展開していましたけど、それは大正解だったと思えます。
  とにかく・・・大変バランスがよくて木管が丁寧で上品で、特に・・・素晴らしい「音の気品」が
  あったと思います。
  少し欠点を言うと、課題曲の掛け声ですれど、何となく・・一部の男性の声が「奇声」のように聴こえた事と
  自由曲のタンバリン等の小物打楽器が少しだけしゃしゃり出過ぎている・・・
  そんな感じもあったと思いますけど
  あの木管の「しなやかさ・上品さ」の前では、そんなつまらん事はどうでもよくなってしまいそうです。

  余談ですけど、
  弘前南は1982年に「5年連続全国大会金賞」として栄誉ある「招待演奏(特別演奏)」を東北大会と全国大会で
  お披露目してくれるのですけど
  その時のフォーレの組曲「ぺリアスとメリザント」とR.コルサコフの「熊蜂の飛行」は
  まさに・・・歴史的名演だと思います。

 東北大会においては・・・
 プログラムの表記がなぜか「テレアスとメリザント」という誤表記になっていたのは
 ま、ご愛嬌ですね・・・(笑)

 だけど、こんな静かで穏やかで抒情性に溢れ、内面性が強く、そして激しく盛り上がる部分がほぼ皆無の
 このフォーレの曲を
 「招待演奏」に持ってきた弘前南の「心意気」は高く評価したいですね。

 演奏は終始穏やかに展開され、
 打楽器・金管セクションは終始暇そうな感じでしたね・・・
 だけど木管セクションの細かい音色にまで神経を行き届かせたその「繊細さ」は
 高く評価されるべきだと思います。
 あまりにも美しくはかなく、もろそうな音楽が15分近く延々と続き、
 そのあまりの「繊細さ」に
 何か心を揺り動かされたものです。
 あの演奏・・私は東北大会で聴いていましたけど、とにかく「はかなく美しい・・・」という言葉しかなかったです!!
 この組曲で唯一盛り上がるⅣ.メリザントの死の「弔い」を示唆する金管の高まりですら
 かなり抑制されていて、
 終始緊張感と繊細なサウンドに魅了された瞬間でもありました。

 圧巻は「熊蜂の飛行」かな・・・

 あのクラリネットの指回しは、最早曲芸の領域でしたね・・・

 招待演奏が終了すると、会場からはまさかの「アンコール」を求める拍手が鳴り響き
 指揮者の斉藤先生もアンコールは想定外だったのでしょう・・・
 指揮台から困ったような表情を浮かべていましたが、
 再度この「熊蜂の飛行」をお披露目し
 無事に招待演奏を終了させていました。
 全国大会の方の特別演奏では、アンコールが掛ったかどうかは・・・聴いていないので分からないです・・・

 最後に・・・またまた余談ですけど、

この年ではなくて前年の1979年のドビュッシーの「小組曲」についてですけど、
 BJ(バンドジャーナル)を読む限りでは、いわゆる音楽評論家と呼ばれる方でも
 評価は真っ二つに分かれていて
 やっぱり・・・音楽の専門家であっても「感じ方」は千差万別なんだし
 コンクールでの「評価」というものは必ずしも絶対的なものではないんだな・・いう事を改めて感じたものです。

 例

 吉田友紀氏

 「聴いた感じでは、アンセルメ指揮の演奏に近い線を出している。
 ドビュッシーの音楽らしい雰囲気を再現していて、編曲・演奏共に立派である」

 上野晃氏

 「感覚のデリカシーはいずこへ、とても音色のディストリビューションまで手が回らずバランスを
 失ってしまった・・・
 分相応な指揮者の高望みから起きた破綻である」

 そうですね・・・私の感想としては吉田氏の方が全然的を得ていると思います。

 ま・・・その辺りは「各個人の感じ方の差」なのでしょうね・・

 | BLOG TOP |