FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね・・・・

この話は実は昨年から既に語ってはいるのですけど
エンスカイから2014年に発売されていたハピネスチャージプリキュアの「等身大! キュアラブリー・タペストリー」
なのですが、
これ・・・・とにかく昨年から欲しくて欲しくてたまらなかったのですよね・・・(苦笑・・)

ネックは・・・・1.価格が高すぎ!! 定価は1万円を超えています・・・ 2.サイズが等身大という事もあり、730×1800mmとデカすぎ!
だったのですけど、
最近・・・とあるサイトでこれがかなり安く発売されているのを発見!!
迷ったのですけど・・・というか・・・迷ったふりをしたのですけど
結局・・・
ほぼ「即決」で購入してしまいました!!

だって・・・・これ、昨年からとにかく欲しくて欲しくてどうしようもないものでしたし、
ま・・・お金は天下の廻りものですし
お金はあの世には持っていけませんし、
たまには贅沢して自分が好きなもん買って何が悪い!!と半分開き直って・・・
ついに念願の「キュアラブリーの等身大タペストリー」を買ってしまいました!!



繝ゥ繝悶Μ繝シ縲€繧ソ繝壹せ繝医Μ繝シ_convert_20150721075905



いやーーーー、改めてですけど、キュアラブリーは本当に最高ですねっ!!

ま・・・それはいいとして・・・

この等身大タペストリーなのですけど
大きさが730×1800mmととにかくデカい!!のです!!
ま・・・それがいいのですけどね・・・(苦笑・・)

さてさて・・・

問題は・・・・これをどこに飾ろうか・・・という感じですね・・・・(苦笑・・)

階段の踊り場の壁というのが一番しっくりくる場所ですし、馴染むのかな・・・と思うのですけど
うちの奥様にさりげな~く相談したところ・・・・
「ラブリーなんて壁に飾らないでよっ!!、せめて・・・百歩譲ってミルキィローズとかキュアパッションなら
いいんだけど・・・」との事で
この案はあえなく却下・・・・(泣・・・)

仕方ないので・・・・

そうですね・・・やっぱりラブリーは自室に飾るのが一番馴染みます!!
というか・・・管理人本人が一番喜んでいると思います。
でもな・・・・飾るスペースがないのですよね・・・・
しょーがない・・・
ラブリーのために・・・一肌脱ぐか・・・・
結局・・・
クローゼットの折り戸を取っ払って外してしまい、そのむき出しの状態のクローゼットを覆い隠すように
「キュアラブリーの等身大タペストリー」を掛けることにしました。
うん、そうなると・・・この位置状況からすると。
私は・・・・ラブリーから毎朝毎日・・・見つめられるような感じで自室で過ごすことになってしまいそうですけど
それはそれで「本望ですっ!!」という感じになるのかな・・・・(苦笑・・・)

まったく・・・私の「ラブリー好き」もここに極まった!!という感じですね・・・・(苦笑・・)



page-38564_convert_20151208192300.jpg


そうそう・・・・ハピネスの等身大タペストリーなのですけど
ラブリーもとっても素敵な出来栄えだと思うのですけど、ラブリー以上に素晴らしい出来栄えと思えるのが
「キュアフォーチュン」だと思います。

そうですね・・・・

「ラブリーもいいけどフォーチュンもいいんだよなぁ・・・」と思っていましたし、事実・・・今回ラブリー購入の際には
「ついでにフォーチュンも一緒に・・・」と瞬間的に頭を過ぎったのですけど
さすがに・・・・
フォーチュンも購入してしまうと・・・・
マジで・・・置き場所が全然なーーい!!という感じになってしまいますね・・・・(苦笑・・)






スポンサーサイト



10.高松第一高校

 
  B/交響詩「はげ山の一夜」(ムソルグスキー)


  そうですね・・・
  一言で言うと、大変影の薄い薄味の演奏です・・・
  何て言うのかな・・・・
  「優等生の演奏」なんですよね・・・
  確かに技術的には特に不安点も無いですし、全体的には決して低いレヴェルではないと思います。
  だけど、聴く人に「何か」はあんまり伝わってこないのですよね・・・・
  これなんでかな・・・?
  技術的に何か問題があるチームですと、
  「楽譜に書いてあるのを音にするだけで精一杯・・だから表現は二の次三の次になってしまう」というのは
  往々にしてよくある話なのですけど、
  高松第一のようにこの当時は既に全国大会の常連チームで経験も実績もそれなりにあるのに
  「音楽」があんまりドライヴしてこないというのは、
  奏者が真面目過ぎた・・・・という事なのかな・・・??

  課題曲B/南の島からですけど、これ、少しヘンな演奏だと思います。
  両端のアレグロの場面は、かなり淡々と音楽が進行し、あんまり「南国」の情緒とかは感じないのだけど
  なぜか中間部のあのけだるいおおらかな部分は、
  なぜか執拗に歌い上げているような印象があります。
  そしてその歌い廻しが少々理屈っぽく聴こえ、あんまりナチュラルな感じはしないのですよね・・・
  そうそう、このチームは翌年の課題曲A/イリュージョンも両端のアレグロは淡泊、中間部は
  やたらテンポを落として執拗に歌い上げているのですけど
  そうですね・・・
  「南の島」も「イリュージョン」も中間部はそんなに「歌」があるとは思えないのですけど・・・??
  自由曲も、大変な名曲で誰しも一度は聴いた事がある曲だと思うのですけど、
  そうした「懐かしさ」と言うものはあんまり伝わらず、やはり、音楽が淡々と進行しているような味気なさが
  あったと思えます。
  カットもかなり強引過ぎて、唐突に「ヂェジボーグの神々の夜宴」が終了し夜明けになったような錯覚すら
  覚えます。
  あれ・・・どこの演奏だったかな・・・
  確か・・・1978年の北海道の中学校だったと記憶しているのですけど
  やはりこの「はげ山の一夜」を自由曲に選び、カットが大変豪快で、
  本来は、フルートソロを中心に静粛に終わるこの曲をなぜか、ムソルグスキーの「原曲版」と同様に
  ヂェジボーグの邪悪な踊りの部分で演奏を終わらせ、リムスキー・コルサコフ編曲版の最大の特徴である
  「夜明けの静粛さ」をぜーんぶカットしてしまった演奏なんていうのもありましたけど
  ま・・・それに比べると「カットのショック」という意味ではまだマシだったのかも・・・??

  結果的に評価としては銀賞という結果なのですけど、
  これって・・・
  1982年以降再び「銅賞」が登場した年の審査だったら、間違いなく銅賞だったと思います。
  その点は・・・運に恵まれていたのかも・・
  だけど、
  このチームの演奏が、例えば名古屋電気の「仮面舞踏会」とか福岡工大付属の「踊る行列」と
  同じ「銀賞」という評価と言うのは・・・
  なんか今一つ釈然としないものはあります。
  そうですね・・・同じ「銀賞」でも高松第一と名電・福岡工大付属の演奏は、「雲泥の差」という感じはありますね・・・

  最後に・・

  高松第一というと思い出すのは、1979年の自由曲、シベリウスのカレリヤ組曲~Ⅲ.行進曲ですね!!
  あの演奏は、本当に可愛らしいというのかとてもチャーミングな演奏で
  個人的にはとっても気にいっている演奏です。
  ま・・・トランペットのユニゾンの部分で奏者が音を思いっきり外していたのは・・・
  あれは・・ご愛嬌という感じですね・・・
  このカレリヤ組曲の演奏時間は4分程度だから、課題曲A/フェリスタスと合せて演奏時間8分半程度というのも
  結構珍しい部類に入ると思います。
  1994年の例の課題曲が異常に長い年にも高松第一は、このカレリヤ組曲~マーチを演奏していますけど
  さすがに、この時はトランペットは外していませんでしたね・・・

    

 | BLOG TOP |