FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね・・・・
男の子というのは一度ぐらいは「一人暮らし」というものを経験した方がいいようにも
思ったりもします。
一人暮らしとか自炊生活を経験すると、その「経験」は100%間違いなく将来的に活かされると思いますし、
何よりも・・・
結婚して万一奥様がご逝去された後でも、間違っても・・・
「何にも食べるものがない・・」とか
「この炊飯器、一体どうやって使うんだぁー!!」とか
「IHって一体どうやって使うの・・・?魚焼く場合はどうすればいいんじゃぁーー!!」とか
「電子レンジで冷凍食品を解凍するにはどうすればいいの・・?」などと
悩まなくても済むと思います。

そうですね・・・その点は・・・別に自画自賛する気は・・・さらさらありますけど・・(笑・・)
(あ・・・なんか「そんな事・・・あるけど!!」という表現はハピネスのひめみたいですね・・・)
私の場合、
ヘンな言い方になってしまいますけど、今この瞬間うちの奥様がいなくなったとしても
私は・・・別になーーんにも困る事はありません!!
やっぱり・・・・
18歳の時から親元離れて一人暮らしを始めて、自分で洗濯したり掃除をしたり買物行ったり、
アイロン掛けたり、自分で料理を作ったり、料理の後片付けをしたりといった経験は
相当活きていると思っています。
ま・・・・うちの奥様は・・・別に自慢する訳じゃないけど
家事等はホントに・・何にも出来ない人ですので、
彼女にとっては・・・本当に・・ある意味理想的な旦那なのではないのかな・・?と自負したりもしています・・・(苦笑・・)
だって・・・
本当に申し訳ないけど・・・
少なくとも・・・「調理」に関しては・・・私の方が10倍・・・否!! 100倍以上は上手く出来ると思っています・・・(苦笑・・)
ま・・・こんな事ばかり書いているから
「もー、私の事をネタにしないで!! ギ――――ッ!!」と怒られてしまうのですよね・・・・(苦笑・・)

「自炊」というと・・・一番やったのは大学1~2年頃あたりなのかな・・
あの頃は・・
料理レシピ本を図書館で借りてきては、色々な料理に挑戦していたと思います。
ハンバーグ・カレーライスに始まり、とんかつ・鶏のから揚げ・ビーフシチュー・麻婆豆腐・春巻など
結構色々と作っていたと思います。
だけど・・・・
大学2年以降、キャンバスが埼玉県の大宮校舎から都内のキャンパスに移ったと同時に
以前よりはやらなくなったような記憶があります。
というのも・・・
当時は・・・水道橋のキャンパスとアパートがある中野と吹奏楽団の練習場がある両国と
バイト先の品川を一年中行ったり来たり・・・という生活で
仕送り何てスズメの涙の典型的な「ビンボー学生」でしたので
お金はあんまり使いたくなかったという感じでした。
ま・・お金が入ると、大抵の場合、楽器(クラリネット)のリード代とかレコードとか楽譜に消えてしまいましたので
その埋め合わせは・・・
やっぱり「食費」になってしまうのですよね・・・・
私の経験上確実に言える事は、「外食」は少なくても「自炊」よりは数倍お金が掛ります・・・
だけど・・・
学生さんの場合は一つ「特典」があると思います。
それが何かと言うと「学食」なのです。
うちの学校は二部(夜間部)併設で、授業もPM22:00あたりまで普通に開講されていましたので、
学食もAM9:00~PM22:00まで開いていて
モーニングが当時180円 昼が大抵・・・250円くらい・・夜の定食を300円くらいにしても
十分美味しく食べれたし栄養も取れていたと思います。
食費は外食(学食)だけでも一日700円以内に抑える事は十分可能でしたので
今にして思うと・・・・本当に貧乏学生にとってはありがたい存在でしたね・・・

ま・・だけど社会人になってからも「寮生活」以外の時は、結構それでも「自炊」はした方だと思います。

そうですね・・・今でも時折やっていますよ・・!!

ここ最近は・・・最新の記事等で色々と愚痴っていますけど
本業がとにかく・・・・多忙のため、ま・・・皆様から頂くコメントに中々返信出来なかったり
(ここの所は・・・・一件の非公開コメント以外は、二週間以上誰にもコメント発信はしていないですね・・・
本当に申し訳なく感じてはいるのですけど・・)
皆様のブログへの訪問・コメント発信をほとんどやっていない感じでもあり、
その点は・・・・
本当に心苦しく感じているのですけど・・・
だって・・・!!
家に帰ってしまうと、そのまんま朝まで爆睡・・・というパターンばかり続いていて
朝起きて慌てて翌日の記事の予約投稿記事をバタバタと書いている有様ですので・・・
そうですね・・・
なんか最近は・・本当に申し訳ないのですけど
自分自身のプログの管理のみで手一杯です・・
ま・・・それももう少しで崩壊寸前で、多分・・・来週くらいからは
しばらく更新なし・・・という日々が続くかも・・・
ま・・更新しなくても別に管理人は生きていますので、その点はご安心下さい・・・・(苦笑・・)

さてさて・・・そうした中、明け方近く目が覚めると・・・
なんか無性にお腹がへる事もあったりします。
ホント、こういう時ほどハピネスチャージのゆうゆうの「ごはんのうた」なんか聴いてしまうと
無性に何かを食べたくもなったりします・・
先日も・・・・
なぜか知らないけど無性に「鮭チャーハン」が食べたくなってしまいました・・・・(苦笑・・)

ま・・そんなのコンビニで売っている訳無いので、「しょーがない・・自分で作るか・・」と思ったのですけど・・・
材料が何にも無い・・・
「鮭」も「鮭の缶詰」も「鮭のフレーク」もなんにもありません・・・






86be65a9-s_convert_20151204071909.jpg


そうですね・・・

あの時は・・・ハピネスチャージプリキュア第23話みたいな感じでしたね・・・・

いおなが加わり「ハピネスチャージプリキュア結成」のパーティーでもしようか・・・という時、
「フルーツケーキを作ろう!!」という事になるのですけど
フルーツという主役の食材が無い・・・・
私の場合も・・・「鮭チャーハンを作ろう!」と思っていても、肝心の鮭が無い・・・

めぐみ達はひめといおなに買い物に行かせる事にしたのですけど、
私の場合は・・深夜と言うか明け方だからスーパーなんて開いていない・・
さてさて・・・どーする・・??という感じでした・・

ま・・・・そういう場合は「代用品」でごまかすのが一番ですよね・・・!!

自分の「鮭チャーハン」の場合は・・・仕方ないので「鮭」の代りに「シーチキン缶詰」でごまかし、
結果的に・・・・
「シーチキンチャーハン」となってしまいました・・・(苦笑・・)
だけど・・
手前味噌じゃないけど、このシーチキンチャーハンも結構美味しかったですよ!!
缶詰の油漬けのオイルをそのまんま使い、やや焦がし気味に炒めて風味をだし、
ほんのちょびっとだけごま油を加えて風味をだし、アクセントに「生姜」を加えたのも正解だったと思います。

ま・・・たまには自分で調理するのもなかなかいいもんです・・・

あ・・・だけどこういう食材が無い時の「代用品」って全てが上手くいくとは限らないですよ・・・

別の日には・・・なぜか無性に「ハンバーグ」が食べたくなったけど、ひき肉もタマネギもパン粉も何にも無いない・・・
で・・・どうしたかというと・・・
コンビーフとキャベツの千切りと食パンを細かくちぎったものに卵の黄身を加えて
フードプロセッサーに掛けて
そうしたものを手でこねて焼いたのですけど・・・・
うーーん、コンビーフの塩気が強すぎて・・・
そうですね・・・なんか塩気の強いお好み焼きみたいな感じで、結果的に大失敗でした・・・(苦笑・・・)

そうそう・・学生の時、とんかつを揚げようと思って、
豚ロースに小麦粉と卵をまぶしたまではよかったけど・・・
なんと・・・パン粉が無い事に気が付き、
「困った、困った・・」になりました・・・
スーパーまで行くのも面倒でしたので、何かで「代用」出来ないのかな・・・・と思っていたら・・
あ・・!! いいのがありました!!
あられです!!
あられを細かく砕いて、それを卵をまぶした豚肉ロースに付けて揚げたところ・・・・
割とカリッ!!としたとんかつに一応は・・・なっていたと思います・・・
欠点は・・・ソースをかける必要がない・・・
つまり・・・元々あられの醤油味が結構効いているからだと思います。



9c629b14-s_convert_20151204071807.jpg


f855a207_convert_20151127204027.jpg


7e87b9af_convert_20141216205958.jpg



最後に・・・・

ハピネスのめぐみは
「フルーツケーキなのにフルーツがない、それじゃ・・フルーツケーキにならない」とか言っていましたけど・・・・

もしも・・・あの場面にプリキュア5のこまちがいたとすると・・・

「あらぁ~、それじゃーー、フルーツの代りにようかんをいれればいいんじゃない」とか言ったりするのかな・・・(苦笑・・)
ま・・・・あの先輩は・・・
おかゆでもホットケーキでもとにかく何でもかんでもようかんを入れないと気が済まない人でしたからね・・・・

だけどな・・・・

ハピネスの「かわるんるん」は本当に便利な機能・・・

めぐみのパティシエも、バスガイドも探偵さんもフィギュアスケーターも・・・
とにかく・・・・
み~んな可愛い!!という感じですね!!

→おいおい、やっぱり最後の「締め」はめぐみ=キュアラブリーなのかいな・・・と自分で自分にツッコミを
 入れたいものですね・・・・
 一体どんだけこの管理人はラブリー好きなんでしょうか・・・(苦笑・・)
スポンサーサイト



8.市立川口高校


  A/神の恵みを受けて(マクベス)


  現在の平成生まれの若い世代の皆様に「市立川口高校」とか「無言の変革シリーズ」と言っても
 「なにそれ・・・??聞いたことがない・・・」みたいな感触になってしまうとは思いますが、
 私のように1980年代に中学~大学で吹奏楽に携わっていた世代にとっては
 ある意味ノスタルジックなチームだとも思いますし、当時の市立川口のあの圧倒的な存在感のある演奏を
 知る者にとっては・・・
 とにかく・・ある意味「神」みたいな存在だったと思います。

 市立川口高校は、
 1970年代後半あたりは、
 例えば、ジェイガー/第二組曲、ロッシーニ/どろぼうかささぎ序曲、ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」
 みたいにかなりオーソドックスな路線を歩んでいたと思いますが、
 1979年の全国大会初出場でいきなり金賞を受賞したネリベルの「二つの交響的断章」の
 歴史的ウルトラ名演によって一気にブレイクしたと思いますし、
 1981年~82年の2年間は、更にとてつもない「偉業」を成し遂げてくれました。
 それが何かと言うと、
 当時の指揮者の信国康博先生による「無言の変革」という自作自演の自由曲を二年間に渡って
 全国大会でお披露目し、
 そのあまりにもぶっ飛んだ内容で
 当時の吹奏楽関係者に強烈なインパクトを残しています・・・・

 ま、だけど・・・・

 この2年間に渡る市立川口の「無言の変革」シリーズの際は、
 私は高校1年~2年の時だったのですけど、
 こんな音楽の事なんか何も分かっていない当時の自分にとっては、市立川口の演奏の「毒」は
 効果覿面でしたね・・・・
 結果的に・・・・
 「こんなもの凄い事を平然とやってのける高校の演奏を是非生で聴いてみたい!」とか
 「まずは高校を卒業し上京し、出来ればこんな凄い学校がある川口市に住んでみたい・・・」とか
 考えるようになり、
 なんと、本当に後年川口市内に家を建てて、川口市に永住するという事に
 まさか本当になってしまいましたからね・・・・(苦笑・・・)
 あれ・・・本当に「嘘から出た誠・・・」みたいなものですね・・・(苦笑・・)
 まさか・・・本当に埼玉県川口市に永住するなんて・・・18歳で上京した時には、全く想像も
 しなかったですよね・・・

 ま、それだけ「市立川口」の演奏は、結果として、とある仙台の田舎の県立高校の吹奏楽部在籍の
 青少年の運命すらも左右する事になっていましたし、
 それだけ印象度の極めて高い演奏を私達に残してくれたのだと思います。

 だって市立川口の全国大会初出場の演奏は、まさに圧巻の不滅の伝説的なウルトラ名演ですよ!!
一番最初にこの市立川口のネリベルの「二つの交響的断章」を聴いた時の
 私のショックは・・・
 そうですね・・
 あれは、その一年後に東北大会で秋田県の花輪高校吹奏楽部によるウォルトン/交響曲第1番第四楽章を
 聴いた時と同じくらいすさまじい「インパクト」を与えてくれたと思います。
 あの「二つの交響的断章」は、まさに私の「吹奏楽オリジナル作品」の「原点」であると同時に
 一つの集大成みたいな感じすらあります。
 強弱の凄まじい落差とダイナミックス、第一楽章と第二楽章のすさまじい対比、演奏効果が凄まじく
 まさに・・・「魅せるパーカッション」を具現化した曲でしたし
 そうした曲の内容をほぼ完璧に自分達のものとして表現出来た素晴らしい演奏だったと思います。
 しかも・・
 あの演奏、初出場でしかもプログラム1番という圧倒的に不利な条件なんですよ!!
 そんなシビアな条件すらも全く意に介しない本当に本当に素晴らしい名演だったと思います。

 その翌年の1980年の全国大会で市立川口が選曲した自由曲は、マクベスの「神の恵みを受けて」でした。

 マクベスの作品って何となく宗教関係の香りが濃厚で、陰鬱で重厚で暗ーい作品が多かったですね・・・
全体的に精神的緊張感が高い曲が多いため、
聴いているだけで胃がギリギリと痛む曲が多かったような印象もあります。
同じような印象の作曲家としてはネリベルもいるのですけど、
ネリベルの場合、比較的「外面的効果」とか「美しいオルガンの響きみたいな不協和音」という
印象が強いような感じがあるのに対して
マクベスは、どこまでも陰鬱に精神的に追い詰めてくるような「厭世的な側面」もあるような
気もします。

ま、だけどマクベスというと人気作品と言うか代表作は「マスク」でしょうね・・・・
この曲はマクベスらしい執拗な反復が印象的ですし、小太鼓の鋭さがとても素晴らしいです・・
「カディッシュ」も大変マクベスらしい作品・・・・
この曲は初めから終わりまでアレグロの部分が無く、終始ゆったりとした響きが展開されていき
ラスト近くの盛り上がりは「壮絶・・・」の一言に尽きますし
奏者にとっては
「一体、どこでブレスをすればいいんじゃーーー!!」の世界ですね・・・
とにかく息の長いフレーズが魅力です。

でも・・・・

私が一番大好きなマクベスの作品というと、
「神の恵みを受けて」ですね・・・・
この曲もすごい・・・凄すぎる・・・・
特にこの曲でトランペットと打楽器を担当された方は・・・・・
うーーん、マジに大変そうですね・・・・(苦笑・・・)
この曲は二楽章構成で、
ネリベルの「二つの交響的断章」ほどの明快なダイナミックスの落差の対比ほどではないにせよ
第一楽章の厳粛で祈りに満ちた感じと
第二楽章の凄まじい爆発的なエネルギーの対比は
まさに圧巻ですね・・・・
冒頭のチャイム・ドラ・低音セクションのズドン・・!!といった低音ボイスで開始され、
神秘的で幻想的な音のうねりが展開されていきます。
ラストのヴィヴラフォーンが実にいい味を出していると思います。
第二楽章のトランペットの咆哮、エキサィティングなスピード感、ダイナミックスさ
打楽器セクションの自由自在な暴れぶりなど実にいいですね・・・・
というか、実にマクベスらしいですね・・・
ラストは打楽器セクションによる「壮絶な音の絵巻」と金管の咆哮と木管のヒステリーっぽい響きで
「エネルギーの塊り」みたいな状態で終ります・・・・

この曲は、こんだけ劇的側面があり演奏効果が狙えるし
音楽的内容が充実しているのに
過去において全国大会で演奏されたのはたった一度のみ・・・・
何かとてもさみしい気がしますけど
その唯一の演奏が、多分このチームを超える演奏をするチームは二度と出ないであろうと思われるほどの
圧倒的な名演を残してくれた
市立川口高校なのです。
このマクベスの「神の恵みを受けて」の「決定版」みたいな演奏を後世に残してくれたと思います。

課題曲A/花祭りですけど、やはり改めて感じる事は
全く同じ「素材」でも演奏するチームによってその演奏スタイル・表現・解釈は全然変わってくるものなんだなぁ~と
改めて実感させてくれますよね。
就実・前橋商業・秋田南などのように日本情緒漂うわびさびの枯れた世界観を見せてくれる演奏も
大変素晴らしかったし
そうですね・・・
この市立川口もそうですけど、高岡商業・東海大学第一・兵庫・愛工大名電などのように
現代的なシャープな感覚で切れ味鋭く切り込んでいく演奏もそれはそれで大変魅力的な演奏だったと
思います。
ま・・・私個人としてはやはり前橋商業のあの「枯れた感覚」ほどこの課題曲に相応しいものはないと
思ってはいます。
市立川口の課題曲Aは、この後のプログラム9番の兵庫高校と少し解釈・演奏スタイルが似ている感じもあり、
どちらかというと曲の変化を「音量の強弱」をベースにして進展させていたような感じもあります。
だから聴いていて大変シャープな感じもするのですけど
少し「情緒」が足りないのかな・・とも思ったりもします。
フルートソロのバックのリズムも少しギクシャクしていて、フルートがあんまり浮き出てこなかったようにも
思えます。
市立川口は翌年のやはり「日本民謡」をベースにした「東北地方の民謡によるコラージュ」ではあんなにも大胆な
解釈&表現を見せてくれていたのですけど
「花祭り」はそれに比べると少しおとなしすぎたのかも・・・?

だけど・・・

市立川口は課題曲での鬱憤を全て自由曲の「神の恵み」で晴らしてくれました!!

冒頭の荘厳な雰囲気とか前半の重苦しい感じなんかも大変な劇的緊張感が漲っていて
素晴らしかったのですけど
やはり圧巻は後半ですね!!
ホルンのファンファーレみたいな感じで開始され、前年度の「二つの交響的断章」を彷彿とさせるように
とにかく打楽器が効果的に使用されていたのが大変印象的です。
金管セクションもとにかく気持ちよいほど鳴りまくっていましたね。
まさにあれは・・・「エネルギーの爆発」なのだと思います。
とにかく、豪快で気持ちの良い演奏でした。

やはり、市立川口はネリベルとかマクベスとか名取吾朗を演奏させると
本当にツボに入ってしまいますね!!
特にネリベルとマクベスを演奏させたら、この学校の右にでる学校は多分ないんじゃないのかな・・とも
思ってしまいます。
確か・・・・BPの読者採点では、市立川口が断トツの人気一位を獲得していたと思います。

この年、1980年は本当に後世に受け継がれて欲しい素晴らしい「名演」が続出していて、
金賞受賞チームの中から、もしも仮に「第一位」をつけるとしたら
一体どこになるのだろう・・・・
そうですね・・・・
候補先として、就実・前橋商業・秋田南・花輪・銚子商業・市立川口・高岡商業・天理・淀川工業・兵庫など
一杯あるのですけど・・・
そうですね・・・
ものすごーーーく迷いますけど、あくまで個人的感想としては「秋田南高校」かな・・・

 | BLOG TOP |