FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東京MXテレビで再放送されている「フレッシュプリキュア」を改めて見ていると、
「ああ、やっぱりフレッシュの世界観も素晴らしいな!!」とも思ってしまいますね。
それと・・・
内容もそうなのですけど、
やはりあの「キュアピーチ」の美形ぶりは・・・とてつもないものがありますね!!
あれは・・・
プリキュアの世界では「完成され一つの到達点に達してしまった美人プリキュア」みたいな感じもあったりもします。
ヴィジュアルが美希たんの言葉ではないけど「完璧!!」の領域ですし、
内容的にも、せつなの再生の物語を丁寧に描いていたりとか
なんか仏教の道にも繋がりそうな「善人なおもて往生す、ましてや悪人もや」の世界観は・・・
まさに・・・
せつなに対する「提示」でもあるような気さえしますね!!

フレッシュの再放送はまだまだ序盤・・・

この頃は、ウエスターがまだ「愛すべきバカ」になりたての頃ですので、
とにかくこれから見所が一杯!!という感じですので
この物語も管理人の日々の「生きるチカラ」として楽しんでいきたいと思います。






これは2009年に発売されたキュアピーチの食玩のキューティフィギュアですけど、
これは、実は2010年にも再販されています。
2010年の「ハートキャッチ」は初期メンバーはブロッサムとマリンの2名だけだったという事情もあるのですけど、
この時は、ブロッサムとマリンの他に「他シリーズからの応援」(?)という事で
ドリームとピーチがハートキャッチの二人と一緒に店頭に並んでいました。
ま・・・今だったら多分ありなえい光景なのかもしれないですね。
翌年の2011年のスイートも初期メンバーはメロディとリズムの二人だけでしたけど
この時は・・・・
別に過去シリーズの再販という事ではなくて、変身前の響と奏がフィギュアとして登場していましたけど、
あの響と奏はとっても可愛かったですね!!
「キューティフィギュア」においては変身前の姿は珍しい部類に入ると思うので、これしとっても貴重だと思います。
ま・・私としては・・・「愛乃めぐみ」も是非是非商品化してほしいな・・・とも思ったりもします。

だけど、それらしてもこのピーチ、「可愛い」というよりは「コケティシュな美人さん」という感じだと思います!!
あの胸のふくらみは・・・
多分・・・・フレッシュ以外のシリーズではお目にかかれる事はないと思います。



CIMG8993_convert_20151124140234.jpg



この「キュアパイン」もとっても素晴らしい!!

パインのどこか「頼りない感じ」とか「おどおどした感じ」とか「優しさ・癒し」がとってもよく表現されていると
思います!!

こういうキュアパイン=祈里を見てしまうと、
なんか自分もつくづく・・・「実は私は隠れブッキョウト」と公言したくもなりますね・・・(笑)



CIMG8995_convert_20151124140330.jpg


せっかくですので・・・

ピーチとパインのツーショット・・・

そう言えば、この二人は最終決戦の場でもチームを組んでいましたね。
でもチームのバランスとしてはほぼ理想的で、「剛」のピーチに「柔」のパインという感じでした。



CIMG8991_convert_20151124140205.jpg


だけど・・・・

今現在の私がプリキュア商品化で一番切に切に望んでいる事は・・・・

そう、言うまでも無く

「キュアラブリー」のS.Hフィギュアとしての商品化及び
「愛乃めぐみ」の「世界制服作戦フィギュア」としての商品化ですね!!

もしも・・・

これらの商品の予約が開始されたら・・・・

いの一番に「予約」にはせ参じたいと思います!!



エンジェル

でもな・・・・

歴代プリキュアで一番美しく最終変容した人は・・・やっぱり・・・「エンジェルピーチ」だと思います!!

あのエンジェルピーチはまさに「女神様!!」でしたっ!!
勿論、キュアピーチは普段から雄叫びあげまくりの怒りの「戦う美神プリキュア」なのですけど
あのエンジェルピーチは・・・
まさしく神の領域・・・
我々凡人たちが・・決して入ってはいけないような領域みたいな雰囲気すらあったと思います!!

あれを映画とアニメ本編で見た際は・・・
まさに・・
「神様、仏様、エンジェルピーチ様!!」という感じでした!!

ま・・・それから2年後にも
「神様、仏様、クレッシェンドメロディ様!!」とほぼ同じ事を言うのですけれどもね・・・・(苦笑・・)



繧ヲ繝ォ繝医Λ繝上ャ繝斐・_convert_20151124162055


ウルトラ



ピーチ・メロディ・ハートなんかは「戦う女神様!!」みたいな雰囲気でしたけど
ひたすら可愛かったのは・・・
そう・・!!
誰が何と言っても「ウルトラキュアハッピー」です!!

これは、映画スマイルプリキュア「絵本の中はみんなチグハグ!」で登場するキュアハッピーの強化フォームなのですけど
あの純白なハッピーはとってもとっても可愛くて
まさしく・・・
「天使」のようなプリキュアでした!!

あれ、とっても可愛かったですね!!

特別な必殺技は繰り出さないけど、着地した途端に絵本の世界一面に花を咲かせるなど
あの「癒し」みたいな効果は絶大でしたね!!

スポンサーサイト



6.富山商業

 
 D/舞踏組曲(バルトーク)
 

 富山商業というと・・・そうですね・・どうしてもいまだに「坪島先生」というイメージが大変強いですね・・・

 そして坪島先生と言うとやっぱり・・あの「ロメオとジュリエット」の素晴らしい演奏が大変印象的です!!
 ロメジュリという曲自体、富山商業が演奏する以前は、駒澤大学・逗子開成などのように自由曲として
 演奏はされていましたけど、今日のような吹奏楽コンクールの定番曲の一つとして定着したのは
 何と言っても富山商業の1982年のあの名演の影響が大変大きいようにも思えます。
 NHK交響楽団の元トロンボーン奏者の秋山先生も、そういえばかつてはこの坪島先生の教え子だったそうですね。
 秋山先生のエッセイを以前ちらっと読んだ際、
 この坪島先生の事も色々と触れていて、
 やっぱりこういう師弟の絆というものは大きいもんだな・・と思ったものです。
 坪島先生がご逝去される直前にも秋山先生はお見舞いに来られていて、既に坪島先生は言葉も中々
 話せない状態だったそうですけど、秋山先生の手をぎゅーーーっと握りしめていて最後の最後まで
 色々と気にかけていたとの事です・・

 1970年代までは北陸代表は1チームしか全国大会に進めない為、富山商業と高岡商業の一つの椅子を巡っての
 凌ぎ合いは大変な時代もあったかもしれませんけど、
 1978年に富山商は久しぶりに全国大会金賞を受賞しながらも翌年の79年は、コンクール自体に出場を
 していないみたいです・・
 果たしてこの1年間に何があったのかな・・・
 なんか・・・「私、気になります・・」という感じですね・・
 さてさて、1980年以降は北陸支部は代表枠が2つになり、富山商業も高岡商業も同時に全国大会に行けるように
 なったのですけど、
 そんな中の演奏でした。

 そうですね・・・・

 課題曲も自由曲も全体的な水準は決して低くはないと思います。
 だけどなんか気になるのは、ピッチがいくぶん不安定に感じる箇所がある事と
 特に自由曲で感じるのですけど、サウンドが少しもや~っとしていて「濁り」を感じる箇所がある点ですね。
 この時代になると、そういう技術的な詰めの甘さがあると「コンクールでの高い評価」というものは中々受けにくい時代に
 入っていましたので、
 この年の富山商業の銀賞は・・・正直妥当だと思いますし、
 正直・・・もしもこの年、例年通りの金銀銅の相対評価を厳格にしていたら銅賞になっていた可能性すらあると
 思います。
 それだけ・・・この年は全体・・・というか金賞と上位銀賞チームのレヴェルが驚異的に上がっていたという事
 なのだと思います。
 課題曲は、大変落ち着いたテンポ設定で特に中間部の優雅な感じが実にいいな・・・と思ったのですけど
 半面・・・ピッチの不安定さが特に前半部分で目に付くところがありましたし、
 金管・・・特にトランペットの音が全体に少し溶け込んでいないのかな・・とも感じる点もありました。
 自由曲のバルトーク/舞踏組曲ですけど、
 原曲は、ゆるやかな低音から開始される所を、いきなり第二曲のトロンボーンの強烈なグリッサンドから
 開始したせいもあるのですけど、
 なんか・・・何の前振りも予告も無く唐突に激しい部分が始まったな・・・みたいな「違和感」を感じたのも事実です。
 バルトークらしい「泥臭さ」はうまく表現していたと思いますが
 その泥臭さが・・そうですね・・なんか全体として「モヤモヤしている」というのか「もっさりしている」みたいな
 なんかすっきりしない印象もあり、
 その点がこの年の2年後のあの伝説的名演/ロメオとジュリエットのあの素晴らしい切れ味の世界との
 違いなのかな・・とも思ったりもします。
 全体的にサウンドというか音自体に「透明感」が少し足りないのかな・・という感じもありました。
 ま・・・全体としては「素朴」という雰囲気は出してはいたと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


せっかくですので、バルトークの「舞踏組曲」についても関連という事で少し書いてみると・・・・

この曲が初めて吹奏楽コンクール全国大会で演奏されたのは、
1978年の駒澤大学、そして次に演奏したのが80年の富山商業なのですけど
(両校ともに上埜孝先生のアレンジを使用しているため、上記の通り、唐突に第二曲のトロンボーングリッサンドから
開始しているのが何か妙に面白い・・・)
それ以降は、この曲は20年近くもほとんど演奏される事は無かったのですけど
なぜか1996年にこの曲がいきなりブレイクし、
多くのチームが支部大会・全国大会で演奏するようになりました。
何というのかな・・・
この曲の何とも言えない泥臭さ、民族的な香りが日本人の感覚にも何かマッチするものが
あったのかもしれませんよね。

タイトルに「舞踏」とついていますけど、特段「バレエ」とは関係はありません。
あくまでコンサートで聴くための楽曲です。
バルトークの独特の民族的なフレーズで彩られた個性的な現代風の作品なのですけど、
親しみやすく聴いてて「難しい」という感覚は全く無いと思います。
この曲の作曲経緯は、
ハンガリーの首都・ブタペストの市制50周年記念として委嘱されたもので、
この時の他の作曲家への委嘱作品として
コダーイの「ハンガリー詩編」があれます。

それにしてもこの曲は泥臭い・・・・

というか「大地の香り」がプンプンと漂ってきます。

この曲は、五つの舞曲と終曲から構成され、6曲にタイトルは一切付けられていません。
また「組曲」となってはいますが、
各曲は全て続けて演奏されるようになっていますので
一つの曲が終わるごとに少し「間」が入るという事はないのですけど
その分音楽的な密度が高いというか
一つの曲が終わって何か緊張感が途切れるという事は、この組曲に限っては皆無だと
思います。

この曲は冒頭だけは少しとっつきにくいかも・・・・

冒頭はいきなりピアノの低音のグリッサンドと少し硬い表情のファゴットソロで開始されます。
第二曲は、いきなりトロンボーンのグリッサンドで開始され、
聴くものを少し驚かせます。
私自身は、この曲は吹奏楽コンクールでは何度も耳にしましたけど
オケの演奏会で聴いたのは実は一度だけ・・・・
(確か日本フィルの定期だったような記憶が・・・・)
その際も、この第二曲のトロンボーンのグリッサンドは大変印象に残りましたけど、
視覚的にトロンボーン奏者がああやって一生懸命スライドを上下させている光景は
あまり実例がないだけにとても印象に残っています。
(トロンボーンの派手なグリッサンドの例としては、他に、コダーイの
 組曲「ハーリ・ヤーノシュ」~Ⅳ.合戦とナポレオンの敗北がとても印象深いですね・・・)
この第二曲は、何かロシアの「コザックダンス」にちかいようなものがあるかな・・・・??
第三曲は、とても軽快で実にいいですね!!
特にクラリネットのソロがとてもノリノリで楽しいですし、
六曲の中では一番「ダンス」っぼい感じもします。
この第三曲の終わらせ方は、いかにも「曲が終わった・・・」みたいな感じがしますので
うっかり聴くと、この第三曲の終わりと同時に
拍手をしそうな人も出そうな雰囲気です・・・・(笑)
第四曲は一転して静粛な感じになるのですけど、
部分的におどろおどろしい雰囲気も漂わせ、何か「不気味」な感じも演出しています。
第五曲は、第四曲の不気味さに引きずられた様な感じと終曲に向けての下準備という
感じもあり、何か両曲を繋ぐ「架け橋」みたいな役割もあると思います。
そして終曲は、華麗に盛り上がり
これまでの舞曲が走馬灯のように回想されながら賑やかな祝典的な音楽を展開し、
ラストはズドンと曲が閉じられます。

演奏時間は15分程度と短くも無く長くも無くという感じですけど
何か日本人にとっては何か「懐かしいような感覚」もあるし、ホント、泥臭くて楽しい曲でも
ありますので、
バルトークの入門編としては意外と最適なのかもしれません。

バルトークというと、難解というイメージをついつい持たれてしまうと思いますけど
この曲とか「ルーマニア民族舞曲」あたりは
誰からも愛される資格を持っているのかもしれませんよね。

この曲をCDで聴く場合、私の一番のお勧めは
定盤と言えるのかもしれませんけど、
やはりショルテイ指揮/シカゴ響ですね・・・
この演奏は凄すぎる・・・・
カップリングも「中国の不思議な役人」ですので
まさに無敵ですね・・・・

 | BLOG TOP |