FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉で再放送中の埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」もついに第10話まで
到達しています・・
うーーん、後2回で終り・・・
なんか勿体ないですね・・・
これは是非是非第二期開始決定とか再々放送決定みたいなサプライズニュースも聞きたいものですね。







そう思っていたら、
この「浦和の調ちゃん」のDVD&ブルーレイの発売が決定し、既に予約受付も始まっています。
しかも・・・・
amazonでは、まだ発売日前だというのに既に定価の1100円引きで予約受付されているみたいです。
うーーん、これでは確かに・・・・エンドユーザーは、
実際の店舗等ではモノは買わないですよね・・・
だって・・・同じ商品で同じ特典が付けば・・・そりゃ安くて配送が早いamazonに流れてしまいますよね・・
年末辺りにamazonなんかで更にもう少し価格が下がっていれば・・・多分・・・DVDを購入しちゃうのかも・・??

そうそう・・・

「浦和の調ちゃん」は10月にイベント第二弾も開催されるみたいですね。

イベントのタイトルは・・・・

「浦和の調ちゃん さいたまツアーズVol.2
~浦和じゃなくて大宮だけど同じ市内だもん~」となっていますけど、
ま・・・これ他県の皆様のために解説をいたしますと、
「浦和の調ちゃん」は、「浦和」のローカルアニメなのですけど、
イベント会場はなぜか・・・浦和ではなくて「大宮」という所がミソなのだと思います。
ちなみに大宮でのイベント会場は大宮ソニックシティ―ホールです。
ま・・・元々「浦和市」と「大宮市」は全然別の市だったのですけど、平成の大合併&政令指定都市の指定を受けるために
大宮市・与野市・浦和市の三市を合併し、
誕生したのが「さいたま市」なのですけど、
ま・・・旧・浦和市民にとっては、「浦和と言う地名が無くなり面白くない・・なーんであんな大宮なんかと・・」と思う人もいて
逆に旧・大宮市民にとっては、「大宮という地名が無くなり面白くない・・なーんであんな浦和なんかと・・」と思う人も
いたりして、
ま・・・サッカーチームがさいたま市には2チーム存在するという事情もあるのかもしれないのですけど、
ま・・・一般的には・・・浦和VS大宮みたいな構図になりがちな所もあるのかもしれないのですが、
それをこうした「浦和の調ちゃん」みたいなローカルほのぼのアニメが
いくらか中和してあげよう・・みたいな意図があるのかどうかはよく分かりませんけど、
こうした「浦和」を舞台にしたローカルアニメのイベントを
「ま・・・なんだかんだ言って大宮と浦和は今は同じさいたま市なんだし・・・」という事で
大宮で開催してしまうあたりがこのゆるーーいアニメらしくて実に素晴らしいと思います!!

ま・・・多分・・・「浦和」にはこうしたイベントを開催できるホールがあんまりない・・・
せいぜい・・・「さいたま県民会館」くらいしかないという事情もあるのかも・・・・・(苦笑・・)
ま・・・埼玉在住の私が言うのも何ですけど、
初めて浦和の地に足を踏み入れた方は・・・
「え・・・浦和って一応埼玉県の県庁所在地でしょ・・・それなのになーんで新幹線は浦和の駅に停まらないし
浦和の街にはなんにもないの・・・・」と
多分・・・・感じるのかな・・・・??
ま・・・浦和には浦和の良いところはてんこ盛りで一杯あるのですけどね・・・!!

あ、そうそう・・上記のイベントには
出演声優さんも多数駆けつけるみたいで、調ちゃん役の瀬戸麻沙美さんも出演されるみたいですね。



蜊誉convert_20150920233337


蜊・2_convert_20150920233449



そうそう・・・・

最近は、この「浦和の調ちゃん」関連のグッズも更に色々と出ているようですね・・・

そうですね・・・

個人的には上記画像の大谷場南のラバーコースターと缶バッジがほしいなーーとも思っています。
ちなみに、上がラバーコースター、下が缶バッジです。
缶バッジはこのブログでも取り上げましたけど、私自身は上木崎常盤を一つ持っているのですけど
この缶バッジは・・・かなりデカいです・・・(笑)

だけど、この大谷場南も本当に魅力的なキャラでしたね。
高砂調と大して変わらないアホキャラと思っていたら、学業成績はかなり優秀という意外な(?)ギャップが
楽しかったですし、
同時に・・・・毎回毎回上木崎常盤に余計なツッコミを入れてしまい
毎回毎回お約束のように常盤からボコボコにされている所がなんともお茶目でした・・・(笑)




20150417130519_convert_20150920233712.jpg



初期の頃は、常盤からの鉄拳制裁で済んでいたのが
徐々にエスカレートしていき(?)
ゴミ箱に放り捨てられてと思ったら・・・なんと・・・・第10話においては、
ロッカールームに叩きこまられ、南のお尻に向けてPSPをぶん投げ、南のお尻にPSPが突き刺さっていたのは
とにかく爆笑してしまいました・・・

そうそう・・クイズ回においては、
「ケーキ」の事を聞かれているのに
「ねぎ味噌煎餅」と埼玉県民にしか分からない片岡食品のローカル銘菓を挙げていたのは
いかにも南らしいおバカ発言でしたね・・・・(苦笑・・・)
どうも最近は・・・「みなみ」というと・・
古い人は「タッチ」のみなみちゃんというかもしれませんが
私の場合は・・・姫プリの海藤みなみをついつい連想してしまいます。
だけど海藤みなみは極めて優秀キャラ・・・・この大谷場南とは・・・まさに月とすっぽんなのですけど、
とにかく・・
大谷場南の存在はあのショートアニメの中では光っていました!!


82e083fa_convert_20150920233625.jpg


ca0f9e4b-s.jpg


cf9c01f7_convert_20150920233901.jpg


さてさて第10話を再度振り返ってみると・・・


試験直前の鉄道部内の話でして、当然(?)お勉強が出来なくて、数学を常盤に色々と教わっている調ちゃん・・・

あ・・・でもこの「微分積分」とか「サインコサインタンジェント」って何か懐かしいですね・・・

今回の話で、調のちょっと足りない脳みそ(?)ではこうした数学の問題は難しすぎるようで、
見事に・・・・
完全に脳内キャパを超えて、「爆発炎上」しているのは・・・何ともお茶目でした・・・・(笑)

ま・・・・そんな中・・・

色々と上木崎常盤に教わりながら試験勉強を続ける調・・・・
そしてその傍らでは・・・・
ある意味余裕のよっちゃん状態の南が・・・・以前の回でも出てきた「大宮=盆栽VS浦和=うなぎ」のPSPゲームに
興じています・・・・そして気が散って仕方が無い状態の調に対して・・・・
そうした空気にお構いなしに能天気にゲームに興ずる南・・・・

そして・・・・

最後は・・・・・

あーあ・・・・今回もお約束通り、大谷場南は上木崎常盤から「鉄拳制裁」(??)を食らい、
今回は・・・
前回のゴミ箱どころではなくて、
ロッカーに叩きこまれていました・・・・
そしてトドメに・・・・
どこからかPSPが投げ込まれ・・・・最後は・・・・大谷場南のお尻に・・・このPSPが突き刺さってしまいました・・・(苦笑・・)
なんかこのシーン・・・見方によっては・・・・何か少しエロっぽい感じがするのかも・・・・??

今回は再放送という事もあり、リアルタイムでのあの「衝撃度」は少し緩和されていたような気もあるのですけど
それにしても・・・
あのシーンは何度見てもなんか・・くすっ・・となってしまいます・・・

なんかそうした「ゆるさ」もこのアニメの魅力でしたね・・・(笑)
スポンサーサイト



10中村学園女子高校


 C/バレエ組曲「ロデオ」~Ⅲ.サタデーナイトワルツ Ⅳ.ホーダウン! (コープランド)

 現在の吹奏楽コンクールの「女子高チーム」というと、ほとんどの方は、精華女子とか聖カタリナ学園光が丘とか
 安城学園とか玉名女子あたりを思い起こすと思われますが、
 そうですね・・・
 私みたいなオールドファンですと、
 どうしても・・・
 中村学園と就実高校の名前を挙げてしまうのですよね・・・
 就実は現在では男女共学となり、昨年2014年に久しぶりに全国にも出場し、その復活をアピールしていましたけど
 (ま・・・今年は残念でしたね・・)
 最近は中村学園の名前を耳にする機会も減り、
 なんか寂しい感じはあります・・
 だけど・・・・
 「女子高」という言葉を出しましたけど、ま・・・最近の「吹奏楽部」の実態は部員の80~90%近くは女子と言う
 チームがかなり多いと思いますので、
 共学校のチームでも、実際は女子高チームと大して変わりがないというのが最近の実情なのかも
 しれませんよね・・
 ま・・私が現役奏者の頃から既に男子部員の激減とそま肩身の狭さはありましたけど、
 現役の男子・・・特に特に・・・男子の木管奏者の気苦労は・・・大変そうですよね・・・
 元クラリネット奏者の私としては・・・深く深く・・・同情をさせて頂きます。

 ですけど、1984年あたりは・・・そうですね・・まだ「女子高チーム」は珍しい方だったかな・・・
 私、高校まで仙台在住でしたけど、
 あの頃の宮城県大会で女子高チームというと・・・常盤木学園と聖和女子くらいしか女子高チームは
 なかったような・・・
 最近では吹奏楽コンクールの全国常連となりつつあるウルスラ学院は・・・吹奏楽部はあったのかどうかも
 不明・・少なくともコンクールには出ていなかったと記憶しています・・

 そうした中、この年の全国大会・高校の部は「女子高チーム」の出場は
 土佐女子と中村学園の2チームのみ・・・
 逆に男子のみの出場チームは、東邦・関東第一・淀川工業の3チームだから、
 なんか現在の視点では、ありえない光景ですよね・・・
 上記の3チームは、現在は男女共学ですからね・・

 さてさて・・・前振りが長くなってしまいました。

 この年の中村学園は、前々年がコンクール不参加 前年が銀と言う結果でしたので
 なんか・・
 松澤先生も奏者もなんか妙に気合入りまくり・・
 そんな雰囲気がありました。
 課題曲C/シンフォニエッタは、そうですね・・・もう少し「マイルドさ・優しさ」が欲しかったですね・・・
 全般的にこの年の中村学園は、金管がかなり強いというか、強すぎ・・みたいな印象があります。
 鳴っているのだけど、なんか少し単調に聴こえ、
 課題曲がA-B-Aの明確な三部構成になっていて一つの「ミニシンフォニー」みたいな感じになっているのに、
 速い部分も遅い部分も全て同一の音色・同一の音量で奏でられているような気がして
 普門館でリアルタイムで聴いていた時も、なんかその事はやたらと気になっていました・・
 (以前の記事で、当時のコンクールプログラムバンフの余白に当時の私の自筆でメモ書きがびっしりと
  書きこまれていた・・と記しましたけど
  中村学園の余白には、やたら・・・金管鳴り過ぎ・サウンドが単調の文字が溢れています・・・・)
  1981年の「スペイン奇想曲」は、リズムが甘いというかサウンドがベトベト傾向のダーダー吹きだったような
 印象があるのですけど、
 この年は、そうしたリズムが甘いという事は感じず、逆に「サウンドのシャープさ」の方が光っていたと思います。

 自由曲は・・・コープランドの「ロデオ」というと大抵のチームは第Ⅰ曲・カウボーイの休日を選ぶ傾向に
 ありましたけど、
 ⅢとⅣの組合せは、もしかして中村学園が初めてなのかもしれませんよね。
 (この組合せでは、1988年に霞が関西中とブリジストンが演奏していましたね・・)
 Ⅲのいかにも「夜の音楽」みたいなスローダンスミュージックとⅣのけたたましさの対比という
 静と動の鮮やかな対比の演出というものを多分・・・松澤先生は意図したのかもしれませんけど、
 そうですね・・・
 Ⅲは・・・少し不安定な感じがし、「ひそやかさ」を十分伝えていたとは必ずしも言い難いし 
 Ⅳもとにかく荒っぽい・・・
 全体的には、「落ち着かない・・」・「不安定」という印象の方が強いです。
 特にⅣは金管と打楽器は・・・少し鳴り過ぎですね・・・
 金管の高音がなんか・・首を絞められているような音色にも聴こえ、「なんか無理しているな・・」みたいな
 印象も見受けられました。

 評価としては金賞を受賞しているのですけど、ちなみに・・私の個人的採点では銅賞でした・・・
 この大会で改めて・・
 審査員の評価と自分自身が感じた事は必ずしも一致するものではないのだという事を実感したものです。
 そうですね・・・
 中村学園が真の意味で覚醒するのは、翌年の「コッペリア」と翌々年の「バリの喜び」です。
 特に「コッペリア」の演奏は粋と気品さとエレガントさがあり、
 本当に素晴らしい演奏だったと思います。

 最後に・・・

 このチームの演奏中に一つ想定外の「事件」が発生しています。
 何かと言うと・・・
 Ⅳのホーダウンの演奏中、一旦金管と打楽器の打撃音が鳴り響き、瞬間的に指揮棒が止まった時に
 曲はまだ全然終わっていないのに
 なんと・・・
 普門館の会場からフライングの拍手が起きてしまいます・・・
 あれは・・少し驚きましたね・・
 まさか全国大会で演奏途中なのに拍手が起きるなんて・・・私としても全くの予想外でした・・・
 ま・・もっとも・・・
 1994年の札幌白石とか1997年の愛工大名電のように
 やはり演奏中に拍手が入る事件はその後何度か起きていますけどね・・・

 余談ですけど、1988年の東京都大会の朝一番の演奏で、関東一高の課題曲B/交響的舞曲の演奏が
 終わったと同時になぜか・・・
 会場から拍手が沸き起こり、
 指揮者の塩谷先生がくるっと後ろを振り向き、「シー―っ」と合図を送っていた光景はなんか印象的です。
 ちなみに・・・
 1971年の全国大会・一般の部のカスタム実況テープを聞くと・・・・
 なんと・・・!!
東京都代表の公苑会の演奏時には、課題曲と自由曲の間に普通に拍手が入っています・・
 あれれ・・・
 この頃って課題曲と自由曲の間には拍手を入れても構わないみたいなルールは・・・あるはずないですよね・・
 他のチームはどうだったのだろう・・
 今更確認できる術はないですけどね・・・
 

 | BLOG TOP |