FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


先日の話ですけど、
多分皆様の中でもお困りになった方もいるとは思うのですけど
FC2ブログのサーバーが4~5時間近くなのかな・・・? 接続が不具合と言うのかサーバーがダウンしたようで
管理画面には入れるのですけど
自分自身のブログとか皆様のブログが閲覧できない状態が続き、
あれは・・・結構困ってしまいました。
最近もこれ以外にもそうしたサーバーダウンが何度かありましたよね・・・
うーーん、ま・・・無償でこうしたブログの管理運営をさせて頂いている訳ですから、文句何て言えた義理では
ないのですけど・・・
ま・・・しっかりとサーバーメンテナンス等の管理はして頂きたいと思います。

だけど・・・

私自身も実はあの時、一つだけ不具合による「爆撃」を食らってしまいました・・・

しかも・・・・結構大きな直撃です・・・

何かと言うと・・・

あの時、管理画面には普通に入る事は出来ていましたので、
その時はいつも通り「新しい記事」をグタグタと書いていました。
その内容が・・・・ま・・・普段通りなのですけど
またまた性懲りもなく・・・・私が大好きで大好きで仕方がない「キュアラブリー」に関する話だったかな・・・??
自分で言うのもホント、なんですけど、
「あ・・・結構気合入りまくりの凄まじい長文だけど、とってもいい記事書けたな・・・・
ま・・・だけどこんな書いても喜ぶ人は自分だけかな・・・(苦笑・・)」と
内心・・・・かなりご機嫌モードだったのですけど・・・・
いざ、これを投稿しようといつも通り「保存」を押してみると・・・・
待てど暮らせど・・・・全然繋がらない・・・・
あれれ・・・なんかまずいな・・・・と嫌な予感はしたのですけど、ずっと画面が固まりっぱなし・・・
私、記事を書く際には、下書きとか書いたものを一旦PC内のドキュメントに保管しておくという事は
一切しないものでして、
「あれれ・・・あのラブリー記事が消失してしまったら・・・なんかショックでかいな・・・・どうしよう・・
一旦・・・画面を戻してみるか・・」と思い
「戻る」を押してみると・・・
なんと・・・・
「期限切れ」の文面が・・・・

そして・・・書いた記事は・・・結局どこかに消失してしまいました・・・

うーーん、これって結構ショックは大きかったですね・・・

前述の通り、結構自分でも「あ・・・なんか気合入りまくりのいい記事書けたな・・・」と思っていたのに
いきなり全消失ですからね・・・(苦笑・・)
あーあ、あん時・・・・、FC2のサーバーの具合が悪いと分かっていたのに、あんな長文記事を作成、そして投稿保存
しようとした私がアホ・・・・という事なんでしょうね・・・・

だけど・・・・今でもものすごーーくショックです・・・

だって・・・だって・・・・

あんな長文記事ですよ・・・・(泣・・)

さすがに・・・あの時は・・・
もう一度「同じ記事」を書くという事は・・・全く出来なかったですね・・・

うーーむ、あの時の私の心の声は・・・

「自分のラブリー記事を返してくれぇぇぇーーー!!」という「叫び」でしたね・・・・(苦笑・・)



CIMG8839_convert_20150920202955.jpg



上記のような事があった際、
「あれれ・・・なんか誰かのエッセイでこれと似たような事を言っていた人がいるな・・」と思っていたら・・・・
あ・・、そうそう、思い出しました。
小川洋子の初エッセイ集「妖精が舞い降りる夜」に中に収録されている「小説とワープロ」というお話が
そうでしたね・・・
このエッセイの発行は1993年、そうですね・・・時代としてはまだPCが世に広く普及する以前の時代で、
この頃の小説家の先生の執筆スタイルとしては、直接原稿に手書きするかワープロに打ち込むというのが
二大主流だったと思います。
というか・・・・
「ワープロ」という言葉自体、既に・・・「死語の世界」なのかな・・・・
今時の若い世代の人たちに「ワープロ」と聞いても・・もしかして・・・「何それ・・・??」みたいな反応に
なってしまうのかな・・??
ま・・・早い話が、PCの「ワード」という機能に特化した文章の作成印刷機能が付いたものがそうなのですけど、
確かに・・・パソコンがこれだけ普及するとワープロなんて・・・
必要ないですよね・・・
私も・・・1999年あたりまではワープロ使用していましたけど、今は・・・これを使う事は・・・まず無いですね・・・
というか・・・・多分・・・15年以上物置に放置状態・・・・(苦笑・・)
当時のワープロですけど、
なんと・・・今では絶対に想像できないのですけど、このワープロ自体に「保存機能」は無いのですよね・・・
保存する場合は、「フロッピー」(うーーむ、これも最早…死語の世界・・・・苦笑・・・)に保存するしかなかったのですよね・・
こうやって振り返ってみると・・・
パソコンって・・・本当にすごいですよね・・・・

さてさて・・・・

「小説とワープロ」というお話の中で
小川洋子自身も、ある時・・・・執筆途中の原稿用紙100枚分の小説の内、途中20枚を
ワープロの操作ミスにより
全て消失してしまった事が淡々と綴られています・・
でも・・・・これって・・・
自分のような趣味で書いているブログ記事とは全然異なり、
プロの作家がお仕事として書いているものですから、小川洋子さんのショックも相当大きかったと思いますね・・
だけどこのお方はやはり感性が不思議というのか、
「取り返しのつかない事をしてしまった哀しさと同時に、消失消失した20枚分は、その本質が消えた訳ではなくて
不可思議な空間の奥からひっそりとこちらをうかがい、今は空間の奥に潜んでいるのかも・・」という
事をさり気なく言われている辺りは・・・
「さすが・・・」という感じはありますね。
自分の「ラブリー記事」もそうでしたけど、
消失してしまった小説とか記事なんかが、そうした小川洋子が言う「不思議な空間」から
「早く私を見つけて!! そして・・・陽の当たる場所にこの文章を公開して!!」と叫んでいる・・・と考えると
なんか・・・
自分自身もヘンな感覚になってしまいそうてすね・・・

この「小説とワープロ」で興味深かったのは、
一晩徹夜して20枚分の消失した原稿を思い出しながら書いたとの事ですけど、どんなに頑張っても
17枚にしかならなかったという事ですね・・・
それにしても・・・
その3枚分の原稿は・・・一体どこにひそんでいるのでしょうか・・・





繝ゥ繝悶Μ繝シ縲€繧ソ繝壹せ繝医Μ繝シ_convert_20150721075905



それにしても・・・

私の「ラブリー記事」はどこにいってしまったのでしょうか・・・(苦笑・・)

翌日に・・・「ま・・仕方ないか・・」と思いもう一度書いてみようとしたのですけど
全然文章が頭に浮かんでこない・・・
書いた事の概略は当然覚えているのですけど
なんか不思議と・・・「もう一度書こう・・」という気持ちになれない・・・
ま、それだけ「喪失感」は大きかったという事なのかな・・・・??
こうした「ブログ記事を書く」ということは、何となくですけど、「ライヴ演奏」みたいな感覚もあったりして
要は・・・
その場で思いついた事を気分のままテキトーに書くことが多いもので、
その場で瞬間瞬間に思った事を記事に一旦してしまうと、ある一定の時間が経過した後に同じ事を書こうしても
なんかその時とは全然違う事を書いたりすることも結構多く、
「あれれ・・・最初の時と何か違う・・」みたいな「違和感」があったりして
「それではもう一度書こう」みたいな気分には中々なれないものですね・・・

ま・・・私の場合、しょーもねー「プリキュア記事」だから、別にいいんですけどね・・・(苦笑・・)

あ・・そうそう、似たような事は最近もありました。
最近の吹奏楽記事の中の「ベトナムの回顧」がそうなのですけど、
あれを書いている時、前半のギリングハムあたりは一旦保存しておいたからよかったのですけど
後半の関東一高とか塩谷晋平先生の話を書きあげ
「保存」ボタンをクリックすると・・・
FC2のサーバーに不具合があったのか自分のPCが調子悪かったのか定かではないのですけど、
やはり・・・・固まってしまいその記事の後半が消失してしまいました・・・
仕方無いので
数分後に再度書き直してみたのですけど
最初の記事と何か微妙に違う・・・・なんか書き足りない・・・
多分・・・文量も最初の記事に比べると全然少ないようにも思えました・・・

あれも・・・小川洋子のエッセイではありませんけど、一体どこに消失し、どこに潜んでいるのでしょうかね・・・・??
スポンサーサイト



7.伊予高校

  D/交響組曲「シェエラザート」終楽章(リムスキー=コルサコフ)

  
  この学校が登場するまで四国支部の高校の部は、高松第一と観音寺第一の二校が交互に
  出場しているというイメージがありましたけど、
  そうしたある意味マンネリ状況を打破したのが、この学校と土佐女子だと思います。
  伊予は、今年度も既に全国大会代表を射止めていますけど
  確か今回で22回目の出場・・・
  思えば、私が初めて伊予高校の全国での演奏を耳にした時がこの学校の全国大会初出場でしたので、
  ま・・・その分・・・私も年取った・・という事になるのでしょうね・・・(苦笑・・)
  だけどこの学校ある意味凄い・・
  いや、別に嫌味で書いている訳ではないのですけど、過去に全国に21回の出場で、
  金が1回 銀が3回、そんで・・残りが銅というのも・・・
  ま・・ある意味「快挙」なのかな・・・とも思っています。
  この学校は、上甲先生時代の時から今現在に至るまで、音楽としての「個性」はかなり強いと
  思っています。
  あの「熱さ」・「音楽的熱気」というのは、多分・・一つの「伝統」・「お家芸」と言えるのかもしれません。
  それを全くぶれることなく、
  常に「精一杯絶えず何かを伝えようとする姿勢」は、むしろ高く評価されるべき事だと
  思いますし、
  むしろ、それが「コンクール」の本来的姿ではないのかな・・とさえ思っています。
  その位、この学校は・・・ま・・確かにちと・・・技術面では一歩も二歩も劣る面はあるのかもしれませんけど、
  「何かを伝えようとする姿勢」は本当に胸を打たれるものがあります。
  ま・・・確かに・・・昨年のマーラー/交響曲第5番は・・・ちと痛い選曲でしたけど
  「苦い青春の思い出」という意図は伝わってきましたし、
  何て言うのかな・・・・あのスペインとか南九州みたいな「南国さ」溢れる牧歌的な明るさは、
  一般的なマーラーの世界とは少しずれてはいるのですけど、
  マーラーが「望んでも望みようがなかった世界観」を大変ユニークに表現されていて、
  これはこれで解釈として十分成立するような気がします。

  さてさて・・・この年の伊予高校は、前述の通り、これが全国大会初出場となります。

  しかも・・・・!!

  これある意味凄い事なのですけど、この時点では伊予高校はまだ創立2年目で
  つまり・・・1~2年生のみで普門館の切符を掴んだ事になります。

  まさに・・・・伊予高校の「伝統」はここから始まり、ここから受け継がれていった・・という事に
  なりそうですね・・・

  ちなみに余談ですけど、
  同じ四国代表の土佐女子はプログラム5番、伊予は第7番・・・
  今現在でしたら、同じブロックの学校の演奏が偏らないように、あらかじめ例えば・・・
  関東Aはプログラム××番 関東Bはプログラム△△番というように、
  ある程度枠が決められているのですけど、
  この当時はそうした配慮が無かったから、こういう事もよくありましたね・・・
  ちなみに、1983年の全国大会・高校の部は、東北代表3チームは、プログラム21~27番に偏っています・・
  うーーん、これは今では絶対にありえない話・・・

  さてさて・・・伊予高校の演奏ですけど、
  一言で述べます・・・
  とにかく・・「素直でクセがない演奏」です・・・
  (ま・・・この頃は上甲先生赴任前でしたけどね・・・)
   課題曲の冒頭のファンファーレもゆったりとたっぷりと歌い上げていましたし、
  マーチに入ってからも、とにかく・・・チャーミングで可愛らしい演奏でした・・・
  自由曲も大体同じ傾向なのですけど、
  一つ勿体無い事がありました・・・
  何かと言うと・・・原曲では弦楽合奏の部分を吹奏楽アレンジ版では、サックス四重奏として編曲
  されているのですけど、
  このサックス四重奏の中で、アルトサックスが
  サックスとしては珍しいくらい、すさまじい「リードミス」をやらかしてしまい、
  せっかくその部分までは、ある程度、チャーミングさと堅実さが維持されていたのに、
  ここで一気に今まで「ピーンと張りつめていた緊張感」が崩れてしまい、
  別人チームのような崩壊した演奏になってしまったのは、何か大変惜しまれるものがありました。
  それと・・少しバランスが悪かったかな・・・
  どちらかというと金管が優勢みたいなサウンドであり、
  少し「鳴り過ぎ・・」みたいな感じも無くは無かったですね。

  うーーん、少し惜しまれましたね・・・

  課題曲のあのチャーミングさを自由曲でも維持できていれば・・・
  あのミスが無ければ・・・
  ま・・コンクールに「もしも・・・」という文字は無いのですけど、
  もう少し高い評価は得られていたような気がします・・・

 | BLOG TOP |