FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


最近の記事の中で星新一のショートショート「はい」についての記事を書かせて頂きましたが
それに近い様な感じの作品なのですけど、
今回取り上げさせて頂く「ボッコちゃん」の収録された「生活維持省」という作品は、
「はい」とは別の意味で感覚が凍り付くような「恐ろしさ」を内在した作品だと思います。
ま・・確かに「はい」も「生活維持省」も大変良く似た感じのテーマを扱っていて、
どちらも近未来における「人間の主体性を完全に無視した管理社会の怖さ」を物語っています。
「はい」においては、1960年代の作品なのですけど、作品の中で物語は2016年と設定されています。
つまり、当時としては「まだ先の未来・・・こんな未来はあったら困る・・」みたいな感覚で星新一がこの作品を
書いたかどうかは分かりませんけど、
2015年現在、この地球上で生きている私達の視点でこれらの作品を眺めてみると・・・
「確かに・・・まだ遠い未来の話なのかもしれないのだけど、
昨今のマイナンバー制度とか特定秘密防止法とか状況によっては警察による盗聴的監視が可能とかを
見てしまうと・・・
いずれこうした日々管理され、何かと窮屈な雰囲気になる世界が到来するのも決して
ありえない話ではない・・」と感じてしまいますし、
改めて星新一の「未来に対する予見の確かな目」には脱帽させられるものがあります。



凹


「はい」という作品は近未来のコンピューターによる人類に対する管理をテーマにし、
「人の死」という本来人間の尊厳に最も関わる事ですらもコンピューターによる管理がなされている点に
ある意味怖さを感じるのですけど
それに対して・・・
「ボッコちゃん」に収録されている「生活維持省」の方は、政府による寿命統制というのか人口管理が公然と
行われている事の悲劇と皮肉を描いた作品です。

この「生活維持省」の概要を下記に簡単に記すと・・・

近未来―――戦争も貧困もなくなった世界が舞台となっています。
物語に登場する二人組は近未来の「生活維持省」という政府機関に属する列記とした公務員であり、
仕事に邁進する日々を過ごしています。
しかし・・二人を見つめる周囲の人たちの視線は冷たい・・・
なぜなら・・・
二人は・・・国家から任命された公務員としての死神だからです・・・

二人は上司から提示されたカードを日々受取り、そのカードのリストにある家を日々訪問し、
そして・・・
「ある事」をしてきます・・
ある日、いつものように自然に囲まれたのどかな風景のとある家を訪れます。
二人が訪れたことを知ると、その家の奥さんは・・・「あ・・死神」と失神します・・・

そう・・・二人には役割があったのです・・

この「生活維持省」という世界観においては、
政府の方針とは徹底した人口制限を速やかに実行し、
毎日コンピュータで年齢・性別・職業に関係なく完全に公平に選抜した者を殺処分するという事が
政府の根幹的な政策であり、
二人はその業務を遂行する執行官だったのでした・・・

そして・・・その家のまだうら若き乙女は・・・光線銃で短い生涯を閉じる事になります・・・

さて、次の執行対象者は・・・・

実は・・・その二人組の内の一人だったのです・・・
だけど
特に動揺する事も無く・・
「悪いね・・・君一人で帰らせることになっちゃって・・」
「こんな平和な時代にこれだけ生きられて幸せだった・・・」と呟くシーンでこの物語は閉じられます・・・

そうですね・・・・

感想としては「はい」よりは後味は思いっきり悪いです・・・・

「はい」の場合は、コンピューター管理というテーマを扱っているせいか
「おいおい・・・こんな未来はさすがにないだろ・・」とどこかしら「ありえない未来の寓話」みたいな雰囲気も
幾分漂ってはいるのですけど
「生活防衛省」の場合は、政府による管理・人が人の寿命を管理しているという事もあるのですけど
決して・・・ありえない話ではない・・・という感じがするのがその一因なのかもしれませんよね・・
だって・・・
それに近いような事は・・・
例えば・・・・ナチスによるユダヤ人大虐殺とかソ連のスターリンによる大量粛清などに代表されるように
人が人の「死」を「粛清」という名のもとに行ってきていましたからね・・
ま・・・それらは確かに戦時中という言わば特殊な背景があったのかもしれませんけど、
近未来においては・・・平時においてもこうした政府による一種の「人口統制」が行われてしまう可能性が
全くゼロではないと思わせてしまう辺りが・・
何というのかな・・・人類の「愚か」な面を既に象徴していますよね。

星新一がこれらの作品を書きあげたのは確か1960年代から70年代初めだったと思いますが、
何か興味深いなと感じたのは、
当時の星新一の視点から眺めてみると、
世界秩序崩壊とか公害・財政破綻・戦争等の主要因の一つを「世界人口の爆発的増加」として捉えている点
だと思います。
ま・・今でしたら、「世の中金さえあれば・・」みたいなモラルの低下の方をあげたくもなりますけどね・・

星新一がこれらの作品を描いていた頃の世界人口は、確か・・・・私が1980年代初めに
中学の授業では
「世界人口は約45億」と習った記憶があるのですけど、
現在の世界の人口は何と・・・約72億・・・・
確かに・・・
世界中においては、毎年6千万人が亡くなり、1億3千万人が産まれます。
そしてその間にも・・・どんどん貧富の拡大、地球温暖化などが進行し、
問題は山積みです。
石油の枯渇が近づき、表土と森が失われています。
水と食料が、病院と学校が不足しています。
人間の豊かな生活が、太陽と地球からの恵みを超えそうな勢いといっても過言ではないと思います。

確かに・・・・「世界の人口増加」は人類にとって早急に取り組まないといけない課題の一つだと思います。

ま・・・本来・・・ユートピア論的に言ってしまうと・・・
富める国が貧しい国に対して手を差し伸べ、
「地球の資源は全て平等、誰か一人のものでもないし、特定の国家の所有物でも無い」という意識を
全人類が共有理念として持ち、
「お互いに分かち合う」という事を徹底できれば・・・
そして・・・・
各国家が責任をもってその国の人口を増えもせず減りもせずという方向に持っていきましょう・・・という事を
遵守出来れば
何の苦労も無いのですけど、
それが歴史上全く出来ない事に人類の無能さが垣間見え、
過去の歴史の教訓が全く生かされないいつまでたっても進化できない愚かさが
あると思います。

星新一の「生活維持省」の場合、
「人口増加」を「悪の根源」として捉えている面もあると思いますが、
そうした人口増加の対処方法として、人間が人間の寿命を・・・・
そして本来は・・・
「神の領域」なのかもしれない「人口管理」という問題を
人間が当事者として行っている事の「矛盾」を激しく問うているようにも感じらます。

確かに・・・主人公の二人組が言うように、
「こうした静かな環境・・豊かな生活を維持するには適正人口の維持が必要不可欠」と言うのは分かります・・・
だけど・・・
それを人間が人間に対して行うというのは・・・
どうなんでしょう・・・・
これは・・
何となくですけど、「人間が踏み越えてはいけない領域」のような気がします。
それが出来るものは・・・
「神のみぞ・・・」と言いたい所ですけど、この言葉は・・・精神的無神論者が多い日本人には
あまり合わない言葉なのかな・・・
だけど・・・
それにしても・・
コンピューターが・・・政府機関が・・・・人口統制というか「人の死」すらも管理してしまう未来と言うものは
相当恐ろしいものがありそうですね。
何度も書いていますが、
人を人たらしめているものは「主体性」、つまり「私はこうしたい!!」という気持ちなのだと思います。
例え・・・結果的にうまくいかなかったにせよ、「その行為を決断したのは私自身なのだ!!」という
自由な決断が・・・その主体性こそが「人間」」なのだと思います。
「人の死」は確かに避けては通れません・・・・
人は必ずいつかは死ぬもの・・・
だけど・・
それをコンピューターが・・・政府機関が勝手に決めてしまう未来が本当にあるとするならば・・・
決してそうした未来はバラ色とは言えないのかもしれませんよね・・

ま・・・・もっとも・・・

星新一がこれらのショートショートょ書いた約50年後の日本は・・・

逆に・・

「人口減少」という問題に直面しているのですけど、そうですね・・・それよりも
「超高齢化社会」の方が怖いですね・・
星新一は人口増加は結構テーマにしていますけど、超高齢化社会は・・・あんまりネタにしていなかったような
気もしますね・・・
ここまでそうした少子高齢化社会が短期間で進むとはさすがに予見は出来なかったのかな・・・??



82746663_convert_20150914021257.jpg


547f5629_convert_20150914021341.jpg


そう言えば・・・

2009年に放映の「フレッシュプリキュア」においても
イース(後のキュアパッション)が度重なるメビウス様(→実は・・その正体はスーパーコンピューター)からの
「プリキュアを倒せ」と言う命令を実行できず失敗に終わった責任を問われ、
結果的に・・・
管理国家ラビリンスから
「国民番号 ××番 イース殿 あなたの寿命は今日限りです。お疲れ様でした・・」という通達書を一枚
手渡されてしまうのですけど、
ま・・・そんな大切な事を「辞令」(?)一枚で終わらせられてしまうイースも何か気の毒・・・

星新一の「生活管理省」の青年は、「仕方がない・・・」と悟りきった様子でしたけど
イースの反応は・・明らかに動揺し、
ま・・・こちらの方がある意味人間的で自然な感じもしますね・・・

そして・・・イースは・・「一つだけ心残りがあり、それに対して決着をつけに行く」と
ラブとのあの・・・決闘シーンという展開になるのですけど、
あの時の・・・イースの・・・
イースの生涯としては恐らく・・最初で最後の心の本音・・・「私は・・・そんなお前が羨ましかった!!」と
絶叫してラブとガチの殴り合いバトルをしていたシーンは大変印象的でした!!

うん・・やっぱりこういう方がはるかに人間的ですね!!

それに・・・

フレッシュは最終的には・・・管理国家ラビリンスの国民たち一人一人が

「なんで自分達はメビウスのいう事を守らないといけないのだ・・」

「誰も人にそんな事を命令できる権利は無いはず」

「そもそもメビウスとは何者なんだ」と

最後の最後で、

「人間の主体性とはなんぞや・・」みたいな事に覚醒し、ラビリンスに対して反旗の狼煙を上げていたのは
大変印象的でしたし、
何となくですけど・・・
「人として大切な事」とか「主体的意志を持つこと」と大事さをきちんと提示していたのは
本当に本当に素晴らしい事だと思いました。

そうですね・・・

ホント、人が自由を制限されている時の敵は、その自由を抑制している者が敵なのですけど、
人が自由を制限されていない時の敵って・・・
「慣れる事」と「知らない事」ですよね・・・
フレッシュでも星新一の「はい」でも提示されていましたけど
コンピューター等による自動制御・自動管理は確かに楽・・・だけどそれに慣れてしまうと・・・
コンピューター管理の恐ろしさを知らないと・・・
ああなってしまうのですよね・・・
スポンサーサイト



6.東海大学第四高校


  D/天使ミカエルの嘆き(藤田玄播)

改めて総括的な事なのですけど、
  この年、1984年の全国大会・高校の部は、正直・・・金賞と銀賞のレヴェルがかなり接近しており、
  どの銀賞チームが金になっても、逆にどま金賞チームが銀と言う評価を受けても
  「ま・・・仕方がないか・・審査は水物だし、審査結果が絶対的な価値を有するものではないし・・・」と
  割り切る事は出来ると思います。
  というか・・・ま、この後に色々と述べる事になるとは思いますが、
  例えば・・・東海大学第四・習志野・富山商業・淀川工業の銀賞は・・・正直、腑に落ちませんでした・・・
  あの時・・・審査結果発表の際、特に・・富山商と淀工の銀賞発表は
  会場も・・・相当・・ざわついていたのが大変印象的でした・・・
  そしてあくまで個人的な感想なのですけど、愛工大名電・市立柏・中村学園・川本の金賞は・・・
  「え・・・?? うそでしょ・・」みたいな感じもありました。

  そうですね・・・
  以前も書いたと思いますが、この年は私自身、初めて全国大会を聴くことが出来、そして初めての普門館
  でした・・・
  だから・・・
  吹奏楽コンクールの評価基準と自分の価値基準に結構・・・「ずれ」みたいなものはあったと
  思いますし、
  なによりも・・あの当時は・・まだ私はそれ程「クラシック音楽」に詳しくなく、分かってもいなかった・・・
  そうですね・・・
  この大会から2年ほど後になってくると・・・
  なんか自分自身も、少しばかり・・「通」(苦笑・・)ぶった思い上がりもありましたし、
  何となく審査傾向と言うのも分かりかけてきましたので、
  自分自身の賞の予想と実際の審査結果においては、それほどの「ずれ」は生じなくなっていました・・・
  でもな・・
  これ逆に言うと自分が何か「権威」みたいなものに飼いならされたという事でもあるのかな・・・??
  これは今でもそう思っているのですけど、
  やはり最後に信用できるのは・・・自分の耳と「自分自身の価値基準」なのだと思います。
  要は・・・
  自分が「素晴らしい!!」と感じた演奏こそが「素晴らしい!!」という事以外の何者でも無いのだと思います。
  だって・・・
  私は別にプロでそれでメシを食っている本職の音楽評論家でも何でもないし、
  あくまで・・・
  吹奏楽もクラシック音楽も・・・そして「プリキュア」も・・
  私の「楽しみ方」の一つなのですから・・・


  ま・・・それとどうでもいいとして・・・

  1984年のコンクールに話を戻しますと・・・
  特徴的だったのは・・・金と銀の差はほとんど無いに等しいけど
  「銀賞」と「銅賞」の差は・・・
  とにかくすさまじいほどの「開き」があったと思います。
  そうですね・・
  この辺りは近年の吹奏楽コンクールとの明確な差だと思います。
  だって・・・最近のコンクールは、金と銀と銅の差なんて・・・ほとんどない・・・
  あるのは・・・・ほんのちょっとした「言いがかり」みたいなもの・・・
  まさに重箱の隅をつつくような技術的な事と
  あくまで審査員の「好き嫌い」なのだと思います。
  だって・・・今は・・普通に埼玉栄とか伊奈学園が銅賞取る時代ですよ・・・
  だけど・・・
  この当時の「銅賞」の演奏は・・・かなりひどかったです・・・
  ホント、マジで今の価値基準で聴いたら・・・
  「よくこれで支部を通過し全国まで進めたもんだ・・」と逆に感心すると思います。
  具体的には・・・嘉穂・土佐女子・伊予・東邦・浜松商業・金山学園は本当にある意味凄まじい演奏を
  聴かせてくれていたと思います。
  そうですね・・・
  私自身、初めての全国大会を聴いたのですけど、
  銅賞チームがここまでレヴェルが低いとは全く予想外でした・・・
  (この傾向は・・1985年も同じ感じです・・・銅賞チームの演奏がかなり向上したのは86年以降だと思います・・)
  私の記憶なのですけど、
  この年の閉会式の審査員講評にて、確か・・・
  「技術的なものをもっと磨いて欲しい・・・具体的には課題曲Cの中間部が終わって再度アレグロに
  なる際の木管、特にクラリネットの指の動きがもたついているチームが本当に多過ぎた・・」
  と言っていたような記憶が・・・??
ま・・それほどの「水準」だったのでしょうね・・・・


  この年、プログラム一番にいきなりあの超名門・天理高校が登場し、2番が高岡商業・・・
  なんか朝からいきなりハイレヴェルの吹奏楽を見せつけられたような印象があるのですけど、
  プログラム3~5番は・・・
  うーーん、申し訳ないけど少し残念な演奏が続き(結果として3チームとも全て銅賞・・)
  正直・・・
  「あれれ・・・全国大会と言っても意外とレヴェルが低いじゃん・・・
  これじゃ・・自分自身が2年前に聴いた1982年の東北大会の方が数段レヴェルが上じゃん・・」とも
  感じていました。
  だけどそうした流れを断ち切ってくれたのが東海大四だったと思います。


  結論から先に行ってしまうと、この年のこのチームの評価は「銀賞」です。

  だけど・・・
  
  この年の2年前の1982年も東海第四は自由曲にこの「天使ミカエルの嘆き」を選んでいるのですけど
  この年は金賞・・・
  これはあくまで私の主観なのですけど、
  82年の金賞は大甘・・・84年の銀賞は・・・極めて意外という感じです。
  82年の課題曲B/序奏とアレグロはサウンドが不透明だし、アレグロがもたもたしているし、
  天使ミカエル・・・も静と動の対比が全然鮮やかじゃないし、音楽的緊張感があるとは思えない・・  
  というのが率直な感想です。
  だけど・・
  1984年の「天使ミカエルの嘆き」は・・・まさに不滅の名演だと思います。
  この曲は1978年のヤマハ浜松が初演ですけど、ヤマハすらも上回る素晴らしい内容だったと
  思います。
  ではどこが良かったかと言うと・・・
  前半の激しい盛り上がりと高揚感と後半から終盤の静粛さの静と動の対比がとにかく鮮やかでした!!
前半の盛り上がり箇所で、シロフォーンが激しく乱打する部分があるのですけど、
  あれは・・奏者が何かに憑りつかれたかのような・・「狂気さ」が感じられ
  金管セクションの鳴らし方も・・・・豪快なんだけど音は洗練されているという大変贅沢なものであり、
  この前半だけで「勝負あった・・・!!」という感じでした。
  だけど・・・
  圧巻は・・・ラスト近くの「静粛さ」にあると思います。
  (82年の演奏には・・この静粛さの説得力が欠けていたと思います・・)
  聴いていて・・・とてつもなく哀しい・・・胸が締め付けられる思い・・・
  泣きたいのをぐっと・・・こらえているような雰囲気・・・
  全てがはかなくてせつなくて・・・「繊細な砂糖菓子」をスプーンで壊していくような・・・そうした「もろさ」
  みたいなものが演奏から凛として伝わり・・・
  私はとても胸が打たれたものです・・・
  こういうのを「ピアニッシモの熱演」というのでしょうね・・・

  どこまでも爽やかな課題曲Dと合せて全く文句のつけようがない演奏を聴かせてくれていたと
  思うのですが、
  結果は・・・銀賞・・・

  うーーん、やっぱりこうしたコンクール審査は「水物」ですよね・・・
 

 | BLOG TOP |