FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私・・・・「スマイルプリキュア」のこの第22話がとにかく大好きなんです!!
もちろん・・・なおちゃんのリレー回とかハッピーロボの回など他にも大好きな回は一杯あるのですけど
「スマイルのベスト回は・・・??」と聞かれたら、多分迷うことなくこの回を推すと思います。
その位大変思い入れのある回です。
リアルタイムで見ていた時から、本当に・・・本当に・・・感動が止まらないという感じでしたし、
改めてこうやって再放送を録画したものを見ても
その気持ちは全然変わりませんね。
一般的には「スマイル」というと、この第22話の次の回のプリキュア対幹部の一対一のガチバトル→プリンセスフォーム発動の
第23話の方が恐らくは評価が高い様な気もするのですけど
私個人としてはこの第22話の方がはるかに大好きです。






20120714101027.jpg


b49f1896-s_convert_20150913235707.jpg


この第22話の流れとしては・・・
前回の話のラストでキャンディがジョーカーによって拉致されたばかりでなく、せっかくプリキュア達が21話もかけて
集めたロイヤルクィーン様復活のためのキュアデコルも全て奪われてしまい、
(みゆきが何気なくデコルを一つだけ、七夕飾りのために別にしておいたのがここにきて活きています・・)
何とかキャンディとデコルを奪還すべく、一旦メルヘンランドに赴いたところ、
ジョーカーの返り討ちに遭ってしまい・・
キャンディを奪還するどころか、残された最後のデコルも奪われ、
完膚なきまでにジョーカーによって叩きのめされてしまいます・・・

本当に自分達は・・・キャンディを救う事が出来るのだろうか・・・
ジョーカーすら倒せない自分達にジョーカーの親玉の悪の皇帝・ピエーロを倒す事は本当に可能なのだろうか・・
再度ジョーカーに戦いを挑んだから・・・今度は・・自分達の生命さえ脅かされかねず、
自分達の住む世界に無事に戻れる保証は本当にあるのだろうか・・・
そもそも・・・キャンディは自分達の住む世界とは全く別のある意味異次元の住人・・・・それを救出する価値は
本当にあるのだろうか・・・
自分達が守るべきもの=自分達自身やその家族・友人など・・とキャンディのうちどちらの優先度が高いのか・・・
全てを投げ打ってキャンディを救出する事と自分達自身を守る事のうち、どちらを選択すべきなのか・・
そして・・・・
自分達はどうすればよいのか・・・

そうした極めて難しい「問い」を投げかれられてしまうという事に直面します。

そしてその時、みゆきたちはどういう行動を取ったのか・・その辺りが実に「スマイル」らしいお話でしたし、
私自身が魅かれてしまう魅力がそこにはありました。
ま・・・その辺りは後述しますけどね・・・
簡単に一言で言うと、
みゆきたち5人は・・・各自が全員一人一人が自分の頭で考え、そして悩みながらも「一つの結論」を
導き出した・・・
その「プロセス」にとても私は惹かれるものがあります。

さてさて・・その前に・・・

Aパートのジョーカーとのバトルでしたけど、
とにかく・・
ジョーカーの圧倒的な強さが際立っていましたね・・・・
あそこまで完膚なきまでに叩きのめされるプリキュアは実に珍しい・・・・
最終決戦を別にすると、歴代プリキュアの中でもあそこまでグーの音も出ないほど完敗してしまったプリキュアなんて
他には・・・
うーーん思いつくところでは、ハートキャッチの第10話でダークプリキュアに完膚なきまでに叩きのめされ、
おまけに変身まで解除させられてしまったブロッサム&マリンくらいなのかな・・
自分にすら勝てないのにピエーロ様に敵うわけがない。女王復活も不可能。輝く未来もスマイルもありえない・・・
などと挑発する一方でアッカンベーみたいなポーズを取っていちいちおちょくったポーズを取る
ジョーカーには・・・本当マジでリアルタイムで見ていた時から「ムカッ・・・」とイラついたものですけど
とにかく・・・強いとしか言いようがないですね・・
ジョーカーに引導を渡され、恐怖で顔がひきつっているピースは・・本当にマジで恐怖顔・・・
あのピースの恐怖顔は・・・・多分・・・・幼児にとってはまさしく「怖い・・」の一言に尽きるほど
何か可哀想なくらい顔がひきつっていましたね・・
そして・・・最後のデコルも奪い、プリキュア達からバットエナジ―を放出させ、それも難無く回収する
ジョーカーはマジで敵幹部としては極めて優秀・・・
あれれ・・・それならばあんなマヌケ3幹部なんか使わず最初から自分でやれよ・・・と何か思わず
ツッコミを入れたくもなりますね・・・
そして・・・ハッピー達が茫然自失としている中をトランプのカードを嫌味ったらしくまき散らしているジョーカーは
本当に・・・悪魔の化身以外の何者でも無かったですね・・・

余談ですけど、この回もそうですけどその前の回もハッピーは二度にわたって連続して「ハッピーシャワー」を
放出していますけど
確か・・・一度の戦闘においては一度しか必殺技は発動できないんじゃなかったのかな・・・
ま・・そういう細かい事は気にしないで、
ま・・・それはハッピー達の「成長」のおかげ・・という事にしておきましょう・・(苦笑・・)



d513862e-s_convert_20150913235835.jpg


d5ab8596-s_convert_20150913235755.jpg


3d7b57ff-s_convert_20150913235415.jpg


b24e0bde-s_convert_20150913235608.jpg


前述の通り、この第22話のどこが素晴らしいかと言うと
メンバーひとりひとりが自問自答をして
「自分達にとってなにが一番大切なのか・・・そして自分達はどうすればよいのか・・」という事を
自分の頭でよーーく考え、悩み・・・判断に迷いながらも
各自が自分としての「答え」を見出している点が素晴らしいと思います。
ま・・・・これが「プリキュア5」だったとしたら、
のぞみが・・・
たった一言、「よーし、それではキャンディを助けに行くぞ! けってーーい!!」と右手を高々と上げた瞬間に
メンバー達は・・・
特に考える様子も無く・・「ま・・・のぞみが言うんだから仕方ないか・・・」みたいな雰囲気で
のぞみと行動を共にしたのかもしれません。
ま・・・プリキュア5の場合、のぞみという歴代シリーズの中でも突出した不思議なカリスマ性を発揮してくる
プリキュアがいてくれたおかけで、
のぞみが一声掛けただけで・・・全員としての「共通意志」が瞬時に形成されてしまう所が
凄い・・と思ってしまいます。
ま・・・だけど・・・スマイルには、そうした不思議なカリスマ性を持つ絶対的なリーダーは存在しません・・・
そこが雰囲気的には・・・デザイン的には・・よく似ていると言われるプリキュア5とスマイルの明確な相違点なのかな・・
絶対的なリーダーがいない代わりに、スマイルはどうしたかと言うと・・・
それが・・・ここまで再三述べてきた
「一人一人が各自の頭でよーーく考え、・・・そしてみんなで結論を出す・・・」という事なのだと思います。
要は・・・プロセスの違いですね。
多分、プリキュア5もスマイルも「キャンディを奪還する」という結論は同じなのだと思います。
但し、その結論を出す方法が異なっていた・・・
どちらがいいとかどちらが優れているかなんてのは全然関係が無い・・・
スマイルにはスマイルらしい「結論の出し方」があったのだ・・・という事なのだと思います。
でもいいですね・・・!
こうやって・・・突出したリーダーとか絶対的なエースがいなくても、全員一人一人が各自の判断に基づいて
よーーく考え、
そしてみんなで結論を出すというのは、ま・・・・悪く言うと「弱者の決め方・・」みたいな批判はあるのかもしれませんけど、
スマイルは・・・
そんなヘンな事よりもとにかく・・
「各自一人一人が自分の意志で判断し、そして結論を出す」というそのプロセスを重視したプリキュアなのだと
改めて思います。
最近のこのブログの記事の中で星新一の「はい」というショートショートについてやたら触れる機会が多かったと
思うのですけど、
やはり・・・
何が人間を人間たらしめるかと言うと・・・
それは・・「主体性」、つまり・・・一人一人が自由意思で自分のしたい事、その方向性を決める事が出来るという事に
あるのだと思います。
そうした意味においては、スマイルのメンバー達は、遺憾なく主体性を発揮していたと思いますし、
そのあたりが・・・何か私の胸を打つ要因にもなっているような気がします。

みゆきとれいかの会話が全てを象徴しています・・・

「私、どうしたらいいのか分からない。でも、これはすごくちゃんと考えなきゃいけない気がする・・・・
 うまく言えないけど、自分にとって何が一番大切なのか」
 「それはすべてを捨てでもキャンディを助けるということか、それとも自分達の家族や友人をとるかということですか?」
 「それとも、もっと違う何か・・・」

「だから、みんなちゃんと自分で考えよう。自分にとって何が一番大切なのか」

このみゆきの「みんなちゃんと自分で考えよう。自分にとって何が一番大切なのか」という言葉は
ある意味大変重たい言葉です・・
みゆきのようにカリスマ性も絶対的なエース性も何も無いプリキュアが言うからこそ
皆の胸に響き渡る言葉なのだと思います。
そうなんですよね・・・
みゆき達5人は・・・
単純に「キャンディを取るか自分達の安全を取るか」という二者選択ではなくて
「自分達はどうすればいいのか・・・、そして何ができるのか・・・何をすべきなのか・・」という「結論」を
求められているのです・・・
そしてその「問い」に向き合わなければいけなかったのです・・・

だけどそうした極めて難しい「問い」に対して各人が一人一人自分の頭でよーーーく考え
そして結論を出した・・・
これは本当に素晴らしい事だと思います。
そうですね・・・
例えば、歴代でも優秀メンバーが揃っているドキドキとか姫ブリのメンバーでしたら
メンバー全員の話し合いで・・・という雰囲気になるとは思うのですけど、
スマイルの場合・・・
全員で話し合う以前に・・・まず一人一人がそれぞれ別の場所でじっくりと自分自身と向き合い
まずは「個別」に自分自身の考えを整理した・・・
それを最終的にチームとしての意思決定をした・・というプロセスになると思うのですけど
前述の通り、絶対的なエースが不在の中でも、きちんと方向性を最終的には提示出来たのが
本当に素晴らしいと思います。

「自分が今何をしたいのか・・何が出来るのか・・」というあかね・・・

「みんながいるから自分は素直になれた。今怖いのはそうした仲間を失う事・・」というやよい・・

「大切なものを分ける事自体に無理があった・・」というなお・・・

「プリキュアとしてではなくて私が今守りたいものとは何か」というれいか・・・

そしてみゆきは・・・

「私ね、結局何が一番大切なのかよく分からなかった・・・・
でも一つだけハッキリした。私、キャンディが大好き。それと同じだけ友達も家族も大好き。
だからみんな一緒が良い。みんな一緒の未来がきっと私のウルトラハッピーなんだって!!」

うーーーん、これはかなり泣かせるセリフ・・・・

さすが、ピンク系主人公!! 普段はポンコツでも締める時はちゃんとチームを締めてくれます!!

そして私が輪をかけて好きなシーンは・・・・

そうしたみゆきに対して・・・

あかねの・・・「私達の、やろ」 というセリフ・・・・そして・・・
あかねが手を前に出し、やよいが続き、なお、れいかも続き・・・・
 「五つの光が導く未来、輝けスマイルプリキュア」
と・・・
5人で手を重ねるシーンでしたね・・・!!

本当に本当に・・あのシーンは・・・歴代プリキュアでも屈指の名シーンの一つだと思います!!

うーーん、いかんいかん・・・・こうやって書いているだけで自分自身が
何か・・・・
泣けてきちゃいそう・・・・

余談ですけど・・・

なおが今回の一連のシーンでボニーテールの髪をはらりとほどく場面があるのですけど、
なおがポニーテールを下したのは、この場面と修学旅行の入浴後のシーンの2回のみです・・



20120708114142503.jpg



でも改めて・・・・スマイルのこの5人の手合せシーンは本当に素晴らしいですね!!

プリキュア5無印版のあの第24話のメンバー全員による手つなぎシーンも最高に素晴らしいのですけど
どちらも・・・
本当に歴代プリキュア屈指の名シーンの一つだと思います!!

最後に・・・

今回みゆきたちが色々と悩んだことは・・・「家族と友達・・・一体どちらを選べばいいのか・・」という選択だったと
思います。
それについては・・・
そうですね・・・例えばフレッシュのラブが
「私は、ダンスもプリキュアも両方大切!!」と言い切っていましたし、
ハピネスのめぐみも
「私はプリキュアも頑張るし、家族や友達を守る事も頑張りたい」と言っていた事が示唆する通り
要は・・・
どちらも大切なんだ・・!!という事なのだと思います。
それは・・・なおが言う通り・・・・元々どちらか一つを選べという事自体に無理があったのだと思います。
そして・・・・
みゆき達は・・・
自分たちの家族も大切だし、それと同じくらい自分達の大切な仲間であるキャンディも大切だという事を
改めて認識し・・・
同時に・・・
その両方を手に入れるためにも・・
とにかくやたらと強いジョーカーやその背後にいるピエーロには絶対に倒さないといけない・・・
その相手の絶対的な強さに屈しない覚悟は本当にあるのか・・・
と・・・
改めてみゆき達に「プリキュアとしての覚悟」を正面から問いかけていたようにも感じられます。

いやいや・・やっぱり・・・プリキュアはただの「幼児番組」ではないですね・・・
この「奥深さ」と「可愛らしさ」があるから・・・
私は・・・
とにかくプリキュアは止められない・・・!!という感じですね!!
スポンサーサイト



5.土佐女子高校


 C/ディオニソスの祭り(シュミット)

結果的にこの年が土佐女子の初出場の年でしたね・・
 最近ここ何年もこの学校の名前を全国大会では耳にしないから少し寂しい気持ちはありますね。
 まさに伝統的で王道の「純白のセーラー服」の学校でしたので、
 男子高校出身の私としては・・・なんか・・・「憧れ」みたいな感情は持ったりもしましたね・・(苦笑・・)
 この学校は個人的な印象ですけど、
 1987年のサロメと88年の寄港地が大変印象的です。
 特に「寄港地」の演奏は素晴らしいものがあり、結果として銀賞なのですけどあの演奏は金賞でも
 全然遜色ないと思います。
 そうですね・・・この学校は、今の所全国大会最後の出場となった1998年の
 ウィルソンの「コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディー」で唯一の金賞に輝いているのですけど、
 あくまで私個人の感想で言うと、
 何か今一つ盛り上がらない感じの98年の演奏よりは88年の「寄港地」の方が大好きです!!

ま・・・それはいいとして、
 初出場の1984年の演奏に関して言うと・・・
 うーーん、誠に申しあげにくいのですけど、とにかく・・ひどい出来の演奏でしたね・・・

 ま・・・多分・・・四国大会ではもう少しよい演奏が出来ていたと思うのですけど、初出場という事もあり
 多分緊張してしまい、何が何だかよく分からない内に普門館での本番を迎え
 よく分からない内に本番の演奏が終わってしまい、
 普段の実力・・本来の実力を全く発揮できないまま終わったような感じがあります。
 ま・・曲が技術的に全然消化できていないし、
 こんな「ディオニソスの祭り」みたいな難曲中の難曲の表現に関しても
 聴衆に「何か」を伝える所までは全然至っていなくて、譜面に掛れている事をとりあえず音にする事で
 精一杯という感じでしたね・・
 技術的に未消化だから、とにかく課題曲も自由曲も終始ヒヤヒヤ・・・
 「ディオニソスの祭り」の音が薄くかかれている部分なんかは、少しですけど・・
 「あれれ・・演奏が止まってしまうんじゃないの・・・?」みたいな不安感は終始つきまとっていたと思いますし、
 この曲、元々が不協和音に変拍子に特殊楽器が交錯する曲なのですけど、
 特にラストの一音が・・・
 多分間違いだとは思うのですけど、とにかく壮絶な不協和音の塊りのようなヘンな響きになっていたことも
 大変印象を悪くしていたと思います。

 ま・・・申し訳ないのですけど選曲ミスですね・・・
 
 もう少し実力相応の曲を選んで、もう少ししっとりとした演奏を目指していれば、少なくともこうした崩壊状態の
 演奏にはならなかったような気がします。

 だけど・・・

 このチームは翌々年以降は指揮者に森本真由美先生を迎え、森本先生の指揮以降は
 このチームは急速に実力をメキメキと付けていき、
 全国大会の常連校にのし上がっていきましたね・・
 森本先生の指揮で初めて迎えた全国大会が「サロメ~七つのヴェールの踊り」でしたけど、
 あの1987年の演奏を聴いて、率直に・・・
 「84年の演奏と同一校とは思えないほど劇的に進化&成長したものだな・・」と感じてしまいました。

 やっぱり・・スクールバンドの場合、こうした指揮者の変更という要因だけで劇的にサウンドが化ける場合が
 多々散見され、
 この辺りは・・
 ま・・吹奏楽コンクールにおける「一つの楽しみ方」なのではないかと思います。

 あと・・・そうですね・・・

 1984年の土佐女子の全国初出場以降、四国支部では色々と変化が見られ、
 そうですね・・
 1970年代~80年代前半の四国の高校の部は、毎年毎年判で押したように高松第一か観音寺第一の
 どちらかで「全国の出場枠」を争うという感じでしたけど、
 83年に四国の代表枠が2つに増えて、
 そして84年以降は・・・伊予とか土佐女子とか
 高松一と観音寺一以外の色々な学校が全国に出るようになり、
 少しは・・「競争意識」みたいなものが芽生えてきたような感じもありました・・・
 ま・・高松一とか観音寺は、どちらかというと・・・殿様商売みたいな演奏というのか、おっとりとした演奏と言うのか
 激戦の関西や関東に比べると
 正直・・・レベルは全然低いという印象がありますし、
 そうした傾向は・・・そうですね・・何か今現在も大して変わりがないのかな・・とも思っています。

 だけど・・・たまーに四国支部代表の演奏は「爆発」してくれる時もあり
 その典型例が1991年の伊予の「バリの喜び」なのかな・・・
 あの演奏、結果的に金賞を受賞したのですけど、そうてすね・・・客観的に聴くと
 「少し追い込み過ぎ・・・煽り過ぎ・・」みたいな印象もあります。
 だけどコンクールと言うものは特に面白いもので・・・
 1991年のあの煽りに煽った演奏は金賞で
 ほぼ同様の傾向の解釈&演奏の1993年の「イタリア奇想曲」は銅賞・・・
 ま・・コンクールはまさに・・・「水物」ですよね・・・

 2014年の伊予高校のマーラー/交響曲第5番終楽章は、多分・・選曲ミスの範疇なんでしょうし、
 演奏は・・・
 一言で言うと・・大変「痛い演奏」です・・
 だけど・・・やっぱり高校生はいいもんですね!!
いかにも・・「若さ爆発!!」とか「青春の光と影」みたいなナイーヴな香りも十分漂い、
 コンクールとしては銅賞以外の何者でもないのですけど、その「際立つ個性」と「苦い青春」みたいな
 意味では・・・
 大変印象に残りました・・・

 あ・・なんか・・1984年の土佐女子から、随分と方向がそれたものですね・・・(苦笑・・・)

 | BLOG TOP |