FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


あ・・・・まず初めにお断りしておきますが、
このブログの「プリキュア記事」をかなりご覧になっている方は、もしかしてうすうすお気付きなのかも
しれませんけど・・・
今作の姫プリに関しては・・・
私の大大大・大本命は、言うまでも無くトワイライト様・・・(ま・・今はトワの過去の生きるチカラなのですけどね・・)
大大・本命は当然トワ=キュアスカーレット・・
そして・・・本命は・・・きらら=トゥインクルです!!

あれれ・・・そうなると・・・はるかとみなみはどこにいってしまったのでしょうか・・・(苦笑・・)

ま・・・上記はあくまで私の「個人的好み」の話であって、
プリキュアとしては、フローラもマーメイドも素敵な戦士である事は間違いありません。
ま・・・あくまで個人的な好みの問題ですので・・・
そうですね・・・普段から「プリキュア愛」を口にし、
「歴代プリキュア計41人の戦士は全員分け隔てなく大好き!!」という事は・・・ま・・その一応建前にしておりますが、
実際は・・・
うーーん・・
唯一苦手なお方がハートキャッチのムーンライト・・・
そして・・・プリキュアとしては好きな部類に入るのですけど、どうしても変身前の正体が・・・今一つ納得いかないという
ミルキィローズなんかは・・
ま・・・勿体無いな・・と改めて感じる事も多々あります・・

そうですね・・・・
こんな事書いていると、みなみ様に「反省文」をレポート用紙に50枚程度書かないといけないのかも
しれませんけど、
ま・・・それはあくまで「一個人の感じ方」という事で・・・・

今回の第32話は、自称みなみの許嫁のキミマロが主演、そしてはるかとみなみが助演・・
そしてきららとトワはほぼ蚊帳の外・・・・
うーーむ、これでは感想の書きようがないっすね・・・(苦笑・・)
ま・・話としても姫プリの中では、ギャグ回みたいなもんかな・・

ま・・そんな訳で今回は、プリキュア記事にしては珍しくベリーショート記事・・・・

一言で感想を述べると・・・

今回は・・はるかとみなみのための百合回・・・
そして・・・
みなみは・・・子供の頃の方が可愛い・・・??
いやいや・・ホント、こんな事ばかり書いていると、私、マジで海藤家からヒットマンを差し向けられそう・・・・(苦笑・・)





ま・・・この手の財閥系おぼっちゃま男子は・・・正直・・・好感度は低いっすね・・・・
とにかく・・・感想は書きようがないですね・・(苦笑・・)
そうですね・・・フレッシュに出てくるやはり巨大財閥の御子柴くんあたりでしたら、
ラブと大輔と同じ公立学校に通う辺りで、なんとなく好感度upというのもありますし、
御子柴君は、キミマロと異なり、思い込みが激しい上から目線タイプという感じでは全くありませんでしたから、
別に財閥系でも「ふーーん、そうなんだ・・」くらいにしか感じませんでしたけどね。
ま・・・私が黄色系大好き四天王の一角でもあるブッキー=キュアパインにちょっかいを出している辺りは・・・
やっぱ・・
「おまえ、爆発炎上してしまえ・・・!!」みたいなもんなのかな・・・・(苦笑・・)



00ef9c5c-s_convert_20150915083009.jpg


うーーん、やっぱり、みなみは幼少の頃の方が可愛かったのかも・・・??

でもこんな事ばかり書いていると、マジで全国100万人の(?)みなみ様ファンの方に
100万通の反省文を書かないといけないのかも・・・


7afcb9f5-s_convert_20150915082723.jpg


b1098cb0-s_convert_20150915082831.jpg


そうですね・・・

今回はみなみのメイン回のようでいて、実は・・・はるかとみなみの絆の確認回に名を借りた百合回と
言えるのかもしれません・・・
キミマロがはるかに対して言い放った言葉・・ま、あれは・・・「暴言」の域に入るのかもしれませんけど、
「君はみなみに相応しくない」みたいな暴言は・・・
そうですね・・・
ハピネスチャージでファントムがブルーに対して言い放った言葉でもある
「お前が言うな――!!」を
是非是非キミマロにぶつけてやりたいですね・・・

ま・・・そんな二人の光景を木陰からじっと見つめていたみなみ・・・
うーーん、なんてレトロな展開・・
お前たちは昭和40年代の学園アニメか・・と思わずツッコみを入れたくなるようなベタな展開でしたね・・・(苦笑・・)

プリキュアとしての戦闘シーンでも、
「お前はみなみに相応しい存在なのか」という言葉が気になって仕方がないフローラがなんかとっても可愛いですし、
なんかフローラに同情しちゃいますね。
そうした中で・・・
「さっき偶然、二人の会話を聞いてしまって・・・キミマロが言っていた事を気にしているの・・・??」
「みなみさんの(相応しい存在でいられるためにも)そばでいられるようにもっと私が頑張らないと・・・」
「私に相応しいとか相応しくないとか一体誰がそんな事を決めるの!?」
「はるかははるかのままでいい」
「私があなたとずっといたいのよ・・」という会話の流れはとってもよかったです。

そうですね・・・初期の頃のような上から目線とか「自分がやらないと・・」みたいな感覚は既に
みなみの中からは相当減っていると思います。
はるかを対等なパートナーとして位置付けた上で
「友達として接したい」という気持ちをはるかにストレートにぶつけた辺りは、シリーズ全体から見ても
みなみの「確かな成長」を示唆していると思います。
この辺りはとっても素敵なシーンでした!!


b5ccbecd_convert_20150915162601.jpg


ま・・・・今回は・・・トゥインクルとスカーレットの見せ場が少ない点は・・・ちと・・アレかな・・・

だけどそんな中でもやっぱりトゥインクルの反応は大変面白かったですね!!

みなみの自称許嫁が登場した辺りから
なんとなく・・・
興味津々・・というのか、傍観者の覗き見スケベ根性丸出しのきららがとっても可愛かったですし、
あのいかにも・・「ふーーーーん」みたいな反応がとっても楽しかったし
きららのあのいかにも
「また・・・このアホ達が私を楽しませてくれるよ・・・」みたいなすこーーし小悪魔みたいな微笑+苦笑が
きららの魅力を遺憾なく発揮していたと思います。

それにしても・・・・

今回のように戦闘中にこうやってプリキュア達が色々と私語を交わしての戦闘と言うのも
少し珍しいのかも・・
ま・・・確かに・・・戦闘中のフローラとマーメイドの百合全開の私語炸裂では・・・
トゥインクルが少しイラッ・・として、
「何やってんの!!」とか
「なーんの話かよく分からないけど、フローラはフローラのままでいいじゃん」はいかにも
この人らしい言葉ですね!!
私、きららのこういう少しドライな所、大好きです!!

マーメイドの
「確かにキミマロの言う通り、私は(はるかのおかげで)変ったのかもしれない」
「だけど、私は今の私が好き」
「そして今の私があるのはあなたのおかげなのかも・・」
「これからも友達でいてちょうだい・・」は・・
ま・・・ちと上から目線の部分も無くは無いのですけど、
自身の変化を素直に受け入れられるみなみの柔軟性と寛容さを示唆していると思います。

戦闘が終わって・・・
フローラの「みなみさん、結婚するんですか?」とついつい余計な事を聞いてしまうフローラは
やっぱり典型的なピンク系ですね・・(笑)
それを否定するみなみに対して安堵感を感じ、
頬を赤らめてデレるフローラはまたまた可愛いものがありますね・・・

あ・・なんか感想が書きようが無いといっても
ベリーショートにはならなかったか・・(苦笑・・)
ま・・それが出来るのもやはり「プリキュア」の奥深さなのだと思います。
スポンサーサイト



以前も掻きましたけど、この年の全国大会が私が生で聴いた初めての全国大会で、
同時に初めて普門館で聴いたコンクールです。
ま・・初めてという事で、私自身も相当気合が入っていたのかな・・・・
前回の記事で写真でお見せしたこの年のプログラムですけど、余白には・・・
今現在の自分が見ても思わず驚いてしまう程、プログラムの余白には、各演奏団体に関する感想等が
びっしりと書き込まれています・・・
うーーん、当時の18歳の私は・・一体なんて真面目だったんだ・・・(苦笑・・)
というか・・この余白のメモをベースに1984年の記事を書いていますので、
とっても楽です・・・・
無理に「記憶」という引き出しをこじ開ける必要がないから・・・


3.嘉穂高校


 D/歌劇「イーゴリ公」~ダッタン人の踊り(ボロディン)


 プログラム1番が天理、2番が高岡商業と実力校が続き、そして第3番が嘉穂で、
 いずれも直近3年以内に全国大会金賞と言う実績があり、この嘉穂高校も大変注目していました。
 というのも・・・
 この年の3年前の「ガイーヌ」の名演が大変鮮やかで躍動感にあふれていて、特にレスギンカ舞曲の
 全く一糸乱れない情熱的なあの演奏にすっかり心を奪われていましたし、
 1982年の評価は銀でしたけど「三角帽子」の幾分荒れ気味でしたけどその生命感溢れるダイナミックな演奏も
 よかっただけに、結構期待はしていました。
 「ダッタン人の踊り」と言うと、前年の1983年に明石北高校が洗練されているけどすごーーくクセがあり
 独特な解釈と表現をしていた演奏が当時の自分の耳に焼き付いていましたので
 「果たして嘉穂はどんな演奏&表現を聴かせてくれるのかな・・」と思っていました。

 だけど結果は・・・

正直に書くと・・・「うーーん、一体どうしちゃったんだろう・・」みたいな不本意な演奏だったと
 思います。
 早い出番でしたので、緊張してしまったのかな・・
 演奏が開始されて、「あれれ・・普段と何かが違う・・」とステージ上で感じていた「ズレ」がどんどん広がっていき
 修正が出来ない内に演奏が終了してしまった・・・何かそういうような印象を受けました。
 嘉穂高校は1988年はプログラム一番の演奏でしたけど、その時も「あれれ・・普段と何かが違う・・」みたいな
 奏者のズレが客席にいた私にも伝わっていましたので、
 嘉穂高校吹奏楽部は、もしかして「朝」に弱かったのかも・・・??

竹森先生の指揮は、この時初めて目にしましたけど、この指揮振りは大変強く記憶しています。
 というか・・・この先生・・・
 全く大振りしない・・・
 傍から見てしまうと、振っているのか振っていないかよく判別できないほど大振りはしません。
 何となくですけど・・・・「大振り」とか「情熱的な指揮」というと雄新中の鈴木先生が大変印象的なのですけど、
 鈴木先生とは全く対照的な指揮振りです。
 ポイントだけを的確に奏者に伝え、余計な事は何もしない・・・・
 だけど生徒さん達を温かく見守り、生徒さんを心の底から信頼している・・・
 そんな雰囲気はよーーく伝わってきました。
 特に課題曲D/マーチ「オーバスワン」はそうした指揮者と奏者のよい雰囲気が演奏にもそのまんま
 表れている感じがありました。
 音楽が大変素直で素朴で温かく、聴く者に間違いなく「にじみ出る優しさ・温かさ」は伝わっていたと思いますし、
 竹森先生の「誠実さ」が生徒を通して音楽にも表れていたと思います。
 確かに・・演奏自体は・・「あれれ、一体どうしたのかな・・」みたいな面も濃厚なのですけど
 出てくる音楽は大変温かい・・・
 何か矛盾している書き方なのかもしれませんけど、だけど「技術的な拙さ」と「温かさ」は必ずしも矛盾するものでは
 ないのだな・・とも思ってしまいます。

 ま・・・課題曲は平易な曲ですので、あまり感じなかったのですけど
 自由曲の「ダッタン人の踊り」は技術的にはかなり難易度が高いという事も在ると思いますが、ここで
 一気にポロが出てしまったような感じがあります。
 とにかく技術的にはかなり未消化の感じがありました。特に木管セクションの速いパッセージに奏者が
 ついていけていないというのか、
 とにかく音楽が仕上がっていないみたいな印象はありました。
 だから音楽の仕上がりとしては大変「不安定感」が残ります。
 音楽自体は前述の通り大変優しく誠実なのだけど、いかんせん、それを伝える技術の詰めが大甘だから
 聴いていて「あ・・・なんか勿体無い事をしているな・・・」と痛感したものです。

 一般的に「ダッタン人の踊り」と言うと、フルートソロとオーボエソロから開始し、
 あのあまりにも有名でメロディーラインが大変人の心を打ってしまうオーボエ&コールアングレのソロへと
 繋がる部分から開始されるのがほぼ定番なのだと思いますが、
 嘉穂高校は、木管楽器、というかクラリネットがかなり細かい動きをする部分から曲を開始し、
 通常のオーボエ等のソロへと曲をつなげているのですけど
 そうですね・・・
 何か結果として「余計な事しちゃったのかな・・・」みたいな印象は否定できないと思います。
 この木管の速い動きが大変不安定でぼろが出まくっていましたので、
 この部分で奏者達が「あ・・・なんかやばい・・」みたいに感じてしまい、その後の不安定さを招いてしまったのかな・・とも
 感じられなくはないと思います。
 だけど・・・
 不思議な事に・・・下手なんだけど音楽は大変温かい・・・
 この曲は、元々戦闘中に敵に捕獲されてしまい、故郷をしのんで落ち込んでいるイーゴリ公を慰めようと
 敵の大将が
 「それならぱ・・わが軍の勇猛な踊りを見て貰って楽しんでもらおうじゃないか!!」と思って盛大な踊りをお披露目
 したのですけど、その際の音楽がこの「ダッタン人の踊り」の部分なのです。
 敵の大将の優しさ・イーゴリ公の寂しさと故郷を懐かしむ望郷の想い・・
 そうした温かいものは、この嘉穂高校からの演奏は大変よく伝わってきました。
 聴いていて・・思わす涙が出そうなほど心にスー―ッと染み込む演奏なのですけど、
 くどいようですけど技術的には大変拙い・・・
 そうした拙さと温かさが同時に存在する演奏と言うのも、全国大会ではむしろ珍しい部類に入ると
 思うのですけど、
 そうした音楽をこの学校は聴かせてくれていたと思います。

 結果は当然銅賞なのですけど、その音楽的感銘度だけは金賞をあげたい気持ちで一杯でした・・・!!

 | BLOG TOP |