FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先週から、東京MXテレビにて「フレッシュプリキュア」の再放送が開始されています。
この物語は2009年にリアルタイムで放映されていましたけど
3年に渡る「ふたりはプリキュア」シリーズ、そして2年間に渡るプリキュア5シリーズの後に
プロデューサーとか音楽担当など制作者サイドもがらりと陣営を替えてきたせいもありますが、
とにかく・・・
リアルタイムで見ていた頃から、
「あれれれ・・・随分と変わってしまった・・」みたいな雰囲気はかなり濃厚に感じていました。
だけど、面白いもので不思議と「違和感」は全くなかったです・・・
ま・・・確かに設定とかデザインなんかは大分変ってしまったのですけど、
プリキュアの本質・・・例えば・・・プリキュアの存在意義とか何を守ろうとしているのかとか・・・
そうした事はプリキュアの良き伝統をしっかりと受け継いだ作品として十分に成立していましたし、
なんとなくですけど・・・
フレッシュのピンク系主人公・ラブは・・・
まさに・・・
のぞみ大先輩の後継者に相応しい様な香りが当初からプンプンと漂っていましたので
その辺りも違和感を感じなかった理由なのかもしれません。





さてさて・・・

そうは言っても・・・・冒頭シーンは・・・まさにある意味驚きでしたし、
このシーンを見て、
リアルタイムで見ていた頃は、
「あ・・・文字通りプリキュアシリーズはリニューアルオープンしたんだ・・・」と感じたものでした。

だって・・・・

主人公のピンク系のラブちゃんがいきなり・・・・「大泣き」というまさかの展開から開始され、
次に出てくる言葉が・・・
「彼氏」だの
「告る」だの
「男にフラれた・・」とかそんな言葉でしたからね・・・・
正直・・・あれは驚かされたものです・・・
ま・・・本人たち3人(ラブ・美希・祈里)も皆それぞれ・・・・プロポーションがよくて
いわゆるアニメ系の美少女そのまんま・・という雰囲気もありましたので、
「あれれ・・今度のプリキュアは随分と実験的なんだな・・・マンネリ化になる前にこういう新しい風を
吹きこむのは実に素晴らしい事・・」とも思いましたので
当時としては・・・むしろこうした「チェンジ」は大歓迎!!という感じもありました・・・

だけど・・・

フレッシュの場合、チェンジをしたのは何もプリキュアだけではありません・・・

敵幹部も大いなる「チェンジ」をしていました・・・・


24357c51_convert_20150908184849.jpg


そう・・・

言うまでも無く・・・「イース」の存在です。

正直・・・この時点では、まさか後にこのイースがプリキュアになってしまうなんて全く夢にも思いませんでしたし、
想像も出来ませんでした・・・
ま・・・・今現在でしたら・・・・
言うまでも無く、エレン・レジーナ、そして・・・トワイライト様という存在が既にいますから、
別に敵幹部がプリキュアになったって・・・珍しくも何ともないじゃない・・・という感覚しかないのですけど、
当時は・・・・本当にあれは・・・ぶったまげものでした!!
だから、その意味では・・・・イースの存在と言うのは、ある意味プリキュアの歴史を変えた人とも言えますし、
敵幹部からプリキュアへ・・というパイオニア的存在の偉大なる大先輩という感じもありますね!!

実際、敵幹部からプリキュアになった人は、(一応、SSの満と薫の存在は・・スルーしておきます・・・)
イース・セイレーン・トワイライト様なのですが、
三人ともそれぞれにプリキュアになった事情や背景は異なっています。
セイレーン・トワイライト様の場合は、
「ま・・二度目だから・・」とか「ま・・・これで通算三度目だから・・・」みたいな感じで何となく「慣れ」みたいなものも
あったとは思います。
しかし・・・イースの場合、そうした過去の事例は一切なく、
当時の巷では・・・
「ミユキさんが4人目のプリキュアだろう・・」という前評判を完璧に覆し、
まさか・・・まさか・・・あのイースがプリキュアに・・・!?という感じでしたから、その「衝撃度」は計り知れないものが
ありましたし、
まさに・・・「青天の霹靂」状態でしたね・・・
こういう場合・・・
「じゃ、なんでイースがプリキュアになってしまうんだよ・・・」みたいな事に対する明確な動機づけが必要不可欠に
なってくるのですけど、
それに関しては・・・・ラブの・・・あの涙・涙の・・・「罪を憎んで人を憎まず」理論一本だけで
このやっかいなテーマを押し切ってしまったのは大変お見事だったと思います!!

ま・・・あれを出来るのは、歴代でもラブくらいしかいないのかな・・・

あとはせいぜいマナと響くらいかな・・・・

あれをめぐみがやってしまうと・・・・とてつもない「おせっかい」で終了してしまいそう・・・・(苦笑・・・)

そうですね・・・・

あくまで私の考えですけど、「フレッシュプリキュア」の主人公は・・・・
実はラブではないと思っています。
実は・・せつな=イースというか・・・
この物語は「せつな=イースの再生の物語」という側面が大変強いようにも感じられます。

そういう意味でも、ほーんと・・・大胆で斬新なシリーズだったと思いますし、
プリキュアを良い意味で「チェンジ」させた大功労者だと思っています。

そうそう・・・・敵幹部というと・・
忘れちゃいけないのが・・・・歴代プリキュアの中でも、特に特に・・・「マヌケ幹部」として抜群の人気を
誇るウエスターの存在を絶対に忘れてはいけません!!

だけど・・・・

面白いもので、第一話を改めて見た限りでは・・・・この時点では・・・
まさかウエスターがあそこまで・・・まさかここまで・・・ポンコツ化しマヌケ幹部になってしまうとは
全く夢にも思わなかったですね・・・(苦笑・・・)
というか・・・
第一話を見た限りでは、一杯の紅茶にあんなにドボドボと角砂糖を入れてしまうサウラーの方がよっぼど
アホっぼく見えてしまうのですけどね・・・・(苦笑・・)

いつかにウエスターはああなってしまったのかな・・・

ま・・・それを決定的にしたのは・・・・あの「カツラ回」なのかもしれませんよね・・・・(笑・・・)



027bbd87_convert_20150908184958.jpg


一方・・プリキュア達にも相当なチェンジはありましたね・・・

一番興味深かったのは、三人のプリキュアがいずれも違う学校に通っていた事なのかな・・・
あれれ・・ブッキーが通う学校のあいさつは「ごきげんよう」だから・・・・
もしかして・・・
ノーブル学園の系列校なのかな・・・・??

一般的には第一話というと・・・・
何か知らないけど、ヘンな妖精がやってきていきなりプリキュアに変身しろって言うから
渡されたそのヘンなアイテムを使ったら・・・・
何だかよく分からないけど、プリキュアになっちゃったー!!というドタバタ展開だけで完了してしまうのですけど
面白い事に、ラブは、いきなりタルトくん&シフォンが登場しても全く驚く事も無く
普通にプリキュアに変身してしまい、
とても初陣とは思えないほどの「強さ」を発揮しまくり、
第一話にありがちな「なんなの・・これ・・」みたいなセリフも一切無かったのが極めて斬新でしたね・・・・

ま・・・・さすがに第2話においては、怪しい関西弁を喋るタルトくんに対しては・・・
「何なの・・コイツ・・」みたいな感じで最初の頃は見ていましたよね・・・

とにかく・・・フレッシュは・・イーストの絡みが・・そしてウエスターのマヌケ振りが今後とも
とにかく楽しみですね!!

第一話の戦闘終了時にイースがラブに
「貴様とは長い付き合いになりそうだ・・」とか何とか言っていましたけど、
ま・・確かにそうなってしまいましたね・・・
しかも・・・
物語の後半は・・・ラブの家に同棲・・・じゃなかった・・居候する事になっていましたからね・・・・


4b2ec906_convert_20150903230048.jpg


a2a3c92c_convert_20150602133159.jpg


あ・・・、そうそうフレッシュとは全然関係ありませんし、
つい先日も同じような事を書いたのですけど、、
私、現役の姫プリの後期EDのスカーレットヴァージョンのあの歌詞にかなり惹かれるものがあったりします・・・


どの過去も生きるチカラに

私の炎、誰にも消せない

つないだ手、永遠に信じて

特に特に・・・あの「どの過去も生きるチカラに」
のフレーズにとっても胸を打たれるものがあるのですよね・・・

そうなんですよね・・・

人間と言うものは、現在と未来は「自分の気持ち」次第でいくらでも変える事は出来る可能性はあると
思うのですけど
「自分自身の過去」は絶対に変えられない・・・
だけど・・・
そんな「辛い過去」でもそれをしっかりと自分自身で認めて全てを受け入れる事で
その「辛い過去の記憶」から何か「生きるヒント」になるものはあるはずだと思うのですよね。

でもそうした「どの過去も生きるチカラに」というのは、別にトワの専売特許ではないとも思います。

この言葉がトワイライト=キュアスカーレット以上に
心に染み込んできそうな人は・・やっぱりイース=せつな=パッションなのかな・・・

ま・・・イースにも色々と「過去」はあったと思います。

ラブの幸せを否定した・・メビウス様への忠誠を疑う事もしなかった・・
トワイライトなんて目じゃないほどの悪行の数々をしてきた・・・(最たる例がスタジアムの破壊かな・・・)
そして・・・プリキュアとしての覚醒以降も・・・
特にサウラーによってその「贖罪」について問われてきた・・・

だけど最後は・・乗り越えてきた・・・・ラブ達の「温かいハート」が冷たいイースの心を溶かしてきた・・・
その乗り越えられるチカラこそがプリキュアを見る一つの醍醐味のようにも
思えますし、
あのスカーレットの歌詞がなんかイースに対しても響くようなものも感じたりもしますね・・・
スポンサーサイト



結構前から、何人もの方より
「響け! ユーフォニアム」の記事をもう一度見たいのだけど、
どこにあるのかよく分かないとか
「響け! ユーフォニアム」の記事だけに集約したカテゴリを作って欲しいというリクエストを
頂いていておりましたので、
今回、「プリキュア・浦和の調ちゃん以外のアニメ」というカテゴリから
この「響け!ユーフォニアム」の記事だけを抜きだし、
新たに「響け! ユーフォニアム」というカテゴリを作らさせて頂く事にしました。

皆様からのこうした貴重なご意見やアドバイスは大歓迎です!!

何かと至らぬ所ばかりのブログですし、ま・・・管理人自体がポンコツさんですので、
少しでもこのブログがより良い方向に向かうためにも、何か至らぬ点とか
「ここはこうした方が良いのでは・・?」等の素敵なアドバイスがあれば、是非是非ご教授して
頂ければ幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。






f8d76a4a_convert_20150707115220.jpg


697fb987_convert_20150707202227.jpg


あ・・・でも確かにそうですよね・・・

この「響け! ユーフォニアム」は、吹奏楽にかける少女たちの熱い軌跡を描いた作品なんですけど、
吹奏楽経験者の方がこのアニメを見てしまうと・・
「あ、これ、絶対あるある!!」みたいな吹奏楽あるある話の一つや二つを必ず思い出してしまう事は
間違いないと思いますし、
事実・・・中学から大学までの10年間「吹奏楽部」に在籍していた私がこのアニメを見てしまうと・・・
(ま・・・厳密には小学校時代の金管鼓笛隊バンドの打楽器奏者時代を入れると・・・・実に12年間ですね・・)
多分・・人の数倍は・・・
当時の色々な思い出とか苦い経験とかトラウマとか誇りが
よみがえってくるようにも思えます。

だから・・・・この「響け! ユーフォニアム」の感想に関しては、
自分で言うのも何ですけど、凄まじいくらいの「気合」が入りまくりの記事のオンパレードのような
感じがあります。
ま・・・正直・・・このカテゴリは・・・
アニメそのものの感想と言うよりは、このアニメと照らし合わせた自分自身の「回顧録」とか「愚痴」みたいな
側面が大変強いようにも思えます。
というか・・個人的にも大変思い入れがあるカテゴリだと思います。

そうですね・・・

自分自身が過去のそうした「吹奏楽部時代の自分」の記事を改めて眺めようと思っていても
これを探すのが・・・
ま・・・ちと面倒臭かったのは事実ですからね・・・・(苦笑・・)
おいおい・・・お前がこのブログの管理人だろうが・・!!というツッコミが入りそうですね・・苦笑・・・

「響け! ユーフォニアム」第12話の感想記事あたりは・・・・
そうですね・・・
自画自賛になるかもしれませんけど、
ハピネスチャージプリキュア最終回とか「哀愁のキュアラブリー」の記事に勝るとも劣らない
大変気合と気持ちが入りまくりの
自分の中では数少ない・・・「書いて大満足記事」の一つなのかも・・・・

改めてですけど、あの第12話は本当に素晴らしかったですね!!

久美子が・・・・
人ごみの中を・・・・
「上手くなりたい、上手くなりたい、上手くなりたい!!」と絶叫しながら・・・号泣しながら駆け抜けていくシーンは・・・・
この「響け・・・」の中でも屈指の印象深いシーンだと思います。
今までは・・・・ただ漫然とのほほーんとユーフォを吹いていた久美子が、
麗奈のオーディションを契機に真剣にユーフォと向き合い、そして・・・この「屈辱」の中で・・・・
更に・・・・「もっと上手くなりたい!!」という気持ちに向かっていくその心理描写が実に巧みに描かれていて
本当に・・・京都アニメーションのクオリティーの高さには本当に脱帽した思いです。

私自身も現役奏者の頃は・・・・とにかく久美子と同じだったかも・・・・

とにかく・・・

「上手くなりたい!! 少しでも他人より上手く吹きたい!! そして・・・・自分自身を認めて欲しい!!!」

そんな気持ちだったのかも・・・・

だからこそ・・・・久美子の気持ちは痛いほどわかります・・・

低音の支えの補強という重要パートを振られる久美子だったけど、
努力を重ねてきたが(現時点では)応えられなかった・・・・
この流れの中で自然と久美子の口から飛び出した言葉が・・・
「悔しくて死にそう」
そう・・・・これはまさしく第一話での麗奈の言葉と被ります・・・
これは努力しきった人間だから出せる言葉ですし、過去の麗奈の気持ちとここではっきりと重なり合うのです。
そうした二人の関係性と心情をここまで鮮やかに自然に出せるアニメは、実に稀有な存在だと
思います。
とにかく「素晴らしい!!」の一言に尽きると思います。

「私はユーフォが好き!!」、この気持ちだけで突っ走れる久美子が素敵でしたし、
まさに・・・・
この第12話は、久美子の久美子による久美子のための第12話と言っても過言ではないと思います。

 | BLOG TOP |