FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ東京で深夜に再放映中の「ガールズ&パンツァー」もいつの間にか第8話まで
進んでいます。
そうですね・・私、ガルパンの中ではこの第8~9話の対プラウダ高校戦辺りが特に大好きなので、
ストーリは当然既に分かって入るのですけど
何か妙に手に汗握ってしまいますね・・・






大洗女子の準決勝の相手はプラウダ高校・・・

あれれ・・この学校は実は昨年の優勝校です。
しかも・・・当時黒森峰の副隊長をしていたみほが、決勝戦において、
プラウダの砲撃により海に転落した自軍の戦車を救出するために、フラッグ車を離脱したため、
その隙を突かれてフラッグ車を撃破され、
結果的に黒森峰の10連覇を逃してしまい、同時に・・・みほ自身がいたたまれなくなり戦車道を離れるために
大洗への転校を余儀なくされたいわば・・・「因縁の相手」なんですよね・・・

そんな準決勝の前に、プラウダの隊長・カチューシャのお相手をしているのは・・・・
おおーっと・・・あの余計なひと言格言姉さんのダージリンではありませんか・・・・
(あ・・くどいようですけど、ダージリン姉さんは・・列記とした日本人ですから・・・苦笑・・)
このカチューシャとダージリンの会話を、プリキュアの声優さんの視点で見てしまうと・・・
そうなんですよね・・・
この二人の会話は、キュアベリーとキュアピースの二人の会話にしか聞こえません・・・(苦笑・・)
だって・・声優さんはプリキュアの声ほぼそのまんまでガールズ&パンツァーのセリフを喋っていますからね・・・・

そうそう・・・プラウダ高校戦で使用されているBGMは、やはりロシア関係の曲ばかりで
このカチューシャとダージリンの会話で使用されている曲は、
チャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」~金平糖の踊りです。
ちなみに・・
試合前にカチューシャとノンナが大洗女子の前に登場した際は
同じく「くるみ割り人形」~行進曲です。


c79988d9-s_convert_20150830060426.jpg


さてさて・・・決戦前の一コマですけど、
生徒会チームはみほに対して「真実」(この戦車道の全国大会で敗退すれば、大洗女子高校は即…廃校・・)を
事前に告げようと考え、
取り急ぎ・・あんこう鍋でも囲みながら・・と思っていたのでしょう・・
だけど・・・
結局みほに真実を伝える事は出来なかった・・・
この場は、何となくの思い出話を語る場面だけになってしまうのですけど、
(笑っている桃が珍しい・・やっぱり柚子は胸が大きい娘ですね・・・)
結果的に伝える事をためらってしまった杏の気持ちは何か・・・痛いほど分かりますね・・・
結局は真実は伝えなかった・・・
勿論・・・本音は事前にみほだけに真実を伝え、「何とかこの準決勝を勝って欲しい・・・」と鼓舞したい意図は
相当あったと思います・・
だけど・・・杏はあえてそれをしなかった・・
やはり、そこには杏の「人を見る目の確かさ」があるのだと思います。
確かに、隊長としては元々素質があり、大洗で心機一転以降は成長著しいみほですけど、
確かに・・・まだ過去のトラウマから脱し切れていない一面もあり、
その辺りを杏は・・・見抜いていたのかな・・・
杏と言うと・・なんかやたら干し芋ばかり食っている描写ばかり多いけど、実際はこのお方は・・・
かなりのやり手ですし、
「どうすれば人は動いてくれるのか・・」という事を分かっている人だと思います。

だから、私・・ガールズ&パンツァーは、あんこうチーム以外のキャラでは断トツに杏が大好きなんですよね!!
(あのちびっこい外見もツインテールも最高ですね!!)



92a402ba-s_convert_20150830060123.jpg


さてさて・・・いよいよ準決勝の対プラウダ高校戦が開始されます。

でもこの戦いなのですけど、どうみても圧倒的に大洗女子が不利なんですよね・・・

だって・・・

〇大洗は実質的に初出場なのに、プラウダは前回の優勝校
 
〇プラウダの本拠地は青森県であり、寒冷地での戦いは得意とし慣れている。
 今回の戦いの場は、あみだで寒冷地と定められていて、
 元々プラウダの方に分があり過ぎる・・・

〇火器の威力に差があり過ぎる・・

〇プラウダは16台の戦車で戦えるのに対して、大洗はわずか6台のみ・・
 しかも1台は初陣・・・

ま・・・決勝戦の黒森峰の時もそうでしたけど、大洗は元々が全てにおいて圧倒的に不利な条件で
戦いを強いられているのですよね・・

面白かったのは、プラウダの隊長カチューシャが戦闘前の挨拶のため、大洗の陣に乗り込んできた際、
大洗の生徒会長・杏が握手を求めた際、
ま・・・元々おチビちゃんの杏よりも更に背が小さいおこちゃまのようなカチューシャはなんかお茶目・・・
そして・・・
自分よりも身長が高い人間から覗きこまれるのを嫌がるカチューシャは・・・
副隊長・ノンナに肩車されて握手を求めるのは、なんかもっとお茶目な感じがありました・・・

そして・・・ついに戦闘が開始されます・・・

戦闘開始時のプラウダの行軍のBGMは、ロシア民謡「カチューシャ」でしたけど、
この場面、1番はノンナが、2番はカチューシャが歌っているのですけど
2番は正直・・・キュアピースが歌っているようにしか聴こえないですね・・・・(苦笑・・)

そして戦闘開始の際のプラウダの掛け声は「ウラ――!!」というものでしたけど、

これについては・・・

当ブログのリンク先の一つで大切な常連様のお一人の五航戦の愛鷹 様より

あれは・・・ロシア語で「万歳!!」という意味との事です。

五航戦の愛鷹 様 色々と教えて頂き、ありがとうございました!!

また・・・この戦いで、カチューシャは「粛清」とか「包囲」という言葉を使用していますが、
あれは・・・
第二次世界大戦前後のスターリンによる幹部や人民に対する「大虐殺」という名の粛清とか
ヒットラーのスターリングラード攻防戦におけるスターリングラード包囲網という事に対する
オマージュ・・・という意図も
もしかしたら・・・・制作者サイドにはあったのかもしれませんよね・・・
(レニングラードという都市は、スターリン時代はスターリングラードという名称に変更されています・・)



914f2192-s_convert_20150830060156.jpg


74f9e22f_convert_20150830060054.jpg


今回の準決勝の対プラウダ戦は・・・想像をはるかに超える大苦戦となってしまいます・・・

ま・・・正直に言うと、もしもカチューシャが「降伏を要求し、3時間の猶予」を与えずに
建物内に立て籠もった大洗を一気呵成に砲撃し続けていれば
多分・・・何の問題も無くプラウダ高校が勝利を手にしていたと思うのですけど、
ま・・・カチューシャも油断してしまったのかな・・・
結果的に「猶予の時間」を与えた事で、戦略を立て直す時間も与えてしまいましたね・・・

結論だけ言うと、大洗は「優勝」を果たし廃校を免れる事になるのですけど、
そうですね・・
大洗の勝因は・・・ま・・・もちろん、みほの戦略も相当大きなウェイトを占めているのですけど
それ以上に
対戦相手の「こんな弱小の無名校・・」みたいな「油断」にあったという感じが大ですね・・・・
ま、それがモロに出てしまったのが、この対プラウダ戦なのかも・・・

対プラウダ戦において、みほは事前の作戦としては
「相手の出方を待つ」という持久戦を想定しています。
プラウダの「一旦引いて、引いた後の怒涛の反撃」を得意とするプラウダの戦法に対応したものと
言えると思います。
どうなのかな・・・・
今回の苦戦の原因の一つは、珍しく・・みほがぶれてしまった事にもあるのかな・・・

みほとしては、持久戦の戦略を立てていた・・・
だけど・・
あんこうチーム以外は・・・サンダース・アンツィオに(たまたま・・・まぐれで)勝てた事を
「実力」とか「運が廻ってきている」みたいなある意味「錯覚」を覚えてしまい、
「持久戦ではなくて一気にカタをつける」みたいな短期決戦を提案してきました・・・

結果論から言うと・・・

みほの当初の戦略が正解であり、他のメンバーの考えは・・・相手の思うツボ・・・という感じのものでした・・・

そうですね・・・

やはり、みほは当初の自分の考えを貫くべきだったのかもしれませんよね・・・
その「ぶれ」が苦戦の原因になったような感じもありました。

ま・・・黒森峰時代でしたら、
「上官の言う事は絶対服従!!」みたいな感覚で当初の戦略を貫いていたのかもしれませんけど、
大洗でのみほは・・・昔のみほではなかった・・
臨機応変な対応、そして何よりも・・・・メンバーの「意見」にもきちんと耳を傾け、
時にそうした皆の意見の方に分があるとしたら・・・
自分の立てた戦略すらも一旦撤回するという柔軟さも持てるようになっていたのでした・・

ま・・だけどこの辺りは難しいですよね・・・

「当初の考えを押し通す」のか「臨機応変」に対応を目指すのか・・・

ま・・それは実社会でもよくある事なのですけどね・・・

今回はみほはぶれてしまったけど、その「ぶれ」というのも実は・・・みほ自身の「成長の証し」と
言えなくもないと感じます。
(ま・・同時に・・「みほ隊長、ぶれたらあかんで!!」と関西弁でツッコみを入れたい気持ちもあったりもします・・・)

そうしたみほに対して・・・

秋山殿は、相変わらずの忠犬振りを遺憾なく発揮してくれています・・・

ホットココアをさり気なくみほに差し入れしている辺りは・・「みほ殿、ラブラブ・・!!」みたいに忠犬オーラが
遺憾なく出ていましたね・・・



f8cd9997_convert_20150830060308.jpg


戦闘開始直後、大洗はいきなりプラウダの戦車を3台も撃破し、
みほ以外のメンバーは・・・「これはいける・・」と大きな勘違いをする事になってしまいます・・
それが実は・・・プラウダの罠とも知らずにね・・・
みほだけは・・・「なにかおかしい・・」と薄々気が付いています・・・
ま・・・気が付いた時点で「深追い絶対厳禁」と厳命を出しておけばよかったのでしようけど、
みほとしては・・・
周囲の「これはいける・・」というある意味「いい雰囲気」を壊したくなかったという気持ちの方が強かったのかも
しれませんよね・・・

そして・・・・深追いをした所で・・・

実はプラウダに包囲されていたという事に気が付くことになります・・・・

なんかこの「包囲」と言うと・・・・

どうしても・・・

ヒットラー軍に包囲された「スターリングラードの街」を連想してしまいますけど、
これがしばらくして冬将軍がやってくると・・・
かつてのナポレオンのロシア遠征敗北という
「歴史は繰り返す」を地でいくみたいな感じの、ヒットラー軍が逆にソ連軍に包囲され、
最終的には・・・ソ連に投降してしまう歴史を
何だか彷彿とさせてくれますね・・・・


4da087ee-s_convert_20150830055812.jpg


そして・・・

カチューシャによって「降伏」を勧告され、みほ自身も「仕方がない・・」と考えてしまうのですけど
なぜか強硬に桃が「徹底抗戦」を主張します・・・

そして桃は・・思わず・・・

「この戦いで負けてしまうと我が校は廃校」とポロッと秘密を漏らしてしまう・・・

そんな所でこの回は終わります・・・

だけど・・・この次の回が実に素晴らしいのですよね!!

もう粗筋は分かっているのですけど、とにかく日曜深夜の再放送が今か今か・・と
待ち遠しい気分です!!
スポンサーサイト



24.山王中学校

 B/交響組曲「春」第二楽章(ドビュッシー)

25.間々田中学校

 A/交響組曲「春」第二楽章(ドビュッシー)


この年の中学の部の最後の演奏は面白い偶然がありましたね。
課題曲が前の演奏団体と同じというのは全然珍しい事ではありませんし、
自由曲がやはり前の演奏団体と全く同じで被ってしまう事は、正直・・よくある話です。
ま…極端な例かもしれませんが、例えば1988年の全国大会・中学の部は
「ダフニスとクロエ」第二組曲が一日になんと・・5団体も被ってしまい、確か・・・野田中と柏原中が
2チーム続けて全く同じ課題曲と自由曲を演奏していましたね・・・
吹奏楽コンクールに出場経験がある人はお分かりだと思いますが、前の演奏団体の演奏は
次の演奏チームはステージ袖付近でずっと聴いているのですよね・・
だから・・・
自分達が演奏する課題曲又は自由曲が全く被ってしまうと、
例え・・・
どんなに前の演奏チームが客観的に聴くと下手であっても大抵上手に聴こえてしまうため、
やはり・・・こうしたコンクールの場での「選曲の被り」は嫌なものですよね・・・

なんていうのかな・・・

例えば、「ダフニスとクロエ」第二組曲とかサロメとかローマの祭りとか保科洋の「復興」みたいな
人気曲ですと、こうした「被り」は仕方がないと思いますし、
それは「よくある話・・」で済んでしまいそうです。

だけど・・・・

ドビュッシーの交響組曲「春」なんて・・・正直・・プロの管弦楽団でも滅多に演奏する曲ではないし、
そんなに人気がある曲とは全く思えません。
ドビュッシーの吹奏楽アレンジ曲は、圧倒的に「海」の演奏頻度が高いのですけど
他には「三つの夜想曲~Ⅱ.祭り」とか「イベリア」がたまに演奏される程度・・・
事実、交響組曲「春」はこの年の中学の部の2チーム以外で、この曲が全国大会で演奏された事は
1996年の筑波大と2004年の三重大のみで
過去の支部大会を含めて全ての吹奏楽コンクールでこの曲が演奏されたのは6チームのみです・・・

管弦楽団でも滅多に演奏されないし、ましてや・・・吹奏楽コンクールでも、むしろ「珍曲」の部類に
入るかとは思います。
そうした人気の無い珍しい曲が同じ年のコンクールの同一部門で2チーム演奏する事自体
極めてレアなケースだと思いますし、
それが2チーム続けて演奏される事は・・・これは、まさにコンクール史上類稀なる本当に極めて珍しいケースだと
思いますし、
まさに・・・「ありえないほどの奇跡」に近いとさえ感じます。

不幸中の幸いだったのは、両チームの課題曲が異なっていた事かな・・・

それと・・・・興味深いのは、
全く同じ自由曲で編曲者も全く同じなのですけど、
演奏自体の印象は・・・まるで違いますね・・・
「同じ楽譜」を使用していながら、ここまで演奏に「違い」が出てしまうのも何だか興味深いですし、
この辺りかコンクールの一つの醍醐味ですね。
山王中の演奏は・・・正直・・・とっても硬いです・・・
推測の域ですけど、この年の前年、1981年の山王中は、序曲「ロシアの復活祭」でまさかまさかの東北大会での銀賞で
全国に進めず・・
当時、一部で・・
「え・・・あの出雲第一と肩を並べるあの名門チームがどうしちゃったの・・・」と話題にはなっていました・・・
だから・・当時の名門チームとしては、
翌年、1982年の「雪辱に掛ける想い」は相当なものがあったと思いますし、指揮者にとっても奏者にとっても
相当な重圧があったのかもしれません・・・
もちろん・・・・そうした事だけが原因でないのは百も承知なのですけど、
とにかく演奏がカチコチ硬く・・・
正直・・音楽自体に「柔軟性」は皆無・・・
この「春」という曲は、後述の通り、ある特定の光景を描写的にダイナミックに描いたものではなくて
「漠然とした・・」とか「なんとなく・・」みたいな「感覚」で描いているせいもあり
演奏上の表現には・・「感覚」・「直感」・「テキトーさ」みたいなものも求められるのかもしれませんけど、
そうした「遊び心」が全く無く
演奏自体、とにかく「真面目」一辺倒なものですから、
正直・・・・聴いていてあまり「面白い」と感じさせてくれるものではありませんでした・・
ま・・だけど、「確実な合奏テクニック」・「堅実なアンサンブル」は・・・・これはさすがに「伝統」みたいなものというか
貫録は感じさせてくれていました。

一方・・・間々田中の演奏は、
課題曲A/吹奏楽のためのカプリチオで既にその片鱗が表れていましたけど
とにかく・・・
音色が柔らかい・・・とってもサウンドが洗練されていて、音がとっても美しい・・・
そして特筆すべき点は・・・課題曲もそうでしたけど、
表現方法が「レガート奏法」みたいな感じで、悪く言うとベタベタな感じと言うのか、
ダーダー吹きみたいな感じと言うのか、
とにかく、「伸ばしの音の美しさのキープ」を常に意識しているような雰囲気もありました。

そうですね・・・
楽曲の解釈とか音楽の堅実性という観点では山王に軍配・・・
表現のユニークさと音の美しさは間々田の圧勝という感じで、
ま・・ともに「決め手」に欠いて共に銀賞という評価に落ち着いていました・・・

だけど・・・

こんなマイナーすぎる自由曲のある意味両極端な解釈を楽しむことが出来るというのは
やはりこれだから
吹奏楽コンクールはたまらなく面白いのですよね・・・

最後に・・・

せっかくですので、この交響組曲「春」の原曲について少しばかり・・・・・

この組曲は、ドビュッシーのかなりの若い頃の作品で、
まだそれほどドビュッシーらしくない点も多々あるのですけど、
何となくよく分からない曲想とか雰囲気とかモヤモヤした感じは、まさにドビュッシーの世界だと思います。
この曲、元々はピアノ二台と合唱、そして管弦楽のための曲だったのですけど、
楽譜が火災で焼失してしまい、
かろうじて残されたピアノと合唱のスコアを基に、後にピュッセルという方が
ドビュッシーの指示に基づきながら、管弦楽曲様にアレンジを施し、
これが現在演奏されている版です。
ちなみに「小組曲」も元々はピアノ曲でしたけど、同様にこのピュッセルが管弦楽曲として
編曲しています。

この交響組曲「春」は二楽章から構成されていますが、
やや陰鬱な印象がありスローでひたすらかったるい第一楽章と
冬から春に季節が変わって、厚着から衣替えした時の気分のような第二楽章から
構成されていますが、
正直、印象としては「分かりにくい」音楽です・・
というか、最初に第二楽章を聴いた時も
「これのどこが春なんだ・・・」という感じでした。
全体として、重々しい冷たい冬から新芽が出るような季節の変わり目をイメージさせたようにも感じられます。
ただ全体的に何か「固い」感じなのですよね・・・
後年のドビュッシーみたいな「すっきりとした感じ」はありません。
全体的にモヤーッと霞がかかったような曲です。

第一楽章は・・・まだ重たく暗い冬・・・
第二楽章も・・「春の歓び」というよりは、むしろ、「春と言う季節に向かうまでの産みの苦しさ」みたいな印象を
私は持ってしまいますね・・・

でも何かこの曲には昔から惹かれるのですよね・・・
何でかな・・・??
若書きという事での「青春のナイーブさ」が特に感じられるわけでもないのですけどね・・・
訳がわからないというかイメージがしにくいのだけど
何となく漠然と「季節の変わり目の喜ばしい雰囲気」がモヤーッと感じられる
所がいいのかな・・・??
ラスト近くのトランペットの高揚感とかティンパニーの打音なんかも
結構面白いと思いますしね。

この曲、生の演奏会では一度しか聴いたことがありません。
演奏会場が東京文化会館だから、恐らく都響だと思うのですが、指揮者は誰だったかな・・??
演奏もやはり「もやもや」した感じで、特に印象には残っていませんね・・・(笑)
ま、この「もやもや感」がこの曲最大の魅力なのかもしれませんけどね・・・

 | BLOG TOP |