FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


9/2の記事とほぼ同じなのですけど、

改めて記させて頂きたいと思います。
(ゆりあ様からのアクセス等についてのリクエストがありましたので、9/2の当初の記事に対して
 少し修正を加えてあります・・)

それと・・・

早々にゆりあ様の描く「ラブリー&スカーレット」の感想コメントを頂きました
りえ太様、素敵なお言葉をありがとうございました!!
改めて今後とも応援のほど、よろしくお願いします!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



当ブログのリンク先の一つでもある、ゆりあ 様のHP「ゆりのこみち」が先日開設一周年を迎えられていて、
(改めて開設一周年本当におめでとうございます!!)
その際、ゆりあ様のご厚意で記事内に
「落書き絵でよろしければ簡単なリクエスト募集・・」という一文を見つけ、
思わず・・・
「キュアラブリーかキュアスカーレット」をリクエストさせて頂いた所・・・
8/31に、ゆりあ 様のHP「ゆりのこみち」にて
なんと・・・! ラブリーとスカーレットの二人のツーショットでのイラストを描いて頂けました!!

ゆりあ様!! 本当に素敵なイラストをありがとうございました!!

まさか・・・こんなにも早く・・・そしてまさか二人とも描いて頂けるなんて・・まさに天にも昇るような
気持ちです!!
そして・・ラブリーのちょっとやんちゃな感じとか、スカーレットの「気品」溢れるお姫様の雰囲気とか
本当に素晴らしいです!!
荒ぶる先輩をそっと優しく見守る後輩ちゃんみたいな雰囲気がとてもよく出ていて
私はとっても気にいってしまいました!!

本当に・・・・本当に・・素晴らしいイラストをありがとうございました!!

そして・・多分夏休み最後の日で色々とお忙しい中、こんな私のリクエストに快く応えて頂きました
ゆりあ様に心から敬意を表したいと思います!!

本当に今回はありがとうございました!! 本当に、マジで嬉しいです!!


さてさて・・・このゆりあ様の素敵なラブリー&スカーレットのイラストは、

ゆりあ様のホームページ「ゆりのこみち」
http://yurialane.web.fc2.com/
にて閲覧をする事が出来ます。


あ・・・ちなみに・・・当たり前の話ですけど、無断での転載やお持ち帰りはご遠慮くださいね・・・

興味がある方は、是非是非ゆりあ様のHP「ゆりのこみち」を一度ご覧になって頂けると
当ブログの管理人である私としても大変嬉しいです!!

ちなみに・・・・当ブログのリンク先で上から数えて10番目がゆりあ様のHP「ゆりのこみち」です。

今回のラブリー&スカーレット以外にも色々と可愛くて素敵なイラストがありますので
興味がある方は是非是非ご覧になって下さいね!!
どうぞこのブログをご覧頂いている皆様、何卒宜しくお願い申し上げます!!

ゆりあ様は、関西在住の女子高生との事ですけど、ホント、こんな夏休み終了間際なのにリクエストに応えて頂き
感謝感激です!!
お疲れ様でした!! そしてそして・・・「ありがとうがいっぱい・・!!」という気持ちしかないです!!
そして今後とも宜しくお願い申し上げます!!

では最後に・・・・

ちらっとサムネイルでの超ミニサイズですけど、
リクエストイラストの「キュアラブリー&キュアスカーレット」を
お披露目させて頂きたいと思います・・・!!






元のサイズの大き目画像でご覧いただければ、その可愛らしさと素晴らしさが
よりお楽しみ頂けると思います。
元のサイズでのイラストを見てみたい方は、是非是非「ゆりのこみち」をご覧になって頂けると
誠に幸いです!!

それにしても・・・やっぱ、ラブリーは可愛いなあ・・・・

そしてスカーレット様は・・凛々しく気品がありますね!!
スポンサーサイト



今回の「Go! プリンセスプリキュア」第30話ですけど、
なんか・・・とてつもなく作画のクオリティーが高過ぎるような気も・・・
なんかこれはハピネスの映画のクオリティーレヴェルの作画ですね・・・
これは・・「今回で実は最終回でした!!」と言われても全く文句が言えないようなレヴェルですね・・・
恐れ入りました・・・





さてさて・・今回の姫プリのポイントは・・・
私的には下記の4点を挙げたいと思います。

1.前回、お休みモードみたいだったスカーレット様が一転して大活躍!!


前回の先代プリキュア達とのご対面の際は、なんかスカーレットはゆいちゃん同様
 何かハブられているみたいで少々気の毒でしたけど
 今回は一転して大活躍・・・!!
前半ははるか達3人の後方支援に特化し、はるか達のドレスアップキー奪取に向けて側面から援護
 していた様子は本当に痺れる大活躍でしたし、
 何か・・・前回ハブられてしまった鬱憤をこの回で晴らすような「気迫」さえ感じられ、
 やっぱり・・・スカーレット様は・・・素晴らしいな・・・!!
 マジでシャットじゃないけど、「こんな誇り高き麗しきトワイライト様・・じゃない、スカーレット様に生涯の
 永遠の忠誠を誓います!!」みたいな
 宣言を出したい気持ちで一杯になりそうですね・・!!
 ロックがまたまた・・えげつなさを遺憾なく発揮して、ゆいちゃんに対して攻撃を仕掛けた際も
 スカーレットはゆいを完璧にブロックしたこともよかったし、
 後半以降、無事にホープキング城に入ってからの活躍ぶり・・・
 フローラ達3人でも大苦戦していたロックの最終形態(あれは・・カエルなのかな・・??)に一人でも五分五分の戦いが
 出来ていたスカーレットは、やはり・・・
 強くて凛々しいプリキュアですね!!
 なんかスカーレット様は・・・
 既に自身の最終の「夢」でもある「グランプリンセス」に既になられているような威厳すらありましたね・・!!


87a107df_convert_20150902012454.jpg


2.はるか達3人が・・なんとプリキュアの姿ではなくて生身の姿で戦う・・!!


先代からドレスアップキーを託されましたけど、あれはあくまでモードチェンジ用のオプション扱い・・
 変身するためのキーが相変わらず無い為、変身する事から出来ない
 状況としてはかなりやばい状況が続いています。
 パフの力でホープキングダム城内部には潜り込む事はできたものの・・そこに待ち構えていたロックに
 対抗できる力は当然ながら今の3人にはありません・・・

 そのため・・・

 何と・・・!! プリキュアの姿としてではなくて生身の姿で戦う・・・いや逃げる・・・羽目になってしまいます。

 歴代プリキュアにおいて、生身で戦うという事はそんなにある訳ではありません・・・
 むしろ珍しい部類ですね。
 思い起こすと、SSでフラッピ&チョッピがゴーヤーンの囚われの身になっていた際に救出に向かった
 咲と舞は・・・・確かにあれも生身でしたね・・・
 プリキュア5【無印版】最終回で、動揺するディスパライアにあえて自らの意志でプリキュアの変身を解除し
 ディスピアに一人の人間として「対話」を試みたのぞみは・・・やっぱり凄い・・・!!
ハートキャッチ第10話でも、SSと同じように砂漠の使徒に囚われの身となっていたシフレ&コフレを救出するために
 立ち向かったつぼみとえりかもやはり生身でした・・・
 あの時は・・大勢のスナッキーとダークプリキュアに囲まれて・・・あれも結構やばい状況でしたね・・・
 スイートでも、囚われの身となったアフロディテを救出するために交渉人として立ち向かった響たちも
 やはり生身でしたね・・・
 
 ま・・・確かに生身の姿で敵と対峙する事例は色々とあるのですけど、
 怪物と敵幹部相手相手に対峙し、結構ボコボコにされるケースは意外と珍しいケースなのかも
 しれませんよね・・・

 結果としてパフの働きもよかったし、はるはるの動きも実に俊敏でしたし・・・
 結果的にロックとして誤算だったのは、
 はるかたちが何かしらのキーを持っていた事でしょうかね・・・



632ae275_convert_20150902012621.jpg


f9829625_convert_20150902012731.jpg


173e4a1a_convert_20150902012527.jpg


481a5777_convert_20150902012551.jpg


改めてですけど・・・戦う姫様というのは・・何とも凛々しく美しいものですね!!

本当に今回は・・・フローラもマーメイドもトゥインクルも全員・・・「気合」が違いましたね!!
トゥインクルの「お怒りモード」の表情も凛とになにか張りつめたものが伝わってきましたし、
フローラの「私は・・・決してあきらめない!!」という気持ちが今回はストレートに伝わってきて、
見ていて大変心地がよいものですね!!
うん、やっぱり、プリキュアはこうでないと・・・!!
こういう「まっすぐさ」・「ひたむきさ」・「ストレートさ」がプリキュアの醍醐味なのかもしれませんよね。
特に今回は・・・
4人の「絶対に負けない!!」と言い放った際の作画のレヴェルが半端無かったです!!
あの時の4人は、まさしく「怒れる女神様!!」、そして・・・「怒れるプリンセス=姫君」でしたね・・!!

そして圧巻は・・・

先代プリキュアとの会見(?)の際に蚊帳の外だったはずのスカーレットの・・・

「あなた方は、ただキーの力を受け継いだだけではないはずです!!」というお言葉と

フローラの
「そうだよね…このキーには、たくされた思いと夢が…」
「みんなの思いといっしょに!!」という言葉と・・・

そして・・・

4人での「私達は絶対に負けない!!」のあの鬼気迫る圧倒的なオーラでしたね!!

あのシーンは本当に見ていてゾクゾクとしたものです。
同時に・・・
「あ・・絶対何かが登場してくるな・・」と予感がしたら・・・

そう・・・

案の定・・・バンダイ様待望の新商品!! (もしかして・・・クリスマス商戦はもう既に始まっているのかな・・??)
ではなくて・・
新アイテム「プリンセスバレス」でした・・!!
うーーむ、あれどう見ても・・・アイテムというよりもいかにもバンダイ様の「新販促おもちゃ」という感じですよね・・・(苦笑・・)
この回を見ていた世のお父様とお母さまは・・・・
「あわわ・・またまたヘンなおもちゃが登場してしまうよ・・・また散財だ・・・」と愚痴っていたのかも・・??

そう・・・これが3番目のポイント・・・バンダイ様の新販促おもちゃ・・じゃない・・・新アイテムの登場です。



c932ed7e_convert_20150902012821.jpg


そして・・・この「プリンセスパレス」の力で
4人のプリキュア達は、「ドレスアッププレミアム」というまたまた新しいモードエレガントになってしまうのですけど
今回は・・・・純白になってしまいましたね・・・!!
歴代プリキュアにおいては、フレッシュ以降、最終決戦仕様でフォームが純白になる傾向は
あったのですけど
(フレッシュのピーチの「エンジェルピーチ」は本当に・・女神様そのものでした・・!! ホントあれは・・美的限界を
 はるか超越していましたね・・・)
ハピネスのイノセントフォームもそうでしたけど、
今作の姫プリも随分と早い時期から、フォームが純白化してしまいましたね・・・

これはもしかして・・・

最終決戦前後にもう一度・・「何か」が起きるのかな・・・??

それにしても今回の新たなモードエレガントは、ハピネスの時のような
「え・・・チト・・・化粧が濃いんじゃないの・・・??」みたいな感じは全く無く実にナチュラルな感じだったのが
極めて素晴らしかったですね!!



a4588053_convert_20150902012701.jpg


そして最後に四つ目のポイントですけど、
ロックの最期ですね・・・

ま・・ロックもああやって
「ディスピアに代わってボクが王に・・絶望の王に・・」みたいな下剋上みたいなスケベ根性を出してしまったのが
裏目に出てしまった・・という感じなのかな・・・

それにしても・・・意外とあっけない退場でした・・・・

というか・・・あれ、本当に退場でいいのかな・・
何か今後また「再登場」の可能性が高いような気も・・・
だって・・・
あの序盤でプリキュア達にあんだけ連戦連敗を食らって浄化させられてしまったクローズが
次回・・・まさかまさかの「復活」みたいですからね・・・

ロックの最期のシーンをよーく見てみると・・・
あの「フード」が消滅し、見た目的には・・・ごく普通の青年に戻ったような感じもあるのですけど、
あれ・・落下した場所・・ノーブル学園内ですよね・・・
あんな危険な野獣さんを放置していいのかな・・・??
ハピネスでは、ゆうゆうが敗北したファントムを回収し看護していましたけど、
ロックは・・「放置プレイ」なのかな・・・??
それとも・・・本当に普通の人間に戻ってしまったのかな・・・??
そして・・最終決戦後のエピソードとして
「ボクにはこんな夢があります・・」みたいな提示で終るのかな・・??
ま・・・プリキュアは本当に予測が難しいですからね・・・

何となくですけど・・・あの「フード」がロックの実は「命の本源」なのではないか・・・とも思ってしまいますね・・・

また・・・

序盤のクローズの浄化の回の際は・・
クローズの望みは・・・「お前ら、全部消えてなくなってしまえ・・!!」という「否定形」であったのに対して
ロックの場合は「自分が王になる」というある意味・・「自己肯定」みたいなものは感じたりもします。
クローズとの戦いで何か・・・哀愁を帯びていたフローラの「ごきげんよう・・」でしたけど
ロックとの場合は・・・
そうした感じではなかった・・・
これは何を意味するのかな・・・
うーーん、一つの解釈としては、間違った方向性でも「それはそれで一つの夢」という事で
フローラ達もロックの「夢」は一応肯定していた・・・という事になるのかな・・

そういう解釈を取ると・・・・

ロックがこれで完全消滅と言う事はないのかな・・いずれどこかの場面でひょつこりと表れてくるような
予感もありそうな・・・
なんかそんな事を示唆するようなロック対プリキュア達とのバトルという感じもありました・・・

そうなると・・・・シャットは・・・??

ま・・この人の「夢」は「トワイライト様にお仕えする事」ですから、
これはもう・・・
最終決戦後は・・スカーレットの執事になる事ですね・・・(苦笑・・)
黛敏郎と言うと・・・先ほど一つ前の記事で少し取り上げさせて頂きましたが、

なんかイメージとしては・・「タカ派」・「日本の楽壇では極めて珍しい右派みたなお方」・「愛国主義者」
みたいなものもあったりしますけど
個人的には・・・・
現在は佐渡裕が司会者を務めている「題名のない音楽会」の司会者振りがとても印象的でしたね!!
このお方は・・大変柔軟な発想をお持ちで
こんなバリバリの日本のクラシック音楽作曲界の重鎮でありながら
時に番組内で
例えばバフィーの「アジアの純真」を音楽的に解説したり、バフィーの事を高く評価したりと
決して上から目線とか頭ごなしに否定とかするお方ではなく、
「いいものはいい!!」みたいな発想をするその柔らかさに共感をする事も多々あったものです・・・

黛敏郎と言うと吹奏楽作品もいくつか残してはいるのですけど
ま・・・正直・・・あんまり印象に残る曲は無いです・・・(あくまで私の感想です・・・)
黛敏郎ですけど
映画音楽もかなり手がけていますね。
例えば・・・・
「カルメン、故郷に帰る」とか「裸の大将」とか「東京オリンピック」とか・・かなりの数はありそうですね・・
そうした中・・・
映画音楽と吹奏楽絡みの黛敏郎の作品で一つ大変印象に残っている曲があります。

それが何かと言うと・・・

映画音楽「天地創造」から抜粋された、ノアの方舟とメインテーマという部分をウイットカムと言う方が
吹奏楽用にアレンジしたものですけど
この曲、私、結構大好きなのです!!

最近の人達に、黛敏郎氏の映画音楽「天地創造」と聞いてもあまりピンとこないのかも
しれませんよね。
映画「天地創造」は文字通り、旧約聖書の物語をダイナミックに描いた大規模な長編作品です。
一度レンタルで見たことがあるけど、あまりにも長すぎて、
かえって印象がありません・・・
黛敏郎氏は、この映画音楽を担当し、アカデミー賞にノミネートもされた事があります。
(残念ながら、受賞ならず・・という感じでしたけど・・)



ノア



方舟



映画音楽「天地創造」~ノアの方舟・メインテーマですけど
1970年代後半~80年代前半の吹奏楽コンクールでは、結構取り上げるチームもあったと
記憶しています。
私自身、中学三年の時に、当時の宮城県大会・高校の部【B部門】で石巻高校がこの曲を自由曲に取り上げ
「なんて素敵な曲・・・」と少しうっとりとさせられた記憶があります・・
1990年代でも、土気中が、サントリーホールでの「吹楽」と銘打たれた邦人演奏会で
この曲を取り上げていました。
吹奏楽アレンジ版では、ほとんどの場合、ノアの方舟とメインテーマの部分のみ
取り上げられています。
吹奏楽コンクールにおいては、1977年に兵庫の三木中学校が、自由曲として取り上げ
見事に金賞を受賞しています。
この曲は「ノアの方舟」の出だしのトロンボーンのグリッサンドがかなり難しそうですね・・・
「ノアの方舟」で展開されるあの印象的な牧歌的なエキゾチックなメロディーは、
三木中の場合、ソプラノサックスで演奏されていますが、
映画を見る限り、この部分は、ノアがたて笛みたいなものを吹いて、対の動物たちを集めている
部分として描かれています。
「ノアの方舟」はよーく聴いてみると随所に不協和音とか複雑な和音が散見されますが、
難しさを全く感じさせずに、かえって「のどかさ」をうまく醸し出している作曲者というかアレンジャーの
手法は素晴らしいと思います。
ホルンののデュエットから始まる「メインテーマ」は一転してスケールの大きな演奏となります。
全体的に、同じメロディーの繰り返しが多いような印象なのですが、
楽器・変奏をうまく駆使して
飽きがこないような作りになっています。
トランペットの何か寂しそうな雰囲気のソロも何か印象的です。
(CDで聴く限り、土気中の演奏は、このトランペットソロの部分を思いっきり外しているので
 前半が良かった分、すごーく興ざめな感じです・・・)

三木中は、この年の以前にも何度か全国に出てはいますが、銀と銅を交互にとっているかのような
感じでしたが、
この年は、突然覚醒し、大化けした素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
ちなみに当時の三木中の指揮者は、当時では珍しかった女性指揮者です。
この年、今津も歴史的名演として誉れ高い「運命の力」序曲を残していますが、同様に関西代表の三木中も
素晴らしい演奏を残してくれました。
だけど三木中は、この年を最後に全国大会には出場していません・・・
翌年1978年の自由曲は、いきなりグレードを思いっきり下げて
エリクソンの「吹奏楽のためのトッカータ」みたいなまるで小編成みたいな選曲・・・
一体どうしちゃったのでしょうね・・・??
「越天楽」というと、宮廷音楽というのか「雅楽」の中では一番知名度がありますし、
和式の結婚式ではすっかり定番のBGMですよね。

「雅楽」といっても、日本と西洋の楽器の種類の違いというのはあっても
基本的には、弦楽器・管楽器・打楽器から構成されています。
西洋の弦楽器に相当するのが、琵琶と筝
西洋の管楽器に相当するのが、竜笛・笙・篳篥
打楽器が、楽太鼓・鉦鼓
と言えると思います。

「なーんだ、楽器の基本的構成が同じならば、越天楽を西洋楽器でも
 表現できるじゃーん」と考えたのが、
近衛秀麿編曲の管弦楽版「越天楽」だと思います。
近衛秀麿は元々お公家さんの一族でしたけど、西洋音楽もしっかりと勉強されていて、
楽器の移し替え・移調は、案外造作はなかったのかもしれません。
例えば、琵琶と筝はヴァイオリンに、篳篥はオーボエに、竜笛はフルートに、楽太鼓はスネアドラムに等
色々苦労はあったのかもしれませんが、
こうして西洋楽器としての「越天楽」が完成したのでした。

自分自身、管弦楽版/近衛秀麿編曲の「越天楽」は、あまり耳にした事がない感じの曲でしたけど
確か2001年頃に、ナクソスから、沼尻竜典指揮/都響の「邦人作品集」のCDが出て、
この中にこの「越天楽」が収録されていたのです。

最初聴いた時は、正直驚きました・・・
全く違和感がないのです・・・
以前何となく感覚で聴いていた雅楽としての「越天楽」を
西洋楽器の管弦楽版で聴いても、
それ程大きく変わったという感じは正直しませんでした。
演奏が、テンポがゆっくり気味で、非常に音色が洗練されているというせいもあるのかもしれませんけど、
とにかく意外な程違和感はありませんでした。

以前何かの音楽番組で、
雅楽の楽器でチャイコフスキー等の西洋音楽を奏でると大変な違和感があり、
例えると・・・西洋人が「能」を舞っているみたいな違和感があったのですけど、
和の楽器で西洋音楽を奏でると違和感がありながら、
西洋の管楽器で越天楽みたいな和の音楽を演奏しても特に違和感は感じない・・・
うーーん、この違いは何なのかな・・・
正直私もその辺りはよく分かりませんけど、何か興味深いものはありそうですね。

さてさて・・・それと似たような傾向の曲もあったりします。

それが何かと言うと黛敏郎の「BUGAKU」(舞楽)です。

この曲ですけど、そもそもはニューヨークのバレエ団から委嘱を受けて作曲された作品なのですけど
提示された条件が・・・
「出来る限りバレエ音楽らしくなく」
「演奏会用みたいな純音楽つもりで書いて欲しい」
「雅楽のようなデリケートな響き・音の絡みを重視して欲しい」
という少し変わったものであり、
その委嘱から生み出されたのがこの「BUGAKU」なのです。
このバレエ音楽も前述の「越天楽」と同じように日本の伝統的な楽器は一切使用していません。
全て西洋の管弦楽用の楽器です。
ピアノ・ハーブも普通にも使用されていますし、
使用されている打楽器も、ティンパニー・シロフォン・グロッケン・ドラ・大太鼓・シンバルのみで
「橋鈴」というものだけが唯一日本的なものを感じさせる楽器ですね・・
だけど・・・・
このバレエ音楽、使っている楽器は西洋の楽器なのに
響いてくる音楽は・・・まさに「雅楽」そのものなのですよね・・・
この感覚、本当に不思議としかいいようがないです・・・
なんで西洋楽器の音だけでこうした「和の響き」を演出できるのだろう・・・
前述の通り、雅楽の楽器で西洋音楽を奏でるとすごい違和感を発生させるのにね・・・・
ちなみに、この「BUGAKU」は第一部と第二部の二部構成なのですけど、
これは・・・
「左方の舞と右方の舞」が一対になって上演される「舞楽」の伝統的な上演スタイルをそのまんま踏襲したものと
想われます。
あくまで個人的な感想なのですけど、
そうですね・・・正直第一部はあんまり印象がないです・・荘厳さと強弱のコントラストが記憶にある程度・・・
だけど・・圧巻は第二部の方ですね・・・
全般的に打楽器を主体として進行していくという印象があり、
出だしはティンパニと大太鼓の反復から開始され、それに乗っかる形でのオーボエ、そしてピッコロが奏でる
「音のうねり」には大変ぞくぞくとさせられるものがあり、
そして徐々に曲が高潮していき、怒涛のラストのコーダへとなだれ込んでいきます・・・

そうですね・・・これホントにバレエ音楽なの・・?? この曲でどうやってダンサーは踊るのだろう・・・
振付師はこの曲の振り付けを考えるのは至難の業だっただろうな・・とも思ってしまうのですけど
聴いていて大変面白いですね・・・
曲自体、特に難解な響きもないし、ま・・出てくる音が「和の感覚」だし
どこか「なつかしい・・」みたいな感覚もあったりします。
だけど・・・くどいようですけど、こんな西洋楽器のみで「舞楽」みたいな日本の伝統芸を再現出来る事が
何よりも驚きですし、
それを実現させてしまった黛敏郎には・・・本当に「驚き」の一言しかないです・・・!!

最後に・・・・

こうした背景から作曲された「BUGAKU」なのですけど
それを更に吹奏楽にアレンジして、
ただでさえ「西洋楽器のみで和の感覚を演奏する」という制約が課されているのに
更に・・
弦楽器を使用しないで、管楽器と打楽器のみでこの曲をやってのけたチームが
かつて日本の吹奏楽コンクールで一度だけ登場していました。
それが・・・
このブログでも散々、1982年の東北大会でウォルトンの交響曲第1番を演奏した花輪高校の話題は
登場するのですけど、当時の花輪高校の指揮者で、
1995年当時には秋田南高校に赴任されていた小林先生が秋田南の自由曲として選んだのが
この「BUGAKU」だったのです。
あの演奏、私も1995年に普門館の全国大会で聴かさせて頂きましたが、
いや・・・あの演奏凄いです・・・!!
前述の通り、あんな制約が課され、指揮者としても奏者としても多分やりにくい曲だったと思うのですけど
全然そうした「制約のやっかいさ」を感じさせなかったばかりか
むしろ・・・「自由さ」が溢れていて
なんか小林先生の・・・・
「管打楽器だけでもこうした曲も自由自在に表現できる・・・
今回はたまたまこうした少し特殊な曲を自由曲に選んだのだけど、
本当に満足いく演奏ができた・・
たまたま使用していた楽器が管楽器と打楽器だけという吹奏楽編成だったに過ぎない・・」みたいな
「心の叫び」(→ドヤ顔みたいな感じ・・・??)が聞こえてきそうな素晴らしい快演でした!!

そうそう・・この「BUGAKU」ですけど、昔はこの曲を収録したレコードやCDが中々見つからなかったのですけど
現在は・・・
湯浅卓雄指揮/ニュージーランド交響楽団の素晴らしい演奏がナクソスよりCD化されていますので
興味がある方は是非是非聴いて頂ければ幸いです!!

 | BLOG TOP |