FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の記事で「Go! プリンセスプリキュア」のミニ・マスコットフィギュアの事を書いたのですけど
そろそろ時期としては・・・
キューティー食玩フィギュアの第2弾が発売される頃かな・・・と思っていたら・・・
既に発売されていましたね・・・!!
今回の第2弾は三種類で、何と・・・!! スカーレットは2種類用意されていて、通常版とロングドレス版の2パターン
あるようです。
あとの一つはフローラなのですけど、こちらは第一弾の型をウィンクしただけ・・・
うーーむ・・・これでは・・・第一弾と大して変わりがない・・・・
これならば・・・・フローラを再販するくらいなら、
私としては・・・・是非是非あの「トワイライト様」を食玩化・フィギュア化して欲しいです!!
勿論・・・今となっては、「キュアスカーレット様を応援するのみ!!」(By 敵幹部のシャット・・・・)なのですけど、
叶いそうもない希望をあえて言うと・・・
フローラに敗れて怒りと屈辱で髪がパラリとほどけて目が吊りあがっているあのトワイライト様のお姿を
是非是非・・・・フィギュア化して欲しいものです・・・!!

それにしても・・・・第二弾の商品化からは蚊帳の外のマーメイドとトゥインクルが何とも気の毒です・・・(苦笑・・)
ま・・・昨年のハピネスの際も、フォーチュンが2種類でラブリーのウィンク再販が1種類で
プリンセスとハニーは蚊帳の外でしたからね・・・・





ま・・・・ハートキャッチ以降は、こうした食玩フィギュアというものは、
購入するとすぐに開箱してしまうパターンなのですけど、
実は・・・それ以前のプリキュア・・・、ま、私の場合、プリキュアをリアルタイムで見始めたのは
2007年のプリキュア5【無印版】以降なのですが、
プリキュア5の食玩フィギュアに関しては・・・・なんか勿体無くて開箱出来なかったのですよね・・・・
なんでかな・・・
なんか開けるのがもったいなくて、ついつい箱だけを飾って放置していたら、そのまんま長い時間が
経過してしまい、
いまさら開けるに開けられなくなってしまった・・・・というのが実態なのかな・・・(苦笑・・)

ま、プリキュア5シリーズは、歴代プリキュアの中でも特に大好きなシリーズで、個人的には大変思い入れが
強いシリーズでもありますし、
大げさなのかもしれませんけど、
なんか・・・・大日本帝国憲法の「天皇は・・神聖にして侵すべからず存在」みたいな雰囲気になっていて・・(苦笑・・)
何か今更開けるに開けられないオーラが漂っているのですよね・・・・(苦笑・・・)

このバンダイの食玩フィギュアなのですけど、勿論メインは、プリキュア達の可愛いフィギュアなのですが、
一応これって・・・「食玩」なのですよね・・・
箱を開けると、申し訳なさそうにお菓子が一つだけ入っているのですけど
ドキドキの頃まではこれはラムネ菓子だったのですが、ハピネス以降はなぜかガムに変わっています。
このプリキュア5の食玩のお菓子は、多分・・・ラムネ菓子が入っているとは思うのですけど
2007年発売だから、とっくの昔に賞味期限は切れているはず・・・
うーーん、お菓子は一体どうなっているのでしょう・・・・??
やっぱり・・・開けるのが少し怖いような気も・・・・??

そうですよね・・・・さすがにそろそろ開箱しようかな・・・??

今後・・・・何かとてつもなく嬉しい事とかサプライズ的なハッピーな出来事があれば開けてもいいのかも・・・・??

ちなみに・・・・

先日ヤフオクを覗いていたら、この2007年版プリキュア5の食玩5対セットが・・・8000円で落札されていました!!

やっぱりこの手のものは、過去シリーズで現在入手困難なものは
プレミアムが多少は付くものなのかな・・・・??


CIMG8753_convert_20150824160657.jpg



ちなみに、この「キュアドリーム」は2007年の無印版ですから、
へそだしバージョンです。
2008年のGoGo版の方のドリームは、燕尾服のようなコスチュームに仕様変更され、
へそだしでは無くなりました・・・・
そうですね・・・・
他の4人に関しては、2008年のGoGo版のコスチュームの方が2007年の無印版よりは断然素晴らしいと
感じているのですけど
ドリームに関してだけは、2007年のへそだしコスチュームの方が2008年版よりも「あ・・・いいな・・」と
感じています。
なんかあのドリームのおへそがちらっと見えているあの感じが個人的にはツボにはいっています・・・(笑)


CIMG8754_convert_20150824160726.jpg


こちらは、のぞみ=キュアドリームの素晴らしきパートナーのりんちゃん=キュアルージュの
2007年版フィギュアですけど、
そうですね・・・ルージュに関しては2008年の方が凛として格好いいものがあります!!

赤のプリキュア=情熱のプリキュアと言うと
ドキドキのキュアエースとか現役のGoプリのキュアスカーレットがやたはり大変印象的なのですけど、
ま・・・ちなみに・・・
歴代プリキュアにおける元祖・赤の情熱系は・・・りんちゃんですから・・・!!

エースやスカーレットが比較的「赤」の部分の配色を優先したコスチュームになっているのですけど
この頃の赤系プリキュアは
どちらかと言うと、まだ白の方の配色を優先していたみたいな雰囲気もありますね。

歴代プリキュアの一つのお約束事項というのか、不文律みたいなものとして
主人公のピンク系を身近な所で補佐・フォローするのは、白または青系プリキュアの大きな役割というものが
ありますけど、
プリキュア5は、その数少ない例外事項なのかもしれません。
勉強が苦手でドジでおっちょこちょいなのぞみを常に身近な所でフォローしていたのは、
赤系のりんちゃんでした・・・!!
(ま・・青系のかれんさんは・・のぞみよりも学年が一つ上でしたからね・・・)

私は・・・男運が弱くて(?)何かと貧乏くじを引きがちなりんちゃん=キュアルージュは本当に
大好きなプリキュアでしたね!!
りんちゃんは、まさに現代の「ブラック企業」も真っ青のハードな内容・・・・
普通の中学生らしい学校生活に、フットサルの部活をして、家業の「花屋さん」のお手伝いをし、
弟と妹の面倒を見て、自身のライフワークの「アクセサリーデザイン」を行い、
その上で・・・・・プリキュアとしての戦いの日々を過ごし・・・・
そして更に・・・・・ポンコツなのぞみの面倒までみなくてはいけない・・・・

うーーん、これは・・・・
りんちゃんは・・・・ぶっ倒れない方がおかしいですね・・・・

それでも文句の一つも言わずに、あのポンコツなのぞみを常にフォローし続けるりんちゃんは、
まさに・・・「プリキュアの鑑」みたいなお人です!!


CIMG8756_convert_20150824160755.jpg


最後に・・・・

そうそう・・・フレッシュのベリーもまだ未開箱でした・・・

スポンサーサイト



23.吉原第一中学校


 C/スペイン奇想曲


 私の勝手なイメージがあるのかもしれませんけど、
 「静岡県」ってものすごーーく住みやすい街というイメージがあったりします。
 気候が温暖で、住んでいる人達も温厚な人柄の方が多く、食べ物も美味しい、
 おまけに「浜松」はヤマハ浜松があるせいもありますが、何か個人的には「音楽の街」みたいな
 イメージがありますし、もしかして・・「スイートプリキュア」のモデルは浜松市なのでは・・・??みたいな妄想も
 あったりします・・・(苦笑・・)
 何かそのくらい「おっとり」というすごくいいイメージがあるのですよね。
 あくまで個人的な話なのですけど、知人とか職場で知っている人で静岡出身の人ってみんななんか
 おっとりとしていて人がよくて人間的に魅力がある人が多い・・みたいなイメージがあったりもします。
 何でそんな印象を持っているかと言うと、
 以前もこのブログで書いている通り、私、1990年~96年の間は山梨県の支店に在籍していたもので、
 その際の甲州人の「強引さ・よそ者排除意識・身内意識の強さ・甲州弁のガラの悪さ」等に
 いささかうんさ゜りしていた面もかなりあり
 (あ・・・勿論、甲州には甲州の良さは一杯ありますよ・・・)
 当時、仕事上、隣接県という事で静岡の方と色々と接点を持つ機会も多く、
 その「人柄の良さ・おっとり感」に正直驚いてしまい、
 「え・・・なんで隣同士の県なのに、こうまでも違うんだ・・・やっぱり今でも県民性の違いってあるもんだ・・・」と
 しみじみと感じたものです・・・

 あ・・・なんか前振りが長くなってしまいました・・・

 この吉原第一の演奏を聴くと、
 なんか個人的には・・・特に現在の視点で聴いてしまうと、
 「なんか思いっきりおっとりとした演奏であり、いかにも静岡らしい演奏だな・・・」と
 感じたものです。

 演奏者一人一人の個人の技術は相当高いと思います。
 特にそれが「スペイン奇想曲」のクラリネット・フルート・オーボエ・サックス等のソロで遺憾なく
 発揮されています。
 だけど音楽自体は、そうですね・・・とってもおっとりしていて、
 この年の他のチームによるスペイン奇想曲の演奏(雄新中学校・尼崎西高校)に比べると
 リズムの切れ・躍動感・ダイナミックスさはかなり弱いです・・・
 正直・・・同じ「スペイン奇想曲」でも演奏チームによってこんなに違うんだ・・・みたいな事をはからずしも
 立証しているような感じもあります。
 余談ですけど、吉原第一は、前年の1981年は「シェエラザート」で全国初出場を果たしたのですけど
 その際、吉原第一の一つ前のプログラムは伊丹東だったのですけど、その自由曲もシェエラザート・・・
 結果的に被ってしまいましたが、この両校のシェエラザートの演奏の違いは、すごーく面白いと思いますよ・・・
 大変攻撃的で積極果敢にダイナミックスに演奏する伊丹東に対して
 吉原第一は・・・・なんか・・その・・・ボケっ・・・・とした演奏で(笑・・・)、受け身の音楽なんだけど
 いかにも人のいいおじいちゃんが孫をあやして千夜一夜物語を聞かせているような感じもありました・・・

 課題曲C/アイヌの輪舞は、そうした「おっとりさ」が大変良い意味で表現されていて
 ついつい煽りたくもなる中間部の踊りの場面も大変落ち着いたテンポで表現されていますけど、
 やっぱり・・・少しもやっとしてるというのか・・どんくさくも感じる部分もあったりします。
 自由曲は、とにかく・・ソロが上手いな・・・!!という印象が大変強いです。
 全体的に木管の技術が極めて高く、それがサウンドの安定感に繋がっていると思うのですけど、
 反面・・・金管は少しもたつき気味・・・
 そしてマイナス点は・・・多分・・・演奏を聴いた人なら誰でも感じるかもしれませんし、BJでも指摘を
 されていましたけど、打楽器セクションがかなりモタモタしている印象があります。
 結果的に雄新中みたいな躍動感には欠く演奏になってしまいましたけど、
 優雅なスペイン奇想曲・・・可愛くてチャーミングなスペイン奇想曲・・・みたいなもう一つのスペイン奇想曲みたいな
 可能性を感じさせる演奏であり、
 決して悪くは無い演奏だったと思います。
 第5楽章のラストのコーダの一直線に駆け抜ける演奏は、大変素直で溌剌としたものを聴かせてくれて
 特に良かったと思います。
 全体的には、第3・第5楽章でこのチームの良い面が遺憾なく発揮され
 第4楽章で「もたつき感」という弱さが出てしまった感じはあると思います。
 ま・・・だけど・・・どうしても「え・・・なんで雄新はあれだけの演奏を聴かせても銅賞なんだ・・」みたいな結論に
 なってしまいますね・・・・(苦笑・・)

 さてさて・・・

 この当時は「スペイン奇想曲」というとウインターボトムアレンジ版が主流だったと思いますが
 (1981年の中村学園はハインズレー編曲版)
 以前も書いたと思いますが、この年の翌年に、私の高校時代最後の定期演奏会の曲目が
 このスペイン奇想曲だったわけで、
 指揮者不在の時にたまーーに私もこの曲を指揮したことがありまして、自分自身が振ってみてよーく分かったのですが、
 第三楽章なんて、ウインターボトムのアレンジ通りに演奏してしまうと、
 ファーストクラリネットのみがメロディーラインを担当し、残りの楽器は、タン・タタ・タン・タタみたいなリズムというか
 ビート刻みをしてしまうので、
 全然メロディーラインが浮き上がってこないで埋没してしまう・・・という問題点を抱えてしまう事になります。
 そのため・・・
 指揮者の判断で、ウインターボトムアレンジ譜面に少し手を入れる必要が出てくるのですよね・・・
 ま・・それは厳密に言うと著作権法違反になってしまうのでしょうけど、
 あれじゃ仕方ないのかな・・・
 結果的に、クラリネット全員がメロディーラインを担当する事になり
 アレンジ譜では、トリルをしていたフルート・オーボエにもメロディーラインに加わって貰い
 金管セクションのビートに関しては、各パートで調整し、その部分は半分の人のみ吹いて後の半分の人は
 お休み・・・みたいな手の入れ方をしていたと思います。

 吉原第一は、確か指揮者の先生による自らのアレンジだったかな・・・

 演奏全体が大変バランスが良いのも、多分・・・このあたりも関係しているような気がします。
 
 

 | BLOG TOP |