FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この回は・・・
前回のなおのリレー回と並んで「スマイルプリキュア」屈指の「泣かせる回」だと思います。
というか・・・・
こうした泣かせるお話が2話続けられるのもすごい・・・
ま・・・だけど・・・
この2回連続続いた泣かせる話の次が・・・スマイルでも屈指のくっだらねー話・・・、ミエナクナールの話ですから、
ま・・・・このスマイルの泣かせる話とポンコツ話の落差が実にいい味を出していましたよね!!
それと改めて思ったのですけど、
前回のなおちゃんのリレー回は、勿論・・・なおが主役なのですけど、やよいもあの話の中では主役級の役割を
担っています。
そしてこの回では完璧な主役扱い・・・
うーーむ、やはりプリキュアにおける黄色系の優遇振りはすごいものがありますね・・・





さてさて・・・今回の話は、「名前の由来」と「父の日」絡みの話なのですけど、
歴代プリキュアでは「母の日」は定番みたくなっているのですけど、「父の日」絡みの話は意外と
珍しいのかも・・
それと・・・この回で、やよいの父親は実は既に故人である事が明らかにされるのですけど
歴代プリキュアで父親が不在と言うのは・・・実はやよいとフレッシュの美希だけです。
(ま・・・厳密に言うと・・・ハートキャッチのゆりもそうですね・・・ ちなみに美希の場合は・・・両親の離婚ですけど・・)

今回の話は、一言で言うと・・
各プリキュアの名前の由来という事になると思うのですけど、
ま・・・最初に結論を言ってしまうと、
れいかの言葉・・・「名前は私達が親に貰う最初の愛情なんですね・・」 
これに尽きると思います。
私が中学の頃あたりに、ゴダイゴのヒット曲に「ビューティフルネーム」というのがあり、その冒頭の歌詞が
「Every child has a beautiful name」というものだったと思いますが、
各人はそれぞれに・・・
「この子はこのように育って欲しい・・」みたいな何かこう・・・「親の期待・願い」が込められているのだと
思います。
スマイルの場合、その点は大変分かりやすいですよね・・・・
みゆきの場合、どんなに辛くても幸せを見つけられる子になって欲しいという願いが込められているというのは
いかにもみゆきらしい由来でありますし、
なおの「まっすぐ育って欲しいから・・・」というのは、まさに・・・そのまんま・・という感じですね・・・
だけど・・・
やよいの場合・・・
名付け親の父親が既に故人で、その由来を小さい頃に一度だけ聞いた事があるのに、
その記憶が無い・・・・
どうしても・・・元々自分に自信が無い傾向にあるやよいとしては・・・
「本当に自分は父親から愛されていたのだろうか・・・」みたいなある意味・・・「壁」にぶつかってしまうことになります・・・
なぜなら・・・・
やよいが一番知りたがっている疑問・・・ 「パパは私のこと、どう想ってたのか・・・」という事は
今となっては・・知りようがない問いでもあります・・・
これに対する「回答」というものは・・・少なくとも存在はしそうもない・・・
だからこそ・・やよいは・・・迷ってしまうのです・・・



13_20120610085657_convert_20150821205900.jpg


5人での帰り道のシーン・・・

そうそう、この回は・・最後のワンシーンまでずっと「雨」が続いています・・・・
その雨というのは・・・
もしかして、やよいの「心の迷い」を象徴していたのかもしれません。

帰り道で、学校での「名前の由来」の発表会での話をネタにして盛り上がっています・・

なおちゃんとあかねの会話がとっても面白かったです。

「父親の願いはただ一つ!! まっすぐに育って欲しい・・だから、なお・・・そのまんまやねん・・・」
「関西弁真似すんな・・・!!」
「でもまっすぐに育っていますよ・・・」
「まあねーー」
「自分で認めおったわ・・・」
こういう会話の流れは楽しくていいですね・・・やはりメンバーの中にノリとツッコミの関西人が一人いると
全然違いますよね・・・
余談ですけど、もしもハピネスのメンバーにあかねちゃんがいたとしたら・・・
あかねは・・とにかく・・ツッコミに事欠かない日々を過ごすのでしょね・・・・(苦笑・・)

だけど、こうした雰囲気の中でも、
みゆきは・・・
本当に素晴らしい!!
やよいの「本当はパパは自分の事をどう思っていたのだろう・・」と前述の疑問がくすぶり続ける中で・・・
「そんなの決まってるよ! パパはやよいちゃんのことを愛してた・・・絶対に誰よりも・・!!」と
断言できちゃうのは・・・やっぱり・・幸福の名を持つプリキュアに相応しいと思います。
本当に・・・みゆき=キュアハッピーは誰からも愛される子でした・・・
家族からも友達からも・・・そして制作者スタッフからも・・・
れいかはやよいに、
「もう一度お母さんとちゃんと話をすれば・・」とアドバイスをし、やよいは、母親の職場に向かう事になります。
みゆき達はそれを尾行・・・じゃなかった・・・温かく見守ります・・
みゆきの
「やよいちゃんに心からの笑顔が戻ったら黙って静かに帰ろう・・」という提案は・・本当に・・この娘は・・・
ポンコツなんだけど、たまーーにこうした気の利いた事を言ってくれるから
私は大好きです!!

そしてやよいの母親の職場なのですけど、やよいの母親は子供服関係の職のようで、
この時は・・・何かの展示発表会・・・
余談ですけど・・・
やよいの母親が電話していた相手は・・・多分・・「来海先生」・・・、そう・・あのえりかのママでした!!
いいですね!! こうやって、歴代プリキュアでのこうした繋がりと言うものは・・・!!
ちなみに・・
この発表会でBGMとして流れていた曲は、えりかのテーマ曲の一つでした・・・


58d45a06_convert_20150821205927.jpg


ad4df27c_convert_20150821210045.jpg


やよいには・・・断片的な何か記憶が残っている・・・

教会・・・?? 赤レンガ・・?? その教会のレンガの上を歩く自分と誰か・・・
だけど今一つ思い出せません・・

そうこうしている内に・・・・ウルフルン参上!!

おまえね・・・こういう時ぐらい、どうせ負けるの分かっているんだから、空気読んで登場するなよ・・・
みたいなツッコミは、どうでもいいとして、
結果的に、この戦いで・・・
アカンベエに吹っ飛ばされて、何かレンガの上を滑り落ちている自分自身を見て・・
そう・・・やよいは・・・記憶を父親とのやりとりの記憶を思い出します・・・
うんうん、その意味では・・ウルフルンもいい仕事をしてくれました・・・

「やよいっていう名前はね・・生まれたばかりのやよいの顔をじっと眺めていたら思い浮かんだんだ」
「ママのちはるっていう名前は千の春っていうことだ。ママは春のように優しいだろ」
「うん」
「パパはやよいにもママみたいな優しい人になって欲しくてやよいっていう春の名前を付けたんだよ」

そしてやよいは・・・全てを悟り・・・亡き父親に改めて感謝をします・・・

だけどそんな美しい場面でも、ウルフルンは・・例によって・・・
「そんなの俺には関係ねー」とばかりにアカンベエに攻撃を命じますが・・・

その時・・・やよい=キュアピースは、いつもの泣き虫ピースではありませんでした・・・・

「ごめんね、すぐに思い出せなくて。パパは私をあんなに愛してくれたのに・・・あんなにいっぱい!!」

「私はパパからいっぱいの愛を貰ったおかげで、人に優しくしようって思える。
優しさはきっと人から人へと伝える愛の表現なんだ!!」
あなたに愛が無いのなら、パパから貰った愛を受け取って!」

そしてアカンベエは浄化されます・・・


1339286021464_convert_20150821210023.jpg


そうそう、この時の浄化なのですけど、
キュアピースは、初登場から実に最終決戦直前まで、自身の必殺技・ピースサンダーを発動する際は必ず、
自身が放つ電撃に自分自身が「わわっ・・」とびっくりしているのですけど、
スマイルの一年間のシリーズを通して・・ほとんど唯一といっても過言ではないほど・・・
自らの電撃に耐えて、キリッとした顔を見せてくれています・・・

あの時のピースは・・・本当に凛々しく美しかったと思います。

ま・・・その次の回からは、普段通り「わわっ・・」みたいな感じに戻ってしまいますけどね・・・
スポンサーサイト



22.田柄中学校


 B/二つの交響的断章(ネリベル)


 前年度が矢代秋雄の交響曲第四楽章という正直・・・中学生で演奏するには果たしてどうなのか・・・
 というそもそも論の疑問が払拭出来ていない演奏であり、
 技術的にも少し未消化、内容的には・・ほとんどこの曲を理解できないまま先生が「こう吹け・・」と言ったから
 言われたとおりに吹くという自発性の無いのがあまりにも手に取るように分かる演奏でしたけど、
 翌年のこの演奏に関しては、
 そうですね・・・ま・・・「自発性」というものは正直この演奏からはあまり伝わってこない・・
 だけど一つ確実に言える事は、
 前年度の矢代秋雄/交響曲の場合は、生徒さん達は楽しんで吹いている感じはほとんど伝わってこない・・
 だけどこの年の演奏は、確かに先生の指示通りに吹いてはいるのだけど
 演奏者自身は楽しんで吹いているようにも感じ取れます・・・・
 (ま・・その辺りは聴く人の感じ方の問題であり、実際の演奏者の気持ちなんてのは・・・正直当事者以外
 よく分かりませんけどね・・・)

 課題曲B/序奏とアレグロですけど、
 他校・・例えば柳町中とか玄洋中とか足立第十四中あたりはこの難曲中の難曲を比較的たやすく吹いているようにも
 感じられるのですけど
 結果的に金賞受賞チームなのですけど、この田柄中がこの「序奏とアレグロ」を吹くと
 「あ・・・やっぱりこの課題曲は難しくて中学生には手が余る曲なんだな・・・」と実感させられてしまいます。
 冒頭のトランペットソロもかなり怪しかったし、アレグロ以降も結構もたついていましたね・・
 正直・・・あんまり演奏に余裕が無く、息も絶え絶え・・・みたいな雰囲気が濃厚でした・・・
 自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」になると、
 全く別人のチームみたいになり、自由曲が始まると途端に雄弁になり積極果敢な表現をしていたと
 思います。
 ま・・・それでもやはりこの曲は、正直中学生が演奏するには、少し難しい側面もありますので
 やはり・・例えば・・1979年の市立川口とか80年の東海大学第一みたいな
 サウンドの切れとか鮮やかさとか静と動の恐ろしいくらいの極端なダイナミックスレンジの落差は
 表現し切れていない面はあるのですけど、
 「音楽としての躍動感」というのか「前へ進もうとする気持ち」はかなり表現出来ていて
 中学生としてはこれが限界だったのかもしれませんが
 少なくとも「音楽を純粋にみんなで楽しもう!!」という意欲はよーく伝わってきましたし
 その辺りが前年度の演奏との明確な相違点だと思います。
 ま・・ちと・・細かいミス・・金管、特にトランペットの音の潰れはかなり気になり
 ネリベルの持ち味でもある「不協和音なんだけどオルガンみたいな荘厳な響き」が必ずしも出しきれていない
 のは少し勿体無い感じもありました。
 そうそう・・この「二つの交響的断章」ですけど、とにかく打楽器セクションが縦横無尽に大活躍をする曲なのですけど、
 この頃の田柄中のティンパニ―は、ペダル式ではなくて手締め式を使用しているため、
 音がピーンと張りつめていなくて
 なんか・・・ぽよーんとたるんだ音を出していたのは勿体なかったですし、第二楽章冒頭のティンパニーソロは
 少し緊張感を欠く音になってしまいました・・・
 (ま・・・秋田南高校ですら、あの5年連続金賞の頃のティンパニーは全て手締め式でしたけどね・・・)

ちなみに・・・・

 吹奏楽コンクールにおいて、中学生が矢代秋雄の交響曲とネリベルの二つの交響的断章を
 演奏したのは、この田柄中学校が一番最初です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先はネリベルの「二つの交響的断章」について、特に1979年の市立川口高校の素晴らしい演奏に
ついて少し語ってみたいと思います。

現在の日本には世界に誇れる指揮者というものはかなり多く存在していると思うのですけど
その中の一人が佐渡裕氏と私は確信しております。
この偉大なる大指揮者ですけど、「若い、若い・・」と言われていたらもう50代に突入しているのですよね。
なんか時の流れを感じさせてくれます・・
ちなみに・・・佐渡さんの指揮による演奏では、過去において色々と素晴らしい演奏に巡り合ってきましたけど
あくまで私が直接聴いた中で最高の演奏は
1996年の新星日響のチャイコフスキー/交響曲第5番だったと思います。
あの時は・・・冗談抜きで「感動」が止まらなかった・・・
あんな素晴らしいチャイコを聴けたのは・・・私の「生涯の誇り・財産」だと思ってすらいます。
そうした佐渡裕氏ですけど、
その指揮者としての「原点」は実は・・・・吹奏楽コンクールなんですよね・・・
ま・・・詳しい人ですと、
「それって・・・1986年の龍谷大学のD/組曲ハーリ・ヤーノシュでしょ・・」と言うでしょうけど、
実は不正解です・・・
正解は・・・・それに遡る事5年前・・・1981年の京都府大会のとある女子高なのですけど
その時の自由曲が・・まさにこのネリベルの「二つの交響的断章」だったのです!!

「二つの交響的断章」ですけど、これ・・・・原曲はとてつもなく長いです・・・・
というか・・・第一楽章がかなり冗漫にも感じてしまいます。
ま・・・誠に申し訳ないのですけど、現在定番になっているコンクール用のカットヴァージョンに耳が慣れてしまうと
この原曲版は・・・
なんか「無駄が多い」ようにも聴こえてしまいます・・・
(これはあくまで私の個人的感想です・・・)
ま・・・そうした原曲があまりにも長すぎて、コンクール用カット版の方がしっくりくる他の例としては
大栗裕の「吹奏楽のための神話」もそれに相当するのかな・・・??
第一楽章は、グロッケン・シロフォーン・コンサートチャイムだけの鍵盤打楽器のみの8分音符から開始される
作曲当時としては珍しいタイプの吹奏楽オリジナル作品だったと思いますけど、
この冒頭に、低音金管楽器→高音金管楽器が加わっていき、高潮化した時に・・・
鍵盤打楽器も16分音符へと更に速度が速まり、クライマックスを築いた後、
アルトサックスとテナーサックスのデュエットへと曲が展開されていき、この辺りからドラがかなりの凄まじい轟音を
立てていきます・・・
ま・・このサックスのデュエットに合いの手をいれるような役割の鍵盤打楽器の16分音符のヒステリックな響きは
これだけでも一聴の価値があると思います。
原曲ではこのあたりからの木管のソロがかなり執拗に展開されていくのですけど
これは少ししつこいような気がします。
第一楽章のオーボエに乗っかる形のファゴットのデュエットも実にいい働きをしていると思います。
第二楽章はティンパニーのソロから開始され、
金管楽器と打楽器が「これでもか!!」とばかりに・・かなりの強奏を展開していきます。
でも第二楽章のあの強烈なリズム感と強引な展開のとてつもない「エネルギー」には、本当に魅かれるものが
あります。
強烈な「生きるエネルギー」を感じてしまいます!!
第二楽章から打楽器では、トムトムが大活躍をします。
レコード・CDを聴いてしまうとトムトム奏者は1名のようにも聴こえますけど
実際は2名で叩きつけています。

さてさて、この曲は吹奏楽コンクールでも1977年の全国大会における天理高校の演奏以来、
21世紀に入ってもたまーにですけど
この曲が継続されている事は大変嬉しいものがあります。
だけど・・・
この曲のコンクール演奏に関しては、1979年の市立川口高校と1980年の東海大学第一の演奏を
超える演奏はいまだに表れていないと思います。
というか・・・あまりにもこの両校の演奏が神がかっているというのか素晴らしすぎる名演なので、
両校の演奏から既に35年以上の歳月が流れているのですけど
なかなかこれを超える演奏は・・・もう出ないのかな・・・

だけど・・・私にとってはこの曲というと、何と言っても市立川口高校なんですよね・・!!

とにかく・・・あの演奏は凄過ぎます!!

まさに「神がかり」・「奇跡のような超ウルトラ名演」としか言いようが無いと思いますし、
私のこのブログの役割の一つが
この市立川口のあの素晴らしい名演を語り継ぐことだと思っています。

ま・・・東海第一のかなのクセのある個性的な演奏・・・重低音をバリバリと鳴らした演奏も大好きです!!

でもな・・あの市立川口の演奏は凄まじかったですね・・・
強烈なインパクトのある切れ味鋭いウルトラ名演だと思います。
 私は、現在、埼玉県川口市在住なのですけど、
 1980年代の市立川口高校の数々の素晴らしい名演
 (特にこの二つの交響的断章と「無言の変革」シリーズ、名取吾郎シリーズ)に感銘を受けた人も多いと
 思いますし、私自身、この市立川口の演奏に魅了&影響を相当受けていますし、
 それが一つのきっかけなのかもしれませんけど、
 仙台の高校時代から
 「いつかは川口市に住んでみたい・・・」と思っていたら
 その数十年後に本当に住む羽目になってしまいましたけど・・・
 (ホント、偶然なのですけど、うちの奥様が川口市の生まれと育ちなものでして・・・)
 
 当時吹奏楽コンクールの全国大会の出場チームのステージ衣装はほぼ例外なく学校の制服というか、
 男子は学ラン、女子はセーラー服かブレザーという中、
 このチームは、赤ブレザーに赤のズボン・スカートという当時としては斬新なステージ衣装でしたし、
 広い普門館のステージが狭く感じるほど、
 打楽器を数多くセッティングし、ハープとか法螺貝とか、コンサートチャイムとは別に本物の「鐘」を
 持ち込んだり、
 視覚的にも大変インパクトはありました。
 そして演奏が素晴らしかったですね。
 1979年の課題曲は「プレリュード」といって
 恐らくコンクール史上初の「無調的色彩」の強い現代音楽系の曲だったのですが、
 出だしのティンパニーソロをはじめ、緊張感漲る演奏が本当に素晴らしかったし、
 後半のヴィヴラフォーン以降の木管セクションのひさやかさ、打楽器セクションの鼓動
 文句のつけようがない演奏でした。
 しかもこの演奏、全国大会初出場でしかもプログラム一番なのですよ・・・
 そんなハンディーを全く感じさせない演奏でしたね。
 自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」はまさに圧巻の一言!!!!!
 前述の通り、出だしが、チャイム・シロフォーン・グロッケン・マリンバの鍵盤打楽器から開始され
 執拗に同じメロディーを反復していくのですが、この緊張感が絶品です。
 アルトサックスのソロも素晴らしいし、それに合いの手を入れる打楽器セクションの瞬発力も
 お見事に一言に尽きます。
 ファゴットのデュエットも・・ま・・少しばかりズレはあるのですけど、やはりあの勢いは止められない感じです・・・
 後半のティンパニーソロからの金管セクションの透明かつ勢いのある展開も大変迫力がありますし、
 トムトムをはじめとする打楽器セクションのやはり瞬発力と自発性は高く評価されて然るべきだと
 思います。
 自由曲における、ドラの鳴り方が非常に効果的なのも印象的です。特に第一楽章の鳴りっぷりは凄まじい・・・
 前述の通り、この原曲は17分程度の長いものなのですけど、
 市立川口は5分30秒程度にコンパクトに収めてしまいましたので、
 「もう少し長く演奏しても良かったのでは・・・? せめてこの翌年の東海大学第一高校くらいの長さは
 欲しかった」とも言えなくはないのですけど、
 指揮者の信国先生は、
 「音楽的緊張感」を優先に考え、このカット方法にしたのかもしれませんよね。

 だけど、この1979年の市立川口の演奏は、色々な意味で私の「バイブル」なのかもしれませんよね。

 | BLOG TOP |