FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


待望の「デート・ア・ライブ」の映画もいよいよ公開が始まっているのですけど、
実はまだ見に行っていません・・・
ま・・・公開されたのは土日で、土日は出勤シフトになっているため、見に行けていないのは
当たり前なんですけどね・・・
とにかく・・・
早い時期に見に行こうと思っています。
(というか・・・既に前売り券買っちゃっているしね・・・)
この映画に関しては、本日で公開三日目なんですけど
既に色々な所で映画の感想とかネタバレの記事が結構出ていますね・・
さーーっと見た限りでは概ね評判も良いようですので、一安心です・・・
(ま・・・こういうものは感想は千差万別ですし、本人が素晴らしいな・・と感じる事が出来ればそれがベスト
なのだとは思います・・・)
映画の中で・・・
士道が十香、四糸乃、耶倶矢、夕弦、美九、そして琴里の六人とそれぞれ1日ずつ、
彼女達が望む「最高のデート」に付き合っていくというのが序盤の展開のようですけど
美九の水着シーンがあるとは何か・・・嬉しいニュースですね・・・(苦笑・・)
個人的には・・・この6人の中では、十香・琴里がいいなー・・・と思います。
ま・・・過去に何度も記事にしている通り、「デート・ア・ライブ」の私の大本命は・・時崎狂三なのですけど
映画では・・・・
残念ながら狂三の見せ場は意外と少ないという事なので・・・・これは「悲報」なのかな・・・・??
だけど・・・とにかく早めに見に行きたい!!という気持ちで一杯です!!

ま・・そんな訳で・・・
私が映画に行くまでにこの「デート・ア・ライブ」の復習を兼ねて前回に引き続き、第一期の方を少しばかり
振り返ってみたいと思います。
前回は第7話・・・人間体としての時崎狂三(注.読みかた→ときさきくるみ 間違えてきょうぞうなーんて読んだら・・
 多分・・・狂三にギッタギッタに殺されると思いますよ・・・苦笑・・)
の魅力に触れましたが
今回は・・
精霊としての狂三について・・・第9話/狂乱の悪夢を簡単に振り返りたいと思います。




さてさて・・・第8話においては・・・
ひょんな事から士道が、十香・鳶一、そして狂三・・・と「トリプル掛け持ちデート」をする事になってしまいます。
(うーーむ、なんて羨ましい話・・・だけど・・このメンツから言うと、万が一・・・・浮気・三つ又がばれたとしたら
問答無用で即刻・・死刑判決が下りそう・・・・)
そして・・・士道が掛け持ちデートの為、狂三とのデートの場を離れている間に
狂三は・・・少年たちが子猫をいたぶっている光景を目撃します・・・
そして・・・・(なぜか無類のネコ好きでもある)狂三は・・・
精霊の姿となり、少年たちを皆殺しにしている所に・・・高宮真那(実は・・士道の実妹・・)が駆けつけ、
狂三を瞬殺します・・・

そこでいったん閉じられます。

そして第9話においては・・・

狂三の死体の前で茫然とする士道・・・
しかし・・・真那は「狂三は何度殺しても決して死なない・・・すぐに蘇り何事もなかったように
ふっといきなり現れる・・
だから自分は・・・何度も何度もこいつを殺す」と過激な事を口にします。
その言葉にいたたまれず士道はその場を離れ、十香と遭遇します。
落ち込んでいる士道を励まそうと十香はデートの続きを提案し、
そこで・・・
十香の言葉が結構胸を打ったりもします・・・・

「私と狂三は同じ精霊なのだが、二人を隔てるものは実は・・・何も無い
二人に違いは無い・・・
私だって狂三のようになっていた可能性はある・・
二人に違いがあるとすれば・・・手を差し伸べたくれた人がいたかどうかの違いだけだ・・・」

そして・・・・その言葉に士道も気づかされたものがありました・・・

「そうだ・・・・自分もかつて十香に手を差し伸べたように・・・・狂三を救って見せよう・・・」と・・・

翌日・・・狂三は何事もなかったかのように普通に登校してきます・・・

そして士道は狂三に宣言します・・・「自分はお前を救って見せる」と・・・

あーあ・・・・そんな言葉を言っちゃたものですから・・・後で大変な事になるとは
ま・・・その時点では思わなかったのでしょうけどね・・・

そして・・・狂三は、来禅高校に結界を張り、生徒全員を眠らせ、士道を屋上に呼びつけます・・・



ee31ef81_convert_20150818230202.jpg


2d318e34_convert_20150818225924.jpg


91a4635e-s.jpg


さてさて、時崎狂三なのですけど、
アニメ本編だけを見てしまうと、とち狂った人・・・毒蛾みたいな方・・みたいな印象を持たれがちで、
なぜならアニメ本編上では
狂三の真の目的・・・つまり・・・
狂三が所有する特殊能力の一つ、「時間を遡行する【一二の弾】」を使って30年前の過去へ行き、
ユーラシア大空災を引き起こした最初の精霊を抹殺することによって、
今までの歴史を改変し、現在の世界に存在している全ての精霊を「無かったこと」にする事は
あまり語られていません。
(ま・・・この辺りは原作のライトノベルを読まないと分からないです・・)
ではなぜ狂三は執拗に士道を追い求めるのか・・・なぜ士道を食い散らかそうと欲するのか・・・
それは士道の「キスによって精霊の霊力を吸収・封印し、
その霊力を自分のものとして行使することが出来る・・」などのような特殊能力を狂三自身の中に取り込むことによって
狂三の能力を向上させ、真の目的を達成させるための道具にしようとした事なのです。
それでは・・・狂三の能力とは・・・
なんで狂三は、何度も何度も殺されて死亡しているのに、すぐ蘇る事ができるのか・・・??
それについては、簡単に記すと狂三は「時間の流れを操る能力」という凄まじい特殊能力を有しています。
その「時間操作」という能力を可能にしているのは、狂三自身の背後に存在してる「刻々帝(ザフキエル」という
文字通り・・・巨大な時計です・・
刻々帝の長針と短針はそれぞれが古式の歩兵銃と短銃であり、
これに刻々帝の能力を込めて弾として発射します。
効果は時計の数字によって違い、自らの時間を加速させ、超高速移動を可能とする【一の弾(アレフ)】、
時間の進み方を遅くする【二の弾(ベート)】、時間を巻き戻して傷などを復元させる【四の弾(ダレット)】、
相手の時間を止める【七の弾(ザイン)】、
自身の過去の再現体を出現させる【八の弾(ヘット)】、
異なる時間軸にいる人間と意識を繋ぐことができる【九の弾(テット)】、
撃ち抜いた対象の過去の記憶を伝える【一〇の弾(ユッド)】、
時間遡行ができる【一二の弾(ユッド・ベート)】などがあります。

アニメ版を見ていると、狂三は、常に短銃で自身の頭をぶち抜き、自らを殺した次の瞬間に
新しい自分自身が登場しているみたいな印象がありますけど、
実際は・・・場面ごとに・・・必要な力を十二の弾から選択し、自身の頭にぶち込み
時間軸を遅くしたり、相手の時間を止めたり、
またまた過去の自分の「分身体」を呼び出したりと・・・ま・・、ホントある意味自由自在な戦いが
可能になります。
殺害されているのは全て刻々帝の【八の弾】で生み出された分身体であり、
分身体は狂三本体の影に無限にストックできるため、
狂三が何度殺害されても何度も蘇っているのはそのためなのです・・・・
だけどそうした能力は膨大なエネルギーを使用するために、多くの人間からエネルギーを吸収する必要があり、
狂三が何万人もの人間を殺害してるは、ここに理由があります。

この第9話においては、そうした狂三の特殊能力が、これでもか・・!!みたいな具合に遺憾なく発揮され、
最初にリアルタイムでこの回を見た時は・・・
狂三の背後に巨大な時計が控えていて、常に短銃で自分の頭をぶち抜き、
分身を抹殺しては次から次へと新しい分身体を出現させ、十香・鳶一・真那を圧倒させる狂三の
圧倒的な強さと
興奮した際の「きひひひひ・・」という高笑いと「「ザァァァァァフキェェェェェル」というやたら語尾を伸ばす
あのトチ狂った様子に
とてつもなく・・・魅力を感じたものでした!!


4b4058be_convert_20150818225957.jpg


そして・・・狂三は最後に・・・

「絶望を刻み付ける」と宣告し、高校内で空間震を発動させてしまいますが、
そこに唐突に出現したものは・・・
「空間震は発生と同時に同じ衝撃を与えると相殺される」と説明し、空間震をあっと言う間に消し去ってしまいます・・・

果たしてその正体とは・・・・??

実は・・・・それこそが士道の義妹の五河 琴里で、炎の精霊・・・イフリートでもあった・・・・

そういう所で閉じられます・・・

ま・・この回は第一期の一つのクライマックスでもありましたね・・・・

とにかく・・・・映画の方もとっても今から楽しみです!!
スポンサーサイト



17.出雲第二中学校

  B/管弦楽のための三つの交響的素描「海」~Ⅲ.風と海との対話


  当時の感覚としては「出雲第一・出雲第二」というと吹奏楽の超名門チームとか
  「金賞は取って当然・・」みたいなイメージがありましたけど、
  ま・・・それを普通の公立の中学生たちにあれだけ長期間の間求め続けるのは
  酷なのかもしれませんよね。
  何かそうした思いを感じたのが、この年の出雲第一と第二の演奏だったと思います。

  出雲第二の演奏を一言で書くと・・「上手いのだけど、すごく薄味・・・・伝わってくるものが希薄・・・」
  そんな感じがします。
  やはり・・・「伝統」とか「連続金賞」みたいな重圧に少し抑制されてしまい
  なんか指揮者の先生が「このように吹きなさい・・」と言われたからその通りに吹く・・みたいな感じになってしまい、
  奏者として「こんな感じで吹きたい!!」みたいな気迫が少し乏しかったのは勿体なかったような気もします。
  
  課題曲B/序奏とアレグロは、序奏こそ雰囲気は何とかキープ出来ていたもの、
  アレグロ以降は、確かに音は洗練されているのだけど、肝心の「キレ」に欠けるため
  何か淡々と無表情に進行していったのが気になります。
  自由曲の「海」も課題曲とほぼ同様な印象です。
  少しトランペットの音が荒目だったのもマイナスポイントかも・・・
  
  それと・・・一つ問題点を指摘すると、「海」のアレンジがあんまり良くない・・・

  編曲者は一中の錦織先生でしたけど、この錦織先生のアレンジ版で1980年に出雲高校も
  「海」で全国大会に出場しましたけど
  例えば・・・・後半のトランペットのオプションソロあたりの箇所でなぜだか唐突に原曲には存在していない
  「小太鼓」がロールを掛けてクレッシェンドしてくる珍妙な解釈を取るなど
  アレンジが良くないのですよね・・・
  ま・・・幸い出雲二中の場合は、確か・・私の記憶ではああした「小太鼓」のロールは出てこなかったけど
  アレンジが何かいかにも「厚化粧」という感じで、
  繊細な部分でも
  「ま、いっか・・ユーフォとかバリトンサックスを重ねてしまえ!!」みたいなノリで
  何か分厚いサウンドの構成となっていた部分もあり、印象を悪くしていました・・・

  ま・・結果的にこの年は銀賞でしたけど、
  翌年は「シチリア島の夕べの祈り」をしっとりと音楽的に聴かせてくれて
  一年間で不調を乗り越えたのは「さすが・・・!!」としか言いようがないですね!!


18.当麻中学校

 C/吹奏楽のための木挽歌

 自由曲が金津中学校と被ってしまいましたけど、
 金津がいかにも中学生らしい伸び伸びとした素直な演奏を聴かせてくれた演奏とは対照的に
 こちらは・・
 プロ顔負けの演奏で大変技術力の高く、中学生とは到底思えない驚異的なレヴェルの演奏です。
 テクニックがとにかく素晴らしく、技術的には全く文句のつけようがない素晴らしい演奏を
 聴かせてくれていました。
 課題曲C/アイヌの輪舞からして既に驚異的な演奏・・・・
 最近の記事の中で、この年の課題曲Cは石田中が全部門を通して最高の演奏と記しましたけど、
 そうですね・・・
 私の記憶の中では、二番目はブリジストン久留米
 三番目はこの当麻中だと思います。
 石田中が中学生らしい素直な演奏を聴かせてくれたのに対して、当麻の課題曲Cはプロ顔負けの
 余裕の貫録勝ちという感じがありますし、
 逆に上手すぎて「なんか・・すかしている・・」みたいな印象すら感じたものです・・(苦笑・・)
 中間部の踊りが終わって、トランペットの朗々としたソロがあるのですけど、
 当麻の演奏はこのトランペットソロが実に上手い!!
 「こんな単純なメロディー、余裕のよっちゃんだね・・・フン!!」みたいな奏者のつぶやきが聞こえてきそうだ・・・と
 同じ課題曲を演奏した私の高校のトランペット奏者が
 この当麻の演奏を聴いて愚痴っていました・・・
 
 でも圧巻は「木挽歌」でしたね!!

 Ⅰの主題のコールアングレのソロが実にうまい!!
金津の奏者もよかったけど当麻のコールアングレの場合、ヴィヴラートの掛け方が室に自然で
 聴いていてその「揺れ方」が実に自然だったと思います。
 Ⅱの盆踊りも雰囲気満点でしたし、いかにも「鄙びた」感じがうまく出ていたと思います。
 Ⅳのティンパニーソロも完璧に決まっていましたし、
 あれだげ鳴らしているのに全然やかましいと感じさせないその強弱のコントロールは実にお見事でした!!
Ⅳでドラがゴワーーーーンと鳴っているのをバックに
 バスクラの陰鬱なソロも見事に決まり、
 曲全体をひっそりと閉じていたのが素晴らしかったです!!
 全体的にソロをはじめ「個人プレーの上手さ」が光っていましたね!!

 このチームは5年後の1987年にも同じ指揮者で同じ自由曲を演奏していましたけど
 あの時は・・・随分と「抑制しすぎているな・・」・「おとなしいな・・」という印象を
 私は受けていました・・

 | BLOG TOP |