FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉で再放送中の「スマイルプリキュア」は・・・ついに・・第18話に突入!!
そう・・・この回こそが・・・
ポンコツプリキュアが多く、歴代シリーズの中ではギャグ回が比較的多い「スマイルプリキュア」の中では
むしろ珍しい部類に位置する「泣かせる話」の回なのですけど
これ・・今現在の視点で見ても・・
とにかく感動が止まらない、スマイルでも屈指の「泣かせる回」だと思いますし、
本当に素晴らしい回だと思います。






この回のストーリーを簡単に記すと・・・

みゆき達が通う学校で運動会が開催される事になり、
その中でのメイン種目は・・・・5人の走者がバトンを繋ぐ「リレー」なのですけど、
他のクラスは陸上部のメンバーがメインとかでみゆき達のクラスは誰もリレーメンバーになりたがらない・・・
クラス中の雰囲気が・・・
「どうせ出場したって勝てっこない・・」
「どうせうちのクラスは・・・」と
出場する前から「どうせ無理無理」と及び腰・・・
だけど・・・そうした「やる前から諦める事、前を向かずに逃げる事」を一番嫌うなおは・・・
「私・・出ます!! リレーのメンバーは・・・あかね・みゆき・やよい・れいか」と
(当然ながら・・・?)スマイルのメンバーを指定します。
ここでミソなのは・・・やよいは・・・クラスでも相当足は遅い方・・・
なおの想いとしては・・・・
5人揃って「プリキュア」としても頑張るけど、同時に・・・リレーだって・・・5人全員で頑張りたい・・・
「みんなで走りたい!! そして5人の気持ちをしっかりと揃えてバトンを繋いでいこう!!」という
いかにも一直線でまっすぐななおらしい気持ちだったと思います。

そして・・・・

運動会の当日までなお達5人は練習を重ね、足が遅くてチームの足を引っ張りがちのやよいも
少しずつ成果をあげてくるのですけど・・・
やよいは・・・クラスの「なんでやよいみたいにどんくさい奴がリレーに出るの・・・それで大丈夫・・??」みたいな
陰口を耳にしたりもします・・・
リレー当日も・・やよいは「なおちゃん、やっぱり・・私・・」と言い掛けた所で
なおは全てを察し
「今は結果よりもバトンを繋ぐ事だけを考えよう!!」とメンバーに伝えます・・・


当日・・・あかね→みゆき→れいかが2位で繋いだリレーもやよいの時に5位まで順位を下げ
6位走者が猛然とやよいを追い上げてくる際、
ここでやよいが踏みとどまり、最終走者のなおにバトンを繋げます・・・
そしてなおは・・・
一次は5位まで落ちた順位をごぼう抜きで追い上げ、逆転ゴールを目指します・・
しかし直前で転倒してしまい、最下位でゴール・・・4人の想いに答えられなかったなおは号泣し、
自分自身に悔し涙を浮かべてしまいます・・
なおが泣きながら4人に謝ろうとした時、4人が駆け寄ってきて
「最後まで諦めずバトンを繋げ、ゴールできことに感動し嬉しかった・・・」と4人とも大号泣・・・
その言葉になおは「私も・・・みんなと走れて良かった・・・」と
なお自身も悔し涙からうれし泣きへの涙の質が変わり、
最後は・・・本当に・・・感動的に閉じられます・・・

でも・・・・この話、本当に素晴らしいですね!!
2012年にリアルタイムで見ていた際も、あの回は・・・なんか自分自身もまさに・・・瞳うるうる状態だったかも・・

ま・・・歴代プリキュアの普通の流れでしたら、なおがごぼう抜きを果たした時点で
そのまんま1位でゴール、そしてメンバー全員の歓喜というラストが既に見えてきちゃうのですけど
スマイルはあえてそうしなかった・・・
そうした順位とか結果だけにこだわらず
「バトンをみんなで繋いでいく」・「みんなの気持ちを一つにして何かをやりとげていく」・「どうせムリ・・みたいな
最初から諦めモードではなくて、まず最初にとにかく一度みんなで頑張ってみようよ・・」みたいな
「プロセス」を重視していたのは、大変素晴らしい事だと思います。
あの場面・・・初代のなぎさとかドキドキのマナならば、多分・・・最後に大逆転、そして大勝利!!という
歓喜で終っていたような気もするのですけど
スマイルの場合・・・そうした安直なフィナーレにはさせなかった・・・
とにかく・・・
なおの気持ち・・・「みんなでバトンを繋ぎたい・・」というプロセスをきちんと丁寧に提示していたことが
あのとてつもない「すがすがしい感動」を呼び込んでいたのだと思います。

でも・・・あの時のなおの「涙」は・・・とても美しかった・・・

ま・・・確かに「悔し涙」なのですけど
悔し涙の理由は、「仲間達4人の想い・・・バトンを・・、自分が台無しにしてしまった・・・」
という悔しさと仲間への申し訳なさが呼び込んだものなのですけど、
それはなおの「一直線」という性格がストレートに出たものですけど
そうしたなおの「想い」は・・・結果うんぬんよりも価値があり、とにかく「美しいもの」だったと思います。

いやーー、このなおのリレーの回、久しぶりに見ましたけど
やはり素晴らしいですね!!
スマイルというと・・ポンコツとかギャグというイメージがあるのですけど、たまーにこうした「美しい感動」をやってくれるから
余計に引き立つのかもしれませんよね・・・



af733d6f_convert_20150818140921.jpg


ま・・・・こんな感動回でも・・・相変わらずバットエンドのポンコツマヌケ幹部達は
攻撃を仕掛けてくるのですよね・・・(苦笑・・・)
この回はアカオーニ・・・
アカオーニと言うと、やよいに対してだけは・・結構えげつない事を言う傾向が強いのですよね・・・・

この時も・・・

「もう諦めた方がいい・・」

「どうせお前たちに勝ち目はない・・」

「「力を合わせたって弱いヤツは弱い。足手まといは要らない・・・」
とまるでやよいの心の内を見透かしたような発言をします・・

この時のなおの言葉が実にしびれますね!!

「違うっ!!」
「仲間と一緒じゃないと出来ないことがあるっ」
「私はやりもしないで諦めたりしない。“どうせ”なんて絶対言わないっ」
「私は、リレーも、プリキュアも、皆と一緒にやり遂げたいっ」
「みんなで力を合わせれば、できない事なんて、何もないっ!!」

このあたりは・・・もはや余計なコメントなんて必要ありません・・・
まさに「なおの言う通り!!」という感じですね・・・!!

ま・・・だけど・・・戦闘中はいかにもスマイルらしい場面もあったりして、
アカンベエとプリキュアの綱引きみたいな様相になった際、
マーチ以外の4人は、
最初は「オーエス オーエス」と綱引きの掛け声で合わせていたのですけど
それがいつの間にか・・・「エス オー エス SOS SOS!!」に代っていったのは・・
やっぱりスマイルらしい話でしたね・・・・


0f514ba5_convert_20150818141206.jpg


b7d83b5b_convert_20150818140948.jpg


3e2a2702_convert_20150818140825.jpg


ee09ffc1_convert_20150818141018.jpg


世の中・・特にビジネスにおいては「結果」こそが全てなのかもしれません・・

だけど・・・

人としてはそれはどんなもんなんでしょ・・みたいな提示もあったような気もします。

なおが求めたのは「リレーでの1位」ではない・・
何よりも「全員でバトンを受け継ぐ」というプロセスなのです。
なおが示したかったのは、みんなで一緒に頑張れば「どうせ無理無理」みたいな諦めモードすらも吹っ飛ばすことが出来る・・
世の中は「勝ち負け」が必ずしも全てではないという事なのだとも思います。
なおが最後の最後で転倒し、結果的に悔し涙→自己を責めるという事になったのですけど
それでも残りのメンバーがなおをきちんと賞賛し認めた上で抱擁する・・・・
それが可能だっのは・・・
そのプロセスにおいて「なおの想い」をメンバー全員が理解し分かっていたという事なのだと思います。

なおの涙は美しい・・・・

だけどそれ以上にみゆき達4人の涙も美しいと思うのです・・


スマイルの場合、次の第19話もやよいの父親との思いで話という非常に泣ける回だったのですが、
次の第20話の「透明人間回」というくっだらないギャグ回で一気にテンションを下げられてしまったのですけど
これがまたいかにも「スマイル」らしくて
私ははこういうノリは大好きです。

スマイルの場合、最終決戦は別にすると、やはり22~23話あたりが一つのクライマックスだったと
思いますが、その中で、キャンディー救出の是非と自分達の方向性について、
「自分達一人一人が自分の頭で考え、そして結論を出す」という事になったのは、
似ていると言われる「プリキュア5」との決定的な違いだと思います。
プリキュア5の場合、絶対的なチームの柱であるのぞみが決定した事にチーム全員が
迷わずついていくという図式がありましたが、スマイルの場合、絶対的なリーダーが不在の代わりに
一人一人が自分の頭で判断するという点を強調していたのは、
面白い所だと思います。

ま・・・「スマイルプリキュア」は、この回も素晴らしかったけど、感動も笑いも含めて
まだまだ素晴らしい話がこの後もてんこ盛り・・・というのはすごい・・としか言いようがないですね・・!!
スポンサーサイト



私自身、吹奏楽に関しては、
どちらかと言うと・・・
クラシック音楽のアレンジものよりは「吹奏楽オリジナル作品」を好む傾向にありまして、
その最たる例が・・・
例えば・・・ネリベルの「アンティフォナーレ」・「二つの交響的断章」とか
C.スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」・「フェスティヴァル・ヴァリエーション」とか
スパークの「ドラゴンの年」・「宇宙の音楽」とか
リードの「オセロ」・「ハムレットへの音楽」
などではないかと思っています。

だけど、そうした吹奏楽オリジナル作品の中には、何度聴いてもさっはり分からない複雑な曲も結構あったりして、
そうした曲の一つが
このシュワントナーの「・・・・・そして、どこにも山の姿はない」という曲だったと思います。
この曲、長い間日本の吹奏楽では演奏される事が皆無で、吹奏楽マニアの間では「幻の名曲」みたいに
言われていた時期もあったとの事です。
この曲なのですけど、作曲自体は1977年で、翌年にはイーストマン・ウインド・アンサンブルによる初演&世界初録音も
行われていて、確か・・・私の記憶では、1982年頃に当時日曜日の朝に放送されていた「ブラスのひびき」という
吹奏楽番組の中で取り上げられていたと思います。
だけど・・・
当時高校生だった私が最初にこの曲を聞いた印象は・・・・
「何を言いたいのかさっぱり分からん・・」という感じだったと思います。
この辺りは自分自身、大変興味深いですね・・・
同じく難解な吹奏楽オリジナル作品でも、
ネリベルの「アンティフォナーレ」とかフーサの「プラハのための音楽1968」は理解できても
このシュワントナーの曲は、まるで理解できなかったのですよね・・・
ネリベルの場合は、曲の「叫び」、フーサの場合は曲からのメッセージ性でやはり「何か」は伝わったと
思うのですけど
シュワントナーの場合、あまりにも曲自体が漠然とした抽象的なものであるので、
やはり・・・当時の私には理解できなかったのでしょうね・・・・
そして、この曲ですけど、
1990年にハンスバーガー指揮/イーストマン・ウインド・アンサンブルが来日した際、大阪公演で
この曲を演奏し、
その演奏はライヴ録音としてCD化もされ、
私自身もそのCDは購入したのですけど、やはり・・・シュワントナーのこの曲はさっぱり分かりませんでした・・・

だけど・・・・この曲の真価を初めて認識出来たのは、その翌年1991年の吹奏楽コンクール全国大会・高校の部での
埼玉栄高校の歴史的名演の演奏のおかげでした・・・・
この埼玉栄の演奏で、初めて・・・・
「あ・・・この曲はこういう意図があったんだ・・・」みたいな事をおぼろげながら何となく分かったのですけど
やはり・・・
FM放送とかCDでは中々伝わりにくいのかな・・・
特にこの曲は後述の通り、特殊楽器を数多く要しますので、そうした特殊楽器の音色をライヴ感覚で聴くことにより
初めてこの曲の意図が何となく分かったのではないかと思っています。
だけど・・・
実際、埼玉栄のあの演奏は・・・普門館の聴衆を完璧に呑み込みノックアウトさせてくれましたね・・・
あの曲を初めて聴いた人は、多分全聴衆の9割くらいだと予想しますけど
埼玉栄の演奏が静かに閉じられても誰も拍手をしないのが・・・何よりも驚きましたね・・・
ま、勿論・・・初めて聴く曲ゆえにその「閉じられ方」が分かっていない人ばかりなので
「本当に演奏終ったのかな・・・・ここで拍手をしても本当にいいのかな・・」と迷った聴衆がほとんどだったようにも
感じられました・・・
あの日・・・私も普門館の会場にいましたけど、
確かにほとんどの聴衆は・・・・完璧に埼玉栄の演奏にノックアウトされ、
「一体・・・いまのはなんだったんだ・・」みたいにポカ――――ンとした顔がほとんどであったのが
今となっては大変印象的です。

この曲なのですけど、
キャロル・アドラーという女流詩人が書いた「アリオーソ」という詩の一節から霊感を受けて
その詩の雰囲気をベースにして作曲されたとの事です。

その詩の一節とは・・・

アリオーソ、鐘

セピア色

月の光

午後の太陽は西に白ける

そしてどこにも山の姿はない

響きがもどってくる

音と無音の鐘

うーーん・・・・正直・・・私には・・・ちんぷんかんぷんです・・・(苦笑・・)

この「・・・・そして、どこにも山の姿はない」ですけど、
楽器編成が既にヘン・・・いや・・かなり特殊です・・・
フルート6 オーボエ4 クラリネットはわずか2本のみ(→普通の吹奏楽作品では絶対にありえない・・・)
ファゴット 4 ホルンとトランペットとトロンボーンは各4  チューバとコントラバスは各1
ピアノ 1  そして・・・打楽器はティンパニ奏者を入れて6人
ま・・・最大の特徴は、打楽器はティンパニ以外の奏者5人で合計46の打楽器を使用する事で
その中には、シロフォーン・グロッケン・ヴィヴラフォーン・マリンバ・チャイム・鈴・
ウォーターゴング(小型のドラを水槽に浸したり引き上げたりすることで音色の変化を意図・・・)
巨大タムタム(ドラ)・シンバル多数・3台の大太鼓なども含まれます。
また、ヴィヴラフォーンの鍵盤の淵とかドラの淵をコントラバスの弓でこすって不思議な共鳴音を発したり、
ハミング等の声や口笛まで入り、
本当に・・・「奇妙で不思議な音楽の空間」が生まれる事になってしまいます・・・・

この曲の冒頭は、打楽器の強打から開始されるのですけど
その後・・・・いきなり・・・
不思議で神秘的な響きがこだまします・・・

1991年の普門館で最初に埼玉栄のあの演奏を聴いた時・・・・
「え・・・なに、このヘンな音は・・・一体どんな楽器を使用しているのだ・・」と多分・・誰しもが感じたと
思うのですけど、
その答えは・・・
「グラス・ハープ」という楽器でした・・・・


繧ー繝ゥ繧ケ_convert_20150814204620


この「グラス・ハープ」ですけど、
グラスの縁を指でこすって音を発することで楽器として使用するものでして、
口径・腰径の異なる複数のグラスを大きさ順に並べて、基本的には、
水で濡らした指先をガラスの縁に触れさせる摩擦によって、共鳴するガラスからの音で音楽を奏するという
特殊楽器です。

シュワントナーの曲の場合、7つの水が入ったグラスを用意し(水量・グラスの大きさにより、あらかじめ七つの音に
調音する必要があるとの事・・)
そのグラスを4人のオーボエ奏者がふちをなでる事でわおーーーんという不思議な共鳴音を出していきます。

埼玉栄の演奏では、オーボエ奏者が作曲者のスコア上の指示通り、このグラス・ハープと兼任したか
どうかは・・・残念ながら記憶にありません・・・・

それとこの曲は、部分的に小節と拍が意図的に書かれていない所もあり、これは・・・スコア上の指示では
「秒」で指定がされています。
うーーーん、一体何て指揮者泣かせの曲でしょうね・・・

でも・・・途中の声と言うかハミングは不思議な効果がありましたね。
ピアノの使い方も実に巧みだと思います。
途中でホルンによるすさまじい雄叫びが聴こえてきますけど
あれは・・・意図としては「山の偉容」を示唆しているのかな・・・・??

ま・・・とにかく感覚的で技術的にも大変難しく、これまで全国大会でもわずか3チームしかこの曲を
自由曲に選んでいませんけど
それはよく分かりますね・・・

だけど・・・あの不思議な感覚をCDではなくて、もう一度ライヴ感覚として聴きたいものですね・・・

 | BLOG TOP |