FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ホント、改めての話ですけど
初代プリキュア【MH】の九条ひかり=シャイニールミナスって本当に可愛いですよね!!
初代プリキュアと言うとあまりにも偉大なブラックとホワイトの二人の巨匠がでーーーんと存在しているのですけど
そうした二人の巨人の間で可憐にそっと咲いているマリーゴールドみたいな印象が
私の中では、九条ひかり=シャイニールミナスに関してはあったりもします。
とにかく・・・あの広いおでこがとてつもなく可愛かったです!!
性格も優しくておっとりとしていて素直で、本当に非の打ち所が無い・・・・という感じでした!!

というか・・・・あまりにも初代のなぎさ大先輩とほのか大先輩の二人が
一年近く、何のアイテムも無く、基本的には拳ひとつで、そして必殺技は「マーブルスクリュー」一種類だけで
暴れまわっていたと印象が大変強く、
この九条ひかり=シャイニールミナスが一人加入しただけで、
随分と・・・アニメ自体の雰囲気も最初の一年目よりはマイルドになったような印象もありますので
やはりひかりの加入意義は大きかったような気がします。
(どうしてもブラックなんかは、荒ぶる乱暴者とか、拳のパンチだけで二年間戦ってきた武闘派という
イメージが強すぎるのかもしれませんよね・・)


終始、シャイニールミナスがブラック&ホワイトに加担してパンチやキックを振り回すというシーンが
一度もなかった事は非常に斬新な取り組みだったと思います。
回によっては変身しただけでほぼ何もしないという回すらありましたから・・・
だけど、シャイニールミナスの必殺技はいずれも強烈で、
敵の動きを完全に止めたり、ブラック&ホワイトにパワーを与えたり、
バリアを張って二人を防御したりと、それなりに戦闘面でも、あくまでサポート的な役割ですが
貢献しています。
ちなみにシャイニールミナスのバリアは、アニメ本編でも映画のオールスターでも一度も破られたことは
ありません。
プリキュア5のミントのミントプロテクトが年がら年中敵に撃破されていた事を考えるとエライ違いがあるものです・・

無印版においては、なぎさもほのかも・・・時に・・・
「何で普通の中学生の私達がこんな事に・・・」
「私達に地球を救うとか、そんな使命を言われても困る・・・」
「私達に一体何が出来るというの・・」などと
戸惑っている面も散見されましたし、
「プリキュアとは一体何なのか」というプリキュアとしての本質的意義を見出せずにいた・・という面も
決して無くはなかったと思います。
(ま・・そりゃ無理も無いですよね・・あの二人は文字通り、プリキュアのパイオニアなのですから・・・)

2年目のMHに入ると、なぎさとほのかも一年間プリキュアとして経験を積んだという自信と経験の裏付けが
出てきたというのがかなり大きいと思うのですけど、
九条ひかり=シャイニールミナスが当初感じていた疑問・不安・・・例えば・・
「なんで私がシャイニールミナスに・・・?」
「そもそもクイーンって何? 私は一体何者なの・・?」
「自分は何のために存在しているのか? 普通の中学生ではいけないのか・・・」などという
ひかりの「不安」に対して
「そのままのひかりでいいんだよ」と
応えられたのだと思われます。
要は、前作におげるなぎさとほのかの「不安」に対して
MHでのひかりの「不安」が受け継がれる構図となっています。
それに対して、先輩として、経験者として、あたたかくひかりを見守って行けた所に
なぎさとほのかの「成長」があったのだと思います。






ひかり


初代MHで極めて印象に残っている回があります。
それが第25話の「ひかりの夏の日、さなえの思い出」という回なのですが、
ここでは、いつもなぎさとほのかに助けられているばかりで自分は無力だと不安に思っているひかりを
ほのかの祖母であるさなえがボートに乗りながら優しく諭していくという話なのです。
初代無印の場合、なぎさとほのか(特にほのか)が
「本当に自分達が戦って大丈夫なの? これでいいの? これからどうやって敵に対処すれば良いのか
分らない」という目に見えない不安に怯えている様子が何度か描かれています。
二年目のMHに入ると、さすがに二年目の貫録というか、少々の不安や出来事には動揺しなくなった
なぎさとほのかに対して、ひかりが色々と不安を感じるシーンが目立つようになります。
それを良い方向に導いたのが第25話なのですが、
本当によく練り上げた脚本だと感心してしまいます。

ま・・話の流れとしてはその前の回辺りで、ブラックとホワイトは「新しい力」を得る事が出来、
更にパワーアップ・・・
それら比べて、自分は・・・
戦闘要員として戦う訳でもないし、本当になぎさとほのかの役に立っているのだろうか・・・
そもそも・・・自分の存在意義つてなーに・・・
自分は何のためにシャイニールミナスとしてここに存在しているのか・・・

そうした身に見えない「不安」におののいていた・・というのが第25話のひかりだったのだと思います・・・

池の爽やかで静粛な雰囲気も非常に良かったし、さなえさんの若き日の後姿も本当に
素晴らしかったです。
あの時のさなえさんとひかりのボートのシーンですけど、とにかくBGMの音楽がとても涼しげで爽やかで
同時に荘厳で・・・
とっても印象的です。
ボートの上でも、ひかりはついついさええさんに「自分はいつも助けられてばかりで・・・そりに比べて自分は・・」と
つい本音をポロッと吐露してしまいます・・
そしてさなえさんは・・・・
「そういう感情は誰しもが持つもの・・・」
「そう言う事は誰にでもある事・・・」
「ひかり自身がいま悩んでいる事は、誰しも一度はたどった道・・・別にひかり一人だけが抱え込む問題ではない・・」
などとまずは優しく包む込んだうえで・・・ひかりの悩みをきちんと聞いてあげて認めた上で・・・
その上で・・・
さなえさん自身の戦争中の体験、そしてあの伝説の・・・そう・・・ケヤキの坂の話を静かに語り出します・・・

ま・・この話は無印版の方で熱く語られているのですけど
今回は・・・無印版では存在していなかったひかりに対して、しみじみと語られていきます・・
そしてあの・・成人女性になった坂の上でのさなえさんの後姿だけが映し出されるのですけど
あのときのさなえさんは・・・・後姿だけでも・・本当に「清楚で凛とした雰囲気が漂う素晴らしい女性」のオーラが
全開でした・・・!!

そして・・・

確かに「不安」は「不安」として完全に払しょくされた訳ではないのですけど、
自分が何もできないとか、何をすればいいのか分からないとか、自分がそもそも何者なのかなどという悩みを
吹っ飛ばすくらいの
「それでも自分は生きなければならない・・・」という強い意志が生まれかけたのは
この回の大きな見所だったのだと思います。
要は・・
確かに誰しも「不安」はある・・不安は抱えている・・・
だけどそうした不安を抱えたままでも、とにかく前を向いて歩かなくてはいけない・・・
それに・・・
今の自分は一人ではない・・・・
少なくとも「仲間」がいる・・・
自分一人では解決できなくても、誰かに支えてもらう事で自分自身もチェンジできる・・・・

そんな思いがひかりにも芽生え始めた回だったのかな・・・と改めて感じます。

とにかく・・・・素敵なすてきな回だったと思います。

あれれ・・・何か最近そうした話、見た事がありましたよね・・・・

そう・・・「Go! プリンセスプリキュア」のトワもそうでした・・・

自分は・・本当にプリキュアになっていいのか・・・
自分の罪は本当に許されて然るべきものなのか・・・・
果たして・・自分一人だけのうのうと学園生活を楽しんでいいのか・・・
自分はどうすればいいのか分からない・・・

そうしたトワ自身の「不安」とか「孤独」に対して手を差し伸べたのがフローラ達でしたし、
「そうした不安や困りごとは誰かに頼ってもいい・・・」という事をトワに対して優しく手を差し伸べていたのが
最近のGoプリの流れだったようにも思えます・・・

うーーん・・こうした初代の話も、結果として9代後の後輩達にも受け継がれていくものなんですね・・・・

ホント・・皆・・不安を抱えながらも一つ一つ成長していったのですね・・・

でも・・・こうしたさなえさんみたいな「素敵な大人ポジション」の方は歴代プリキュアでも色々と出てきましたね・・・
プリキュア5の坂本じいやさんとかフレッシュのカオルちゃんとか
スイートの音吉さんとか・・・
Goプリでは・・それに相当するのが白金さんと望月学園長なのかな・・・??



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先は「余談」の話になってしまうのですけど
ここで登場するほのか(キュアホワイト)の祖母の前述のさなえさんですけど、
やっぱりこのお方は・・・何か・・「プリキュア」の関係者・・または自身が若い頃はかつては
「実は昔はプリキュアだった・・」みたいな何か「重大な秘密」を持っているような気がして
なりませんね・・
ま・・本人は、終生そうした「秘密」は語らないであの世にまで持っていくつもりなのかもしれませんよね・・
この点、特に決定的な描写は無いのですけど
なんかそうした香りもほのかではありますが漂っているのですよね・・・
そして、これは以前このブログでも記しましたし、
他にもそうした「想像」をされている人もいらっしゃるようですけど、
実は・・・・
ハートキャッチのつぼみの祖母の薫子さんと若い頃は・・・実はペアを組み、
実は実は・・・元祖「ふたりはプリキュア」だった・・・みたいなオチがあったとしたら何だかとても楽しそうですね・・・
そのくらい・・前述の記事でも書きましたけど、さなえさんの坂の上の後姿は神々しくて美しかったです・・・

完璧にカテゴリ違いなのですけど、
「ガールズ&パンツァー」においても、私の脳内妄想では、それに近いネタもあったりします。
ま・・・これはネット上でも既に一部の方が語っていますけど、
実は・・・秋山殿の母上の秋山好子さんは・・・実は・・・
かつては大洗女子の卒業生で、在校中は「戦車道」を履修し、
若き日の西住しほ(まほとみほの母親)が在籍する黒森峰と激しいバトルを演じていたのでは・・・
でもそれも確かに一理はあるのかもしれません・・・
秋山殿の父親は、本当に人のいい普通の感じの方ですので、秋山殿がああした軍事おたくになったのは
やはり母親の影響があるのかも・・というのも考えられますし
生徒会長の杏が以前言っていたように、大洗女子は、かつては・・戦車道が大変盛んであった・・というのは
一応本当のようですから・・・
だけどもしも若き日の秋山殿の母親とみほの母親が激しいバトルをしていたとしたら
とっても面白そうですね・・・
そうそう・・・秋山殿の母親は、決勝戦の観戦にも来ていましたので
もしも・・・その際にしほとバッタリ再会したとしたら・・・
「あら・・・お久しぶり!!」とか何とか言ってあの素敵な笑顔になるのかな・・・??


スポンサーサイト



1984年と言うと・・・
私が親元を離れて初めて一人暮らしを始めた年でもあり、
やっと田舎を脱出し実家を離れる事が出来て、その開放感(?)に浸りきった年でもあり、
個人的には大変記憶に鮮明に残っている年でもあります。
ま・・・あの頃の日本は、いかにも「古き良き時代」という感じでしたし、
今みたいに人間関係が殺伐とはしていなかったし、
携帯もLINEもメールもパソコンも何にも無いない時代でしたし、
他人とのコミュニケーションは基本的には「直接会話」以外あんまり方法がなかったし、
何て言うのかな・・・まだ日本人らしい(?)「恥の文化」とか「奥ゆかしさ」とか
「そんなに言語明瞭にはっきり言わなくてもいいじゃない・・・そんなの・・・行間を読み取ってよ・・・」みたいな空気が
はっきりと残っている雰囲気でしたし、
少なくとも今現在よりは・・・「生きやすい時代」だったような記憶があります。

ま・・・当時の私は、埼玉県大宮市天沼町のぼろアパート【4畳半+3畳 風呂無し・トイレ共同 家賃2.2万円】に
居住していましたけど、
あの頃って・・・・
お金は全然無い典型的な貧乏学生でしたし、
仕送り+毎月のバイト代で大体毎月8万程度で全てをやりくりしていたのですけど
(家賃→2.2万 光熱費→8千円未満 通信費→携帯はあの頃は存在していないし、固定電話は無いから0円
 銭湯代→4000円前後 吹奏楽団の部費・楽器消耗品・部の飲み代→1万円前後
 食費→3万未満 本→5000円ぐらい・・・)
別にお金が無くてもそれはそれでいいじゃーん・・・
日々こうやって何とか生きていっているし、
学校は毎日通って、週に何度かは都内の吹奏楽団の練習に参加し、バイトもし、
お金が無くてレコードも聴けないけど、そういう時は・・上野の東京文化会館5階の音楽資料室で
丸一日レコードを借りまくってひたすら「音楽漬」みたいな事もしているし、
他に何か望む事ってある・・・・??

なんか・・・そうした気分だったのかな・・・

もっともそういう気分をキープ出来ていたのも・・・

まだ就職とか社会人生活なんて先の話・・・とか
日本全体がどことなくまだ何か「牧歌的な雰囲気」が漂っていたせいもあるのかな・・・??
今振り返ってみると、この時代の日本は、例の「バブルの絶頂・日本経済の絶好調→バブルの崩壊・失われた10年」の
ほんの直前のお話なんですよね・・・・
やっぱり・・・あれは・・・
「滅亡前の微かな幸せの時代」という事だったのかな・・・??


あ・・・・話が全然ヘンな方向にそれてしまいました・・・・

1984年と言うと、私が初めて大学の吹奏楽団に入団し、
無事にコンクールメンバーのオーディションを通過し、初めて大学の部として吹奏楽コンクールに
臨んだ年でもあります。
(ま・・・この辺りは最近の記事「響け! ユーフォニアム」関連記事で色々と書いていましたけどね・・)
この年の吹奏楽コンクール課題曲は、かなり粒が揃っていてかなり充実していたと
思います。
前年の1983年の課題曲も、カドリーユとかインヴェンション第一番などとこちらもかなり名作揃いでしたけど
一つ難を言うと・・・
Dのマーチが「キューピットのマーチ」と言う吹奏楽コンクールの中でも「歴史的な不人気作品」・「典型的なスカ作品」と
酷評され、事実・・・吹奏楽コンクールでもこの課題曲を選曲するチームはほぼ皆無でした・・・
だけど・・・・
1984年の課題曲は、AからDまで4曲全てが大変充実していましたね・・・!!

課題曲4曲が全て充実しているなんて実は珍しい事なのかもしれません・・・
大抵一つぐらい不人気作品がある傾向にあるのですけどね・・
ま・・1986年の4曲84年以上の素晴らしい曲ばかりでしたけどね・・

Aの「変容-断章」は、現代的なメカニックな響きの中にも「和」の雰囲気を漂わせていましたし
Bの「土俗的舞曲」は、うちの学校のコンクール課題曲でもありましたし、
結果的にこの曲は後日、作曲者自身によって
「オーケストラのための民舞組曲」の第一楽章として管弦楽化もされていましたし、
Cの「シンフォニエッタ」は、まさに急-緩-急の三楽章からなるミニシンフォニーみたいに大変中身が濃い優れた作品
でしたし、
Dの「マーチ・オーバス・ワン」も短い曲ながらも大変親しみやすく、平易な技術で書かれている割には
「充実感」さえ感じさせる堂々とした響きというのが大変印象的でした。

「マーチ・オーパス・ワン」の際立った特徴として一つ指摘したいのは、
この曲以前のコンクール課題曲のマーチは、ほぼ例外なく出だしから最後まで終始テンポが一定に保たれている
パターンが多かったと思いますが、
この課題曲の場合、
冒頭のトランペットによる「ゆったりとしたテンポから開始されるファンファーレ的部分」とその後に展開されるマーチの
部分を明白に分離されている事は大変興味深いものはあります。
ま・・・そうしたファンファーレとマーチを区分している曲として
このオーバス・ワン以降、例えば・・・1985年の「シンフォニックファンファーレとマーチ」とか2001年の「栄光を讃えて」などが
あると思いますけど
今にして思うとそうした曲の先駆者的な役割も担っていたような気もします。

冒頭のゆったりとしたファンファーレに続いて軽快なマーチの部分に展開されていくのですけど
このマーチのメロディーが本当に可愛らしいくてキュートでしたし、
同時に大変「流麗」みたいな勢いもありましたし、
スコアを見る限りではそれほど難しい個所も無く、
指揮者にとっても奏者にとっても吹き易くて演奏するのが大変楽しい本当に素敵な作品だったと思います。
ま・・・シロフォーン奏者だけは・・「こんな速いパッセージ難しい・・」と言ってはいましたね・・・
というか・・自分達の学校の課題曲はBを選曲していましたけど、
気分展開の曲としてたまーーに、この「オーバス・ワン」も演奏しましたけど、クラリネットパートとしても
難しい指使いとか過度な高音は皆無でしたし、
大変伸び伸びと吹ける曲だったと思います。
中間部のトリオのメロディーラインが大変美しい・・・!!
あの部分ではクラリネットが低音でメロディーを奏でているのですけど、吹くだけでうっとりしそうですね。
そしてこの美しいトリオに比較的唐突な印象で金管が入り込み
そこから一気にラストまで駆け上っていくのですけど、あの追い込み方も
なんか「聴かせるツボ」を分かっている・・・みたいな感じでして、「さすが!!」というものでした。

演奏時間は3分程度の短い曲なのですけど、内容的にはかなり充実していますし、
スコア上の「平易さ」が少しも「手抜き」とは感じさせず、
むしろ、「シンプル イズ ベスト」を立証しているようにも感じられます。

この課題曲Dは、コンクールでも結構演奏されていて、この年の高校の部でも確か11チーム演奏していました。
そして意外な事に
関東代表の市立川口・習志野・野庭といった実績のある学校がこの課題曲を選んでいたのは
少し意外な感じもしたのですけど、
その分自由曲にエネルギーと練習時間を廻せるという天では作戦勝ちだったのかもしれません。


さてさて・・・

このマーチ・オーパス・ワンなのですけど、実はこの曲の作曲者は・・・
1979年のあのウルトラ超難解現代作品の「プレリュード」(1979年 課題曲B)を作曲された浦田健次郎氏なんですよね・・・
正直、最初にこの話を聞いた時は・・
「え・・・うそでしょ・・・あの難解なプレリュードを作曲した人がこんな平易で親しみやすい曲も書けるなんて・・・」と
当時一部で話題にもなっていました。

そうですね・・・

あの「プレリュード」の世界を聞いてしまった後にこの「オーバス・ワン」を聴くと
確かに同一人物による曲とは思えないですね・・・

ちなみに・・・1979年課題曲B/プレリュードとは・・・・

特徴は大きく分けて二つあります。
一つは、小節ごとに拍子がコロコロと変わりまくるすさまじい変拍子の連続・・・・
そして二つ目は・・・・これは最大の特徴とも言えるのですけど、
曲の冒頭は・・・・・ティンパニーの完全ソロから開始されます。
本当に・・・・ティンパニーだけのソロで、この間は他の楽器は一つの音も入りません・・・
冒頭から約1分近く、ティンパニーのソロ(しかも他の楽器なしの完全ソロ・・・)という
おそらく課題曲としては私が知る限りにおいて、唯一の快挙を成し遂げています。

さてさて、このティンパニーのソロですけど、
38秒までが「手で」、それから52秒までが普通のマレット(バチ)、それ以降は木琴などのバチの柄の部分、
という3種類の演奏法により、音色の変化も出すようにスコア上で指示が出されています。
曲の最後にも「手で」演奏するティンパニのソロが入ります。

そんな感じのシリアスな作品でした・・・

さてさて、この浦田健次郎氏は、翌年ヤマハ浜松から委嘱を受けた
シンフォニックバンドのための「Ode」というこれまた素晴らしい作品を私達に提示してくれるのですけど、
あの作品も・・・
前半の「静」と後半の「動」の対比が鮮やかで、特に打楽器セクションの迫力と管楽器のうねりが
大変素晴らしかったです!!

 | BLOG TOP |