FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


一つ前の記事で、何か「死の香りが漂う交響曲」についてグタグタと書いていたら
なんか・・・
やたらと星新一のショートショート作品集/ようこそ地球さんの中に収録されている「処刑」と「殉教」という二つの作品が
頭の中を駆け巡っています・・・

そんな訳で・・

この星新一の作品を少し取り上げたみたいと思います。

この「ようこそ地球さん」ですけど、上記の二つの作品以外にも
「復讐」・「ずれ」・「セキストラ」・「天使考」・「桃源郷」などの素晴らしい作品もたくさん収録されていて
この本に収録された作品は全て昭和36年以前のものなのですけど、
正直・・・現在の視点・感覚で読んでみても全く「古い・・!!」と感じさせる事は全くありませんし、
何よりも・・・・その時代に星新一が既に感じていた「人類の未来に対する疑問点」というのが、
現代に至ってもほとんど解決できていないという事は
星新一のその「先見性の鋭さ」に脱帽せざるを得ません・・・・

だけど・・・・この「ようこそ地球さん」の中では、私にとっては群を抜いて・・・あの二つの作品が
大好きなんですよね・・
そしてこの二つの作品は、星新一自身の「死生観」を語る上でも多分・・・外すことは出来ない作品だと思います。



譏歙convert_20150814204647


この「ようこそ地球さん」を初めて読んだのは確か中学生頃だったと思いますが、
当時家で星新一なんか読んでいると、自分よりも一回り程度年の離れた兄貴がやってきては・・・
「こんなしょーもない本なんか読んでいないで、もっと別の高尚な本でも読め」と必ず
上から目線でダメだしをするのが本当にイヤでした・・・
ま・・・正直に書くと、私と兄は、自分で言うのも何ですが、ホント昔からそりが合わないというか
感覚が合わないというか、
兄は自分と違って、頭が良い運動部系で、学校も、自分なんかは逆立ちしても入れそうもない頭のよい学校の
出身でしたし、当時は既に学校の先生になっていたせいもあるのですけど
自分みたいなこんな出来の悪い弟を見ると・・・
ついつい・・・職場での「出来の悪い生徒」に接するかのように
上から目線的態度・人を小馬鹿にしたような態度・自分の考え方とか趣向を一切認めないで
「俺が指示したようにやればいいんだ!!」みたいな接し方が
私にとっては大変「目の上のたんこぶ」みたいな存在であり、
とにかく・・・「反発」と「嫌悪感」の対象以外何物でも無かったという存在でした・・・・

本を読んでいると・・・→「そんな本はお前が読んでも分かる訳ない」
吹奏楽部所属の私が楽器を持ち込み家で吹いていると・・・→「うるさい! 家で吹くな!!」
勉強していると・・・→「そんな方法ではいつまでたっても成績上位に入れない・・・」

で・・・

とどのつまりは・・・

要は・・・「お前はバカだ!!」という上から目線的一言で終ってしまい・・・

とにかく当時から「むかつく対象」の一人でしたね・・・

そうなんだよな・・・・あの頃って・・・父親・兄・吹奏楽部の先生・・・
なんか接する大人・大人・・・のほとんどが
自分にとっては・・「反発の対象」だったな・・・・(苦笑・・)

とにかく・・・中学~高校の頃の自分って・・・
合法的に家を出る事、早期に自活できるようになる事・・・
その為には・・・
「この県内には自分が行きたい学校は無い」とよく分からん理屈を付けて、とにかく・・・
実家を離れて親元を離れて・・・
全てから開放されたい・・・

そんな事ばかり考えていましたね・・・・

自分としては、誰かに「自分と言う存在」を認めて欲しかったのかな・・・? あの頃は・・

そんな・・自分は確かに頭が良くないし、文化部系だし、兄と全然異なる感性&考え方をしていたけど
それも含めて認めて欲しかったんだと・・・・
今にして思うと・・・そう思いますね・・・

人間と言うものは、相手の目の中に確かに「自分」という存在が映っていると感じた時に
初めて心が開くものと思っています。
お互いがお互いを認め合うというのは、ホント難しいものですけどね・・・

話がそれてしまいました。

星新一に話を戻しますと、その「ようこそ地球さん」という本の中に「処刑」が収録されていました。

ストーリー的には、近未来、人が犯罪を犯し死刑判決を受けた場合の処刑方法として、火星に
送られて、水を人工的に作ることが出来る銀の形の機械だけを渡されるが、その機械は
アットランダムな時期に爆発を起こし、死刑が執行されるという話だったと思います。

何かこの話は色々示唆するものがあると思います。

ま・・・何よりも小説の中で「マスコミの被害者家族の怨恨の過剰報道→世間の厳罰化意識の高まり→刑の厳罰化」を
既に予知していたのはすごい・・・

現在の日本の確定死刑囚は、狭い拘置所に閉じ込められ、確実に「死」が来るのを分っているから
「死」に対して常に向き合って凄し、常に死の恐怖に怯えながら過ごし、
一定の恐怖心を持って最期の日まで過ごしているのかもしれません。
この「処刑」の話でも、「小さな丸い球形」というちっぽけな存在が常にそばにあるから、
水を機械から出すために、「銀の球」は使わざるを得ないし、嫌でもその存在そのものを
見てしまう事になる・・・
結局・・毎日毎日が・・・
「死」を常に感じざるを得ず、「死」の恐怖と日々戦う事になってしまう・・・

だけど自分達自身はどうなのでしょう・・・?

確かに確定死刑囚のように日々「死」を意識した緊張状態にある訳でもない・・
「爆発⇒死」の根幹である球を常に意識している訳ではない・・・
人はある日突然事故に巻き込まれたり、大地震等の災害に巻き込まれたり、ガン告知を受けたりして
初めて「死」を意識するものです。
つまり、「死」という存在があまりにも巨大すぎて身近にあるものではないから、
普段は日常的には「死」を意識する事は少ない・・・
だけど最終的には「死」というものは、確定死刑囚や「処刑」のように身近な小さい距離だから
敏感に感じやすいか、あまりにも巨大すぎるから普段は意識しないだけの違いだけであって、
結局は誰にでもいずれは関わるもの・・・
それだからこそ、
いつ「死」の瞬間を意識したとしても、その時に「後悔」しないように
その時点での自分のベストは尽くしておこうという事がこの「処刑」のテーマなのかもしれません・・・

実際、その「処刑」という話は・・・

火星の銀の球は小さく、そして気になる・・・だけど地球での生活は・・・
それがあまりにも大がかり過ぎて誰も気にしない・・・
それだけの違い・・・
別にこの火星と地球の間に何が違うんだ・・・?という事に気がついた時に、初めて「幸福感」を味合う事が
できた・・

そんな感じで閉じられています。

さてさて・・・一方「殉教」という話は、星新一が「処刑」で提示した「死生観」が更に際立っているような
作品にもなっていると思います。
「処刑」の場合・・・
その根幹となっているのは人間の「死への恐怖」なのだと思います。
逆に考えると・・・
人はどうして生きるのか?→人はどうして簡単に死のうとしないのか・・→どうして人は生き続けるのか?
→生き続けようと思うその力、逆に生きる事を停止させる事を必ずしも良しとしないその根幹にあるものは
何なのか・・・?
という事を提示しているようにも思えます。
ま・・・簡単に言うと・・・・
人間と言うものは、「死後の世界」というものが何一つ分からないから・・・
自分が死んだらどうなるのか・・・??という事がまるで分からないから・・・とりあえずは生き続けている・・・
そんな側面があるのかもしれません。
もしも・・・よく宗教で提示されているように・・
「生きている間に何か悪行を働いても死後の世界で、閻魔さまとか地獄の悪鬼どもに永久的に責められ続ける・・」
みたいな事が
本当にあるのかないのか・・・という事がよく分かっていないから・・・
死んだらこうなる・・・という事が科学的事実として判明していないし、
要は・・よくわからないから・・・
とにかく・・・「死ぬのは嫌・・怖い・・」という感覚になるのだと思いますし、
それをうまい具合に利用したのが宗教とも言えますし、
ひいては・・・
「人は生きている間は悪い事をしてはいかん!!」みたいな「倫理観」にも繋がっているのだと思います。

だけど・・・・

もしも・・・

この星新一の「殉教」で提示されているように・・・・

実は・・死後の世界が本当に実現していて、それが本当に・・本当に・・・「パラダイス」だったとしたら・・・
人間は果たして・・・
現世で「生き続ける必要はあるのか・・」という問いに直面する事にもなってしまうと思います。
人間の「死への恐怖」という一つの抑止力が外れた時・・・「死に対して怖い」と感じなくなった瞬間に
どうなるのか・・・
それを見事に描いた作品だとも言えます。

そうした事がこの「殉教」のテーマになっています。

この「殉教」を簡単にストーリーを記すと・・・

死後の世界と対話できる機械を発明したある技術者がとある小ホールに登場・・・
その場で、いまは亡き最愛の妻を呼び出し、対話したのち、観客の面の前で自殺をしてしまう・・・
その直後、機械の中から、その技術者の音声がはっきりと聞こえる・・
そう、死後の世界はあったのです・・・!! そして・・この上もなくすばらしいパラダイスが・・・!!
その後・・ 
機械の前に人々が並び、天国にいる誰かと会話します。
「なんだ、こっちよりいいところじゃないか! 素敵じゃないか! じゃあ生きている意味なんてないんじゃないか……!!」
そして死体の山が重なっていくのです・・・
そして、その機械は次から次へと日本各地を転々とし、やがて世界にも広がっていき、
挙句の果てには・・・
教会の牧師さんも・・・(キリスト教では禁じられている)自殺の道を選んでしまう・・・
人々は・・・
「ふん・・どうせ、イエス=キリストと会話でもしたんだろう・・・」と・・嘲り笑います・・・

でも・・・この話・・・ホント、こわいですよね・・・

「人はなんで生きているのか・・・」その問いに対する一つの答えが「死への恐怖」、つまり人は死んだらどうなるかが
わからないから何となく生き続けるという事なのだと
思うのですけど・・・・
もしも・・・あの世が本当に天国で
そうしたあの世と現世を繋ぐ機械がもしも・・将来発明されたとしたら・・・
それでも人は生きていく必要があるのか・・・!!
否、それて゛も人が生きていく「価値」って何なの・・・・!!という事を抉り出した作品だと思います。

そしてこの物語のエンディングが実に秀逸だと思います・・・

宗教も科学も人間も、死も・・・そして何よりも自分自身すら信じられない一部の人間達だけが
生き残り・・・・
そうした人達で「新しい社会」を作っていく・・・

そんな感じで閉じられていたと思います。

そのラストシーンで女性が語った一言・・「ノアの方舟に乗り遅れた気分」というのが
実にいい味を出していると思います。

果たして自分なんかはどつち側なんだろう・・・・

何もかも誰もが信じられず生き残る側なのか、誰か一人ぐらいは・・「信じる人」がいる側なのか・・・・

うーーん・・・正直・・・よく分からないです・・・
スポンサーサイト



作曲家の場合、やはり「もしかしたらこの交響曲は自分の現在の体力や創造力等を考慮すると、
もしかしたら・・これが最後の作品になってしまうのかもしれない・・・」と意識してしまうと、
やはり、その作品には「死」を何かしら意識した作品になってしまうのは
ある意味当然なのかもしれませんね・・・・
その最後の作品に「何」を伝えたいのか・・・というそうした「ダイニングメッセージ」を意識して
その作曲家の最後のシンフォニーを聴くという事は意外と興味深いのかもしれません。
というか・・・
当たり前の話ですけど、
作曲家が百人いれば百通りの解釈というか違いは出てきそうですね。
例えば・・・・
プロコフィエフの場合は、若い頃はあんなに前衛音楽を好んで曲を作っていたのに
その最後の交響曲は・・・
悪く言うと・・「子供の頃の記憶への幼児退行化」ともいえるものかもしれないし、
ショスタコーヴイッチの最後の交響曲は・・ま・・その・・・いかにもこの人らしいというか
結局「本音の本音」は隠しきってしまったというのか、
本当に伝えたい事は、「自分の胸」だけに秘めておいてあの世にその秘密を抱えたまま旅立ってしまった
ような人もいますし、
中には・・・シベリウスのように最後の交響曲を書きあげてから半世紀以上経過し、
そんだけ時間がたっぶりあったにもかかわらず、次の交響曲を結局は完成させることが出来なかったような方も
いたりします・・・

そうした中・・・・

自分自身の最後の交響曲に「死」の香りをプンプンと残して旅立った作曲家と言うと
やはり・・・
チャイコフスキーとマーラーがその典型例なのかもしれませんよね。
私の場合・・出来ればそこにM.アーノルドも加えたいです。

チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」は名曲中の名曲で、
この曲を実際に聴いたことがない人であっても「悲愴」というタイトルだけは
耳にされた方も多いのではと思います。

この曲は正直聴くだけで気持ちが重たくなります。
「死」の香りがプンプンと漂ってきます。
作曲者が「死」を本当に意識して(自殺という可能性もあるとの事です・・)曲を書いたかどうかは
今となっては誰にもわからないのですが、
やはり何かしらの「決意」を持って曲を書いたのは間違いないと思います。
人間余程の覚悟がないとこうした曲は書けないはず・・・

第一楽章の冒頭から重たいアダージョで開始されます。
こういう時、ファゴットはいい仕事をしますよね。
ファゴットは、とぼけた味わいとか異国情緒を表現したい時にも打ってつけの楽器ですけど
こうした「やりきれない悲しみ」みたいなイメージを表現する際にも
かなり適していると思います。
第一楽章の中間部で突然オーケストラが咆哮します。
最初に生でこの曲を聴いた時、それまでアダージョでゆっくりと静かに曲が展開していたのに
突然感情が爆発というか、暴発し
とてつもない「負のエネルギー」で曲を展開させていきます。
そして最後は静かに曲が閉じられます。
第二楽章は、「心の回想シーン」みたいな雰囲気です。
圧巻は第三楽章・・・
メロディーラインは恐ろしいほどシンプルで、同じことの繰り返しという内容なのですけど、
何か「ええじゃないか、ええじゃないか」みたいな集団ヒステリー現象みたいな音楽が
延々と展開されていきます。
イメージとしては、集団死刑を執行される直前に、集団で刑場まで
半狂乱となってひたすら歩いていくような感覚です。
第四楽章は、延々と重たいアダージョが展開されていきます。

思うのですが、この曲を聴くたびに
「ああ、なんで自分はこの世に生を受けだのだ・・・
 こんなつまらない人生を送るために自分は生まれたというのか・・・
 一体生きることに何の意味があるというのだ・・・」
みたいな「心の呻き」を自分の心の奥底から引きずり出されるような感覚を感じます。

同じく「死」を意識した交響曲としては、前述の通り、
マーラーの交響曲第9番があると思うのですが、
マーラーの場合、何もかもやり尽くした上で、覚悟の上で「死」を受け入れる準備が出来ているというのか
「死」については諦め・諦観の意識を持って臨んでいるような気がします。
だからマーラーの場合、この交響曲を聴いてもそれほどチャイコフスキーみたいな「後味の悪さ」は
感じられません。
むしろさっぱりとした気持であの世に旅立てるという感覚すらあります。
何て言うのかな・・・
マーラーの交響曲第9番は、人によって感じ方は相当違いはあるとは思いますが
あれは・・・・
私の感じ方としては・・・・「死」を受け入れた・・・・「死」に対しては「諦念」の感覚を持ち
諦めの気持ちをもって潔く受け入れた・・・・
だから未練はないという感じがあります。
これ、ヘンな表現になってしまうのですけど、
特にマーラーの9番の第一楽章の冒頭の低音とミュートを付けたホルンとハープのあの独特な響きとか
そして第四楽章の「全ては空の下・・すべては消えてなくなる・・・」みたいな音楽を聴いてしまうと
一度死んだはずの人間が何かの間違いで生き返ってしまい、
死者の感覚として「現世=この世」を見てしまう・・みたいな感覚も感じたりもします。
だけど一方チャイコフスキーの場合は・・・・・
うーーん、私の感覚としては・・・・美しいけどとにかく後味が悪すぎる・・・・
なんかいかにもこの世に未練たっぷりで、
「死にたくないよ・・・・死にたくないよ・・・、まだ自分にはやるべき事が残っているというのに・・・」みたいな
心の叫びがエコーしてくる感覚があります。

同じ「死」を意識した交響曲でも、やはり人によって違いは出るものだなーと改めて感じてしまいます。

最後に・・・・

そうした「死の意識」を自身の最後の交響曲に反映させたと思われる
21世紀に逝去された、現代人・アーノルドの感覚はどのようなものだったかと言うと・・・

とにかく「痛々しい」としか言いようがない音楽だと思います。
その音楽はまさに「絶望」に満ちていると言えると思います。
何かその点、同じくイギリスの作曲家のヴォーン=ウィリアムズと何か近いものがありそうな気がします。
アーノルドもV.ウィリアムズも
交響曲第一番第一楽章冒頭で「高らかな希望」を謳い上げる事で作曲家生活をスタートさせた・・・
だけど同じく最後の交響曲第9番は、二人とも・・
長い道程の中で果たし得なかったものを思う苦渋というのか「断念」が
伝わってきます。
V.ウィリアムズの場合は、それが何とも言えない「寂寥感」を感じさせてくれます。
だけど・・・・
アーノルドの場合は少し違うような気がします。
第四楽章はずっと沈鬱で陰々滅々としたギスギスした荒涼感に閉ざされた音楽が20分以上延々と
展開され、
これ・・・・正直聴くだけでマジで自殺したくなるほど「痛い音楽」がかすかに鳴り響きます。
でも・・・・本当にラストのラストで光がさーーっと差し込んでくるように聴こえます。
最後にアーノルドが渾身の力を振り絞って「希望の光」を楽譜に残したような感覚があります。
「人生はいろいろあるもんだ・・・・」と語りかけて微笑んで曲を静かに終わらせる・・・・
なんかそんな感じがあります。
ま、人によっては・・・
「え・・・・あの第四楽章のラストのどこに希望があるの・・・」という人もいるかもしれませんが
私にはそのように聴こえるのです・・・・
だから・・・・この交響曲は、全体としては「後味の悪さ」はあんまり感じないものでして、
とにかく・・・・「不思議」としか言いようがない曲なのだと思います。

何て言うのかな・・・

確かに「生き方」は人それぞれ・・・

そして「死に対する意識」というのも人それぞれ・・・

とにかく・・・現時点で「生」がある限りは、生きている事に感謝をしつつ
とにかく・・刹那的かもしれないけど、その時間その時間を大切にしていきたいものですね・・・

 | BLOG TOP |