FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日「Go! プリンセスプリキュアショー」の記事を掲載させて頂きましたが、
最近のこうしたプリキュアショーはいくら「被りもの」といえ気合が入っていますよね!!
デザイン的には大変難しいであろうと思われるトゥインクルやスカーレットについても
アニメ本編と比べても全然遜色ないというか、全く違和感がない作りになっていて、
「さすが・・・!!」と感じさせてくれますね。
勿論、中に入っている女の子たちも、こうした夏場何かは、多分・・全身汗だく状態で
本当に大変だと思いますけど
音楽とナレーションにビタリと合せたあの動きは、まさに・・・「芸術の域」に達しているとすら
感じてしまいます。
特にあの戦闘シーンの激しい動きは・・・
BGMとナレーションと敵の動きともピタリと符合していますし、
本当に・・・本当に・・・関係者の皆様のこうした努力には頭が下がる思いです!!

でも・・・あの被りものを頭から脱いだら・・・多分・・・髪の毛は汗まみれになっているのでしょうね・・・

以前、スマイルの頃に確か動画サイトだったと思いますが、
プリキュアショーが終わって、キュアマーチの被りものを頭から外して、豪快にやかんから頭に水をぶっかける
女の子の姿が投稿されていましたけど
「いかにも・・・直球勝負らしいマーチみたいな話」と思ったのですけど
やはり・・中の女の子たちは本当に大変そうですよね・・・

さてさて・・・

ここで改めて「歴代プリキュア」のこうした被りものショーを各代にて振り返りたいと
思います。
というか・・・
前述の通り、最近のプリキュアショーの精度は極めて高いです!!
だけど・・・
そうですね・・・
これはあくまで個人的感想として聞いて欲しいのですが、フレッシュの頃あたりは・・・・
うーーん、そうですね・・・今ほど必ずしも精度が高いという訳でも無くて・・・・
ベリーやパッションの被りものは・・少々怖かったです・・・(苦笑・・)
というか・・・誠に申し訳ないのですけど、ベリーは・・・「不気味」の域に達していたと思います・・・
ハートキャッチは・・・
ブロッサムとマリンはとっても可愛い仕上がりなのに・・・
ムーンライト姉さんは・・・・うーーん・・、「怖いよ・・・あのお姉さん、何か怖いよ・・」の世界でしたね・・・(苦笑・・)
いや、なんかあのムーンライト、絶対「悪意」があるとしか思えないような「怖さ」が
確かにありましたね・・・

私・・・勿体無い事に二人はプリキュアシリーズとプリキュア5のショーは見た事が一度もありません・・・
私、2006年までは、住宅メーカーの展示場モデルハウスの営業担当でしたから、
多分・・・
「ふたりはプリキュア」なんかは、集客用ショーとして多分呼んでいたはずですから、
今にして思うと勿体無かったですね・・・
ま・・・その頃、私はまだ「プリキュア」なんて全然知らなかったのですけどね・・・・

本格的にプリキュアショーを見るようになったのは「スマイルプリキュア」以降ですね・・・・





確か・・これは、とある住宅展示場での「キュアメロディ」単独の握手会&サイン会での一コマだったと
思います。
そうですね・・・
スイートプリキュアは、メロディとミューズはとっても完成度が高いのに、
なんか・・・
リズムとビートが「まだ少し怖いな・・」みたいな印象はありました・・・

でも、このメロディ、とっても可愛かったですね・・・!!
ツインテールのあのフサフサとした髪型がとってもキュートで、風が舞うとツインテールもふわっ・・・と揺らめいて
いるのが大変印象的です。


CIMG6163_convert_20131111002923.jpg


CIMG6245_convert_20131129234549.jpg


そうですね・・・・

感覚としては、「スマイルプリキュア」から俄然デザインが精密となり、可愛くなり、
「怖い・・」と感じさせるプリキュア被りものが皆無となったような気がします。
マーチなんか、ポニーテール+ツインテールの変則的髪型で子供さんには「怖い・・」という印象を
与えてしまう危険性もあるかな・・・と思っていたのですけど
全然そんな事も無く、全員、小さい子供さん達からは親しまれていましたね。

やはり小さいお子さんには「ハッピー」が大人気でしたね!!

サニーのあの独特なお団子ヘアも見事に再現されていました。



CIMG5970_convert_20130819133958.jpg


CIMG5958_convert_20130815174546.jpg


「ドキドキ」からは更に精密さがupしたようにも感じられます!!

キュアエースはアニメ本編では追加戦士なのですけど、被り物ショーで初めてエースが登場した際は・・・
会場から
「おおーーーーーーっ!!」というどよめきと
小さいお子さん達の「かっこいいーーー!!」の声援が大変印象的でした!!

ダイヤモンドのあのふわっ・・・とした衣装の再現度も申し分なかったですね。


CIMG7341_convert_20140804000144.jpg


023_convert_20140802180659.jpg


CIMG6607_convert_20140330231720.jpg


「ハピネスチャージ」では精密さにプラスして「可愛らしさ」も更に磨きがかかり、
そうですね・・・このハピネスでもってプリキュアショーの完成度も理想値ほぼ近づいた様な印象がありました。
エース同様、追加戦士のフォーチュンが初お披露目された際は、
会場の雰囲気はやはり・・・「おぉーーーーーーっ!!」というものでしたね・・・!!

初期の頃は、ラブリーとプリンセスの二人だけのショーでしたけど、
小さいお子さんにとっては、
アニメ本編でのプリンセスのあのポンコツ度がたまらなく可愛く感じたのでしょう・・・
ラブリーよりはむしろプリンセスの方が
「プリンセス頑張って!!」みたいな声援は、小さいお子さん達からは大きかったですね!!


CIMG8574_convert_20150801204438.jpg



そして現役のGoプリ・・・・


うーーむ、やはり「プリキュアショー」でもこうした「美しきプリキュアの魂」は
受け継がれていくものなのですね・・・・


スポンサーサイト



いよいよ待望の劇場版「デート・ア・ライブ」万由里ジャッジメントが間もなく8/22に公開されようとしています。
先日の記事で、特典付きの「前売り券」どうしよう・・・という記事を書いたのですけど
あれはあくまでペアチケット用の特典で、
一緒に見に行ってくれる人がいない為、今回は・・・特典なし前売り券で行く事にしました・・
(うちの奥様は基本的には・・・セーラームーンとか会長はメイド様とか昔のベタベタドロドロ恋愛系が
興味の対象なので、この手のアニメは全く興味なし・・・です・・・)

昨年第二期が終わった時に映画制作が同時に発表されたのですけど、
「まどか☆マギカ」のようなテレビ版の再構成というスタイルではなくて、ライトノヴェルの原作にも無い
劇場用完全オリジナルストーリーで、
しかも・・・・
原作者もかなり関わっている映画でもありますので、
かなり期待をしています。

8/22の公開初日に見に行く事は残念ながら出来ないのですけど
とにかく・・・
早いうちに見に行きたいです!!
ま・・・多分・・・Movix内に「デート・ア・ライブ」関連のグッズも販売されていると思いますので
そこで時崎狂三関連のグッズでも何か買えたらいいな・・と思っています。



B00C39XNL4_01__SCRMZZZZZZ_SX1000_CR10,60,960,854__convert_20150815120647


そんな訳で・・・

この劇場版の映画公開前に復習を兼ねてこの「デート・ア・ライブ」を見てみたのですけど
個人的な感想としては、第二期よりは第一期の方が断然面白いと思います。
このアニメなのですけど、
2013年4月に第一期がスタートしたのですけど、
私、正直言ってこのアニメの事、原作も含めて全然知らない状態で見始めてしまったら、
夜刀神十香の初期の頃の、あの孤高な雰囲気・天涯孤独な雰囲気・あの何とも言えない寂しそうな表情に
とてつもなく魅かれてしまった・・という感じでした。
それでもってこのアニメを見るようになったのですけど、
段々と十香のデレデレ化&ポンコツ化が加速化していき、
物語が少しだるんできた頃に・・・・物語を一気に引締め、物語自体を劇的に急速展開させていったのが
この「時崎狂三」なのでした・・・

ま・・・この狂三の魅力についてはこのブログでもかなり執拗に語ってしまいましたので
ここでは重複を避けたいと思いますが、
とにかく・・・
あのミステリアスな雰囲気と
トチ狂った最悪にして最凶の精霊としての姿のギャップには本当に魅かれるものがあります。
この事は既に本プログでも何度か書いているのですけど、
もしも・・・自分が誰か他人の手によって殺されると仮定したら・・・自分だったら・・・この時崎狂三の手によって
ギチョンギチョンにされれば本望・・・とすら思ってしまいます・・・
その位、魅力が尽きないキャラだと思います。

どうなのかな・・・映画ではどんな役割が与えられているのかな・・・??

ま・・今回の映画ではあくまでメインキャストではないと思うので、どのくらいストーリーに絡んでくるのか
それはそれですごく楽しみです。


doa715_convert_20150814204247.jpg


doa728_convert_20150814204315.jpg



doa729_convert_20150814204350.jpg


今回のこの記事では、この時崎狂三が初登場した第一期の第7話をごく簡単に振り返ってみたいと
思います。
と言うか・・・・
「精霊」が普通の高校生の振りをして高校に転入してくるストーリー自体が既にぶっ飛びもの・・・
(ま、このアニメ自体、かつて1.5億人の人類が瞬間的に死傷する大災害となった「空間震」という災いを
引き起こすとされる精霊に対して・・・・
この精霊を武力でもって制圧するのではなくて
精霊とデートしてデレさせて、その能力を封じ込め・・・!!というぶっ飛び設定の、何でもありのアニメですからね・・)

だけど・・・

あの時崎狂三の転校時の初登場シーンは本当に・・・とてつもないインパクトがありました・・・

あ・・ちなみにこの回だけは、狂三は精霊の姿というよりは、人間体としての姿がメインとなっています。
(これはある意味貴重な回・・・)

確かに外見は・・・・正統派の美人さんで、口調も「・・ですわ」が特徴的な上品な言葉遣い・・・
顔の左半分を隠す長い黒髪が一つの特徴でもあるのですけど、
ではなんで左半分を隠しているかと言うと・・・・
ま・・その・・・狂三の左目は・・・「時計」ですからね・・

しかも・・・主人公・士道に対する挨拶代りの第一声が・・・
「私・・・精霊ですのよ・・・」ですからね・・・

リアルタイムで最初にこのシーンを見た時は・・「なんて痛い子・・」・「でも・・・なんて驚異的に可愛いんだ・・!!」と
感じたものですけど
その後の狂三のトチ狂ったシーン炸裂とか
識別名・ナイトメアとしての精霊体としてのあの「毒蛾」にも似たようなあの衣装・・
興奮してくると「きひひ・・」と高笑いをしていく様子を目の当たりにして
そうですね・・・・
最初の頃の印象とトチ狂った精霊体としての狂三のすさまじいギャップに思いがけず
ハートキャッチされてしまい、
それが今現在にまで至っているという感じがあります。

ま・・・原作自体、まだ完結していない物語でもありますし、原作を読む限りでは
完全に時崎狂三の行動の「謎」とか「目的」については明らかになっているとは言い難いですし
特に最近では・・・狂三自体の考え方も初期の頃と比べると随分と柔軟になってきたようにも感じられますし、
とにかく、映画版も原作も
とにかく「見るのが楽しみ・・」という感じですね。

第7話は・・・とにかく・・・時崎狂三の時崎狂三による時崎狂三のための回と言っても全然過言ではないと
思うのですけど
その中でも特に印象的なのは・・
ま・・・多分、誰もがそう感じると思うのですけど
あのスカートをまくしあげていくシーンですね!!

主人公の士道は、妹が指令を務めるラタトスク機関によって、常にインカムを装備させられ、
その指示を仰いだ上での行動というのが基本パターンなのですけど、
狂三に最初に何を質問するのかというテーマに対して
①朝言っていた事は本当なのか?
②狂三は前はどの学校にいたんだ?
③狂三は今日はどんなパンツを穿いているんだ?
という三つのパターンを用意し、ラタトスク機関内での協議の結果、まずは②で様子を探ろうという結論に達し
それを士道にインカムで指示を出す際に
間違って・・・妹の五河 琴里がこの時に限って・・・・③の指示を出してしまい・・・
士道は・・・本当に・・・
狂三に対して、③を質問してしまいます・・・

その際・・・狂三は・・・
平然とクールな顔で・・・
「そんなに・・私のパンツ見たいのですか・・」とぶっ飛び発言をした挙句・・・
スカートをスリスリと上にまくりあげようとしていったのです・・・

ま・・・あのシーン・・原作ではバッチリ見えてしまうのですけど
アニメでは・・・
ま・・確かに深夜アニメなのですけど、あまりにもエロ濃厚なので・・・
見えそうで見えない・・・という所で終ったのが・・・
今にして思うと残念です・・・!! (苦笑・・)


doa766_convert_20150814204542.jpg


ま・・・時崎狂三は、見た目には・・・本当に清楚な正統派美人さんなんですけどね・・・(苦笑・・)

一体・・・どこをどう間違えると・・・あんなキャラになってしまうのだろう・・・

だけどあの狂った精霊体としての狂三がとてつもなく惹かれてしまうのですよね・・・!!



doa737_convert_20150814204422.jpg


doa741_convert_20150814204505.jpg


転校初日の帰り際・・・

士道の耳元で何やら囁く時崎狂三がとてつもなく妖しかったです・・・・

この後・・・街で3人の不良に声を掛けられた狂三は・・・その3人をあっけなく殺害してしまい、
(設定の上では、狂三は、この時点で既に1万人以上の人間を殺害している事になっています・・・)
その現場に急行したAST隊員(崇宮 真那)によって狂三はあっけなく殺害されてしまいます・・・
だけど・・・・
翌朝・・・
何事も無かったかのように狂三は、普通に登校してくる・・・

昨日死んだはずなのに・・・・

果たして狂三の正体と目的は・・・なぜ狂三は何度殺しても何度でも生き返るのか・・
果たしてこいつは一体何者・・・

そういう感じで第7話は閉じられます。

そして・・・物語は、第9話から第10話の前半まで
一気に劇的に加速化していきます・・・・

どうしても自分なんかは精霊体としての時崎狂三の魅力に魅かれがちなのですけど
こうやって改めて第7話を見てみると
人間体しての狂三もかなりの魅力を有していましたね・・・

 | BLOG TOP |