FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉で再放送中の「スマイルプリキュア」ですけど、高校野球中継の影響を受けて数週間お休みが
あったのですけど、やっと久しぶりに放映が再開されました・・・
今回の第16話は「れいかの悩み、どうして勉強するの・・」という名作の誉れ高い回だと思います。
これ、2012年のリアルタイムで放映されていた時からとても大好きな回でして、
スマイルの場合・・・・この第16話、そして第18話のなおちゃんのリレーの回、第19話のやよいの亡き父親との思い出話と
結構いい話が続く事になります・・・
ま・・・スマイルはシリーズを通してギャグ回が大変多いのですけど、
たまーにこうした「いい話」とか「泣かせる話」が出てくるので、余計にそうした話の感銘度が
高いのですよね・・・・
だけど、この第16話は、まさに・・・れいかのれいかによるれいかのための回という印象がありますし、
れいか=キュアビューティ大好きの私にとっては・・・
とにかく・・・見所満載の素晴らしい回だと思います。

この第16話のポイントは二つありまして、
一つは・・・・
プリキュア5とかスイート、ハピネスチャージでも提示されていた「人はどうして勉強をしないといけないのか・・?」という
古典的で且つ人間にとっては古今東西永遠不滅のテーマを、
いかにもプリキュアらしいアプローチによって
その一つの「回答」を提示しているという事と
二つ目は・・・
ま・・・要は・・・スマイルプリキュアの場合、
れいか以外の4人は全員類稀な「ポンコツ」である事を見事に実証している点だと思います。
この「どうして人は勉強をしないといけないのか」という古典的テーマは、
歴代プリキュアの場合、例えば・・・なぎさ・咲・のぞみ・響・めぐみといった少し頭の悪いピンク系が
その対象となるというのが歴代プリキュアの一つの流れ・お約束でもあるのですけど、
スマイルの場合、みゆき=キュアハッピーという歴代でもかなり頭は・・・あんまり良くないピンク系ではなくて、
あえて・・・・
頭脳明晰で学業成績が断トツに抜きん出ているれいかの視点から
「どうして人は勉強しないといけないのか」というテーマに果敢に正攻法でアプローチしているのが
とても素晴らしいと思います。
余談ですけど・・・・
ドキドキとか現役の姫プリのように、メンバー全員がある程度優秀&聡明だと
こうしたテーマを取り上げないのも何だか面白いものがありますね・・・・





b97887d6_convert_20150808205940.jpg



07c62e56-s_convert_20150808205755.jpg



そうですね、この「どうして人は勉強をする必要があるのか」という
「問い」に対しては、自分自身も含めて結論を出せる人は
そうそういないと思います。
別に難しい方程式を解いたとか、歴史の重要事件の起きた年を丸暗記したからといって
そけが社会でそのまんま役立つことは皆無に近いと思います。
ま・・・その辺りは、第16話の冒頭であかねややよいが相当愚痴っていましたけどね・・
要は、社会人となって、何か壁にぶち当たっときに、何か「ヒント」となるべき事柄が
勉強と言う「過程」の中から一つでも見当たればこれに越したことはないと思える程度で
十分なのではないかと思います。
生きる方向性を見出す中での「何か一つの方向性」を勉強を通じて何か一つでも得る事が
出来れば、それで十分だと思うのです。
「人はなぜ勉強するのか」
これに対する一つの答えは、
「生きていく上で色々迷いが生じた時に、答えを見出すためには、引き出しの中身が多いほど
 判断材料のヒントが多くなる。引き出しの中身を作り出す一つの過程が勉強」という
事なのではないでしょうか?

スマイルを見てみると、まだ16話当時のれいかには色々と「迷い」があったりするものです・・・・
だけど改めて全話を振り返ってみると、れいかは、例えばプリキュア5の大先輩かれんさんのような
「最終的には私は医者になりたい」というファイナルアンサーが出た訳ではありません。
まだ「これから自分の可能性を探っていく」という「過程」の段階で最終回を迎えてしまいます。
だけど、実はこれはいかにもれいからしい話であって、
「自分を高める一つの道が勉強」、同時に「自分を高める別の道がプリキュアであり、みゆき・なお
などのような友達との交流」という経過的側面で一旦完了させて、
番組終了後も日々精進し、自分の「道」を探求していくという感じなのでしょう。

それを示唆したのがこの第16話だったのかな・・・と今にして思うと感じる所であります。


第16話には、高村光太郎の「道程」の一節が出てきます。

僕の前に道はない
僕の後に道ができる

この部分は確かに何か「訴える」ものがありますよね。

れいか自身も(他の歴代プリキュアも含めて)、プリキュアとして戦っている最中には
見えない事があったとしても、戦いが終わった後に、
改めて「プリキュアとは・・・自分とって何だったのか、どういう足跡が残せて、何が自分を高めて
くれたのか」等を考えさせてくれる言葉でも
あるような気もします。
要は・・・・れいかの「道」はれいか自身が作り上げていくというものなのだと思います。
過去の足跡を大切にしながらも、常に・・・「未来」という前向きな視点で物事をとらえていく・・・
それか、れいかの「道」なのだと思います。
そうした意味でも高村光太郎の「道程」は、そうしたれいかの思いを示唆するものであり、
同時にれいかの迷いを断ち切るものだったようにも感じられます。

それにしても・・・・

「どうして私は勉強をしないといけないのか・・」という問いに憂いの表情を見せるれいかとか
みゆき達の日常風景に接して
「自分に足りないものは何なのか・・」と真剣に探究しているれいかの表情はやっぱり素晴らしいですね!!

私・・・スマイルは誰が何と言っても圧倒的にみゆき=キュアハッピーが大好きなのですけど、
やっぱり・・・・
れいか=キュアビューティも捨てがたいものがありますね。
私にとって、スマイルの二大ヒロインはやっぱり、ハッピーとビューティなのかも・・・・



d29f0f9b_convert_20150808210037.jpg


c3c97196_convert_20150808210011.jpg


それにしても・・・・

れいか以外の4人は、やっぱりポンコツ・・・・・(苦笑・・・)

アカンベエが出題する問題に対して誰一人正解を答えられない4人のポンコツ度は
すさまじいものがありそうですね・・・
というか・・・
スマイルの一年間のシリーズを通してアカンベエが「あかんべえ」という言葉以外を喋ったのは
この回が最初で最後なのかも・・・

「英語で私の名前はキュアサニーですとは・・・?」

→ワタシ・・・キュアサニー・・・(カタコト日本語・・・)

「1+2+3+4は・・?」

→タイムオーバー

「徳川幕府三代目の将軍の名前は・・?」

→徳川家なんとか・・・

「犬も歩けば・・・のことわざの後に続く言葉は・・?」

→犬も歩けばここ掘れワンワン・・・・

うーーむ、このポンコツ度は・・・歴代でも相当ひどいものがありそうですね・・・・(苦笑・・・・)


924ba6d2-s_convert_20150808205846.jpg


279990dc_convert_20150808205912.jpg


ここで歴代プリキュア達を振り返ってみると・・・

東京MXテレビでやはり再放送されている「プリキュア5 GoGo!」も間もなく最終回を迎えるのですけど
このプリキュア5 GoGo第22話も
見方によっては、前作プリキュア5【無印版】の第11話「のぞみとココの夢気球」という
大変素晴らしいお話と2年越のある意味「連作回」とも思えるのです。
無印版でののぞみは、のぞみ自身、
「人はどうして勉強をしないといけないのか・・・」という大変難しい問いを考えた事も無ければ
真剣に向き合った事すらない子でした・・・・
無印版としては、
「無理をしないで、まずは自分か興味を持った事から始めればよい」というココのアドバイス程度に
留まっているのですけど、この難しい問いの「回答」を
のぞみ自身が翌年の「プリキュア5GoGo」でりんちゃんの弟妹達に「一つの回答」というか「道筋」を
提示しているのは、のぞみの二年間の成長であり
とても素晴らしいものがありましたね。
最終的にのぞみも「将来は学校の先生になりたい」という夢を持つようになりましたけど、
間違いなくのぞみは素敵な先生になると思いますし、
「勉強が出来ない」事を経験している人間が教師として、出来ない人間を導いていく姿も
何だか尊いものがあるような気がします。

無印版第11話においては、当初勉強に対して全く興味を持てないのぞみに対して
「強制的に無理矢理やらせる事」を実践させようとしたかれんさんがいましたけど、
それは・・・・
勉強自体に興味が持てない以前に、「どうして自分は何かを学ぶ必要があるのか・・・」という根本的問いかけに対して
全く答えが提示できないのぞみにそうした「無理強い」をさせる事自体無茶な話・・・・
この時点では、かれんさん自身も、まだまだ「人としての成長」とか「人としての魅力」に欠ける面が
多々あったのですけど
ま、・・・この辺りも翌年のGoGo版では多分全然違う反応を示していたのは間違いないと思われますので、
この物語は、のぞみだけではなくてかれんさん自身の「成長」の物語でもあったような気がしますね。

ま、要は、
人間、興味が持てる事や自分が好きな事は、他人から特段言われなくても自発的に
学べるという事・・・
そして「勉強」とは、
自分が興味がもてそうな事は何なのか、自分がやりたいことは何なのかを
見つけるために、色々な分野の事をまずは浅く広く学び、その中で自分が本当にやりたいことを
見つけていくための「一つのプロセス」なのかなとも思えます。

人間、嫌いな事は決してやらないもの・・・
むしろやらない方がいい・・・・
だけど嫌な事を強制的にやらせられることの「苦痛」ほどつらい事はない・・・

多分、そんな事なんだと思います。

要は・・・・

他人がいくらギャーギャー言っても、当人が「どうして勉強しないといけないのか・・・」という
根幹的な事を理解しない限りは、
これはまさしく「馬の耳に念仏」の領域なのだと思います。
そして・・・・
その動機に気が付いた当人が自発的に勉強を開始して、やっとスタート地点に立った・・・・という事
なのだと思います。

プリキュア5GoGo版ののぞみは・・・・
前作プリキュア5【無印版】で学習した事を今度はきちんと、決してココからの受け売りではなくて
のぞみ自身の言葉で語っている点が本当に素晴らしいと思います。

例えば・・・

りんちゃんの弟妹が「分数の意味が分からない」と駄々をこねても、
単純に数学的に無機質に説明するのではなくて
「おせんべい」を例に示しながら、
「今ここに4人いるのだけど、一枚のおせんべいを4人で食べたい場合どうすればいいのかな・・・」
「そう四等分すればいいんだよね・・・・それが分数の1/4だよ・・・・」とか
具体的な実例を交えながらきちんとのぞみ自身の言葉で伝える事が出来ているのは、これは・・・
本当に大変な進化だと思いますし、
とても一年前に数学のテストで18点の点数を取って、かれんさんから鼻で小馬鹿にされるあののぞみと同一人物とは
思えないほどの進歩だと思います。

やっぱり・・・・プリキュアシリーズのこうした「継続性」・「連続性」は素晴らしいものがありますよね。

スポンサーサイト



11.雄新中学校

 A/スペイン奇想曲

このチームとしては二回目の全国大会出場を果たしたのがこの年でした。
 だけど・・この年の演奏なのですけど、なぜか・・・銅賞という結果で終っているのですよね・・・
 正直・・・これは私のあくまで個人的感想なのですけど
 この演奏のどこが「銅賞」なのかさっぱりわかりません。
 課題曲も自由曲もとにかく生き生きとして躍動感に溢れ、技術もしっかりしているし、
 何よりも・・・
 自由曲でのクラリネットをはじめ、フルート・オーボエのソロ陣も大変安定した見事なソロを
 聴かせてくれているし、
 金管のリズムの切れもサックスセクションの洗練された音色も文句のつけようが無いと思います。
 音楽的な解釈も極めて妥当で、特段妙ちくりんな解釈をしている訳でもないし
 極めて人の心にまっすぐと伝わる素直で伸び伸びとした演奏であり、
 私としては・・・「素晴らしい!!」としか言いようがない演奏だと今でも思っています。
 後年の、例えば・・・・1985年~87年の演奏の方がいかにも鈴木先生らしい個性が溢れた演奏を
 聴かせてくれているのですけど
 この年は・・・正直、まだ鈴木先生らしい解釈とかアクの強さは漲ってはいません。
 ま・・・いってみれば極めてオーソドックスな解釈&演奏だと思うのですけど
 それでもコンクールの「評価」としては銅賞ですからね・・・
 本当にこうした「審査」というものは、水物ですし、審査員の好き嫌いによっても大分傾向は変わってくると
 思いますし、
 別にそれが絶対的なものとは全く思えません。
 というか・・・
 この評価は、たまたまそうした審査員と巡り合った結果としてのものであり、
 全然別の場で別の審査員から審査を受けていたとしたら、評価も全然別の物になる可能性すら
 あると思います。
 そうですね・・・
 とにかく私はこの演奏は大好きです!!
 だから・・・確かに審査結果に納得はしていないけど、
 それが絶対的な全てではない・・・
 「私」が「素晴らしい!!」と言うのだから、それでいいじゃないか・・!!という感じなのだと思います。

ちなみに・・・

 この雄新中の「スペイン奇想曲」の翌年の定期演奏会の曲目の一つがこの「スペイン奇想曲」でありまして、
 この時、ソロクラ&ファーストクラを担当した私なのですけど、
 とにかく技術的には難しかったです。
 雄新の演奏を聴くと、難しい部分もさらっと吹いているので、
 知らない人が聴くと「そんなに難しい曲でないのでは・・・?」みたいな誤解を与えかねないのですけど、
 いやいや、そんな事はありません・・
 難易度的には結構グレードは高いと思います。
 何て言うのかな・・・自分自身がこうやって吹いてみると、やはり雄新中の偉大さは痛いほど・・・
 よーーく分かりました・・・
 ちなみにですけど、自分達の定期演奏会の際、
 私は個人的には「スペイン奇想曲」は、原曲のオーケストラ版としては、
 オーマンディー指揮/フィラデルフィア管弦楽団を
 吹奏楽アレンジ版としては、前述の雄新と1982年の尼崎西高校と1981年の中村学園を
 結構参考にしました・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先は、私がこのブログで記した雄新中に関する記事から幾つかを再構成して改めて
記したいと思います。
プロフィールで記している通り、
とにかく私は・・・・雄新中の1987年の「エルザの大聖堂への厳かな行列」の素晴らしい演奏に感銘を受けてしまい、
あの演奏の素晴らしさ、
そして・・・ま、この事は既に上記の1982年のスペイン奇想曲でも書いた通り
私が素晴らしいと感じた事と実際の審査結果は必ずしも一致するものではないんだな・・・という事を
改めて皆様にご理解頂ければ・・・本当に幸いです。
でも私は・・・あの演奏の素晴らしさをこうやって少なくても私の命がある限りは・・・後世に伝え続けたい
気持ちで一杯です!!
ま・・・同様な事は・・・1982年の花輪高校のウォルトンの交響曲第1番とか
就実高校の「幻想舞曲集」とか
仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲とか
屋代高校の松村禎三/交響曲などにも
言えるのですけどね・・・・

雄新中学校なのですけど、鈴木先生時代にこんなにも素晴らしい演奏を聴かせてくれているのに
評価的には必ずしも高い評価を受けていないのは
個人的にはとても残念です。
ホント・・・もう少し高い評価を得ていても決しておかしくはないのですけどね・・・

「雄新にしては・・・少し消極的な演奏だな・・・」とも感じてしまう1984年の「運命の力」は金賞・・・・
うーーーん、やっぱり「コンクール審査」は水物ですし
審査員の価値観・好き嫌いで随分と評価も変わってしまうものなのかもしれませんよね・・・・

特に雄新が光り輝いていたのは、1985年~1987年の3年連続銀賞の頃かな・・・・

 1985年 課題曲C 自由曲/こうもり序曲

 1986年 課題曲B 自由曲/ローマの謝肉祭序曲

 1987年 課題曲E 自由曲/歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列

あの3年間は、本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれていましたね。
評価は全て「銀賞」なのですけど、
私の中では・・・・あの3年間の演奏は・・・・
「金賞」以上のものがありますし、
何よりも「人の心にまっすぐと伝わる何か」は間違いなく残してくれていたと今でも確信しています。

その中でも特に1987年の「エルザの大聖堂への厳かな行列」は本当に
素晴らしかったです!!
あそこまで素晴らしい演奏を聴かせてくれたのに、あの演奏が審査結果で「銀賞」と発表された時は・・・
マジに・・・
「審査員、全員死んでしまえ!!」と思ってしまいましたけどね・・・・(苦笑・・)

1987年の雄新は、何と恐るべきことに36人編成です。
当時、普門館で生でこの演奏を聴いていましたけど、生で聴いても録音で聴いても
とても少人数とは思えません。
とにかくサウンドは豊かです。
そして何よりも表情は極めて豊かですし、感受性が大変豊かなのですけど、それがちっとも不自然ではないし
実に素直で伸び伸びと吹いている所がすごいですし、
指揮者の先生が「こう吹け!!」と言ったから言われたまま吹いているみたいな「お人形さん」みたいな演奏では
ありません。
鈴木先生の解釈では、ところどころにテンポルバートをかけたり、音を微妙に揺らしたり
音楽を大胆にも途中で静止寸前までテンポを落としたりと色々と「やりたい放題」という感じも
するのですけど、それがちっとも作為的でないというか、自然体な所が
本当に素晴らしいです。
ま・・・鈴木千先生自体の指揮はかなり大振りですけどね・・・
(私の周囲では、あの指揮は・・・「まさに踊る指揮者」と評する人もいました・・)

この年の雄新は課題曲のマーチでは、金管の優秀さ(特にユーフォニアムの裏メロは素晴らしい!!)
自由曲においては、金管は比較的抑制し、
木管を情緒たっぷりにしっとりと吹かせていたのが大成功だったと思いますし、
とにかくあのサウンドとあの音色は・・・とにかく・・・あの演奏から20年が経過した現在でも
一聴の価値ありと確信していますし、
とにかく・・現在の若い奏者の皆様にも是非是非「あのしっとり感+みずみずしい感性」を
聴いて欲しいと思っています。
前半のオーボエソロなんかは絶品ですね!!
中盤の瞬間的に音楽の流れを止めかけた時は・・
生で聴いた時は「あれれ・・・鈴木先生、ここでまさかの演奏中止・・・??とも瞬間的に感じたのですけど
ここから、テンポルバートをかけまくって音楽全体をファンタジーに染めていた
あの解釈は・・・
今聴いても斬新ですし、とにかく美的限界をとっくに超越した「退廃的美しさ」がそこにはありました。
ラスト近くのホルンの雄叫びも良かったし、終わらせ方も一旦音量を落としてから盛大にフォルテ
していくのもむしろ自然体なような感じもします。
音楽が本当にワーグナーの求める「重厚さろ・「神秘さ」・「透明な清涼感」を見事に醸し出していたと
思います。

この演奏から既に28年も経過しているのですが、
この雄新中の素晴らしさは・・・・・
私は、永遠に語り継いでいきたいと思いますし、
永遠に後世の人達に受け継がれて欲しい素晴らしい演奏の一つだと思います。

私よりも年配の更なる吹奏楽オールドファンの方は、
「エルザの大聖堂への厳かな行列」というと、1966年の豊島十中とか1974年の首里高校とかを
推す人が多いとは思いますが、
私にとっては「エルザ」は1987年の雄新なんですよね・・・

だけど、ここで一つ雄新以外の「隠れた名演」をここに記したいと思います。

それがどこかと言うと・・・1983年の茨城高校だと思います。

全体的には、考え込まれ練りに練った「知性的な演奏」とも言えると思います。
エルザ・・・はカイリエ編曲の場合、前半部分、オーボエからクラリネットへとメロディーラインが
受け継がれていくのですけど、
茨城高校の場合、カイリエ編曲でありながらも、オーボエがクラリネットへと繋ぐことはしないで、
オーボエ一人でソロを奏でていますから、この辺りの解釈は大変面白かったと思います。
全体的に知性的で構成がしっかりしている印象がある中で、矛盾しているのかもしれませんが
同時に「感受性」が大変強い演奏のようにも感じられます。
ラスト近くのホルンの雄叫び以降の展開は、金管楽器と打楽器が、これまで抑えに抑えていた
感情の高ぶりを一気に爆発させているような感じもしましたし、
あの「感情の高まり」は、本当に自然なもので、むしろ奏者の自発的な感受性のなすがまま演奏した結果
と言えるのかもしれません。
音が多少硬いのが多少の欠点なのかな・・・
金賞には至らなかったけど、惜しまれる銀賞の一つですし、
私としては、雄新の次に大好きな「エルザ・・・」の演奏です。
(1988年の高橋水産の演奏もなかなか素晴らしかったですけどね・・)




 

 | BLOG TOP |