FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」第25話ですけど、
実は・・・
5月辺りから、このブログでも
はるかって・・・実は「埼玉県民」なのではないか・・・?
うーーん、それならば何となく・・・・みなみやきららに比べて少し「ダサい」感じがするとか「垢抜けない」というのも
分かる気がする・・・
みたいな事を書いていたと思いますけど、
多分・・・・それで間違いないと・・・今ではそれは「確信」に変っています・・・

なんかそうした思いを強くした第25話でもありました。

あ・・・勿論・・・第25話の本流は、この記事の一つ前の記事でも既に書いていますけど
トワの「夜が来るのが怖い・・・」という「夜への不安感」とそれに対するみなみの優しい気遣いという事なのだと
思いますけど、
なんか・・・・
「はるはる実は埼玉県民」みたいな事を予測していたら、それが本当っぽくなってしまった事の方が
正直・・・・驚きです・・・





私の勝手な脳内妄想では・・・

はるかは埼玉県民
きららは都内港区辺りの白金とか高輪とか麻布あたりの超高層マンションの住民
みなみは湘南方面
ゆいちゃんは・・・うーーん、群馬か栃木あたりかな・・・(苦笑・・)と思っていました。

そして・・・

何となくですけど、ノーブル学園って品川にありそうなイメージが何か・・・私の中ではあるのですよね・・・・

勝手なイメージですけど、何かノーブル学園って、「品川女学院」みたいなイメージが
なんか・・・
私の脳内妄想の中ではあるのですよね・・・(苦笑・・)
ま・・・品川女学院は、全寮制ではありませんけどね・・・

さてさて・・・・

ではなんではるかは埼玉県民であるかという事を確信したかと言うと・・・・

理由は下記の点が挙げられると思います。

1.はるかの親父の「うまい、うますぎる・・・」発言

 ま・・・これに関しては・・・「浦和の調ちゃん」カテゴリで散々ネタにしてきましたので
 ここでは詳しくは書きませんけど、
 埼玉県の数少ない名産品・銘菓というと「十万石まんじゅう」があるのですけど、
 この十万石まんじゅうのテレビ埼玉限定のCMのフレーズが
 「うまい、うますぎる・・・」というのですけど、
 はるかの親父は、4月下旬の回で、はるかが焼いたクッキーを評して「うまい、うますぎる・・・」と口走っていましたので、
 あれを見た瞬間・・・・埼玉県民の私は・・・
 「あ・・・、コイツ、絶対埼玉県民だ・・・」とほぼ確信していました・・・(苦笑・・)

 e1f34b18_convert_20150504193006.jpg


892d57bc_convert_20150424144903.jpg


2.はるかの実家の街並みがどうみても「蔵の街」そのもの・・・

 埼玉県川越市は、埼玉県の中では、さいたま市・川口市に次いで人口が多い市であるのですけど
 どちらかというと、「小粋な街」というイメージが大変強いです。
 埼玉県と言うと、どうしても「冴えない・・」・「ダサい・・・」・「東京都の単なるベッドタウン」・「何にも無い県・・」みたいな
 マイナスのイメージが強いようにも感じられるのですけど
 埼玉県に長い間住んでいる私から言わせて頂くと
 「まさに・・その通り・・」という感じなのですけど、その中の例外は「川越」かな・・・
 「小江戸」と昔から言われている通り、川越藩の城下町として昔から大変栄え、その名残として
 城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方で神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に 
 次いでいます。
 「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」という言葉がありますけど、
 何か言いたい事はよく分かりますね・・・(笑)
 そして、川越の特徴は・・・何と言っても「蔵の街」というか、伝統的な「蔵」みたいな建造物が
 現在の「都市」という街並みにも溶け込んでいて、
 ここの蔵が立ち並ぶ通りとか
 和菓子屋さんが集中する川越市役所近辺の通りを散策すると・・・
 なんか・・・
 感覚としては「小粋な大正時代」みたいな雰囲気すら感じさせてくれます。
 はるかの実家は「和菓子屋」ですけど、ま・・実際、川越には「菓子屋横丁」なんていう通りは実在していますからね・・・
 そうですね・・・
 ダサくて何にも無くてあるのは「超高層タワーマンション」の埼玉県にあってはこうした粋な街は極めて珍しいですし
 埼玉県の中では、秩父に次いで由緒正しい観光名所だと思います。

 「Go! プリンセスプリキュア」第25話で登場してきたはるかの実家近辺の風景は
 誰がみてもあれは・・・間違いなく「川越」ですね・・!!
埼玉県民で、川越には何度も何度も遊びに行っている私が言うのですから、多分・・間違いはないと
 思います。
 それと・・・これは既にネットの感想では行き渡っているのですけど
 はるか達が歩いていたシーンで特徴あるドーム型の建物が登場していましたけど
 あれは・・・間違いなく・・・
 埼玉りそな銀行川越支店です・・・
 

e992c722_convert_20150804200640.jpg


3.はるか達がお詣りしている神社がなんか・・・川越氷川神社っぽい感じ・・

 はるか達がトワも連れてお詣りした神社が・・・
 なんか・・・
 川越氷川神社みたいな雰囲気があったようにも感じました・・・

 ま・・・これは少し違うかも・・・

 川越の神社仏閣というと、圧倒的に・・・「喜多院」が有名ですし、喜多院は・・・平日ここを参拝しても
 かなり混雑していますね・・・
 この喜多院から川越市役所方面の道路に並び立つ「蔵」が本当に粋ですし・・・
 なんか・・・大正ロマン時代にタイムスリップしたような感覚がありますね・・・

 ちなみに・・・
 
 川越は・・・

 NHK朝ドラの「つばさ」がモデルとなった土地でもあります。


4.はるかが利用した駅が西武新宿線の本川越駅そっくり・・・・のような気が・・・・

 これは第26話の範疇に入りますけど
 はるかがアロマから「トワが風邪を引いて熱を出している」と連絡を受け
 急いでノーブル学園に戻るのですけど、その際利用した駅は・・・
 なんか・・・どうみても・・・西武新宿線の本川越駅のようにも見えます・・・・

 そうそう・・・川越は、交通の要でもありまして、JR・西武戦・東武線が揃っていて
 ターミナル駅という感じもあります。
 ちなみに・・・
 西武新宿線には、新宿から本川越までほぼノンストップの特急「小江戸号」もあったりします。


ま・・・・そんな訳で、はるはるの実家は・・・埼玉県川越市でほぼ「けってーーーい!!」
(by プリキュア5の夢原のぞみ・・)

ついでに・・・

 川越は、結構、「天然温泉」の日帰り施設が色々あったような気がします。
 今回のお話でも、そうした銭湯みたいな温泉に行くエピソードもありましたけど、
 なんで「皆で一緒にお風呂・・・!!」のシーンをカットしたのかな・・・・?? ・・・・苦笑・・・・


0e8163ab_convert_20150804200402.jpg


せっかくの夏休みなのに、泊りに来た家の子のお手伝いというある意味「おせっかい焼き」に精を出すのが
伝統的なプリキュア・・・
今回、みなみはやたらと「夏休みの体験ね・・・」とか口走っていましたけど
ま・・・ある意味今回のお話は・・・世間知らずみたいな所もあるみなみとトワの「おっとりさん同士の百合回」
みたいな側面もありましたね・・・
今回、はるかの家のお泊りに一番気合が入っていたのは・・・みなみでしたね・・・(笑)
みなみは今回スーツケースを三つも持っていきましたけど
一つはお土産用高級メロン・・・(苦笑・・) 二つ目は花火でしたけど
三つ目は何だったのかな・・・??
ちなみに・・・私の脳内妄想は・・・・夜の恒例の(?)まくら投げ用の「まくら」だと思います・・・・
ま・・・スマイルプリキュアの修学旅行回でも・・・・
あのれいかさんですら・・・・まくら投げはノリノリでしたね・・・・
枕以外の回答としては・・・・
ハピネスの終盤で、めぐみがプルーにフラれた際にいおな達がめぐみを気遣って開催した「パジャマパーティー」が
ありましたけど、
案外・・・姫プリでもそうした「ガールズトーク」用のパジャマでも持参したのかな・・・??
うーーん、トワのパジャマは何か見てみたい気も・・・??

はるかの和菓子屋のお手伝いの際に、
トワは「お茶出し」を担当していましたけど、あの時のお茶は・・・・なんかお茶と言うよりは
みなみが持参したメロンジュースみたいな色でしたね・・・・

それにしても・・・・

きららのエプロン姿は・・・なんか・・・・とてつもなくヤバイ雰囲気がありました・・・・!!

あれは・・・

見る角度によっては・・・・「裸エプロン」のようにも見えなくはないのかな・・・・(苦笑・・・)

やっぱり、きららは何を着ても「絵」になる子ですね・・・・

その点・・・・きららとは対照的に難か冴えないダサさを感じさせるはるはるは・・・・
やっぱり・・・・
埼玉娘という感じなのかも・・・・(苦笑・・・)



790c049a_convert_20150804200429.jpg

a0600a42_convert_20150804200524.jpg


今回のお話で大変印象的だったのは、トワが抱える「内在的不安」ですね。

確かに今現在は、ノーブル学園在籍の普通の中学生ですし、同時に「キュアスカーレット」という
プリキュアでもあります。
だけど・・・・
確かにトワ本人がはっきりと自覚している通り、
黒のプリンセスとしての「トワイライト」時代の記憶がトワの内面にはっきりと「記憶」として内在している点が
大変厄介な所でもあります・・・
もちろん、トワ自身、そうした悩みは自覚していますし、
トワイライト時代の己の罪深さと自己責任の意識は強く持っていて、
贖罪と言うよりは、むしろ、プリキュア化→グランプリンセスへの道→ホープキングダムの国民を救済するという道筋で
「己自身の進むべき道」というのもはっきりと自覚している
大変「意識の高いプリキュア」だと思いますし、
ま・・・そのあたりは・・・先代のどっかの青い「プリンセス」とは月とすっぽん・・・

だけど・・・確かにそうなんだけど、

トワイライト時代の「自分自身」というのもやはり・・・結局は自分自身なのですよね・・・・

何て言うのかな・・・・

昼の顔=トワと夜の顔=トワイライトという二つの側面を有しているプリキュアと言えるのですよね。
ま、その辺りはフレッシュのイース=パッションもそうだったのですけど、
パッションの場合、
トワみたいな「痛々しさ」はあまり感じさせなかっただけに、
やはり余計トワの「痛み」は分かるような気もします。

人間には、もしかして「二面性」みたいな所もあり、表の顔=昼間の顔いうのと
裏の顔=夜の顔という二つの側面があるのかもしれません・・・
基本的には、人と言うものは、太陽の光をさんさんと受け止めて健康的に力強く前向きに生きていく生命体
なのでしょう・・・
しかし・・・それはあくまで建前の話であり、
建前あれば本音があるように、表向きがあれば裏向きもあり、
人間と言うものは、決して「太陽」のように健全に正気だけで生きてはいけない面もあるのかな・・・と
思いますし、
人間の裏側=心の深層には、後ろ向き・不健全・退廃的なものは・・・
多分・・・誰しもが持っていると思います。

トワが内面的に苦悩しているのは、そうした「二面性」と言えるのかもしれませんし、
増してトワ本人が「トワイライト様」だった故に
余計にそうした二面性ゆえの不安・・・・
「どっちの私が本当なの・・?」という不安は・・・・やはりどうしてもぬぐえないと思います。

だからこそ・・・・トワは悪夢にうなされ、

「トワイライトのときの記憶を思い出すの…」 「夜がくるのが怖い・・・」という不安感を
ついつい・・・みなみに打ち明けたのだと思います。
いやいや・・この場面実によかったですね・・・
トワがこうした内面的不安を打ち明ける相手は・・・きららとはるかでは少し明るすぎるし
みなみが一番適任と思われるだけに
その人選は申し分なかったと思います。

そして・・・みなみ自身の

「夜が怖くなったら、こんな風に皆と一緒にいればいい・・・」
「もっと私達を頼っても良いのよ・・」
という発言に繋がっていくのですけど
あれは・・・・
初期の頃はどちらかというと孤高で「誰に頼るのもイヤ!!」というみなみの現時点での成長を示唆しているもので
大変好感が持てましたし、
同時に、トワの「お化けも・・??」というの一言は
逆にトワっち自身のみなみに対する信頼感を巧みに描いていたようにも感じられます。

とにかく・・・

ここの場面は大変よかったですね。



4635a3a3_convert_20150804200455.jpg


それにしても・・・・

いまだにトワイライトがいなくなりスカーレットになってしまった事に納得いかないシャットが
なんかある意味気の毒・・・・(苦笑・・・)
だけど・・・
そんな事を理由にして自身が「傷心旅行」に行けるなんて・・・・
意外と・・・ディスダークもゆるい組織なのかも・・・・??

だけどシャットは、いまだに

「元・トワイライト様」とか
「可愛さ余って憎さ百倍」とか
「キュアスカーレットのお姿もお美しい・・・」などなど・・・

トワイライト様にいまただに未練たっぷりな様子がなんとも・・・・気の毒と言うかある意味お茶目ですね・・・

今回、シャットは消防団員をゼツボーグにしていましたけど、
その消防団員を「炎のプリキュア」が浄化しているのも・・・何かある意味皮肉な話ですね・・・・(苦笑・・・)


b7785a46_convert_20150804200611.jpg


最後に・・・・

スカーレットの

「闇に追われるのが私の定めならば、もう目を逸らすことはしません!」
「この手で闇をはらいます!!何度でも!!」
というシーンは、大変決然としたものを感じさせ、
とってもこのシーン気にいっています!!
スポンサーサイト



この記事の一つ後の記事にて
「Go! プリンセスプリキュア」第25話の事を相変わらずグチャグチャと語る事になるのですけど、
この第25話の中で、一つ大変印象に残るシーンがありました。

それが何かと言うと、

トワがみなみに対して

「夜が来るのが怖い・・・夜が来るとトワイライト時代の自分の記憶を思い出してしまう・・・」と
怯えている場面でした。

ま、だけどこの「夜が怖い・・・」というのは人間にとっては一つの「本能」と言えるのかもしれません。
小さいお子さんが、真夜中に「悪夢」にうなされるとか
子供が寝る際に、「電気を消さないで・・・・真っ暗闇の中に一人でいると何か・・・怖い・・・」とか
小さい子供が「夜、一人っきりで寝ていると、何か魔物が自分をさらってどこかに連れて行ってしまう・・」とか
何て言うのかな・・・・
「夜」というのが「恐怖」の象徴として人間の記憶に元々インプットされているものなのかも
しれませんよね。
かつて人間達が、まだ電気とか火とか自分の家を所有していない頃、野宿をしながら昼間に狩猟を行う一方、
夜は・・・猛獣たちの真夜中の獰猛な叫び声・うめき声を耳にしながら
「いつあいつらが襲ってくるのか・・」みたいな恐怖感と戦いながら夜を過ごしていた「古い記憶」というものが
やはり現代に至っても「本能」として記憶の中に残存しているのかも
しれませんよね。

さてさて・・・・トワのそうした「夜が来るのが何だか怖い・・」という話を耳にした際、
不思議と・・・
何だか思い出してくる曲が一つありました。

それが何かと言うと・・・

極めてマイナーな曲で申し訳ないですし、
正直・・・知る人ぞ知る作曲家&ピアノ曲の範疇に入ってしまうと思うのですけど
モシュコフスキ作曲/六つの幻想小品集~夜の不安
という曲でした。

あ・・・この「夜の不安」という楽章自体、大変短く、1分半程度で、正直・・・あっ・・・と言う間に終わってしまう
極めて短い音楽です。
「夜」とか「不安」というタイトルから想像すると、
なんか「おどろおどろしいもの」とか「妖怪」とか「けだるさ」みたいなものを連想しがちですけど
実際は・・・・
かなり激しい雰囲気を伴う大変印象的な楽章です。





モシュコフスキという作曲家を初めて耳にしたのは、確か・・・1999年頃あたりだったかな・・

この当時、例えば、東京芸術劇場とかサントリーホールとか川口リリアなどのような音楽ホールには
必ずと言っていいほど「ぶらあぼ」という無料音楽雑誌がラックに置かれていて
これ・・・確かに広告は多いのだけど
クラシック音楽関係の情報とか作曲家・指揮者・演奏家等のインタビュー記事とか
コンサート情報とか
結構中身は充実していて、とてもとてもこれが無料といのも何か申し訳ない・・・と感じさせる程
結構立派な内容だったと思います。
(残念ながら、数年前に廃刊になりましたけどね・・・、ま・・・採算が取れる訳無い感じでしたよね・・・
クラシック音楽を聴く人は・・・うーーん、どうしても少数派だしね・・・)

そのぶらあぼの記事の中で取り上げられていたのが
藤原亜美さんという札幌出身のピアニストが録音した「モシュコフスキ・ピアノ作品集」というCDの記事だったのですけど、
当時、なぜかその記事とモシュコフスキという埋もれた作曲家に興味を持ち、
2000年頃だったかな・・・上野の東京文化会館小ホールで開催された藤原亜美さんのピアノリサイタルを聴いた際に
「ま・・・これも何かの縁だ・・」と思って購入したのが
上記画像の「モシュコフスキ・ピアノ作品集」というCDだったのです。

そうですね・・・・

正直言うと、今でもこのモシュコフスキという作曲家の事は、私自身、あんまりよく分かっていません・・・

というか・・・

あまりにもマイナーで埋もれた作曲家という事情もあるのですけど、
とにかく・・・情報量が圧倒的に少ない・・・
だから・・・・知りたくても興味を持っても、特に文献も参考CDもほとんど無いから
今でもあまりよく分からないのですよね・・・

だけど、この藤原亜美さんのCDを聴く限りの感想としては・・・・

そうですね・・・一言で言うと、

決して絢爛豪華でも派手でもないし、かといって特に内省的で抒情的で泣かせる曲という感じでもないし
そうですね・・・
ショパンっぽくもないし、ラフマニノフっぽいメランコリーも別にないし・・・・
何だろう・・・
「音楽が名人芸的に軽妙に流れてくる・・」とか「BGMみたいな感覚」とか
「何も難しい事を考えずに、ただそこに流れてくる音そのものを純粋に味合う・・・」
そういった感じが私の中ではあります・・・
ま・・・これはあくまで私個人の感想ですけどね・・・・
何て言うのかな・・・・
聴いていて、「あ・・・なんか懐かしい・・」とか「昔、どっかで見た事あるな・・・」みたいな感覚の音楽という感じが
あります。
藤原亜美さんのCDに収録されている曲のほとんどが、一つの曲が2~3分以内の大変短いものばかりというのも
そうした「聴き易さ」にも繋がっているような感じもあります。

モシュコフスキは、時代背景的には・・・・
ショパンの没後5年後に生まれ、フォーレの生誕5年前に生まれたという感じです・・・・
時代的にはサン=サーンスあたりと被るのかな・・・
亡くなったのは・・・プーランクとかミヨー等のフランス6人組が活躍し始める辺りですね。
「ショパン以降に、ピアノの為にどのように作曲すればよいかを心得ていた作曲家・・・」というのが・・・
とある音楽評論家がモシュコフスキの音楽を評した言葉として伝わっているようですけど、
藤原亜美さんのCDを聴いてしまうと。
「あ・・・それ・・・何か分かるような気がする・・・」
とも思ったりもしますね。
モシュコフスキというと、現在では・・・「ピアノ練習曲」とか「ピアノ教材の一つ」みたいな印象があるのかな・・・・
著名な作品と言うと・・・「火花」・「スペイン舞曲集」くらいなのかな・・・

だけど・・・・

私にとっては、モシュコフスキというと・・・

前述の通り、「六つの幻想小品集」~夜の不安なんですよね・・・

この曲・・・短いけど、イメージが大変し易い曲だと思います。
おどろおどろしさ・夜の恐ろしさ・妖怪化物みたいな「夜の負のイメージ」というよりは・・・・
何となくですけど・・・
「夜対昼の対照性」とか「昼の明るさに対抗してうごめく夜自体が持つとてつもないマイナスのエネルギー」みたいな
感じをこの短い曲からは
私は感じ取ってしまうのですよね・・・・
だって・・
「夜の不安」というタイトルから連想される「おどろおどろしさ」ではなくて
「情熱」・「激しさ」みたいな雰囲気の方が濃厚・・・と
私は感じ取ってしまうのですよね・・・

ま・・・「Go! プリンセスプリキュア」のトワ=キュアスカーレットも
「闇に追われるのが私の定めならば、もう目を逸らすことはしません!」
「この手で闇をはらいます! !何度でも!!!」と
言われていましたからね・・・

うーーん、そうした意味でも意外とモシュコフスキの「夜の不安」はトワが内在している「夜の怖さ」に
繋がるものはあるのかも・・・・

 | BLOG TOP |