FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ東京での「ガールズ&バンツァー」の再放送も第4話に突入しています。

しかし、この回はとてつもなく面白かったですよね。
桃のあからさまな「おとり作戦」は当然ながら聖グロリアーナにはお見通し済で、
一年生チームの敵前逃亡もあり、壊滅状態・・・
そしてやむなくみほはその場を一旦撤収し、市街地戦へと戦いの場を移す事を決断します。
この決断の早さと機転の利いた戦いはまさにみほの本領発揮と言う感じでしたね。

この第4話は、前半のおとり作戦の失敗→市街地攻防戦→大洗とグロリアーナの一対一のバトル→大洗の敗北
という流れのスピード感と迫力が大変申し分なく
見ていて、まさに「手に汗握る展開」であり、
とにかく見ていてこんなに楽しくエキサイトなアニメも多分・・・そんなに無いと思います。
逆によく前半だけでこんなに詰め込んだな・・・という感じもありますし、物語が大変引き締まっていて
とても充実した回でした。
この前半の流れがあったからこそ、後半の華とその母親の確執みたいな部分の「静けさ」が大変効果的に
描かれていて、
前半と後半のダイナミックスの落差の激しさを大変丁寧に描いていて、とっても好感が持てました。

今にして思うと・・・・

大洗女子高校が敗北したのは、この聖グロリアーナとの練習試合だけなんですよね・・・
残りの試合は全て勝っていますから
大洗の「本番の強さ」というものは・・すごいものがありそうですね・・・
しかも・・大洗は、ほとんどが戦車道未経験者ですからね・・・(笑)





やっぱり第一話冒頭シーンの再現という演出が素晴らしいと思います。

偵察に出ていたみほと秋山殿の「分かっている者同士」の会話はやっぱりテンポ感がありましたし、
秋山殿の「西住殿大好き!!」みたいなオーラが全身からにじみ出ていて
こちらも大変良かったですね!!
BGMの吹奏楽によるマーチも良かったし、このマーチの中でティンパニーが打点をビシッと決めているので
とっても格好良かったし大変効果的でした。



ae9a0973_convert_20150728161557.jpg


自分が立案したものではないとはいえ、一度チームで決めた作戦を変更し、
その場の状況に応じて臨機応変に対応するというのは意外と出来そうで出来ないもの・・・
それをこうした「戦い」の場で、咄嗟の俊敏な判断で
的確な指示を出し、
一旦は・・・「まずい・・」と思われた戦況を一時はひっくり返すことが出来たみほの判断力は
本当に賞賛に値するものがあると思いますし、
確かに大洗は聖グロリアーナと比較すると、戦車の性能そのもの、火器の威力、経験値など
全てが劣っている中で、ここまで相手と互角に渡り合う事が出来たのは
やはりみほ隊長の「統率力と判断力」がきらりと輝いていましたよね。

あの岩陰の戦闘シーンにおいては、
おとり作戦失敗→グロリアーナによる挟み撃ち&集中砲撃を食らい
一年生チームは未経験ゆえに怖くなって敵前逃亡して戦線離脱をしてしまいますし、
生徒会チームは戦車のキャタピラが外れ戦闘不能状態・・
結局3台の戦車だけで戦う羽目になってしまうのですけど、
それでもあそこまでの大善戦はやはり大したものとしか言いようが無いし、まずは確かに敗れはしましたけど
みほの大洗での初陣はすさまじい働きぶりを見せつけてくれたと思います。



c18883dd-s_convert_20150725203832.jpg


市街地戦では・・・みほ以外のチームもかなり善戦していましたね。

その善戦さが当初は「こんなポンコツチーム・・」と少し油断していたダージリンをすっかり本気に
させてしまいましたね・・・
確か・・・当初は「我が校の戦車は紅茶は一滴もこぼさない」とか豪語していたのに
味方チームの撃破を伝えられると、少し動揺し、ティーカップを戦車内に落としてしまい
結果的に紅茶をぶちまけてしまったのは・・・何ともお茶目な話です・・・(苦笑・・)
ちなみに・・・・ダージリンなんていかにもイギリスっぽい名前ですけど、ダージリン姉さんは・・・
列記とした日本人です・・・・(苦笑・・・)
ま・・・このダージリン姉さんは、この回もそうですけど、その後も事あるごとに
余計なひと言格言を吐いてしまうクセがおありのようで・・・
試合開始前の挨拶では
「我が校は、サンダースやプラウダみたいに下品な戦い方はいたしませんわ・・・
騎士道精神でお互い頑張りましょう」とか綺麗な言葉を口にしながらも・・・
練習試合の大詰めで、1対4で路地に追い詰めている状況にも関わらず・・・
わざわざ西住みほの戦車の前に顔を出し、
「イギリス人は恋愛と戦争では手段を選ばない」 みたいな最初の話とは随分と違うような二枚舌をお披露目
しているのは・・・・
何か思わず笑ってしまいました・・・・
というか・・・自ら「イギリス人は・・」とか言っているのですけど
ま・・・ダージリン姉さんは・・・列記とした日本人なんですけどね・・・(苦笑・・)

ダージリンの常に横にいるオレンジペコが結構可愛いのですけど
この娘のいかにも・・・「ダージリン姉さん大好き!!」みたいなオーラが溢れ出ているのはとっても
良かったですね・・・



ca643f43-s_convert_20150725203852.jpg


バレー部も歴女チームも市街地戦ではそれぞれが善戦していましたけど、歴女チームは、
せっかく一台撃破し、「さーて、もう一丁行くか・・」みたいな所で
戦車に立てているのぼりというのか旗があまりにもでかすぎて、敵軍の目に嫌でも付いてしまい
隠れているつもりでもグロリアーナ側の格好の標的となってしまい
撃破されるのは・・・やっぱりこの時点ではまだまだポンコツでしたね・・・・
でも一台撃破の際、薬局ののぼりに紛らさせて自らの戦車を目立たなくさせていたのは
結構アィディアとしては面白かったですよね。
バレー部も惜しかったですよね・・・
せっかく立体駐車場であそこまで追い詰めながら撃破できなかったのは・・・・これは単純の戦車と火器の
戦力差によるもの大・・・という感じでしたね・・・

最後のフラッグ車同士のみほ対ダージリンの一対一のバトルは大変迫力がありましたし、
やはり・・・
みほの統率力と瞬間的な判断力が素晴らしかったですね!!

ま・・・惜しくも破れてしまったけど、ま・・・この時点での大洗の戦力を考えると
ありえないほどの大善戦という感じでしょうね。
面白かったのは・・・・
大洗の住民の反応でした・・・
ま・・・設定の上では、こうした女子による「戦車道」は国民の強い支持を受けていて、試合中の家屋等の被害は
全て国家が弁償するというある意味ぶったまげ設定があるのですけど、
戦車がとある商店に突っこんだ際も、その店主は
「うちの店が・・・」と言いながらも・・・
「これで新築できる・・・」と笑顔になっていたのは、何かとてつもなく笑ってしまいました・・・


0e888d29-s_convert_20150725203641.jpg


好敵手とみほを認めたダージリンもなかなかいい人のようでした・・

この後、いかにもイギリスに由来のあるチームらしく紅茶をみほに贈呈していましたね・・・
(だけど・・・くどうようですけど・・・ダージリン姉さんはあくまで日本人です・・・)



1b333ece-s_convert_20150725203702.jpg


さてさて・・・

大善戦とはいえ敗北は敗北ですので、
生徒会長・杏との約束通り、市街地のど真ん中で晒し者状態的に「あんこう踊り」を踊らさせられる
みほ達5人でしたけど
秋山殿は当然として、意外と麻子とかさおりんもノリノリでしたね・・
ここで面白いのは、生徒会長の杏も
「こういうのは連帯責任なんだから・・」と何と・・・自らのチームもあんこう踊りをお披露目・・・・
これは中々粋な計らいですし、
決して全ての責任をみほ一人に押し付けたりはしないという無言の応援メッセージも含んでいたような
気もします。
ま・・・杏に巻き込まれる形の柚子と桃は気の毒でしたけどね・・・(笑)


85338c02_convert_20150725203725.jpg


あまりにも前半の流れが素晴らしかったので、後半の華と母親の確執の流れの影がすっかり
薄くなってしまいました・・・
(ま・・・確かに一時的に・・・勘当・・??みたいな形になってしまいましたけど、第11話でちゃんと和解し
 母親も華の成長をきちんと認めていたのは素晴らしかったですね・・・)


ba372d3b_convert_20150725203809.jpg


さてさて・・・次回からはいよいよ全国大会のスタートです。

「響け! ユーフォニアム」風に表現すると・・・

そして・・・次の戦いが始まるのです!!

次回は・・・・秋山殿のサンクスの制服姿とサンダース学院の制服姿と着替えシーン(?)がお目にかかれる
大変貴重な回です・・・!!
スポンサーサイト



8.小禄中学校

 C/黙示(ジェイガー)

 現在の感覚としては「沖縄サウンド」という言葉自体を言う人はあんまりいないと思いますけど、
 1970年代~80年代前半の頃辺りまでは、
 例えば・・・首里高校・那覇高校・石田中学校などに代表されるような「沖縄サウンド」という言葉が
 結構使用されていたような記憶もあります。
 そうですね・・・一言で言うと1974年の首里高校のA/エルザの大聖堂への厳かな行列とか同高による
 77年のB/ニュールンベルクのマイスタージンガー前奏曲とか79年の石田中の歌劇「運命の力」序曲とか
 72年の真和志中のトッカータとフーガ二短調などの演奏に代表されるように
 木管系のしっとりとした響きをベースにファンタジー溢れる演奏というのがその一つの特徴なような
 感じもします。
 だけど・・・80年代に入るとその辺りも大分様子が変わってきたような感じもあります。
 82年の首里高校(ショスタコの5番)や88年の首里高校(ローマの祭り)のように
 金管を主体にバリバリと鳴らす事を優先したような感じの演奏がむしろ増えてきて、
 その一つの象徴がこの小禄中の演奏のような感じもありました。

 そうですね・・・・

 とにかく・・・課題曲も自由曲も音量過剰・・・・

 特に自由曲のあのヒステリックな叫びは・・・耳をつんざくような不快な響きそのものであり、
 うーーん、正直・・・・あの演奏を聴いて「何か」を感じるという事はありえないかも・・・
 その位、かなり雑で粗野な響きであり、
 ま、このジェイガーのこの曲自体、金管をバリバリに鳴らし不協和音全開で変拍子と変則リズム炸裂の
 ヒステリックな曲ですので、そうしたヒステリックな響きはむしろ作曲者の意図そのまんまという感じも
 しなくはないのですけど、
 それにしても・・・少し雑すぎる演奏でした・・・・

 だけど面白いもので、
 翌年以降この学校には、前年まで石田中を指導されていた屋比久先生が赴任されるのですけど、
 わずか一年でサウンドがガラッと変わってしまい、
 1983年には兼田敏の「パッサカリア」で全国出場を果たすのですけど、
 この際の演奏は大変しっとりとした優しい響きに変っていて、
 やはりスクールバンドというのは、特に中学の部は本当に指揮者次第でどうにでも変わるもんだな・・・・と
 改めて感じたものでした。
 


10.大月東中学校

 D/バレエ音楽「ガイーヌ」より

 うーーん、結果としてこのチームは銀賞と言う評価に留まってしまうのですけど
 大変惜しい銀賞だったと思います。
 逆に「なんで銀賞なんだろう・・・どこにマイナスポイントがあったのかな・・・」とも感じる演奏です。
 そうですね・・・
 やはり聴く人によって音楽の評価なんて変わるものですし、
 100人いれば100通りの聴き方・解釈があるという事をまさしく実証した演奏なのだと思います。
 課題曲D/サンライズマーチはとにかく斬新な演奏だったと思います。
 この曲は冒頭でシンバルがジャーンと鳴って、金管の華麗なるファンファーレで開始されるのですけど
 大月東の場合、
 ファンファーレとファンファーレ以降のマーチ部分をはっきりと明確に区切って演奏し、
 聴き方によっては「ファンファーレとマーチの二つの楽章から構成される行進曲」みたいにも聴こえる
 演奏だったと思いますし、
 その対比が極めて鮮やかでもあったのでとても個性的で印象に残っています。
 マーチ自体もテンポが大変落ち着いていて力むことなく更けていましたし、トリオの部分も大変丁寧に
 演奏されていました。
 とにかくサウンドが温かったのが素晴らしいと思います。
 自由曲の「ガイーヌ」は、アィシェの目覚めと踊り・レスギンカ舞曲から構成されていましたけど
 アィシェの冒頭は、1979年の島田第二中とか81年の嘉穂高校のように
 ピッコロで奏でられるアレンジが多いのですけど、大月東の場合は、確か・・・オーボエとフルートを使っていて
 「土臭い」というよりは「ファンタジー」色を幾分強めて解釈していたのが大変印象的です。
 サウンドも大変透明感に溢れているので、むしろこうしたファンタジー色を強めたのは正解だったのかも
 しれませんよね。
 レスギンカ舞曲も大変落ち着いた演奏で指揮者による強弱のバランスも的確にコントロールされていて
 大変お見事でした!!

 面白いもので、この年の関東大会は全国を決めた3チームのうち2チームは山梨の学校で、両校とも
 全く同じ課題曲と自由曲を選択しているのに、
 大月東は理性的、甲府南西は元気溢れるけどとてつもなく粗雑という対照的な演奏になってしまったのですけど
 こういう所も、スクールバンドではよくある話で
 大変興味深いものがありますよね。

 | BLOG TOP |