FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


昨年、ベネッセの「個人情報漏洩」が大変な社会問題となり、一時大騒ぎになっていましたね・・・
それで結局、情報漏洩の対象者には「お詫びのしるし」として500円分の図書カードを発送するという事で
一応幕は閉じたわけですけど、
先日、私の所にも、ベネッセからその図書カードが届きました。

うーーーん、だけど微妙・・・

以前もこの事は記事にした事はありましたけど、
我が家は子供がいない世帯ですし、私自身、自慢じゃないけど塾とか通信での添削指導等は
受けた事が無いし、
私自身はベネッセにそもそも「会員登録」した記憶が全く無いのですけどね・・・・
ま、多分うちの奥様が、どこかのポイントサイトでポイントを貯める事を目的に、私の名前で
会員登録した・・・というのが真相なのかな・・・・??

ま、図書カードは、せっかくだから後日ありがたく使用させて頂きたいと思います。
3月に入ったら、ハピネスチャージプリキュアの「ファン・コンプリートブック」が発売されますので
これの購入の一部に充当する事にしましょう・・・

だけど・・・・

「個人情報漏洩」というと・・・

正直、私の所にも一日平均20~30通ぐらいは、いわゆる「迷惑メール」がくるかな・・・・

あれって、本当に迷惑千万ですよね・・・!!

ま、ほとんどはいわゆる出会い系とか「Hな人妻からのお誘い・・・」(苦笑・・・)とか
「これに投資すれば確実に儲かる!!」とか
そんなのばかりですけど、
最近なんか妙に増えたのは・・・・
「私は未亡人で亡き夫の遺産の処分に困っています・・・・その財産を受け取って頂けませんか・・・?」みたいな
いかにも「怪しさ」丸出しのものですね・・・・(苦笑・・・)

あのね・・・・

世の中にそんな都合の良い話がありうる訳ないでしょ・・・・というコメント以外しようが無いですね・・・・

私が大学生の頃、ゼミの指導教授の口癖が
「この世の中にうまい話はひとつも存在しない・・・・
うまい話、甘い話は100%疑ってかかれ!!」というものでしたけど、
まさに「その通り!!」という感じですよね・・・・

昨年も世間では、いわゆる「振り込め詐欺」の被害が相当悲惨だったようですけど、
これが結構、実社会での仕事面でも微妙に影を落としている・・・・
私なんかは、営業担当ではなくていわゆる「アフター担当」という立ち位置なのですけど、
そうした定期アフター巡回訪問でも
顧客の中には・・・・特に高齢者世帯の家では・・・・
絶対に玄関まで上げてくれない家も時折あったりしますね・・・・
子世帯側から高齢者の親に対して
「見ず知らずの他人は絶対に家の中に入れるな・・・!!」みたいなきつーい通達が出されている事も
あるようで、
中には、工事完了後に初めて私自身が、「アフター担当としての御挨拶」として顔を出す場合でも
家にすら入れない・・・・という事例もたまにはあったりして、
そういう時は・・・・
「何か世知辛い世の中になったもんだ・・・・」と感じる時もありますね。

以前は、顧客宅をお伺いする際は、名刺一枚出す程度で済んだものが
最近では・・・・
首に、社員証と名刺の入ったカードを掛けて、それを顧客に提示する・・・というのが
社内で煩く徹底指導されていますからね・・・・
私がまだ20代前半の頃、当時金融機関で営業担当としてのデビューを葛飾で果たしていた頃は・・・・
あの頃は・・・・
テレビ付インターホンがある家自体が珍しく、玄関も鍵が掛っていない家ばかりで
(ま、都内でも屈指の下町、寅さんの街・葛飾・・という土地柄もありましたけど)
玄関をあけて
「こんちはー」というと大抵家主が普通に出てきましたからね・・・・

ホント、時代は変わったものです・・・・

そうそう・・・・

「迷惑メール」というと・・・・

このブログでも、私が「プリキュアパン」の事を記事にすると、なぜか・・・・

「Go!プリンセスプリキュアのプリキュアチョコは、京王ストア・キッチンコート・京急ストア・京急ファーブ・
京急ストアスパーク・京急ストアグロッサリーマーケット・東急ストア・とうきゅう・プレッセ・
東武ストア・東武マイン・フエンテ・パレマルシェ・阪急オアシス・阪急ニッショーストア・
阪急ファミリーストア・・・」
みたいな意味不明なコメントが届くことが結構多いもので・・・・

これ不思議なんですよね・・・

スマイルあたりの頃から、プリキュアパンをネタにした記事を掲載すると
こうした意味不明コメントがくることが、ホント、多いもので・・・・(苦笑・・・・)

あとね・・・・

2001年あたりだったかな・・・・

PCのメールに突然、
「警告!! あなたが以前会員登録したサイトの使用料が滞納されている。今すぐ支払わないと少額訴訟で
あなたを提訴するし、あなたの給与を差し押さえる法的手続きを取る。
それが嫌なら今すぐ下記まで連絡しろ・・・」という内容のものが
きましたけど、
ま、今ならばそんなのかるーくスルー・無視・即削除ですけど、
当時はそういう事を知らなかった・・・・
一度うっかり電話してしまったら・・・・

まーー、とにかくしつこかったですね・・・・(苦笑・・・)

最後は、「消費生活センターに相談電話&対応依頼」したら、やっと連絡が来なくなりましたけど
しつこかったですね・・・
ま、あれはある意味、ホント、いい経験になりましたね・・・・

ま、今だったら、迷惑メールの登録設定と着信拒否を速攻でしてしまうけど、当時は
そういう事から疎かったですからね・・・・(苦笑・・)
スポンサーサイト



ストラヴンンスキーを一番最初に聴いたのは「火の鳥」でした。
ま、最初は・・・・例によって吹奏楽コンクールの吹奏楽アレンジでの演奏でしたけど
それをきっかけに、原曲版のレコードを購入し
(火の鳥で一番最初に購入したレコードは小澤征爾指揮/パリ管弦楽団だったかな・・・)
そこで一気にストラヴィンスキーの「三大バレエ」にはまっていったという感じですね・・・・
特に「春の祭典」を最初に聴いた時は・・・、ホント、まじでぶったまげたものです・・・・

ま・・・、正直に言うと・・・・

ストラヴィンスキーの一連の三大バレエを聴いてしまうと、他の作品が何か物足りなく聴こえてしまうのですよね・・・

ま、ストラヴィンスキー自体、「カメレオン」とか「1001の顔を持つ男」と揶揄される通り
時代と自分自身の心境の変化に応じて
作風を色々と変遷させていった作曲家なのですけど、
特にあの「春の祭典」みたいな過激な原始主義を乗り越えた先は・・・・
「新古典主義」という比較的軽妙で洒落っ気溢れる作風に変化したものでした・・・・


このバレエ音楽「カルタ遊び」は、こうした新古典主義時代を代表する作品の一つなのですけど、
最初にこの曲を聴いた時は・・・・
何て言うのかな・・・・
あの「春の祭典」の過激さが見る影も無く後退し、
あまりにもシンプルさに驚いたものです・・・・
というか、人ってこうまで変わる事が出来るんだ・・・と改めて実感した瞬間でもありました。

最初に「カルタ遊び」というタイトルを耳にした時、
「カルタ」というと、どうしても日本人の習性として
お正月に遊ぶあのカード遊び・・・・「犬も歩けば棒に当たる・・・」なんていうことわざカード遊びみたいなものを
思わず連想してしまうのですけど
ストラヴィンスキーが意図した「カルタ遊び」というのは、
要は「ポーカーゲーム」、つまり「トランプ」の事なのです・・・・

うーーん、これって「邦訳ミス」なのかも・・・・

こんな「カルタ遊び」なんてタイトルを付けてしまうと、私のように
「犬も歩けば・・・」を連想してしまう人続出なような気もしますけどね・・・・・(苦笑・・・)

この曲を初めてCDで聴いたのは・・・・
確かサロネン指揮/フィルハーモニア管弦楽団だったかな・・・・
「火の鳥」のカップリング曲として収録されていました。
ネーメ=ヤルヴィも確かこの曲をchandosから出していましたね。

だけど・・・・

この「カルタ遊び」という曲を初めて耳にしたのは、実は管弦楽版ではなくて
何と・・・・
吹奏楽アレンジ版としてでした・・・・
1978年の玉川学園高等部が全国大会の自由曲として演奏したものでしたけど、
まさかこんな地味な曲を吹奏楽で演奏するなんて今では考えられないですね・・・・
というか・・・、この曲を吹奏楽コンクールで演奏したのは
玉川学園が多分最初で最後だと思います・・・・

ま、だけど玉川学園の演奏がきっかけとなってこの曲を知ったのだから
「結果オーライ」という感じなのかも・・・・

このバレエ音楽「カルタ遊び」ですけど、
中々ユニークなバレエみたいですね・・・・(見た事ないけど・・・・)

このバレエの副題が「三回勝負のバレエ」となっているように
第一ラウンドから第三ラウンドまでの計三回に渡る「ポーカーゲーム」をバレエとして
表現したものです。
バレエの踊り手は・・・・
ご丁寧な事に、それぞれがトランプの模様の衣装を身に付けて踊り、
トランプの札として描かれている事に最大の特徴があると思います。
そして最後は・・・・・
ポーカーゲームの「胴元」というか、ディーラーの巨大な手によって全てのコイン・カードが運び去られて
終わり・・・・というのも何かいかにも「賭け」らしいお話であり
何かユニークなものを感じさせてくれますね。

この曲は下記の三楽章(三ラウンド)から構成されています。

第1ラウンド

1.序奏
2.パ・ダクシオン
3.ジョーカーの踊り - ストリンジェンド
4.ワルツ

第2ラウンド

1.序奏
2.ハートとスペードの行進曲
3.クィーンの5つのヴァリアシオンとコーダ
4.行進曲
5.一同の踊り

第3ラウンド

1.序奏
2.ワルツ
3.スペードとハートの戦い
4.結尾/ハートの勝利

このバレエ音楽は三ラウンド共に、「序奏」で開始されるのですけど
これは三ラウンド共に、基本的には同じメロディーによる序奏です。

そうですね・・・・

何か例えて言うと、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」の「ブロムナード」に少し構成が似ていますよね。

展覧会の絵も、曲と曲の間には「プロムナード」の主題が繰り返し使われていましたけど
「カルタ遊び」も序奏の部分は繰り返し同じメロディーが流れますからね。

この曲の一番の聴きどころは・・・

やはり第三ラウンドかな・・・・

この部分では、ドリーブの「コッペリア」とかロッシーニの「セビリアの理髪師」がかなり分かり易い形で
引用されていて
何かとっても楽しいし、ストラヴィンスキーの「いたずら心」が冴えわたっている・・・・
みたいな印象がありますね・・・・

昔は・・・・

ゲーセンとかでよく「ポーカー」のゲーム機が置かれていましたけど、
最近は・・・・
ゲーセンすら段々と廃れつつある時代になっていきそうですよね・・・・・
16.高岡商業高校

 D/ペトルーシュカ

 この演奏、ほぼ完璧・・・・

 というか、埼玉栄・常総学院と並んで「グランプリ」の最有力候補でしたね。

 1990年当時は、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」は、著作権の関係上、録音禁止のため
 ソニーから発売されている「日本の吹奏楽」のCDには収録されておらず、
 とても残念な気がします。
 だってあのウルトラ級の名演が、後世に伝わらず
 当日普門館の会場にいた人たちだけの「記憶」としてしかこの演奏が残らないのも
 何かとてつもなく勿体無い感じがします。

 1976年の秋田南もこの「ペトルーシュカ」を自由曲として演奏していましたけど
 こちらはレコードに普通に収録されていましたから、
 その収録可と不可の違いは何なのかな・・・
 ま、1976年当時は、今ほど「著作権」とかうるさくなかったから、特段問題は無かったのかな・・・・
 例えば・・・
 1985年の富山商業とか86年の御影とか87年の今津中は、やはりストラヴィンスキーの「火の鳥」を
 自由曲にしたものの、CDでは収録不可
 だけど、90年に入ると土気中などの「火の鳥」は普通に収録されています・・・・
 このボーダーはどこなのかな・・・・??

さてさて・・・・この年の高岡商業ですけど
 とにかく演奏が神がかっていました。
 「奇跡」のような名演だと思います。
 課題曲は2分半程度に短く収めましたけど、特にテンポが極端に速いとかそういう訳ではなくて
 むしろゆったりと「王者の貫録」みたいな優雅な雰囲気さえ伝わってきました。
 小太鼓のノリがとてもいいですね!!
自由曲の「ペトルーシュカ」ですけど、
 確か、私の記憶では、
 第一場・謝肉祭の市場と第四場・夕べの謝肉祭の市場から構成していたと思います。
 全体のメインは、「ロシアの踊り」と第四場の「仮装をした人達」だったと思います。
 この演奏、とにかく細かいところまでよく考えられて演奏されていて、
 実に完成度が高い演奏を展開しています。
 出だしの賑やかな感じも実に芸が細かかったし、よくあんな細部まで手が入っているな・・・と
 聴いていてとてつもなく感心しましたね。
 「ロシアの踊り」も実にシャープな仕上がりで、シロフォーンの細かい動きも実に鮮明でした。
 秋田南は、ラストはトランペットのソロで締めくくりましたけど、
 高岡商業は、確かトランペットのソロという静かな感じで終らせるのではなくて
 かなり賑やかな部分で終らせていたような記憶があります。
 原曲で言うと、仮装をした人たち~喧嘩の場面で曲を終わらせていたと思います。
 (記憶違いでしたら、申し訳ありません・・・・)

 とにかく全体的にドライな感じはあるのだけど、リズムが実にシャープ!!
演奏が全体的に大変躍動していて、
 とにかく「人形が踊る」というイメージを吹奏楽アレンジ版としても忠実に再現していたと思います。

 あと・・・・この年の高岡商業で特筆したいのは
 ステージ衣装の素晴らしさでしたね!!
前年の「ローマの祭り」あたりまでは、ブルーのブレザー+白のスカート・ズボンでしたけど、
 この年は黒を基調としたタキシードみたいな感じ又は、ロングドレスみたいな雰囲気で
 何か「プロの管弦楽団の冬期シーズン用衣装」みたいな雰囲気で
 見ていて「あ・・・何かとても大人っぽいな・・・」と感じたものでした・・・・

 演奏もグランプリクラスだったけど、ステージ衣装は当日のグランプリでしたね!!

 | BLOG TOP |