FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」が始まって早一か月・・・

何だか・・・・自分の頭の中では

「ごきげんよう・・・」とか「お覚悟は宜しくて・・・・??」のあの決め台詞が
すっかり定着してしまいましたね・・・・(苦笑・・・)
最近も・・・・
タイムカードを推して会社を出る際に「お先失礼します・・・」と言うはずの所を
ついつい・・・
「ごきげ・・・・」まで言い掛けてしまいましたし(苦笑・・)
電話でのクレーム対応の際、
あまりにも相手が理不尽&勝手な理屈ばかり長時間延々と怒鳴り続けているので
埒が明かないので
「それでは、今からあなた様の家を直接お伺いして、直接ご意見を賜りたいと思います・・・
お覚悟はよろ・・・・・」と
言い掛けてしまいました・・・・(苦笑・・・)

これはいかん・・・・(苦笑・・・)

でも・・・
あの「ごきげんよう」と「お覚悟はよろしくて・・・??」は自分の中では、2015年の「流行語大賞」の筆頭に
きそうですね・・・・・
まずい・・・・
あのセリフをこれから一年近く聞き続けると・・・・
ホントに、会社とか顧客宅を辞する時に「ごきげんよう・・」とついついポロッとでてしまいそう・・・・





天ノ川きららの「ごきげんよう・・・」もよかったけど
きららの「お覚悟はよろしくて・・」の際のあの流し目&指パッチンはかなり強烈なイメージがありますね・・・!!

でも今年のプリキュアは、ある意味分かり易くて正統派路線を歩んでいて
特にピンクと青は、まさに「This is プリキュア!!」みたいな
絵に描いたような「正統派プリキュア」なんですけど、
きらら(キュアトゥインクル)は、ある意味「ものすごーい大冒険」ですね・・・・!!
あれは・・・・
「プリキュア」の歴史の中では・・・・まさに「革命」ですよね・・・
全体はものすごーく正統派路線なのだけど、一部キャラがあんな「爆弾娘」とは・・・・・
いやいや・・、とにかく今年のプリキュアは全く目が離せそうにないですね・・・・

歴代プリキュアのこれまでの「黄色系」はどちらかというと、天使とか優しさ満点とかおっとりという感じが
多かったと思いますけど
ああいう小悪魔というか自由奔放な自由人を登場させた製作者サイドの勇気と意気込みには
本当に心の底から感服させられましたね・・・・

というか・・・・

私自身は、・・・すっかり「トゥインクル」にハートキャッチされてしまいましたね・・・・・

きららの「気の強さ」もなかなか・・・・

基本的にこの子は物怖じしませんね・・・・

相手が生徒会長だろうが敵幹部だろうが化物だろうがゼツボーグだろうが、
全く動じないのは凄い・・・・
きららにとっては学年が一応一つ上の敵前逃亡のつぼみ・やよい・ひめの各先輩は・・・・
オールスターでも
きららに
「このくたばり損ないのポンコツ先輩が!!」と一蹴されてしまいそうですね・・・・(苦笑・・・)

でもな・・・・

変身アイテムから「プリキュアとしての資格」を認められ、戦闘も難無くこなし、確かに一度変身し戦っているのに
それでもプリキュアを辞退するなんて・・・・
まさに自由人すぎますね・・・・(苦笑・・・)

ま・・・、当面のGoプリの課題は・・・・

きららの「協調性」の確立とそんなきららにどうやって「プリキュアとして戦う存在意義」を明確に定義づけるのか・・・
という事なのかな・・・・

ま、でもきららの「ごきげんよう・・・」は可愛い小悪魔のセリフ・・・・


859e3a1a_convert_20150225204310.jpg


17f4454a_convert_20150225204342.jpg


ま、「プリキュア」とは全然関係ないアニメなのですけど
このブログでもしばしば登場する私の大のお気に入りアニメ/「デート・ア・ライブ」に登場する
「最悪の精霊」でもある時崎狂三も・・・・

普段の口調(だけ)は、やたらとバカ丁寧ですし、
狂三も頻繁にこの「ごきげんよう・・・・」のセリフを吐くのですけど、
きららは「小悪魔」みたいだけど、まだ「可愛い」要素を残しているのに対して、
時崎狂三の「ごきげんよう・・・」はまさに「悪意の塊り」以外の何者でもありませんね・・・・

同じ「ごきげんよう・・」でも
「小悪魔」と「正真正銘の悪意の塊りみたいな悪魔」では、まさに「天と地の違い」がありますよね・・・・

ま、狂三は、結構ひんぱんに「あらあら・・・」のセリフも吐くのですけど
これもハピネスチャージのゆうゆうが見せた「おおらかな寛容さ」とは全く真逆の
悪意以外の何者でも無かったですね・・・・

第四話終了時点で既に「小悪魔」のポジションを確定させてしまった(??)きららですけど、
ま、さすがに「悪魔」にはならないですよね・・・・・(笑)
スポンサーサイト



昨年、「デート・ア・ライブ」の第二期が放映されていましたけど
正直、まだ物語の「核心」には入っていません・・・・
ま、第六の精霊とも言うべき誘宵 美九の話はかなり盛り上がっていてよかったのですけど、
第一期に比べると少し物語がたるんでしまった印象かな・・・・

アニメ第一期を見てから、原作のライトノベル版を読みだしたのですけど、
これが結構面白い・・・・
ここで時崎狂三の存在理由とかその目的もある程度明らかにはなっているのですけど、
まだ完全に物語全容が明らかにはなっていない感じ・・・・
正直、原作の進行速度自体がかなり遅いようにも感じているので、
「早く、全容を明らかにしてよ・・・・」とツッコミを入れたくもなりますね・・・・(苦笑・・)

第二期をやったのならば、是非第三期をやって欲しい・・・と思っていたら・・・・

昨年の第二期の最終回で思いがけない公式の発表がありましたね・・・・

それが何かと言うと・・・・

『劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント』
2015年夏公開!

というものでした・・・・・

いやいや、これは正直驚きましたね・・・・・

まさかこのアニメが映画化されるとは夢にも思わなかった・・・・・

しかも・・・・・

「まどか☆マギカ」みたいなアニメの再構成みたいな形でもなく
アニメ化されていない原作部分の映画化でも無くて、
完全な「オリジナルストーリー」、
しかも・・・原作者でもある橘公司監修 完全新作アニメ というのが心憎いですね・・・!!






とにかくこれは公開がとても楽しみです。

「オリジナル作品」と言いますけど、その概要も実は今のところ何も公開されていません・・・・

公式HPもその辺りは、完全に沈黙を守っています・・・・

ま、だけど何にせよこれはすごく楽しみな作品です。

今のところ何の情報も無いから、
「映画では時崎狂三がメインになって欲しい・・・」と思っているのですけど
こればかりはね・・・・

しかも映画タイトルの「万由里」ってそもそも一体誰なんだ・・・・??という感じですね・・・・


f51b90aa_convert_20150224180914.jpg


でもな・・・・

「デート・ア・ライブ」というと、主人公の十香とか少しというかかなりヤンデレ傾向のある鳶一折紙もいいけど

やっぱり・・・・・

「時崎狂三」なんですよね・・・・

とにかく・・・・

映画でも、時崎狂三にも一定の役割&活躍&見せ場があれば最高ですね・・・・!!
15.市立柏高校

 B/バレエ組曲「シバの女王ベルキス」

 このチームは、前年度は関東大会スカ金でしたので、この年はかなり気合が入っていたと
 思います。
 以前も書いたと思いますが、この年の市川市で開催された関東大会も聴く機会に恵まれ
 この市立柏の演奏も関東、そして全国の両方で聴くことが出来ました。
 印象としては・・・・
 関東大会では、とにかく「気合」が入っていた・・・というか、
 「今年は何とか全国に行きたい!」という気持ちが全奏者から痛いほど伝わってくるものがあり、
 少しばかり力みはあったけど、
 集中力の高い演奏という印象でした。
 審査結果発表の際、全国大会代表とアナウンスされると
 客席の市立柏の生徒全員が立ち上がり「ありがとうございました!」と全員が90度の角度でお辞儀を
 していたのは、少々やりすぎかも・・・・??

全国大会では・・・・

 関東大会のような「力み」は感じられず、
 良い意味でリラックスした状態でとても伸び伸びと吹いていたのがとても印象的でした。
 課題曲B/風の黙示録は、この年の高校の部では、市立柏を含めてわずか2チームしか演奏
 されませんでしたけど、
 感想としては・・・・
 「市立柏の演奏を聴いてしまうと、別に他チームの演奏は聴かなくてもいいかも・・・」と感じさせるくらい
 集中度が高く、劇的雰囲気満載のこの曲を冷静に聴かせてくれて
 過度に「静と動の極端な対比」を煽る事も無く、
 実に冷静沈着に計算高く演奏されていたと思います。
 少し抑制し過ぎかな・・・とも思ったほどでしたけど、
 課題曲でコントロールされた鬱憤を自由曲のベルキスで晴らしてくれた・・・という感じもありました。
 だけど市立柏のベルキスも
 それほど音量をバリバリに鳴らした・・という訳でもなく
 指揮者のコントロールが大変有効に効いているせいもあり、
 鳴っているけどどこか「冷静さ」を保っている・・という印象があり、
 全体しては、大変計算され尽された演奏・・・という感じもありました。
 「勢い」優先の関東大会とは、随分と替えてきたな・・・・というのが率直な印象です。

 あ、そうそう・・・・

 Ⅳ.狂宴の踊りのラストで、トランペット奏者3人がステージ横に移動し、そこからバンダみたいな感じで
 吹いて、正面と横からの二面からの音響を演出するというベルキスの演出は
 多分福岡工大付属が始めたと思いますが
 それを定着化させたのは、この市立柏の演奏なのかもしれませんよね。
 確か、私の記憶では、あの部分では、
 普通のトランペットではなくて
 「アイーダトランペット」を使用していたような気がします・・・・
 (その辺は少し記憶が曖昧・・・・)

 | BLOG TOP |