FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


我ながら「またか・・・」と思うのですけど
やはりそれだけきららの「トゥインクル初変身回」があまりにも衝撃的過ぎたため
ほんの少しだけ補足を・・・・(苦笑・・)

前作/ハピネスチャージは、ある意味典型的なこれまでの伝統的な「プリキュア的展開」というのか、
何だかよく分からないけどプリキュアになってしまったポンコツピンク系主人公が
様々な試練と困難を乗り越えて
最終的に自分の夢と幸せを求めていく物語でしたけど
今回は少しばかり様子が違う・・・・
何かと言うと、
メインキャラの3人は、事前の予測と大きく異なり、3人とも聡明で呑み込みが非常に早い女の子ばかり・・・
しかも・・・・
前作の主人公・めぐみが一年間掛けてようやくたどり着いた「自分の夢」という事に対しても

みなみ → 既に「プリンセス」としての資格を有していて、ある意味既に「夢」を実現していて
        更に今後「新しい夢」・「更なるステップアップ」を図っていこうと努力をしている・・・・
        極めて完成度が高い・・・・

きらら →明確に「自分の夢」を持っていて、「昨日よりも今日、今日よりも明日」という風に上昇傾向が
      大変強いキャラであり、
      「自分の夢」の実現のためには何をすべきなのかよく自覚している大変目的意識の高い女の子

はるか →「プリンセスになりたい」という抽象的な夢は持っているが、少し漠然としている感はある・・・
       しかし、「夢」の実現のためには努力は惜しまないタイプであり
       また、きららの「強いプロ意識」を目の当たりにして
       「凄い・・・」という感情を抱き、そうしたきららにある意味影響を受け
       「自分もああなりたい・・・」と自覚し始めている・・・・

という風に、「夢」に対してそれぞれが明確なスタンスを保っている点が大変素晴らしいと思いますし、今後の
「それでは更なるステップアップのためにはどうすればよいのか・・・」
「自分の夢実現のためには何をすればよいのか・・何が足りないのか・・・」という
更なる「成長」のカギは自ずから掴んでくるはずだと思うのです。

つまりこの物語は、序盤から「核」がしっかりしているというか、
各自が皆大人と言うか、
それぞれが自立しているというか、
「成長・進歩」を常に目指しているから、物語がとても前向きであるという点が大変好感が持てますね。

敵幹部が「夢を壊す」という事を対象にしている点も
「夢を実現させる」事と「夢を破壊する」という事において極めて明快な「対称軸」が設定されていて
その点も物語を分かり易くさせている一因だと思います。

ま・・・・あとは・・・・

カナタが、どこかの神様みたいな「ゴット オブ クズ」にならない事を祈るだけですね・・・・

Goプリの不安要素といえば・・・・

はるかがカナタに妙な恋愛感情を持ってしまう事と
今後、きららとみなみが意見対立→チーム内分裂を起こさないか・・・・
その辺りなのかな・・・・





星空と夜景を背景に、きららが熱く「自分の夢」を語るシーンはとても良かったですね。

きららは、単なるマイペース娘ではないし、表面的な小悪魔ではない事を示唆する背景だったような
気もします。

公園での撮影会もそうでしたし、このファションショーにおいて、
はるかがきららを見る「眼差し」は最早・・・・「憧れの人」というか「私が目指したい人・・・」みたいな
感じでとても良かったですね。
何かはるかは・・・・
こうやって多くの人達から素直に色々な面を吸収できる素描がありそうですね。

みなみの「色々な人がいるから・・・」という言葉の裏には
「色々な人から多方面に色々な事を吸収しなさい・・・、そしてそれを自分の飛躍の糧にしなさい・・・」みたいな
メッセージが込められているような気もしますね。


60096293-s_convert_20150224072557.jpg


でも今回少し笑ったのは・・・・

なんときららは、「クレーン車の操縦」まで出来たのですね・・・・(笑)

ああやってプリキュアに変身しない生身の状態であそこまで敵幹部をコケにしてしまう
きららは、うーーーん、やっぱり既に只者ではない・・・・

ま・・・、もっとも歴代プリキュアの中には・・・・

ピアノ奏者なのにいつのまにか奏法が全く異なる「パイプオルガン」を演奏出来ていた響とか
図鑑約650ページを斜め読みしただけで
ハッピーロボをしれっとした表情で容易く操縦してしまったビューティみたいな
強者もいましたけどね・・・・(笑)


c94b208b_convert_20150224072702.jpg


af77414a-s_convert_20150224072632.jpg


でもな・・・・・

改めて言うと・・・・

トゥインクルの初変身シーンはインパクトが大きかったですね・・・・!!

あれを一年間拝見できるなんて・・・・、うーーん、何てウルトラハッピーな一年間・・・・(苦笑・・・)

そうそう、小ネタですけど、

ノーブル学園の始業と終業の合図の鐘の音は・・・・
「プリキュア5」のサンクルミエール学園と全く同じ音でしたね・・・・
もしかして・・・・
両校は姉妹校・・・・??

はるかとみなみが街の公園でドーナッツを食べるシーンがありましたけど、
昨年の「10周年」ならば・・・
もしかして・・・・
「ぐはっ」と言うヘンなサングラスのオーナーとか胡散くさい関西弁で喋るフェレットが
登場していたかも・・・・??
でも、あのドーナッツ・・・・
よーーく見てみると・・・・
「マーブルスクリュー」と書いてありましたね・・・・

これは・・・・初代に敬意を表した証しなのかな・・・・・??



スポンサーサイト



改めてですけど・・・・

先日、このブログのプロフィールの説明・紹介文・プロフィール写真を
変えてみました・・・
ま、このブログは、元々は「吹奏楽」ブログから開始したというのが開設のきっかけでありまして、
特に1980年代の吹奏楽コンクールの過去の名演を
何か少しでも後世の人に残しておきたい・・・伝えておきたい・・・という気持ちから始めたものなのですけど、
ま・・・、それに関しては・・・・
花輪・秋田南・仁賀保・屋代・就実・都立永山などの記事掲載する事が出来て
無事に達成できた・・・・という感じなのですけど
それならば、大好きな吹奏楽・クラシック音楽と同じくらい大好きな「プリキュア」についても
何か後世に少しでも語り継ぐ事が出来ればいいな・・・・と思って
「プリキュア」についても色々と書くようになってからは、
いつの間にか、吹奏楽等の音楽関係よりも、こちらの方がメインになってしまった・・・・という感じですね・・・(笑)

ま・・・、時折皆様から頂くコメントでも
「プリキュア関連の記事を読むと、吹奏楽・クラシック音楽の事を語っている人と同一人物には
到底思えない・・・・
もしかして管理人は二人いるのか・・・」とか
「管理人は多重人格・・・??」みたいなコメントを頂くこともあるのですけど、
要は・・・・
「吹奏楽も大好きだけど、同じくらいプリキュアも大好き・・・!!」という感じなのですよね。

だから・・・・

今後も吹奏楽とかプリキュアの事も
何か後世の方に自分の思いがほんの少しでも受け継がれて頂ければ
私としては、それは大変満足な事だと思います。





ちなみに・・・・

私の場合、基本的にプリキュアで嫌いなキャラ、苦手なキャラはあまりいないのですけど
(唯一引っかかるのが・・・・ミルキィローズの正体が・・・・ミルクってことなんですよね・・・・・苦笑・・・)
ま、全員大好き!!という感じなのですけど、
その中でも特に大好きなのが
ピンク系大好き四天王としては・・・ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリー
青系大好き四天王としては・・・アクア・マリン・ビューティ・ダイヤモンドです。

そして・・・・・

Goプリのトゥインクルが登場してからは・・・・

大好き黄色系としては・・・パイン・ロゼッタ・ハニー・トゥインクルになるのかな・・・・(笑)

上記は「キュアメロディ」のDXフィギュア・・・・

このDXフィギュアは、なぜか「ドキドキ」で終ってしまい、
ハピネスチャージ以降は作られていません・・・・
だから「ラブリー」のDXフィギュアが存在しない事はとても寂しく思いますね・・・・

だけど・・・・

このメロディのDXフィギュアはとても完成度が高いと思います。

4月には・・・・バンダイの完全予約制のSHフィギュア/キュアメロディがやっと到着しますので
これはすごく楽しみにしています。


CIMG8062_convert_20150224154142.jpg


「キュアメロディ」ってエネルギッシュな元気系の代表格ではあるのですけど、
反面・・・
プリキュアシリーズでも屈指の「寂しがり屋」で意外と本人の神経は繊細と言う側面もあったりします・・・
その対照的なギャップがたまらない・・・・という面もありましたね。

アニメ本編でも、時折見せるやや「憂い」の表情がとてつもなく魅力的でしたね・・・!!

このDXフィギュアでも、そうしたメロディの強さと優しさの両面がよーく出ているような感じもあり
私は結構、これ気に入っています・・・

ま、本人の変身時の口上は「爪弾くは荒ぶる調べ」というものなのですけど、
むしろその「荒ぶる調べ」というのは・・・・
3代後輩の「キュアラブリー」の方が相応しいのかもしれませんよね・・・


CIMG8060_convert_20150224154042.jpg


ついでだから・・・「キュアラブリー」のものも・・・・

これはバンダイの食玩のキューティフィギュアシリーズ・・・・

このラブリーも勿論可愛くていいのですけど、
早いところ、メロディやハッピーのような「SHフィギュア」が商品化されればいいな・・・と思ったりもします。

だけど・・・・

一部ファンは・・・・

「ラブリーよりも早いところ、トゥインクルの商品化を急げ・・・!!」と言うのかもしれませんね・・・・
「Go! プリンセスプリキュア」が放映開始となって早一か月が経過しようとしています。

商品化の方も、最近ようやく
前作/ハピネスチャージとの入替が大分進展し、
チョコ・タブレット・食玩・ふりかけ・シャンプーなど店頭でもかなり置かれるようになってきました。

ま、正直、前作で大分「プリキュア関連商品」は売上を落とした模様ですし、
今年、玩具等の商品売り上げが2年連続で低迷したら、
いよいよ「プリキュアシリーズ」も丸12年で完結・・・という事になってしまいますから、
自分のお小遣いの範囲で
協力できることは何か少しでも協力したいと思いますね・・・・

それにしても・・・・

前の記事でも既に散々書いていますけど、
今年のプリキュアの黄色系は、ホント、まじで「気合」が入っていますね・・・・
ここまで製作者に愛されたプリキュアって過去にいたっけ・・・・??
ま・・・、というか、現場サイドでも
「今年外したら・・・・後が無い・・・・」という感じなのかな・・・・??
サッカーではないけど
「絶対に負けられない戦いがそこにはある・・・」という感じなのかな・・・・
ちなみにプリキュアの場合の「絶対に負けられない相手」とは、アイカツ・プリパラあたりなのかな・・・?
ま、私はいずれも見ませんけど・・・・(苦笑・・・)
というか・・・・
プリキュアの存在を脅かす「ライバル番組」にエールを送るほど、私は人間が出来ていないし、
普段から「プリキュア愛」を語る人間が浮気をしては・・・・
いけませんよね・・・・??
というか・・・・
ああいう「アイドル路線」は全く興味が無い・・というのが正直な所なのかな・・・・??






さてさて・・・・

今回見つけたのは・・・・

間もなく3月3日の「ひな祭り」が近いという事もあり、
Goプリの「ひなあられ」でした・・・・

3人とも可愛いですね。特にトゥインクルの「小悪魔」振りは、こうした商品化でも遺憾なく発揮されているような
気がします・・・・

Goプリが始まって約一か月が経過しますけど、
自分の中でも前作/ハピネスチャージから切り替えがほぼ完了したという感じですね・・・
特に第四話のトゥインクル初変身を見て以降は
そうした気持ちが強いですね。
ま、ハピネスチャージは、自分でも大変思い入れが強い作品だったゆえに、
既に自分の中では「伝説」となっているのかな・・・・

3年前の「スマイル」の頃は、ひな祭りの時期には
瓶に入った子供用の甘い「プリキュア白酒」も販売されていて、
あの瓶のデザインが結構可愛くて、気に入っていたのですけど
昨年あたりから店頭では見かけなくなりましたね・・・・

でも甘酒でも一応お酒はお酒なのですけど、
何かトゥインクルがデザインされた甘酒ならば、
何か一気にその小悪魔振りに酔ってしまいそう・・・・・(苦笑・・・)

 | BLOG TOP |