FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


金融機関や住宅メーカーの営業担当時代も
現在の建築関係のアフター担当もそうなのですけど、
仕事上、高齢者の方とお話させて頂く機会は大変多いと思います。
中には90歳を超えても「全然お元気!!」という方も大勢いらっしゃいましたけど、
これ皆様に共通して言える事は・・・・

「3日前の記憶よりも70年前の記憶の方が鮮明・・・」という事なのかな・・・・

これってホント不思議な話で、
こうしたご高齢の方と話していると
「この人、なんでこんな大昔の事を昨日のように、鮮やかに生き生きと話しているのだろう・・・・
三日前・・・、というか数時間前に自分が何を食べたのかさえ
曖昧なのに、
なんでこんな昔の事をしっかりと覚えているのだろう・・・」と
時々感心すると同時に
「え・・・、なんで数分前に自分が話した事を覚えていないんだ・・・・」みたいに感じる事も多々あり
その「記憶の落差」に愕然とする時すらあります・・・・
数年前かな・・・・
とある90をかるーく超えた方と色々と話していると、その方は・・・・
「戦後は・・・・」とか言うキーワードが数回出てきましたので
それは太平洋戦争の事か・・と思って聞いたいたら、どーも時代考証が合わない・・・・
よくよく聞いてみると、それは第一次世界大戦の事であり、
要は第一次世界大戦後の「関東大震災」の甚大な被害の記憶を切々と語っていたようでした・・・・
よくそんな「大正時代」の話を覚えているもんだ・・と感心していたら、
やはりそのお方も・・・・・
三日前に打合せして合意を得たはずの「クロス張替の際の壁紙の色」の事なんか
綺麗さっぱり忘れていましたけどね・・・・

ま、だけどそれは・・・・

高齢者に限らず人間にはそうした傾向はあるみたいですね・・・・

若い頃の記憶とか
まだ脳みそが「未知の出来事」を吸収するのに精一杯な頃の記憶の方が
後年年を取ってからもよーく残っているそうですね。
人間、40年も50年も生きていると・・・・
一つ一つの出来事の「印象度」は薄くなり、印象が薄いから記憶としても弱くなる・・・
若い頃の出来事は、「印象度」が強いから記憶としても鮮明に残る傾向が強い・・・・

そんなものなのかな・・・・

やっぱり、人間、10代とか20代で色々な事を吸収して経験しておいた方が良い・・・というのは
こうした事にも一因があるのかな・・・・??

でもね・・・・

私自身、そんなご高齢の方の事を笑える立ち位置では無い・・・・

だって・・・・

最近の自分の記事、特に「吹奏楽カテゴリ」の記事何かたまーに読み返しても・・・・
我ながら、よくそんな20~30年前のコンクールの話なんか覚えているよな・・・・と
時たま自分自身にツッコミを入れたくなる時もありますけどね・・・・
やはり自分自身も、一週間前、一か月前、いやいや三日前に
どんな顧客の所に行き、どんな文句を言われたのか、どういう指摘を受けたのかなんて・・・・
綺麗さっぱり脳みそからは消え去っているというのにね・・・・(苦笑・・・)
会社のPCのデータ管理を見て、
「あ・・・、そうだった・・・」と記憶が蘇りますけどね・・・・

ま、だけど・・・・

10年前から続いている「プリキュアシリーズ」は・・・・
多分全540話近くは・・・・
恐らくほとんど頭に入っていると思います・・・・・(苦笑・・・)

やっぱり吹奏楽とかプリキュアとか
自分が好きな事の「記憶」は忘れないものなのかな・・・・
スポンサーサイト



先日、ブリテンの組曲「ソワレ・ミュージカル」を取り上げましたので
今回は、その姉妹作とも言うべき組曲「マチネ・ミュージカル」について少々・・・・

「ソワレ・ミュージカル」は、振付師・チューダーからの委嘱で作曲されましたけど
「マチネ・ミュージカル」は、バレエ団の代表のカースタインの委嘱で作曲され、
アメリカ・バレエ団によって初演が行われ、後に管弦楽用の組曲として編曲されています。
ま、経緯は「ソワレ・ミュージカル」と大体似たようなものです。

でもこの曲は・・・・

「ソワレ・ミュージカル」と同様に底抜けに明るく楽しく、思わず「鼻歌」で口ずさむような親しみやすさが
あります。
ま、だってこの曲も「ソワレ・ミュージカル」同様に
音楽としての素材は、ロッシーニの作品からチョイスしていますからね・・・・
ソワレ・ミュージカルもマチネ・ミュージカルも
解説書によっては「ブリテン=ロッシニアーナ組曲」とか書かれているのは、そのせいなのでしょうね。

「マチネ・ミュージカル」は、私個人の感じ方としては、「ソワレ・ミュージカル」よりも
バレエらしい雰囲気が濃厚なような感じもあります。
というか・・・
この曲のリズム感は、何かいかにも「バレエのステップを踏んでいる・・」みたいな気がするのですよね・・・
特に第三曲・ワルツを聴くと、特にそのように感じます。
第五曲・常動曲の粋な感じとかウイットに富む感じも素敵ですけど途中のフルートソロが
実にいい味を出していますね・・・・!!とってもチャーミングで可愛い感じがします。

ちなみに・・・・
「ソワレ・ミュージカル」とは「音楽の夕べ」
「マチネ・ミュージカル」とは「午後の音楽の集い」を意味するとの事です。
読売日本交響楽団の土曜・日曜の午後2時から東京劇場で開催される名曲コンサートは
「マチネコンサート」と称していた時期がありましたけど、それはまさに「その通りのネーミング」
なのかもしれませんよね・・・・

この組曲「マチネ・ミュージカル」は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.マーチ

Ⅱ.夜想曲

Ⅲ.ワルツ

Ⅳ.パントマイム

Ⅴ.常動曲

全体的には、Ⅰ・Ⅲ・Ⅴが「動」でⅡとⅣが「静」という感じで大変バランスも取れている感じですね。
Ⅰは歌劇「ウィリアム=テル」から引用され、
Ⅱ~Ⅳは歌曲集「ソワレ・ミュージカル」から引用され
Ⅴは発声練習曲「ソルフェージュとゴルケへッジ」 から引用をされています。

ブリテンなのですけど、
実は「交響曲」も幾つか作品を残していますけど、
ベート―ヴェンとかブラームスみたいないわゆる「古典形式」ガッチガッチの曲は一つもありませんし、
交響曲第〇番・・という形式は一つもありません。

例えば・・・・

「チェロ交響曲」なんて・・・・これは誰がどう聴いても「チェロ協奏曲」です。
(ラロの「スペイン交響曲」は誰がどう聴いてもヴァイオリン協奏曲と同じというのと同じ感覚・・・)
「シンプルシンフォニー」は一応「交響曲」となっていますが、
これは・・・・
可愛らしい室内管弦楽用の組曲に限りなく近いものがありますね・・・・
(ちなみに、この曲は・・・・
私が上京し初めて東京文化会館で聴いたクラシック音楽の演奏会で一番最初に演奏された曲目でした・・
あの時のメインは、確かベートーヴェンの7番だったかな・・・・)
「春の交響曲」は・・・・
これは誰がどう聴いても「カンタータ」です・・・・

ブリテン自体、少しクセモノみたいな感じの人でもありましたから、
交響曲の分野でも「変化球」ばかりのようですね・・・・
12.伊予高校

 D/バレエ組曲「コッペリア」より

 伊予高校の当時の指揮者の上甲先生は熱い先生だったようですね。
 この先生がBJで一時執筆されていた「頑張る先生の記録」という一年間の連載記事を読んでみると
 その「熱さ」・「情熱」は痛いほど伝わってきますね。
 確かに、上甲先生時代の伊予高校は、
 例えば1986年の「ローマの祭り」とか1991年の「バリの喜び」とか1993年の「イタリア奇想曲」などのように
 「絶えず何かを精一杯表現する」という気持ちは演奏から
 よーーーーく伝わってきましたね・・・
 ま、誠に申し訳ないのですけど
 技術が幾分付いて言っていないので、時にそれがとてつもない「空回り」みたいな事も
 あったりするのですけど・・・・・
 その「空回り」の典型例が・・・
 うーーん、この年の演奏だったかな・・・・
 誠に申し訳ないのですけど、
 少なくても普門館の「全国大会」に出場できるレベルではない・・・
 当時「四国」代表の枠は2チームでしたけど、
 毎回毎回銅賞ばかり取り続ける四国に2つも代表枠を設けるくらいなら
 四国の枠を一つ削って、その分を関東や関西に振り分ければいいのに・・・とさえ当時は思った事も
 あります。

 この年の「コッペリア」は出来としては芳しくない・・・・

 聴いていて感じた事は・・・「べったりとして重たい・・・優雅さが無い・・・サウンドが濁っている・・・」という
 感じでしたね・・・・

 この年の様子を後に上甲先生がBJの連載記事で振り返っていて、
 「全国大会の結果発表が終わって、銅賞とアナウンスされてもうちの生徒はしゃーしゃーとしている・・・・
 何かこれは違うのではないか・・・
 この結果を全く悔しいとも思わない生徒なのか・・
 そういう生徒を育成したのは自分ではないか・・・・」
 と何かこみ上げてくるものがあり、
 当時相当激高した・・・・
 みたいな事を書かれていました・・・・
 そして一年間死に物狂いで練習し、
 その一年後・・・・・
 「バリの喜び」でまさか、まさか・・・・の「四国代表初の金賞」を受賞した・・・・
 「人間努力していれば、たまにはこんな事もある・・・・」という上甲先生の言葉が何か印象的でした・・・・

 そうですね・・・・

 だからこの年の「コッペリア」は翌年の「バリの喜び」での初金賞という果実に至るまでの
 「産みの苦しみ」の時期だったのかもしれませんよね・・・・

 | BLOG TOP |