FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


Goプリを見ていて、
「あれ・・・、何か今までと少し違う・・・」と感じた事は
「学校」を中心に物語が進行している事・・・・
ま、それって考えてみると至極当たり前の話でして、
Goプリは「全寮制」のため、朝から晩までずーーっと学校内にいるから、学校が舞台になるのは
当たり前の話なのですよね。
夏休みに入ると、各人が実家に戻って、それぞれの家庭での触れ合いのイベントがあったり、
もしかして・・・
はるか・きららが、社長令嬢でもあるみなみの豪邸に遊びに行くという展開も
あったりするのかな・・・・??

それはそれですごーく楽しみですけど、
「寮」という事は、それだけ各キャラクター同士の接点が多いというか深くなりそうなので
今後の展開も含めて興味津々です。






前回の予告編を見てふと思ったのですけど、
はるかときららって実はクラスが異なっていたのですね・・・・
でもこれは実はかなり面白い試み・・・・
歴代プリキュアで初期メンバーのクラスが異なるという事例は珍しいケースで、
3人が実はそれぞれ学校が違うというかなり特殊ケースなフレッシュを除くと
あまり例が無い・・・
(ハピネスのめぐみ・ひめ・ゆうゆうは同じクラスだけど、いおなだけは別のクラス・・・、
 いおなは・・・・初期メンバーとも言えるし追加メンバーとも言えるしその点は微妙かな・・・・)

振り返って見ると・・・・

初代とSS→なぎさとほのか、咲と舞は同じクラス、ひかりは一学年下 ちなみに・・・満と薫も咲達と同じクラス・・

プリキュア5→2年生ののぞみとりんとくるみは同じクラス 3年生のこまちとかれんが同じクラス うららは一年生

フレッシュ→ラブ・美希・祈里は別々の学校、後にせつながラブの学校に編入しラブと同じクラス

ハートキャッチ→つぼみとえりかは同じクラス、追加戦士のいつきとは別のクラス ゆりは・・高校生・・・

スイート→響と奏は同じクラス、後にエレンが響達のクラスに編入 アコは小学生

ドキドキ→マナと六花・まこぴーは同じクラス、ありすは別の学校、亜久里は小学生

こうして振り返って見ると、初期メンバーのはるかときららのクラスが違うというのは、
プリキュアでは珍しい位置づけなのかも・・・・
ま、確かに、Goプリは全寮制だから、クラスもプリキュアもプライベートも全部同じにしてしまうと
色々と「被り」が生じてしまい、
各キャラの明確な相違が描きにくい・・という配慮があったのかな・・・・??


スマブリ


そうなると・・・・

極めて「異例」ともいえるのが「スマイルプリキュア」だったかな・・・・

あの設定は・・・・

プリキュア5人が、何とクラスが全員一緒というかなりユニークな設定・・・・
確かみゆき達のくらすは35人程度の人数だったから
クラスの1/7がプリキュア、女の子だけで言うと、1/3近くがプリキュア・・・というかなり
珍しい設定になっていたのは何か面白かったですね・・・・

そう言えば・・・・スマイルで斬新だったのは、追加戦士が一切無く、しかも追加敵幹部も一切無しというのは
かなり面白い試みでしたし、
初期メンバーの「結束力の強さ」を見せつける結果となり、これは大変良かったようにも思えます。

Goプリの場合、第2~3話は、はるかとみなみの二人だけでプリキュアとして戦っているのですけど
二人は、同級生ではなくて
先輩・後輩の間柄・・・・
歴代で、初期の二人設定が同級生ではないのは、考えてみると初めての試み・・・・

大変斬新な設定だと思いますけど、
ま、それも間もなくきららがプリキュアとして覚醒するので終わってしまいますけど、
一人の上級生、二人の下級生と言うのは
ある意味面白い試み・・・、その辺りの展開も大変興味深々という感じですね。
スポンサーサイト



ブリテンというと、初めてこの作曲家の名前を知ったのは、実は・・・・
あのあまりにも有名な「青少年のための管弦楽入門」ではありませんし、
20世紀の歌劇の中ではレパートリーとして完全に定着化した歌劇「ピーター・グライムズ」でも無く、
実は・・・・
「ソワレミュージカル」という可愛く楽しい組曲なのでした・・・・

確か1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会で、岩手県代表として演奏した
藤沢高校のこのブリテンの曲を聴いたのがそもそものきっかけだったと
思います。
Ⅰ.マーチ Ⅲチロル風舞曲 Ⅴ.タランティーラという部分を演奏したと思いますが、
何となく曲のタイトルが面白かったことが、少し気になったのだと思います。
上京後、この曲のレコードを聴いて、「へー、何か洒落た愛らしい曲だな」と思っていたら
ロッシーニの曲をブリテンが引用・再構築した曲と知った訳なのです。

この組曲は文句なく楽しめる曲ですよね。

ブリテンと言うと、
チェロ交響曲とかシンフォニア・ダ・レクイエムとか歌劇「ねじの回転」とかなりとっつくにくくて
渋すぎる作品も多いと思いますし、
「春の交響曲」というシンフォニーなのかカンタータなのかよく分からない重厚な作品もあったりして
正直・・・「青少年のための管弦楽入門」以外は、
日本では知名度は低いのかもしれませんよね・・・・・
(でも私は・・・・歌劇「ピーター・グライムズ」の偉大さ・先見の明はすごい・・・と思いますけどね・・・
 確かこの歌劇の事は2年ほど前に熱く語っていたような気が・・・・)

そんな中、

文句なく誰しもが楽しんで聴けるブリテンの管弦楽曲と言うと、
組曲「ソワレ・ミュージカル」を推したいですね。

この曲は・・・・舞踏家のチューダーと言う方からの委嘱作品として書かれたバレエのための音楽なのですけど、
後に・・・・
「ロッシーニを主題とした五楽章の管弦楽組曲」として再編成し
組曲「ソワレ・ミュージカル」という形で発表しています。
この「ソワレ・ミュージカル」は訳すると「音楽の夕べ」とか「音楽の夜会」という感じなのかな・・・・
素材としては、ロッシーニの歌曲集「ソワレ・ミュージカル」から大部分を使用しています。

とにかく・・・・

粋で底抜けに明るく楽しい曲が展開されていきます。

この曲を耳にするたびに、「あれれ・・・、本当にこの曲、あの難解な音楽を生み出している
ブリテンの作品なの・・・?」とも感じてしまいますけど
ま、素材は、ロッシーニの軽妙な音楽から取っていますので
ま、当然と言えば当然の話なのですけどね・・・・・

この曲は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.マーチ

Ⅱ.カンツォーネ

Ⅲ.チロル風舞曲

Ⅳ.ボレロ

Ⅴ.タランティーラ

ちなみに・・・・
Ⅱ~Ⅳは、ロッシーニの歌曲集「ソワレ・ミュージカル」を題材にし
Ⅰは歌劇「ウィリアム・テル」から、Ⅴは合唱曲「慈愛」から取られています。

Ⅰのマーチの「タン・タタ・タン!」のリズムで開始される勢いが実に爽快ですね・・・!!
シロフォーンが実にいい味を出しています。
Ⅲはいかにもアルプス・・・・という雰囲気が濃厚で、ヨーデル風のメロディーが極めて印象的です。
Ⅳのカスタネットが実に素晴らしい!!
Ⅴは急速な6/8拍子のナポリ舞踊でもそのノリノリ感が実に素晴らしいです!!

でもな・・・・

この曲あまり演奏会では演奏されないのですよね・・・・勿体無い・・・・

私自身もオケではこの曲、一度も聴いたことがありません・・・・・

吹奏楽コンクールでは何度か聴いたことがありますが、
(1982年の福岡工業大学の演奏は、何とⅣのボレロも演奏している・・・・!!)
出来ればオケ版の生演奏を聴いてみたいですね・・・・

ちなみにこの曲、作曲者自身による自作自演の演奏もあり、これは中々素晴らしい演奏を
聴かせてくれています。
このCDに収録されている歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲とパッサカリアの演奏も
実に素晴らしい!!

この曲は、組曲「マチネ・ミュージカル」と姉妹作とも言えるのかな・・・・
こちらも粋で素敵な作品です。
11.金光八尾高校

 D/大阪俗謡による幻想曲

 そう言えば・・・・この年は前年度で栄光の「5年連続金賞」を達成し、特別演奏という偉業を達成した
 チームが二つありましたね。
 一つが習志野、もう一つが淀川工業
 その特別演奏ですけど、どちらも「いかにも・・」というその学校のカラーが反映し
 それぞれ色々と創意工夫がされていてとても楽しかったですね。
 習志野のあのブラックライト音楽劇は、みていてもとても「ファンタジー」な感じがして良かったですし、
 淀川工業も、いかにも丸谷先生らしい演出でしたね・・・・
 淀川工業の場合、突如一人の生徒がマイクを持ちいきなり歌いだすというまさかのカラオケ展開にも
 なってしまいましたけど、
 歌った歌が、確か1979年頃に流行った西城秀樹の「ホップ・ステップ・ジャンプ」とかいう曲だったかな・・・??
でも「ヤングマン」でもないし、
 演奏当時は1989年なのに、なんで今更10年前の歌なの・・・??というツッコミは・・・・
 ま、「5年連続金賞」という偉業の前では
 どうでもいいことなのかも・・・・・(笑・・)

 そんな訳でこの年は淀川工業が関西大会不出場でしたし、
 洛南がまさかのスカ金になってしまい、
 結果的に「代表枠」が一つ残る事になってしまい、
 その枠に滑り込んだのが、初出場のこのチームでした。
 ま、この学校はその後一度も全国大会には出ていませんし、最近は・・・支部大会でもその名前を聞くことは
 無いですね・・・

 だけど、演奏は上手かったですね。
 一言で言うとつけ入る隙を与えない・・・・そういう感じの演奏でした・・・・

 でもね・・・・

 多分普門館の当時の会場にいた人は感じていた人も多いかもしれませんけど、
 前年度に淀川工業は「大阪俗謡による幻想曲」を大変素晴らしい名演を残しているのですけど、
 その淀川工業の演奏というか、表現にそっくり・・・というか「瓜二つ」なんですよね・・・・
 チャンチキの叩き方、鈴の鳴らし方、鈴の持ち上げ方と下し方の演出、何か全てが
 淀川工業の「コピー演奏」みたいな感じもありました・・・・

 ま、それを模倣して同じように演奏するその技術だけでも大変だとは思いますけど、
 このチームの持ち味はなに・・・?と聞かれると
 正直「うーーーん・・・」となってしまうのもまた事実のような感じもありました。

 「模倣」から始める事は悪くはないのですけど、
 そこからいかに自分達のカラーを作り上げていくか・・・・大変難しいテーマではありますが
 それが出来なかったから、
 多分コンクールとしては「一発屋」で終ってしまったような感じもあります・・・・

 | BLOG TOP |