FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


先日、「キュアマーメイド」の食玩マスコットフィギュアを購入・・・・

これでようやく「Go! プリンセスプリキュア」の三人が勢揃いした事になります。

多分3月後半~4月前半だと思われますが、
バンダイ食玩の「キューティフィギュアシリーズ」も登場すると思われますが
このマスコットミニフィギュアの出来具合から見ると
こちらも期待大!!という感じですね。





Goプリは昨年末に公式でも正式に設定画像が公開されたのですけど、
最初に見た時は、
「え・・・、今回の青は・・・随分と大人っぽい設定・・・・
なんかプリキュア5のキュアアクアみたいな雰囲気・・・・
少しけばいのかな・・・・野暮ったいのかな・・・・
ネット上の反応では、またまたキュアババアなんて陰口を叩かれるのかな・・・」と
正直感じたものでしたけど、実際番組が開始されると、
変身前のみなみが予想よりははるかにマイルドで優しい設定のキャラという事もありましたけど、
けばさ・野暮ったさ・妙に大人の雰囲気といった印象はあまり感じず、
逆に「かっこういい!!」とか「凛としている」とか「強く、優しく、美しく」のGoプリのキャッチフレーズを
一人で具現化している・・・・
みたいな良い印象の方が強かったですね・・・・!!


CIMG8055_convert_20150217181547.jpg


この食玩マスコットフィギュアでも、
そうした自分の印象が商品化の上でも反映されているような感じすらします。

出来栄えがとても良いせいか、
「ま、ちとセーラームーンに出てくるキャラっぽいけど、凛々しく可愛い!!」という
アニメ本編での印象と変わりは無かったですね。

モードエレガントの長めのタイトスカートの雰囲気も素敵なのですけど
通常フォームのこの青のミニスカートがとてもいいですね!!
私、結構このスカートはとても気に入っています。

そういえば・・・・

ノーブル学園の制服はジャンパースカートなのですけど、
みなみだけ、なぜかスカートが長めですよね・・・・
歴代プリキュア達の学校の制服は、短めスカートがほぼ定番でしたけど、
こういう長めのスカートはあまり見かけなかっただけに逆に少し新鮮さを感じますね。


CIMG8056_convert_20150217181614.jpg


フローラ・マーメイド・トゥインクルの3人の勢揃いです!!

やっぱり3人揃うと「華」がありますね。

でもやっぱり「キュアトゥインクル」の存在感は桁外れなものがありそうですね・・・・

さてさて、2/22の第四話でいよいよトゥインクル登場ですので、
これはすごーく楽しみですね!!
スポンサーサイト



2/18(水)の埼玉はまさに「厳冬」の一日・・・・
ま、幸い雪にはならずに済んだのでそれがせめてもの救いなのかな・・・・??
でも一日冷たい雨がしとしと降り続け、気温も確か最高気温が3℃あたりだったかな・・・・
とにかく「寒い・・・寒くて死にそう・・」みたいな一日でした。

以前から何度か書いているように、私、生まれ育ちは東北だから
本当は寒さには強いはずなのに、
東北で生まれ育った年数より、関東で生活してきた年数は既にダブルスコア程度になっているから、
そりゃ・・・
段々と東北の「しばれる寒さ・・・」なんて記憶から薄れますよね・・・

でも東北の寒さで一番堪えたのは・・・・

高校時代の真冬の体育の授業だったな・・・・

うちの高校は、体育とは別に、週に一時間「武道」という授業があり、
一年生は剣道、二年生は柔道が必修科目となっていました。
この剣道も柔道も、当時の生徒たちにとっては大変な「不人気科目」でして、
なぜかと言うと・・・・
剣道は・・・・
とにかく防具の「臭い」がたまらん・・・!!という感じでしたね・・・
だって、防具なんて、ま、男子校だから仕方がない面があるのですけど、
使用しても誰一人洗濯とか清掃なんかしないから、汗が染みっぱなしの状態・・・・
多分・・・、あの「臭い」は・・・・十年程度洗濯も掃除も何もしていないゆえの「悪臭」なのでしょうね・・・(苦笑・・)
だから真夏の剣道の授業何て「悪臭」以外の何者でもない・・・
あの強烈な防具を身に付けての剣道の授業何て、最悪の一言でしたね・・・・
剣道って・・・・
面や堂は食らっても大して痛くは無いのですけど
一番痛いのは「小手」かな・・・
あの小手をまともに食らってしまうと、マジで腕が痺れっぱなし・・・・
酷い時は・・・
放課後の吹奏楽部の練習で、あんな小さい楽器のクラリネットを持つのがやっと・・・・みたいにヘロヘロに
なってしまう事もありましたね・・・・

だけど剣道よりももっと大変だったのは「柔道」の方かな・・・・

あれって本当に真冬の時は大変でしたね・・・

体育館とは別に柔道用の「講堂」があり、そこに畳をひいて受身とか色々やらされたのですけど、
真冬の講堂の畳なんて・・・・
まさに「冷蔵庫」の中を地べたで歩いているような感触でしたね・・・・
とにかく寒くて足が冷たくて、まさに「地獄」でしたね・・・・
ホント、あの感触は・・・・氷の上を裸足で歩いているようなものでした・・・・
何で畳ってあんなに冷たいのだろう・・・
講堂なんて当然暖房設備なんてある訳ないし、
多分氷点下に近い気温の中で、氷みたいな畳の上で、どすんどすん投げられまくった柔道の授業何て
剣道よりも最悪だったかも・・・・
剣道は「悪臭」を耐えれば何とかなったけど、
柔道は・・・・マジに本当に辛い経験でしたね・・・・(苦笑・・)

柔道の授業何て、基本的にはひたすら「受け身、受け身、受け身!!」の繰り返しで
体育教師からひたすらぶん投げられて
ひたすら受け身を取る事ばかりの繰り返しでしたから、
単調だったりのも「冷たさ」に輪が掛ったのかもしれません・・・・

ま、冬は大変だったけど、夏とか秋なんか、
柔道の授業で、体育教師から、絵に描いたような一本背負いをくらって
それを整然と受け身が出来たりすると
「あ・・・・、何か気持ちいい・・・快感・・・」なーんて思ったりもしましたけどね・・・・(苦笑・・・)





e1079a3b_convert_20150218202501.jpg


そうそう・・・・

話は全然違うのですけど
先日の「Go! プリンセスプリキュア」第三話では、化物の「ゼツボーグ」は、
柔道ゼツボーグでしたね・・・・

でもあのゼツボーグ、全然ダメです・・・・!! まるでなっていない・・・・

だって・・・・

フローラにあんな綺麗に一本背負い食らっているのに・・・
受け身の体制が全く出来ていない・・・(苦笑・・・)
マーメイドに蹴りを食らったり水を掛けられて倒れた際も、受け身の姿勢を取っていない・・・・

うーーん、あれでは「敗北」は自明ですね・・・・

ディスダークの悪の三銃士の一人、シャット風に表現すると・・・・
「あれでは敗北は当然あるのみ!!」という感じなのかな・・・
あれれ・・、もしかして「・・・・・のみ!!」という言い方はシャットの口癖なのかな・・・・
ハピネスのナマケルダの「・・・・ですぞ」みたいなものなのかな・・・??
8.中村学園女子高校

 D/喜歌劇「詩人と農夫」序曲

 1988年以降、中村学園から松澤先生が勇退されてしまうと
 何かすっかり中村女子の持ち味が無くなってしまったような感じがありました・・・・
 何かどういう方向性を目指しているのか、
 どういうサウンドづくりを目指しているのかといった基本路線で迷っている感じが感じられ、
 何か全体的に「中途半端」なものを感じてしまいます。
 前年の「カルメン組曲」もそんな感じだったかな・・・
 「分かり易く明るく楽しいクラシック音楽を聴き易い方向で伝える」というのは何となくは伝わってくるのですけど、
 前任者の松澤先生との違いはどこにあるのか・・・
 どういう点を受け継ぎ、どういう点で自分達の新しい方向を目指していくのかという点が
 今一つ、サウンドとして、音楽として伝わってこなくて
 結果的に大変聴いていて「もどかしさ」を感じたものでした・・・・

 課題曲も自由曲も両曲を通じて言えるのですけど
 サウンドが少し濁り気味・・・・
 楽しい雰囲気は伝わってくるけど、何かもっさりしている感じ・・・・
 悪く言うと、サウンドがすっきりせず幾分重たい印象・・・・
 自由曲も前半のソロを中心とした歌と後半の華やかさの「鮮やかさ」の対比」も
 演出としては今一つな面があり、
 やはりここでも「中途半端」なものを感じてしまいました・・・・

 「銅賞だろう・・・」と予想していたら、銀でしてので、少し意外・・とも思いました。


9.埼玉栄高校

 A/ディオニソスの祭り

 この年の高校の部の「グランプリ」と言っても差支えが無い素晴らしい演奏でした!!

何だろう・・・・

 課題曲も自由曲も演奏に一部の隙も無い・・・
 とにかく「全てが完璧!!」の一言に尽きると思います。

 この年は、正直前半がやや低調で、
 「あれれ・・・、今年の高校の部は少しレヴェルが低いのかな・・・」と思っていたのですけど
 埼玉栄の演奏で一気にそうした気持ちが晴れていきました。
 
 課題曲の、聴くのは気持ちはいいけど演奏する方は結構大変な前半の5/4のリズミカルな部分が
 まさに「完璧!!」の一言に尽きます!!
音が大変洗練されているけど、ふわっとしている訳ではなくて芯が通っている音のせいか
 「自分達はこうしたい!!」という気迫すらも感じられ、
 演奏に「魂」が入っているのがストレートに伝わってくる演奏だったと思います。

 でも圧巻は自由曲でしたね・・・・

 実は「ディオニソスの祭り」は埼玉栄は二回目の演奏です。

 一番最初は、埼玉栄の記念すべき全国大会初出場の年でしたけど
 この時は・・・・
 うーーーん、申し訳ないけど細部の詰めが全然甘く、
 演奏技術も仕上がりも決して高くないし、演奏に迫力もアクの強さも感じないただの凡演・・・という
 感想しかなかったのですけど
 (同じ年に兵庫の御影高校が埼玉栄と同じ自由曲、ディオニソスの祭りを取り上げていたのですけど
 御影のアクの強さと表現力の圧倒的な逞しさは壮絶なものがありましたね・・・・
 私自身、コンクール史上最強クラスのアクの強さを誇るディオニソスだったと今でも思っています・・・)
 5年後にその時の雪辱を晴らすという意味においても
 大変意義のある演奏だったと思いますし、
 とにかく演奏に気迫がこもっていました・・・・
 細部もとにかく細かいところまでよく訓練されている・・・という印象で
 吹奏楽オリジナル作品としては難曲中の難曲と呼ばれるこの作品を全くその「難しさ」を感じさせず
 むしろさらりと音にしていたのは
 まさに驚愕の一言に尽きると思います。
 ユーフォのソロも申し分なかったし、サックスセクションの歌い方も素晴らしい!!
ファゴット・コントラバスクラ等の木管低音セクションの「縁の下の力持ち」の働きぶりも大変お見事!!

 何かこの年と翌年のシュワントナーの「・・・・・そしてどこにも山の姿は無い・・・」の演奏は
 神がかっていましたね・・・・

 本当にあのメンバー、高校生なのかな・・・と感じさせるウルトラ級の名演でした!!

 | BLOG TOP |