FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」はまだ序盤の段階ですけど、
何か「安定感」が前作とは全く違いますね・・・・
ハピネスのめぐみとひめはどちらかというと「マイナスからのスタート」という側面があったのですけど、
Goプリのメンバーは、既に「自分の夢を明確に持っていて、そのためには自分は何をすべきで
どうすればいいの・・・??」という事を無自覚ながらも理解しているせいもあり、
既に「プラスからのスタート」と言えるのかもしれません。
前々作「ドキドキプリキュア」もメンバーはほぼ全員優秀&聡明設定でしたけど、
それだけですと、主人公たちの「更なる成長」が中々内側からは期待できない・・・・
そのために「キュアエース」という「外圧」というのか、外側からの刺激という意味で、
マナ達の成長を更に促したという面がありますけど、
Goプリの場合、そういう役割はもしかして、まだ本編未登場だけど、「ミス・シャムール」あたりが
担当するのかな・・・・??
現段階で既に「プリンセス」の称号に相応しいみなみですけど、、それでは最終決戦あたりまでに
更なる成長がいったいどれだけあるのか・・・・、何かそういう面でもとても楽しみですね。






img1423957199_convert_20150217133423.png


ま、今回の話としては・・・・
ノーブル学園女子寮の元々の規則の中では「ペットを飼う事が出来ない」というものがあり、
ま、本当は妖精なのだけど、一見「犬」にしか見えないパフを一体どうやって寮内で飼う事が出来るように
するかという、ま、プリキュアとしては王道中の王道みたいなベタな展開なのですけど
さすがに、「安定感」が違いましたね・・・・

前作「ハピネスチャージ」のめぐみだったら、
相手の気持ちとか「本当はこの人は犬が苦手なのではないか・・・」という事前の予測とかを
全く考えないで
「とにかく話せば何とか相手も分かって貰える・・・」みたいな感覚で
むやみやたらに一方的な説得を試み玉砕していたのは目に見えていたと思いますけど
(ま、ハピネスの場合は、優秀なメンバーのゆうゆうとか誠司の存在がありましたので、最終的には
何とかなっちゃうか・・・・)
Goプリの場合は、そうしたアプローチは取らない・・・・

「犬を寮内で飼ってはダメなら、飼ってもいいというルールを新たに作ればよいのではないか・・」という
前向きな発想を展開し、
「新しいルールを策定する場合は寮生全員の賛同が不可欠」というかなりハードルの高い寮内規則に
挑んでいき、
「それでは寮生全員の賛同を得るためには具体的にどうすれば良いのか・・・」という事を
「作戦、その1!」とか言って
パフを寮生全員から認めて貰うために
あの手この手を色々駆使する点は素晴らしい!!
今回は「パフの良いところ」をどのように発掘し、それをどうやってPRしていくかという事が焦点でしたけど、
それは今後のはるかの人間関係でも同じなのではないか・・・とも思ってしまいます。
みなみが「寮には色々な人がいるから・・・、色々な人と関わっていくのも悪くは無い」と冒頭で優しく
諭していましたけど、
確かにこうした寮生活というのもそうですし、今後の学校生活、社会人としての生活もそうなのですけど、
世の中には色々な人がいる・・・・
決して自分にとっては「気が合う」人ばかりと接していくのではない・・・・
色々と苦手の人と関わっていく必要も当然出てくる・・・・
では、そうした場合どうすればいいのか・・・・??
はるかが今回「パフの良いところ大作戦」と称したように、
「他人の良いところ」をいかに見出していくかが大切なような気もします。
今回はあくまで「ペット」という対象でしたけど、こうした事は必ず他の事、諸々な人間関係形成の上でも
貴重なヒントになるはず・・・・

うーーん、はるか、すごいよ・・・凄過ぎる・・・・既に第三話で
人として大切な事を無自覚で分かっている・・・・
物語開始前には「ポンコツ主人公」にしか見えなかったはるかは意外と出来る子・・・・
というか・・・・はるかはめぐみの一学年下の後輩プリキュアなのですけどね・・・
(だけど、めぐみは、ハピネスチャージの中では私の嫁キャラ・・・・苦笑・・・・)

それと中々目につかない事ですけど
みなみの「バランス感覚」・「公平さ」も特筆に値するものがあると思います。
生徒会長の立場としては・・・・
「寮の規則」を盾に「犬を飼う事は一切認めない・・・」と突っぱねる事も可能ですし、
多分・・・、プリキュア5の同じく生徒会長の初期の頃のかれんさんならば、
間違いなく「却下・・・!!」の一言で終わらせていたでしょう・・・・
だけど、みなみは・・・既に「プリキュア」の立場も負っている・・・・
心の深層としては
「パフが学園外に追い出してしまうと色々と支障が出るし、何よりもはるかが気の毒・・・
本当は自分の権限で飼う事を認めさせるのがいいのだけど、
生徒会長の立場としては、そういう訳にもいかない・・・」という感じだったのかな・・・・

それでもってみなみの生徒会長としての「裁定」は、
「寮生全員の賛同が得たら、寮内で飼う事を認める」というものでしたけど、
このあたりは、みなみの賢明さ・バランス感覚を提示したもので、見ていてとても気持ちが良かったですね・・・

はるかとみなみが二人並んでいると、何か本当の「姉妹」みたい・・・・
少し暴走系の香りもあるはるかにとっては、あらゆる意味で、ブレーキ役も兼ねている頼れる姉という
感じなのかもしれませんよね。

みなみもだけど大人ですね・・・・

「世の中には色々な人がいるから・・・」なんて中二の言葉ではありませんよね・・・・(笑)

だけどそうした「人の多様性」・「多様な価値観の存在」を既に分かっているみなみは・・・・
すごい・・・凄すぎるよ・・・!! みなみ様!!という感じですね・・・・

一応歴代プリキュアの上では・・・・・

恐ろしい事に、みなみと、ハートキャッチのえりか・スマイルのやよい・ハピネスのひめは
同学年なんですよね・・・・(苦笑・・・)
初代の美墨なぎさ大先輩に、この件についてコメントを求めると・・・・
「うーーん、ありえない・・」と言うのかな・・・・(苦笑・・)

img1423957317_convert_20150217133455.png


img1423957331_convert_20150217133523.png


img1423957350_convert_20150217133602.png


img1423957855_convert_20150217133629.png


だけど、パフは可愛いですね!!

こんなモフモフ感のあるペットみたいな妖精っていたっけ・・・・??

ま、ハミィというネコにしか見えない妖精の肉球に癒されるスイートの奏もいましたけどね・・・・

モフモフ感というと、プリキュア5のミルクもそうなのかもしれないけど、
あの「クソ生意気さ」といちいちのぞみに突っかかる態度の悪さは、
まさに「こん畜生!! とっとと爆発炎上してしまえ・・!!」キャラでしたけどね・・・・(苦笑・・)

その点、パフは純粋に可愛いし、性格もいいし、賢いし、
妖精としては・・・・
歴代で一番愛される妖精になる可能性もありそうですね・・・・
(ま、タルトくんの胡散臭い関西弁と苦労人キャラもよかったし、ハミィのおとぼけぶりと優しさも良かったな・・・
妖精のくせに、ファントムにもアンラブリーにもなってしまう・・・・みたいな方も約1名いましたけど・・・・苦笑・・・)

パフは、色々と髪型をチェンジ出来る所がたまらなく可愛いですね・・・・!!

今回は第三話でしたけど、
多分・・・・、全国のプリキュアファンの内、80%近くの方が
「第三話はいよいよ満を持してキュアトゥインクル登場!!」と思っていたかもしれませんけど・・・(?)
きらら=トゥインクルを差し置いてでも
パフという妖精回を持ってきたのは、
ハピネスで幾分売り上げが落ちた玩具の宣伝、特にパフのおもちゃの宣伝をしたかった
スポンサーからの意向もあるのかな・・・・??

犬が苦手の如月 れいこをゼツボークが襲い掛かった際に、パフが無謀にもゼツボーグに立ち向かっていく光景は・・・
ま、ベタな展開ですけど、
いかにもプリキュアらしい「まっすぐさ」も感じられ、
これはこれで良かったと思います。

問題は・・・・・

ま、新しい幹部も登場しましたけど
二人のプリキュアの登場を許し、第一話から既に三連敗中の敵幹部、クローズかな・・・
この方・・・・何か既に「ポンコツマヌケ幹部」の香りが漂っているのですけど・・・・(苦笑・・・)


img1423958812_convert_20150217133657.jpg


さてさて・・・・!!

次回はいよいよ満を持して、天ノ川きらら=キュアトゥインクルの登場です!!

これは絶対に見逃せない!!

とにかく登場が待ち焦がれていたキャラですので、とても楽しみです!!

まさかと思いますけど・・・

はるかが意外と優秀という事は・・・・

きららがポンコツなんてことは・・・・ある訳ないですよね・・・・・(苦笑・・・)

プリキュア5で初期の頃、りんちゃんとかれんさんの相性が悪かったように
きららとみなみが意見対立するなんて展開はないですよね・・・・・
スポンサーサイト



これは・・・・
100円ショップのダイソーのとある店舗のガチャガチャだったかな・・・

何気に色々なガチャガチャを見ていると
何やら「可笑しいもの」を発見・・・・

何かと言うと・・・・

「プリキュアシリーズの何がでるかわかりません」というト書きが付いたガチャガチャ・・・・

え、・・・、なにこれ・・、すごい・・・、すごすぎる・・・、なにこの「アバウトすぎるガチャガチャ」・・・・(苦笑・・・)






ま、多分、歴代プリキュアの小物関連ガチャガチャで売れ残り在庫過剰になっているものを
「まとめて一気に在庫整理してしまえ・・・!!」という発想で
売り出されたものなのかな・・・・??

ト書きの写真を見てみると、ドキドキ・スマイル・スイートのものでしたし、
外側からカプセルを覗きこんでみると、
スマイルのビューティらしいタオルとか
スイートのメロディのベルティエらしきものがうっすらと見える・・・・

あ・・、これは本当に、歴代プリキュアの売れ残りガチャガチャだったのですね・・・・

スイートは2011年に放映されたプリキュア・・・・

まさか、まさか2015年に「オールスター映画関連」以外でスイートの商品のガチャガチャに
お目に書かれるとは夢にも思わなかったです・・・・(苦笑・・)

一回200円だし、「運試し」も兼ねて一度やってみるか・・・と思って
一度だけチャレンジしてみました・・・・

結果は・・・・・


006_convert_20150216163206.jpg


一か月前に最終回を迎えたばかりの「ハピネスチャージ」でした・・・・

うーーん、何か微妙・・・・

ま、「何が出るかが分からない」のがガチャガチャの楽しみでもあるのですけど、
どうせなら、古いプリキュアが当たって欲しかったような気も・・・・??

ま、ハピネスは歴代でも特に大好きなシリーズですので、
ま、それはそれでいいか・・・・

さてさて、何がカプセルの中に入っているのかな・・・・・??

ラブリーだといいな・・・・(苦笑・・・)


009_convert_20150216163247.jpg


カプセルを開けてみると、

プリンセスの「ラブプリブレス」でした・・・・・

見てみると・・・・

「ハピネスチャージプリキュア・なりきりグッズセット」の一つのようです・・・・

うーーーん、どうせなら、
「ポンコツプリンセスではなくて、ラブリーの方が当たれよ・・・・」という感じなのですけど(苦笑・・・)
ま、このポンコツプリンセスも可愛いから、
ま、それはそれでよしとしますか・・・・(苦笑・・・)

プリンセスですけど、
このお方は・・・・
ホント、敵幹部の「ナマケルダ」がお気に入りのようだったようですね・・・・
ナマケルダの口癖、「・・・・ですぞ」という口調は、
よーくプリンセスはモノマネしていましたね・・・・
確か、氷川道場の空手の回で、
オレスキーに対して「フォーチュンがいなくても余裕ですぞ」と言ったのがそもそもの始まりでしたね。
ま、あのモノマネは最終回でも言っていましたから
ひめにとっては、よっぽどお気に入りのフレーズだったのかな・・・・??


7.浜松商業高校

 A/楽劇「サロメ」より七つのヴェールの踊り

 この年、1990年の大会は大変レヴェルが高い大会だったと思います。
 印象としては・・・・
 前半出場のチームよりは中盤から後半にかけて出場したチームの方に名演が続出していた・・・という
 感じですね。
 何よりもこの年は・・・・
 これはあくまで自分の意見ですけど、吹奏楽コンクール史上最大の「課題曲の当たり年」だったと
 思います。
 課題曲A/ランドスケイブは、吹奏楽コンクール課題曲史上の上でも人気の面も内容の面でも
 最高の課題曲の一つだと思いますし、こんなに内容的にも音の響かせ方が素晴らしい課題曲は
 あまり他に類を見ないような気もします。
 他の課題曲もそれぞれ内容が充実した素晴らしいものばかりでしたし、
 (課題曲C/マーチ「カタロニアの栄光」も本当に内容充実の見事な課題曲でしたね・・・!!)
 課題曲B/風の黙示録が結果的に一番人気が無いものになってしまいましたけど、
 音楽の内容としては大変充実していましたし、他の年だったらもう少し演奏されていたような気もします・・

 やはり課題曲が素晴らしいと、吹奏楽コンクールを聴いている身としても、
 「充実感」が何か一味も二味も違うような気もします。
 だけど・・・
 欲を言うと・・・
 自分が現役奏者の頃、こうした「充実した課題曲の年」に巡り合いたかったな・・・・

 この年は、うーーん、正直、銅賞と銀賞の「差」は一目瞭然だったような気がします・・・
 「惜しい銅賞」というのは皆無だったと思います。
 その代り、金賞と銀賞の「ボーダーライン」はほとんど無かったようにも感じられます。
 ま、埼玉栄・常総学院・高岡商業などのような「トップレヴェルの金賞」と「銀賞チーム」の間には
 相当大きな「壁」はあったと思いますけど、
 それ以外の金賞と上位クラスの銀賞に違いはほとんど無かった・・・・というのが私の率直な感想ですね。
 ホント、金と銀の違いなんて、「審査員の好み」みたいな感じでしたね。

 浜松商業も、その意味では、大変惜しい銀賞の一つだったと思います。

 このチームは伝統的にそうなのですけど、
 音色がとてつもなく美しく大変洗練されたサウンドが印象的ですね。
 課題曲Aも大変清潔感が感じられ、サウンドがスタスタと美しく駆け抜けていったというイメージなのですけど
 特に中間部の歌い廻しが大変しっとりしていて、ピッコロソロも含めて
 「たっぷりと歌っているな・・・」という印象でした。
 静と動の対比が鮮やかという意味でも大変充実した演奏で、優れた課題曲Aの一つだと断言できます。

 自由曲の「サロメ」ですけど、
 この当時は、「サロメ」は、著作権の関係からCDに収録不可の為、全国大会でただ一度聴いた記憶の
 感想の範囲で書くのですけど、
 とにかく「華麗なる音の絵巻」という感じでした!!
何というのかな・・・・
 音が大変クリアで洗練され美しい為、どんな場面の音楽でも
 例えそれが、一枚一枚衣装を脱いでいくシーンであっても、恍惚としているシーンであっても、
 妖艶に踊っているシーンでも
 その場面場面があたかも歌劇をその場で見ているような感覚にすらなってしまうほどでした。
 やはり「音色」が美しい・綺麗というだけで、音楽は一通りの説得力を持ってしまうものですね・・・・
 それは大変強く実感させられました。
 オーボエ・フルートのソロもよかったし、
 木管セクションの「音のうねり」・「しっとり感」が大変ゾクゾクさせられてしまうほどの域に達していました・・・・

 とにかく「惜しい銀賞」の一つだと思います。

 「浜松」と言うと、個人的なイメージなのですけど
 「音楽の街」というイメージがありますね。
 やっぱりそれは「ヤマハ浜松」の存在が大きいのかな・・・・?

 元来、浜松市はオートバイや木工・繊維関連など、「モノづくりの街」として名を知られていますけど、
 やっぱり最たるものは「楽器制作」ですよね・・・!!
 河合楽器製作所」・ローランド」など、名だたるメーカーが浜松市に集結していますし、
 国内でのピアノ生産量は第1位て゜すからね・・・

 何か浜松は、「世界最大規模“楽器の街」という感じがしますね。

 浜松は、吹奏楽コンクールの関係で「浜松アクトシティ―」に行ったことも何回かありますけど
 音響的にも見た目にも
 素晴らしいホールでしたね!!
 ついでに書くと、一度うちの奥様と温泉旅行に行った舘山寺温泉とか浜名湖とか
 本当に素晴らしかったですね・・・!!
ホント、もう一回くらいは行ってみたいな・・・・


 繧ォ繝弱Φ_convert_20150217115217


 「カテゴリ相違」かもしれませんが・・・・(苦笑・・)

 「スイートプリキュア」も実は「音楽」を物語の背景にしている要素もありまして、
 主人公たちが住んでいる「加音町」(かのんちょう)は、「音楽の街」という事をキャッチフレーズに
 しています。

 以前から思っていたのですけど
 「スイートプリキュア」のモデルとなった舞台はどこかな・・・??とふと思ったら
 何か「浜松市」を真っ先に思い浮かびました・・・

 もちろん、アニメでの架空のお話なのですけど、
 何かスイートの舞台となっている加音町の雰囲気がどことなく浜松を彷彿とさせるものが
 あったもので、何かそんな事を思わず感じてしまいました・・・・

 | BLOG TOP |