FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


先日、「キュアトゥインクル」のマスコット食玩フィギュアを購入しましたので
今回は、ピンク系主人公の「キュアフローラ」を買ってしまいました・・・・

本当は3個まとめて一回で買えればいいのですけど、
ま、その・・、私も普通の会社員で、毎月の「お小遣い」というか自由に出来るお金は決まって
いますので、
大体一日自由に使えるお金なんてのは自ずから決まってしまいますので
一個ずつコツコツと(?)集めていきたいと思います・・・(苦笑・・)

ま、次回は・・・・「キュアマーメイド」かな・・・・
(妖精のパフとアロマはどうしようかな・・・・・??)




前回の「キュアトゥインクル」の小悪魔的雰囲気とは大きく異なり
フローラは、「これぞいかにも王道的ピンク主人公!!」という雰囲気満点ですね・・・!!

気のせいかもしれませんけど、
何かアニメ本編で見るよりは幾分目が大きく瞳がぱっちりのような気もしますね・・・・

だけどとっても可愛い・・・!!

考えてみると・・・・

今回のGoプリのはるかときららは中一なのですよね。

前作「ハピネスチャージプリキュア」のめぐみが一年間かけて学習した
「自分が目指したいものを見つける→自分の夢を見つける→夢に向かっての努力を重ねる
 →プリキュアとして戦いながら自分の幸せを目指しながら世界も救う」という事を
既に第1~2話で無自覚ながらも、本能的に分かっているはるかはまだ中一・・・

遅咲きのめぐみも素晴らしかったけど
「人にとって何が大切なのか・・??」を本能的に理解している(と思われる)はるかも魅力的・・・

本当にこの一年間で、はるかはどのような成長を見せ、自分達にどういう提示を示してくれるのか・・
今からとても楽しみですし、
同時にこうした様々な商品展開も楽しみです。

ま、自分のお小遣いが許せる範囲内で、今年も「プリキュア」関連グッズの売り上げに
少しでも貢献したいものです・・・・(笑)


002_convert_20150213160548.jpg


今回購入したスーパーでは・・・

今回のGoプリのマスコットフィギュアが当初20個置かれていましたが、
10個が既に売り切れ・・・・
やはり一番売れているのはトゥインクルなのかな・・・・
(私が買ったスーパーでは在庫が残り1個のみ・・・マーメイドは少し苦戦中・・という感じかな・・・・??)

フローラですけど、
やっぱりいかにも「花のプリキュア」という雰囲気ですね!!

何か見ているだけで「満開!!」という気持ちになれそうですね・・・・

あ、そう言えばはるかも冒頭シーンで「わたし、満開!!」とか言っていましたよね・・・・
スポンサーサイト



この事は過去記事でも何度か書いたことがあるのですけど、
私自身の職歴は主に二つの時期に大別されます。
一つは、1988年~2001年までの金融機関時代
もう一つは、2001年~今日の住宅・建築業界
なぜ金融から畑違いの分野に移ったかと言うと、その当時勤務していた金融機関が破綻し、
2001年当時は大変な経済低迷が続いていたので
転職先が住宅関連ぐらいしかヒットしなかった・・・というのがあります。

現職が住宅・建築関連の顧客アフター担当という事になっていて
ある意味「クレーム処理担当」みたいな事も一手に引き受けざるを得ない感じですけど、
金融機関と建築・住宅は「クレーム」の質が異なるような気もします・・・

正直、金融機関の場合、普通に仕事をして普通の感覚で対顧客に当たっていると
それほどやばいクレームに遭遇することは無いと思います。
金融機関の場合、預金関係のトラブルはますありえない・・・・
大口定期等で金利が上乗せされている場合の自動継続でない場合に、うっかり満期日を
見過ごしてしまい、
満期日から実際に継続手続きを取った日の「金利の差額」をどうするかという問題があったくらいかな・・・・
金融機関のクレームはほとんどの場合、融資絡み・・・
アパートローンや変額保険ローンの当初の話の利回りと実際の利回りに著しい差異が出た場合の
「補填」について当初の約款で明記されていたかどうかとか
担当者から明確な説明があったかがポイントになると思われますが、
そんなのは事前の明確な説明と契約意志承諾の自筆があれば、ほぼ未然に防止できます。
融資絡みの「クレーム・トラブル」というのは、
ほとんどの場合、顧客と営業担当の間の「安易な融資の口約束」ですね・・・・
担当者が安易に・・・
「あー、それはうちで融資を実行できますよ・・・」なんて軽口を叩き、後でいざ審査に乗せてみると・・・・
「案件却下」みたいな結果になってしまうと・・・・
ほとんどの場合大変なトラブルになってしまい、
「あの時約束したじゃないか・・・・うちの資金繰りをどうしてくれる・・!!」みたいな顧客側の話と
営業担当の「明確な約束はしていない・・」との
「言った言わないの世界」になってしまい、
泥沼にはまり込む結果になってしまいがちです。

だけど・・・

そうしたクレームというのは、大抵の場合「未然に防止できる事例」ばかりなのです。

金融機関のクレームは、担当者が所定のルールに基づいていればほとんど防止できるものと
思います。

しかし・・・

住宅・建築の世界は違いますね・・・・

よく言われていますが、俗に「住宅・建築業界はクレーム産業の宝庫」と呼ばれていますが
何で住宅・建築業界はこんなにクレームが多いのだろう・・と
日々感じているのですが、
これは主に二つの理由があるのではないか・・・と思っています。

一つ目は・・・・

住宅・建築の場合は、
「完成された商品」・「目に見える現物」を売っている訳ではなくて
リフォーム・増改築・建替え・設備入替えを含めて
「未完成のもの」・「顧客のイメージによって完成されるものがまちまちになってしまうもの」・
「目に見えないもの」を取り扱っているという事だと思われます。
要は、
顧客の勝手なイメージ・解釈によって、完成されたものが頭の中で大きく膨らんでいき、
結果として
完成されたものと顧客の頭の中のイメージに「大きな差異」が生じてしまい、
「聞いていた話と違う」みたいな話になりがちです。
例えば「外装の色」がその典型例・・・
見本帳・CG等で仕上がりイメージを事前に提示してはいるのですけど、
いくら高度なCGでも実際の「現場の色」を完全に再現するのは難しいのかな・・・??
それで往々にして・・・・
「発注した色と施工中(または完成後)の色が何か微妙に違っている・・・」とかみたいな話に
なってしまうのかな・・・・

二つ目が、
こうした建築業界の場合、「施工」に関わっている人が複数以上存在し、
例えば・・・
下請け・孫請け・足場職人・解体屋・設備屋・当社の工事監督など色々な人が関わっていて
例えば・・・
顧客に対する「連絡窓口」をしっかりと一元化していないと、
往々にして、
「あの人はこう言ったのに、あの人は現場でこう言っている・・・」とか
「あの人の話とこの人の話は食い違っている」とか
「あの人に依頼したのに、それが全然現場で反映されていない・・・」みたいな
「伝言ゲーム」になりがちで
それが顧客・施主に対する「不信感」に直結してしまうケースが本当に多いのですよね・・・

ま、他にも・・・工事をやるという事は近隣にご迷惑を掛けてしまうのはある意味当たり前の事なのに
それに対する配慮が無かったとか
工程に関しても、こうした建築の世界では、天候・下請け業者の仕上がりの進捗等によって
「変更」というのは日常茶飯事なのですけど、
その工程の日程変更が明確に伝わっていないとか
色々とあるのですけど、
何というのかな・・・
金融機関と異なり、「予測不可能な事が現場では日常茶飯事に起きる・・・」というのが
建築・住宅業界ではよくある話ですので、
それが「クレーム産業」と呼ばれる一因なのかな・・・・

ま、それに対しては「臨機応変」・ある意味「自由自在」に対応していくしか無いのですけど、
それがなかなか出来ていないし
自分自身のポンコツ度のひどさが事態を更に悪化させてしまう事も
未だに多々ありますので・・・

ま・・、その・・・・

まだまだ「道半ば・・・」という感じですね・・・

ホント、この種の仕事は奥が深い・・・・

ま、「対人間」が対象なのだから、それは自明なのですけどね・・・・

5.丸亀高校

 A/交響詩「我が祖国」より、Ⅱ.モルダウ

 何て言うのかな・・・・
 ものすごーーく泥臭いサウンド・・・・
 表現を変えると、「懐かしい香りがする吹奏楽」という感じですね。

 1990年代のコンクールに入ると、編成の中にハープ・チェレスタが入るのは最早普通になってきて、
 例えば常総学院の出現によって、
 吹奏楽の「サウンドの洗練さ」がスタンダートな感じになる中で
 こういう言葉は大変悪くて失礼かもしれませんけど「どんくさいサウンド」が登場すると
 何となく「ホッ・・」とするのもこれまた事実・・・という感じがするのですよね。

 聴いていて、正直「洗練さ」とは程遠い・・・・
 
 響きが大変もっさりして聴こえてくるし、ソロも今一つアピール度が足りない・・・
 音は幾分濁り気味・・・・

 だけど聴いていてどこか「懐かしい香り」が漂ってくるのですよね・・・
 
 これは・・・

 サウンドというよりは「選曲」によるものの方が大きいのかな・・・・

 翌年このチームは、自由曲に大変な難曲のオリジナル作品の「ディオニソスの祭り」で再度普門館に
 登場するのですけど
 この際は、特段「もっさりしている・・」とか「懐かしい香り」というものは感じなかったから
 やはりこれは「モルダウ」というスメタナの「大地の香り」というのか「泥臭い感じ」がプンプン漂う曲
 そのものに由来するものが大きかったのかな・・・

 演奏は、時折スケールの大きい感じとか音のうねりも伝わってきて
 全体的には、素朴・ナチュラルな感じは上手く表現されていましたけど
 やはり音の濁りが少しマイナスポイントだったのかな・・・

 それと原曲が15分くらいなのに、半分程度にカットして演奏しなくてはいけないコンクールという事情もあり
 カットされるたびに
 「あ・・何か痛い・・・、勿体無いな・・」と感じ事もあり
 少し気の毒な感じはありましたね。

 この「モルダウ」は、随分昔、1972年に花輪高校も自由曲として演奏していましたけど
 花輪のモルダウは・・・・正直あまりにも粗削り・・・
 その点丸亀の演奏は、確かにもっさりとはしているけど、演奏自体はマイルドであるため、
 花輪ほどの「違和感」は感じませんでしたね・・・・

 

 | BLOG TOP |