FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


2月の第一週に新しい代のプリキュアの放映が開始されると
その翌週あたりから「プリキュアチョコ」も先代から新しいプリキュア達へと
リニューアルオープンとなります。
何か店頭に新しい代の「プリキュアチョコ」が並んでくると
「あ・・・、もうそんな季節か・・・・あと一か月もこの寒さを我慢するといよいよ春到来か・・」とも
思ったりもします。

あれれ・・・、何か自分にとっては「プリキュア関連商品」も既に一つの「季語」になっているのかな・・・・(苦笑・・)






そういう訳で今回も早速Go! プリンセスプリキュアのチョコを買ってみました。

この「プリキュアチョコ」ですけど、
全員がデザインされているというのではなくて、
毎回そうなのですけど
その年のピンク系主人公一人だけが登場しています。

今回はキュアフローラだけがデザインされています。

ドキドキあたりまでは、チョコに付いてある応募券を何枚か集めて送ると必ず貰えるトートバック等の景品が
あったのですけど、
ハピネスの頃からそうした応募券は無くなり、
代わりにチョコ自体が一回り大きくなり、チョコも小分けタイプというものに代わりました。
これまでとの違いは、この小分け袋にプリキュア達がデザインされているという事なのかな・・・



002_convert_20150212164307.jpg


昨年のハピネスの時の「プリキュアチョコ」は、
小分けの袋が六個入っていたかな・・・・
ま、その一個一個はかなりのミニサイズでしたね。

今回のGoプリの「プリキュアチョコ」は、小分けの袋は四つになりましたけど、
ハピネスの頃よりは一つ一つの袋が大きくなったと思います。

このチョコ袋のデザインは全部で12種類あり、ランダムに入っているので
箱によってチョコ袋のデザインの種類は違います。
通常モード・モードエレガンド仕様・ドレスアップキーが主なデザイン内容かな・・・・

今回は・・・・

4袋のうち、なんと3袋が「キュアトゥインクル」でした・・・・!!


003_convert_20150212164345.jpg


「キュアトゥインクル」自体、実は現時点ではアニメ本編未登場なのですけど、
既に商品化の方では・・・・
うーーん、存在感発揮しまくりですね・・・・!!

これは通常モードとモードエレガント仕様なのかな・・・・

本編での登場が待ち遠しいものです・・・・


004_convert_20150212164416.jpg


だけど・・・・

このトゥインクルは、やっぱり独特の存在感がありますね・・・

何だろう・・・・

黄色系でこうした「吊り目」が珍しいという事もあるでしょうけど、
やっぱりあの「小悪魔的雰囲気」が大きいのかな・・・・??

まさかと思いますけど
(プリキュア5の序盤でりんちゃんとかれんさんが激しく衝突したように、「価値観の違い」から
 みなみときららは衝突何かしませんよね・・・・・??)

スポンサーサイト



d0739677_convert_20140902192058.jpg


「女装キャラ」というと、ま、その色々な人が演じてきましたけど
最近では・・・・
「ハピネスチャージプリキュア」のファントムによる「アンラブリー」が極めて強く鮮明に
印象付けられました・・・・
ホント、あの回は歴代プリキュアの神回と言われる中でも特に際立って素晴らしい回でしたね!!

反対に・・・・

「男装キャラ」というと、
プリキュアでは言うまでも無く明堂院いつき(キュアサンシャイン)なのですけど、
(サンシャイン初変身時において、川をサ―――ッと優雅に滑り降りたシーンは、
 最近では・・・・
 キュアマーメイドが海面をサーフィンのように舞い降りたシーンを彷彿とさせますね・・・)
それ以外の男装キャラというと、
ま、古くは「ベルサイユのばら」・「リボンの騎士」・「セーラームーン」など色々あるとは思いますが
私としては、何と言っても
「ニセコイ」の鶫誠士郎が断然大好きです!!
(ま、ニセコイの二期も間もなく開始されますので、これも大変期待しています・・・・)





私、「ニセコイ」は最初に漫画を読んでアニメを見たのですけど
漫画の際もアニメの際も・・・・
正直・・・・
「鶫誠士郎」が本当は(巨乳の・・・)女の子とは全く想像できなかったものです・・・・

だって・・・・

あれは誰がどうみても「女の子」には見えないですよね・・・・(苦笑・・)
「男の子」しかも、かなりの美男子にしか見えないですよね・・・・

だから・・・・

アニメ第一期の第七話で、誠士郎が楽と一緒に三階からプールに飛び込み
気を失った誠士郎の服を脱がせている所で・・・・

まさかの・・・・

「え・・・・、コイツ・・・実は女の子だったの・・・・!?」みたいな事が発覚する訳でしたけど
あのシーンは・・・・
うーーん、正直リアルタイムで見ていた時は・・・
勿論漫画で知っていたから既に分かってはいたのですけど・・・・
「驚き」以外の何者でも無かったですね・・・・・


繝・げ繝歙convert_20150213161953


男の格好をしている時の鶫誠士郎は、まさしく美形の男そのもの・・・・

かなり凛々しく格好いいですよね・・・・

だけどたまーにですけど、女の子の格好をした時の誠士郎は・・・・

とにかく「可愛い女の子!!」の一言に尽きますね・・・・!!

誠士郎初登場時での予想としては・・・・
千棘と楽が「ニセモノ恋人」関係を続けている状態の中で、
口では「お嬢を守る!!」と言いながら、「ミイラ取りがミイラになる」の言葉通り、千棘の事を意識するようになり、
千棘に恋する感情を抱くようになるかも・・・と思っていたら
展開は全く逆になってしまい、
誠士郎は、楽に段々と惹かれていくようになり、楽に対して「淡い恋」の感情を抱くようになってしまった・・・という
まさかの展開になってしまいましたよね・・・・

ニセコイの面白いところは、
楽を巡る女の子たちが揃いも揃って「鈍感」なところなのかな・・・・??
千棘・誠士郎・小野寺さん・・・、そして橘 万里花・・・・
うーーん、お前ら「少しは気づけよ・・・」と何かツッコミを入れたくもなりますね・・・・(苦笑・・・)

ま、「鈍感」と言えば・・・・
ある意味ウルトラ級に鈍感なのは・・・・クロードですね・・・・
ま、このお方は・・・・
捨て子の誠士郎を小さい頃から面倒見てきたのに、いまだに誠士郎が女の子である事に全く
気が付いていないというのも・・・・
ま・・、その・・・鈍感を通り越してすさまじくお茶目な話ですね・・・・(苦笑・・・)


隱螢ォ驛酸convert_20150213161923


それにしても・・・・

楽のモテ振りは半端ない・・・・(羨ましいものがありますね・・・・苦笑・・・)

千棘(うーーん、本当はどうなのかな・・・)、誠士郎、小野寺小咲・春の姉妹、橘 万里花・・・・

本当に羨ましい限りですし
あれは・・・まさにハーレム状態ですね・・・・(笑)

あのモテ振りは・・・・
「デート・ア・ライブ」の士道レベルのモテ方ですね・・・・
(士道は、時崎狂三に早いところ、食べられちゃえ・・・!!とたまーにツッコミを入れたくもなりますけどね・・・・)

「ニセコイ」は原作がまだまだ続きそうな勢いですけど
最終的にはどうなるのかな・・・・??
個人的には、楽と小野寺小咲が無事に結ばれる事を祈るだけですけど
なかなかそう簡単には運びそうもないですね・・・・
イギリスの作曲家、エルガーと言うと
大好きな曲としては、行進曲「威風堂々第一番」とかその第四番とか
小品ではありますけど「愛の挨拶」とか
交響曲第2番とか
かなり地味で渋すぎる作品で大変な難曲ではありますがチェロ協奏曲とかがあります。
その中でも、「エニグマ変奏曲」(「謎の変奏曲」)もかなり大好きな曲です。

管弦楽のために作曲された「変奏曲」としては、
私は、あくまで個人的主観ですけど
ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」
ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」と並んでこのエルガーの「エニグマ変奏曲」の三つを
強烈に推したいと思います。
そして、私としては、この三曲を「世界三大管弦楽作品用変奏曲」と呼びたいと思います・・・・

この曲のタイトルでもある「エニグマ=謎」なのですけど・・・・

「エニグマ」とはギリシア語で、「なぞなぞ」「謎かけ」「謎解き」といった意味なそうです。
よく言われる事ですが、この曲には「二つの謎」の要素があり、
一つ目の謎は・・・・
「この変奏曲は、主題とは別の、作品中に現われないものの、全曲を通して
無言の伴奏をする別の主題が隠されている・・・」
というエルガーの発言に基づいています。
その後多くの研究者がその「別の主題とは何なのか」解明しようとしていますが、
現在になってもその「謎」はいまだに解明されていないとの事です。
英国国歌『国王陛下万歳』とする説、スコットランド民謡『オールド・ラング・サイン』(蛍の光)であるとする説、
「エニグマ変奏曲」の初演コンサートで一緒に演奏されたモーツァルトの「交響曲第38番「プラハ」」がそうだとする説
など色々あるそうですが、
結論は未だに出ていません・・・

うーーん、これってもしかしてエルガーの「いたずら」じゃないのかな・・・・

作曲時にたまたま何となく口にした言葉がさーーーっと世間に広まってしまい、
後になって
「いや、あれは特に何の意味もありません・・・」とは
言いづらかった・・・・なーんて事はないのかな・・・・??

二つ目の謎は・・・・
各変奏に付けられた意味ありげなイニシャルの事でして、
「そのイニシャルは一体誰なのか・・・」という事は既にほぼ解明されているようですね。
そのイニシャルとは、エルガーの友人とか奥様とかエルガー自身とか弟子の氏名のようですね・・・
だけど第13変奏の「(***)」の部分だけは、
その***とは一体誰なのかについてはいまだに解明はされていないとの事です。

ま、要は・・・この曲は・・・・

氏名を公表されない14名の人物のスケッチを、主題と14の変奏によって表現した
大規模な管弦楽曲なのです。
ちなみに第1変奏  C.A.E. とはエルガーの奥様、アリスの事ですし
最後の第14変奏「終曲」  E.D.U. とは、エルガー自身です。

個人的には・・・・

やたらティンパニーを小刻みに叩く第4変奏と
第9変奏「ニムロッド」が大変大好きです。

この第9変奏「ニムロッド」は、何となくマーラーの交響曲第5番第四楽章「アタージエット」みたいに
瞑想的で、波打つようにゆったりと感情が動いていき
大変気高い雰囲気があり、
私はとても大好きな部分です。
この「エニグマ変奏曲」は結構長くて30分くらいの曲なのですけど、
この「ニムロッド」を聴くだけでも価値があると思います。

この「ニムロッド」は単独作品としても大変人気が高く、
よくオケのアンコール曲としても演奏される機会は多いです。
(私もよくこの曲は、特に日本フィルの演奏会でのアンコールで耳にしました・・)
イギリスでは11月11日のリメンバランス・デーにおいて
戦没者追悼記念碑の前で戦没者を追悼するために王立軍楽隊によって必ずこの「ニムロッド」は
演奏されるようですね・・・・

ちなみに・・・・

国家財政危機により解散を余儀なくされたギリシア国立管弦楽団の最後の演奏曲目は
この「ニムロッド」でした・・・

それにしてもエルガーの作品は本当に「美しき気高さ」がありますね・・・・

何だろう、この高貴な感覚は・・・・

エルガー自身は普通の庶民でしたけど、
エルガーより八つ年上のアリスという奥様は、エルガーとは全く異なる上流階級出身の家柄・・・
二人の結婚は周囲の猛反対もあったそうですね・・・・

エルガーとしては、
「アリスを妻にめとったからには、自分も隙の無い紳士にならないといけない・・・
常に威風堂々の高貴な精神を持ち、
サーの称号を持つ陸軍将校のアリスの父親に負けないように
自分も気持ちだけは気高い魂を持ち続けたい・・・」

そういう気持ちもあったと思いますね・・・・

 | BLOG TOP |