FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


先日、家に戻ってみると
うちの奥様が何やら目に眼帯をしていました。
「あれれ、どうしたの・・?」と聞いてみると、何やらものもらいが出来たとの事で一時的に付けているとの
事でした・・・

そこで思わず・・
「何かキャプテン・ハーロックみたい・・・・」と口を滑らせたら・・・・

「古ーーーい!!
キャプテン・ハーロックだって・・・・(苦笑・・)
 今時の若い子がそんな古いアニメなんて知らないよ・・・・
 何か時代遅れのオヤジみたい・・・!!」


と散々毒舌を吐かれてしまいました・・・・(苦笑・・)

ま・・・、確かにその通りかもしれないですね・・・・

ま、彼女にしては、
「眼帯キャラ」というと、
IS 〈インフィニット・ストラトス〉に登場する「ラウラ・ボーデヴィッヒ」と言って欲しかったようですね・・・・




この人は・・・

簡単に特徴を書くと・・・

IS学園の1年1組に所属・ドイツの代表候補生・ドイツのIS配備特殊部隊「シュヴァルツェ・ハーゼ」隊長
階級は少佐
という感じなのかな・・・・

このキャラはうちの奥様の大のお気に入りみたいでして、
2013年あたりだったかな・・・・
ヤマザキディリーストアでの「ISキャンペーン」で、
確か指定の缶コーヒーを2缶購入すると先着順でこのISメインキャラのクリアファイルプレゼントというのがあり、
「とにかく朝一番で行ってきて!!」とギャーギャー煩いもので
しぶしぶ朝8時くらいかな・・・・
ヤマザキディリ―に行ってみると・・・・
既にこの「ラウラ・ボーデヴィッヒ」は品切れ・・・・
残っていたのは、「凰 鈴音(ファン リンイン)」だけでしたね・・・
仕方なくこの凰 鈴音のファイルを貰ってくると・・・・
「リンちゃんはあまり好きではない・・・」と半分ぶーたれていましたね・・・・(苦笑・・・)

そうそう、以前このISの「一番くじ」がローソンで展開されていた時も
ラウラ・ボーデヴィッヒとセシリア・オルコットのフィギュアゲット目指して5回くらい引いていたかな・・・
確かあの時は、最後にやっとセシリアを当てていましたけどね・・・・(苦笑・・・)


chara-box-02_convert_20150211225108.jpg


でもね・・・・

私にしてみると、アニメの眼帯を付けているヒロインは・・・というと、
中二病でも恋したいの小鳥遊六花もいいけど、
一番好きなのは・・・・・

そう・・・

「Another」の見崎鳴なんですよね・・・・・

この「Another」は2012年から深夜アニメで放映されていたのですけど
このアニメ、とてつもなくインパクトがありましたね・・・

ま、元々は「死者の呪い」によって次々と人が死んでいホラー仕立てのミステリー小説が原作なのですけど、
原作同様アニメでも
次から次へと人が死んでいきましたからね・・・・
他のアニメならなんてこともない日常のワンシーンですら、惨劇につながるという展開が頻繁に起こり、
何かあるたびに人が死んでいたといっても過言ではありませんでしたからね・・・・

この「Another」に登場するメインヒロインの見咲鳴は
左目に眼帯をしているミステリアスな少女(左目は義眼・・)なのですけど、
その左目を通して死者や死期の近い人間を見ると
死の色(どんな色とも言い表せない色・・・・)が浮かび上がるという感じらしいです・・・

このアニメ、原作とかストーリーとか全く知らない白紙の状態から見ていたのですけど
初期の頃は・・・
「あれれ、この鳴は・・・もしかして幽霊・・・?? 実在しない人物・・・??」とすら感じていたのですけど
勿論生身の人間でしたね・・・・

ま・・・でも・・、
あの不思議な存在感、空気みたいな感じ、幽霊みたいな言動は・・
ホント神秘的なヒロインでしたよね・・・・

だけど・・・

面白い事に、このアニメは学校を舞台にしているため、体育の授業もあるのですけど
その際にお披露目される水着姿とか体操服は・・・・
かなり可愛かったですね・・・・
それに・・・
時折垣間見えるお茶目な言動は、
やはり「普通の女の子」そのもの・・・みたいな感じもありましたよね。

そっか・・・

あの時、うちの奥様に「キャプテン・ハーロックみたい・・」と言わずに
「見崎鳴みたい・・・」と言えば良かったですね・・・
うちの奥様も、ま、その半分、存在が幽霊みたいなところがありますから・・・(苦笑・・・)
スポンサーサイト



テレビ埼玉で再放映中の「スイートプリキュア」も残り5話で最終回・・・
(後継番組がスマイルプリキュアだと嬉しいのですけど・・・・)
先日最終回を迎えたばかりのハピネスチャージプリキュアが既に12月から最終決戦モードに
入っていましたけど、
スイートも改めて振り返ってみると、12月から既に最終決戦モードでしたね・・・

だけどこの回は・・・・

リアルタイムで見ていた時もそうでしたけど、かなりシリアスな展開でしたし、
あのファルセットの卑劣かつ悪行三昧は・・・・
うーーん、あれは少なくとも「幼児向けのアニメ」ではありませんね・・・・(苦笑・・・)
人質を取ったり、あそこまでのえぐい言動は
ポンコツマヌケ幹部が多い歴代プリキュアの中では極めて異例な感じ・・・・

スイートの初期の頃、
例えば第9話で、セイレーンが頭上に乗っかり髪の毛をむしり取られて涙目になっていた頃の
ファルセットが何やら懐かしい・・・・(苦笑・・・)

「人質」という交渉には絶対的に有利な材料を持っているにも関わらず、
実は最初から話し合いに応ずる気は一切無し・・・・
情け容赦なく目的である「モジューレの奪取」という事のみを遂行するファルセットは、
まさに悪の親玉の鑑・・・・??
ま、いずれ判明するのですけど、
所詮はファルセットも、ピーちゃん=ノイズの傀儡政権に過ぎない事が後日判明するのですけど
最終回にて、その最後のシーンで
まさかまさかのピーちゃん復活・・・、またまた悪の再来・・・??と思わせた瞬間の
響たちのあの言葉・・・・
「幸せも不幸も二つで一つ・・・、私達はピーちゃんを受け入れよう・・・」の言葉が
大変大きな救いですし、
私が歴代プリキュアの数々の「最終決戦」においてスイートが一番印象に残る最終決戦だ・・・というのは
この辺りに原因があると思っています。






今回の話では・・・・

とにかく響が格好良すぎる!!!

響の「ここぞ!!」という時での肝っ玉振りが実に素晴らしかったですね!!

あれは・・・・

まさしく「交渉人・響」という感じでしたね・・・・

アフロディテを人質に取られ、絶対的に不利な状況に対して、
「アフロディテに何かをしたら、あんたが欲しがっているモジューレをこの場で破壊する」という風に
響側も「交渉をする上での材料」を咄嗟に見つけ出し
一旦はファルセットに、交渉のテーブルに着かせる事を了解させた交渉人振りはなかなかのもの・・・
あれれ・・・
何かこの光景どこかで見た事があるな・・と思っていたら
そうそう、「プリキュア5」でも、のそみがカワリーノに対して
「私をナイトメア本部に連れて行け! でないとドリームコレットをこの場で破壊する」と脅した
あのシーンを彷彿させますね・・・・

やっぱり・・・・

普段はボンクラでも、さすがピンク系主人公はやる時はやりますね・・・・


7fcddb62-s_convert_20150212164017.jpg


今回の話でもう一つ大事なテーマが見えていました・・・・

何かと言うと「敵幹部の救済」・・・・

フレッシュ以降、「敵に対しても救いの手を差伸べる・・・」というのが最終決戦時の一つのテーマにも
なる傾向が強かったのですけど、
このスイートも同様な事が言えますね・・・
ま、スイートの場合、このトリオ・ザ・マイナーの三人は「三銃士」というメイジャーランド側の人達という
事もあり、
これは「敵幹部の救済」というよりは
「一度何らかの事情で悪の道に染まった者をどうやって導いていくのか・・」という事なんでしょうけどね。

前回当たりから、
バスドラ・バリトンも
ま、多少は「ファルセットに対するこれまでの恨みつらも」もあったとは思いますが
プリキュア達を一旦は助けたりと、実は既に「救い」の兆候は出ていましたけどね・・・・

それにしても・・・・

今回の話で一番良かった事は・・・・

メフィストが
「トリオ・ザ・マイナーを悪の道に踏み込まさせたそもそもの原因は自分にある・・・」と明確に自覚し
バスドラ・バリトンの悪の心を全て一旦自分に吸収させ、自らを雷によって浄化させようとした・・・・
あたりかな・・・・

あれは・・・・

一旦はアコ達の力で洗脳が解け、一人だけメイジャーランドに戻った自分に対する「戒めと覚悟」
だったのかな・・

あれれ・・・・実はメフィストは意外とできる人だった・・・・??

単なる強い妻の尻にひかれるポンコツ婿養子では無かったのですね・・・・(苦笑・・)


1485dac1-s_convert_20150212164104.jpg

46cecaef-s_convert_20150212164042.jpg


それにしても・・・・

こうやってプリキュア達がなす術もなくここまでボコボコにされる光景も珍しい・・・・
結果的に・・・・
モジューレも失い、不幸のメロディーが完成してしまい、
ピーちゃん=ノイズが完全復活を果たしてしまいましたからね・・・

だけど・・・・

こういう回があったからこそ、
次回の「奇跡のクリスマス回」とか
あの最終決戦における感動的なフィナーレが生きてくるのですよね・・・・

と思っていたら・・・・

なんと、次週はまたまた放送がお休み・・・・

何かテレビ埼玉のスイートの再放送は、高校野球・高校入試特番・衆議院解散の政見放送と
お休みばかりですね・・・・(苦笑・・)

でもメロディはポコポコにされても絵になるな・・・・
今回のメロディは凛々しい感じがとってもよかったな・・・・


2048e102-s_convert_20150212164147.jpg


それにしても・・・・

不気味に笑うピーちゃんがこわい・・・・怖すぎるよ・・・・(苦笑・・)

3.武生東高校

 D/吹奏楽のための神話

 前述していたかもしれませんが、この年1990年から6年間山梨県在住だった関係で
 朝4時台の鈍行始発に乗って普門館に来ていたせいもありますし、
 (前日は夜遅くまで仕事だったかな・・・)
 このチームの一つ前の演奏の愛工大名電の研ぎ澄まされた矢代秋雄/交響曲に全神経を集中させていた
 せいもあり、
 このチームの演奏は爆睡状態でした・・・・

 すみません・・・・全く記憶に残っていません・・・・


4.市立川口高校

 A/吹奏楽のための詩曲「アトモスフェア」

 結果論となってしまいますが、このチームはこの演奏を最後に普門館の表舞台から
 姿を消してしまいました・・・
 翌年の1991年は関東大会でスカ金で全国に出場出来ず、
 翌年以降はしばらくは市立川口は吹奏楽コンクールの表舞台からも姿を消すことになります。
 これって・・・・
 別に市立川口の技術が落ちたとか下手になったとかそういう事ではないと思います。
 要は他のチームがそれだけ上手くなった事だと思います。
 それに輪をかけたのは、常総学院の出現が大変大きいと思います。
 当時の関東ブロックは、日本一激戦区と呼ばれた関西ブロックと同等、いやそれ以上の激戦ブロックに
 なっていて、
 1988年あたりまでは、習志野・柏・市立川口・埼玉栄・野庭の5チームで4つの代表の座を奪い合っていたのに
 これに1989年あたりから、新星の「常総学院」が入り込み
 大変な激戦に輪をかける事になってしまいました・・・・

 でも市立川口の消滅は何か当時とても寂しかったですね・・・・

 以前から書いている通り、

 私は1979年の市立川口の「二つの交響的断章」の圧倒的歴史的な怒涛の名演でネリベルに目覚め、
 1981年~82年の「無言の変革」シリーズに圧倒され、
 「とにかくこんな仙台みたいな田舎でくすぶっている場合ではない・・・
 出来れば市立川口の演奏を生で聴きたい・・・
 そして出来る事ならば埼玉県川口市に住んでみたい・・・」と思うようになり
 その市立川口の存在が「一つのきっかけ」となり、自分自身の上京→親からの自立を実践する事に
 なったのです。

 だから、「市立川口」の存在は自分にとってはある意味「神格化」されたものがあっただけに
 何か「栄枯盛衰」というか「歴史の流れ」とかそうしたものをしみじみと
 感じたものでした・・・

 ま・・・、だけど、結果的に
 本当に私自身は、その後紆余屈折があったものの、本当に川口市でうちの奥様と出会い
 この川口の地で家を建てて
 この川口の地に(多分)永住すると思いますので
 高校時代の市立川口の演奏は・・・・
 何か一人のバカを本当に動かしてしまい、本人の人生すら大きく動かしてしまいましたから
 やはり凄いものがありますね・・・・

 市立川口の演奏ですけど、
 実はこの年の千葉県市川市で開催された関東大会でも聴いていて、
 (その前日は・・・・市川・本八幡にて生まれて初めてカプセルホテルに泊まったものでした・・・)
 関東大会では・・・・
 「うーーーん、今年の市立川口は気合が全然違う・・・!! なにこの劇的な雰囲気・・・・
 大変な緊張感・・・、そして強奏と弱奏の落差の凄まじさ・・・
 今年の市立川口は多分普門館でもやってくれる・・・」と思ったものですけど・・・・

 やっぱり音楽は本当に生き物ですね・・・・

 よく「甲子園には魔物が住んでいる」とか言われますけど
 「普門館」にも魔物が住んでいますね・・・

 関東大会であれほど素晴らしい演奏を聴かせてくれていたのに、普門館では全く冴えない演奏・・・・

 あの時は調子が悪かったのかな・・・・
 
 課題曲の前半のトロンボーンとホルンの刻みの5/4の部分も何か「ズレ」が生じていて
 大変不安定さを感じましたし、中間部も今一つ歌い切れていない・・・
 課題曲の不調を、気分を替えれないまま自由曲に突入してしまい、
 やはり今一つノリが悪い演奏・・・・
 確かに音は鳴っているのだけど
 それは空虚に普門館の空間を彷徨っている・・・・
 何かそんな感じの演奏でした・・・・

 やっぱり「音楽」はライヴというか「生き物」ですよね・・・・

 調子がいい時もあれば悪い時もあるし、のらない時もある・・・・・

 でもそれがまた音楽の面白さの一つ・・・・

 何かそんな事をふと思ったりもしたものでした・・・・
 

 
 
 

 | BLOG TOP |