FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


ついについに・・・・
海藤みなみが「キュアマーメイド」として覚醒しましたね!!
Goプリの予告映像が公開され、HPが開設された際のみなみの印象は・・・・
うーーーん、正直言うと・・・・
「え・・・、本当に中学2年生・・・・?? 生徒と言うよりは先生みたい・・・
これは・・・・歴代で最も老けて見えると揶揄されるプリキュア5のかれんさんよりも老けキャラ・・・??
またまた、ハートキャッチの女子高生プリキュアのゆりさんよりも高齢の雰囲気・・・??
多少おこちゃまの雰囲気が濃厚なはるかと小悪魔的雰囲気のきららと一緒にいると
どうみても保護者ポジション・・・
えーー、今度のプリキュアは大丈夫かな・・・・
ハピネスがあまりにも良かっただけにちと心配・・・・」と
かなり不安に感じる瞬間もありました・・・・

なんか自分の脳内妄想では・・・・

オールスター映画で共演したえりか大先輩から
「みなみ・・・、かれんよりも老けて見えるよ・・」と言われて、
カチンときたかれんとみなみの両名によって
えりかが体育館裏でボコボコにされる・・・なーんてシーンを思わず想像してしまいました・・・(苦笑・・)

ま、だけど・・・・

実際に第一話と第二話を見た限りでは、
事前の予想みたいに「老けている・・・」みたいな印象はあまり感じられず、
むしろ「頼れる素敵なお姉さん」なんだな・・・と感じてしまいました。



c77ccc07_convert_20150210080624.jpg


事前の予想では、もう少し融通が効かないとか頭が固そうとか真面目すぎて冗談が通じ無さそうとか
厳しそう・・・・とか勝手に想像していたのですけど
予想よりははるかにマイルドで優しいキャラでしたね。

何かあの雰囲気は既に・・・・
「プリンセス」そのものですね・・・・






今作の「Go! プリンセスプリキュア」の序盤を見ていてふと感じたのですけど、
この物語は序盤から「安定感」が違いますね!!
物語自体が大変丁寧に手堅く構成されるのが分かりますし、
前作「ハピネスチャージ」が、
①世界が既に幻影帝国に攻略されている ②プリキュアの敗北と弱さの露呈 ③プリキュア同士の確執
④主人公のメンタル面の弱さ
などから幾分「不安定」な立ち上がりを見せていた事を考えると
この物語は最初から主人公のメンタル面や設定を含めて非常に安定しているし
とても安心して見る事が出来るように思えます。
(ま、ハピネスの物語は、序盤をあえてマイナスからスタートさせる事で、後半以降の展開で
 ラブリー・プリンセスの成長を強く印象付ける結果になりましたけどね・・
 それにしてもラブリーの「遅咲きの主人公」振りは歴代でも極めて珍しい展開・・・・
 それだけに私にとっては大変強い感銘度がありました・・・・)

何て言うのかな・・・・

「Go! プリンセスプリキュア」の場合、
冒頭からはるかが(ま、確かに幾分抽象的ではあるのだけど)「私はプリンセスになりたい!」という
明確な夢を既に持っていて
それを実現化するためにノーブル学園に入学してきたという「強い意志」がありますし、
物語自体が「強く、優しく、美しく」というコンセプトを明確に持っていて
それでは「そのコンセプトを具体的に実現するにはどうすればよいの・・・??」というテーマが
かっちりと決まっている事がそうした「安定感」に繋がっているような感じもあります。

面白いのは・・・・

アロマが既に指摘していましたけど
「単にプリンセスプリキュアに変身しただけではダメ!!」と明確に定義づけしている点が
大変好感が持てます。
はるかは一応はプリンセスプリキュアになれたのだし、素敵な外見というかフォームを既に
手に入れてはいるのですけど、
それは「一つのきっかけ」に過ぎない事・・・・
これから、自分の内面を磨いたり色々と経験を積む事によって
「強さ、優しさ、美しさ」を身に付けていくという「今後の成長性」が既にテーマとして提示されている事に
何か製作者サイドの「強い意志」というか「前作との明確な違い」を
見せているような印象もあります。

そして、その結果・延長として
はるか・みなみ・きららのそれぞれの「夢」が実現化していくのでしょうね・・・・

はるかが「自分はこうなりたい!! だからこのようにする」という明確な意思を持っていて
それが結果として「将来の自分のハピネス」にも繋がっていく・・・
それが序盤で既に提示されていて
はるかも無意識なか゜らもそれを自覚している・・・・
うーーーん、ハピネスのポンコツ主人公(?)のピンクの方が一年間かけて学習してきた事を
はるかは既に二話で分かっている・・・・
うーーーん、はるか・・・すごいよ・・・この子・・・見た目と違って意外と出来るかも・・・・??


657543a8_convert_20150210080400.jpg

今回のお話は・・・・

勿論「キュアマーメイド」の覚醒が一番のメインなのですけど、
みなみとはるかの「交流」がかなり丁寧に描かれていて大変好感が持てます。
ま・・・通常だったら才色兼備の優秀過ぎる生徒会長と
入学式から遅刻するポンコツ新入生の「交流」なんてのはありえない話ですけど
それをさらっと描ける所がプリキュアの素晴らしいところでもあります・・・

みなみの「優雅さ」・「バレエの美しさ」に憧れ、
「私にバレエを教えて下さい!!」とさらっと言えてしまうはるかもすごいものがあります・・・・
(ま、このあたりはピンク系プリキュアの伝統的持ち味ですね・・・)
こういう才色兼備で万事全て優秀な人に改めて「私に教えて下さい・・・」と言える事って
かなり勇気が要りますよね・・・・
周りも中々そうした声を掛けにくい雰囲気もあるのでしょう・・・、
ま、それは・・・・
クラスの中に一人とてつもない美人さんがいるのだけど
あまりにも美人過ぎてクラス中の男どもは声を掛けられず、結果としてその美人さんは
高校3年間で一度も彼氏が出来なかった・・・・
みたいな話に通ずるものがあるのかもしれませんよね・・・

頑張りすぎて足を痛めたはるかを看護するみなみがホント、マジで天使・・・・

あのシーンの二人の会話・・・・

「バレエだって最初から上手かったのではない・・・色々と練習を重ねてきた結果」

「え・・・海藤さんはスーパーウーマンじゃないのですか・・・」

「わたしをなんだと思ってるの?」
 
「生徒会長で、学園のプリンセスで…それとちょっとだけ…怖い人かと思ってました」

あれは・・・・

大変しびれるものがありました・・・・

あのシーンは・・・・

はるかの「素直な心」を見事に提示していましたし、
はるかにとっては「みなみとは決して憧れだけの存在ではない・・・頑張れも自分ももしかして
こうなれるかもしれない・・・」と感じたかもしれませんし
みなみにとっては・・・・
一般生徒が自分をどのように見ているのか感じ取れただけでもかなりの成果なのかもしれませんし、
同時に・・・・
「自分は孤高ではない・・・こうやって初めて私を慕って教えて欲しい・・・とダイレクトに言ってくる子もいる・・・」と
感じたのかもしれません・・・

何かこのシーンを見ていると・・・・

初期の頃の「プリキュア5」のかれんさんを思い出してしまいますね・・・・

かれんは初期の頃はとにかく「孤高」な人・・・・

「意志が強い」という言い方も出来ますけど、反面「人の意見を受け入れない頭の固さ」もありました・・・
ま、それが一番悪い意味で爆発してしまったのが、あのプリキュア屈指の神回でもある
「伝説の第23~24話」でもあるのですけどね・・・

だけど・・・

みなみの場合、そうした「孤高」では既になくなりましたね・・・

だって・・・みなみには既にはるかという後輩が出来ましたからね・・・・

なんかあの二人は・・・・

出来の良い優しいお姉さんと少しやんちゃな妹みたいな「姉妹関係」みたいな
雰囲気がありますね・・・・!!
出来ればもう少しこの二人の関係を見てみたいな・・・
だけど次回からトゥインクルも登場するからな・・・と思っていたら・・・・

何と・・・・・!!

次回はきらら(キュアトゥインクル)はまだ登場しないのですね・・・・!!!

うーーーん、なんてこった・・・!! これは少し残念・・と思っていたけど
これは逆にもう少し掘り下げて「はるかとみなみ」の交流を見られそうなので
これはこれですごく楽しみです。



aad9c545_convert_20150210080434.jpg


はるかの変身シーンを偶然目撃してしまうみなみ・・・・

「プリキュアの秘密」を全然知らない状態で、後にプリキュアなる方が偶然
別のプリキュアの変身シーンを目撃してしまうのは
実はプリキュア5で、
のぞみとりんちゃんの変身シーンと戦闘を背後で目撃していたうらら以来久しぶりなのかな・・・・??

六花とめぐみも・・・、ま、そうなのですけど
二人とも一応事前に「プリキュアの正体」は分かっていましたからね・・・


4543ce51_convert_20150210080517.jpg


501003e9_convert_20150210080602.jpg


a779ffb2_convert_20150210080304.jpg


それにしても・・・・

本当に「キュアマーメイド」は美しい・・・・美しすぎますね・・・・

変身シーンも大変気合が入っていましたし
戦闘シーンもあまりにも優雅で思わずみとれてしまいました・・・・
決め台詞の「ごきげんよう・・・・」はいかにもみなみらしい落ち着いた語り口でしたね・・・・

みなみの変身前の髪型ですけど
一部「三つ編み」が混じっていますけど
あれは・・・、ドキドキの六花みたいで、とても大好きですね・・・!!

事前の予想では、もっと「けばけばしい」とか「野暮ったいのかな・・・」とも思ったのですけど
そんな事は全くありませんでしたね・・・・!!
むしろ若々しく動きが大変ダイナミック!!
「へそだしミニスカート」がとてもよく似合っていました!!
そして・・・・
「モードエレガント」になった際の「タイトスカート」も大変優雅なものがあり、
とにかく「美しい・・・美しすぎる・・・」という言葉に尽きると思います。

入学式でいきなり遅刻をやらかしてしまったはるかが、先生ではなくてなぜか生徒会長のみなみに
「反省文」を提出するのは大変面白いのですけど、
あのシーンを見て・・・・

私も思いました・・・・

「すみません・・・これまでみなみさんの事を、かれんよりも老けて見えるだのババアだと
色々と言ってきましたが・・・
本当は・・・・
お美しいお方だったのですね・・・
ま、確かに中二には見えないかもしれませんが、少なくとも35歳の子持ちの主婦ではありません・・・
とにかく素敵なお方です!!
一年間精一杯応援しますのでこれまでの数々の御無礼をお許しください・・・」みたいな
反省文をみなみに提出させて頂きたいと思います・・・・(苦笑・・・)

ま・・・気持ちとしては・・・・
スイートの黒川エレンではないけど・・・・
「ごめんなさーい」と海に向かって叫びたい気持ちですね・・・・(苦笑・・・)

最後に・・・・

余談ですけど、
ノーブル学園って男女共学だったのですね・・・
何かあの「宝塚」みたいな雰囲気は・・・・「女子校」だとすっかり勘違いしていました・・・
男子生徒もあいさつは「ごきげんよう・・」なのかな・・・??
あの「ざーます」口調の先生は・・・・
うーーん、あれはいかにも70年代のアニメ・・・という雰囲気ですね・・・
「ざあます」なんて口調は、ありは都内の山手言葉みたいなものだから、
ノーブル学園は兵庫県ではなくて都内が舞台なのかな・・・・??

はるかが遅刻に対する自らに対して課した罰が「草刈り」というのも何か笑ってしまう・・・

そう言えば・・・・
初代のなぎさは・・・・
夏休みの宿題が手つかず状態で、そのペナルティーが「草刈り」てしたね・・・
それに巻き込まれてなぜか一緒に草刈りをしたほのかも・・・何か少し気の毒だったかも・・・・??
スポンサーサイト



「Go! プリンセスプリキュア」に登場する妖精は中々魅力的なキャラが多いですね・・・

既に何度か書いていますけど
はるかがアロマとの顔面直撃を寸止めしたシーンがとてつもなく印象的なのですけど、
妖精のパフも中々可愛くて魅力的・・・・

ま、前作ハピネスの妖精が・・・・
そのリボンとぐらさんでは・・・、うーーん正直あまり「可愛げ」は無かったからな・・・・(苦笑・・)
ファンファンは・・・・
うーーん、あのお方は・・・妖精でもファントムとしての姿でもなくて
終生「アンラブリー」の姿でいて欲しいな・・・・(苦笑・・)

Goプリの場合・・・・

このアロマとパフ以外に「ミス・シャムール」というプリキュアのレッスン担当と言う
現段階では謎の妖精も登場しますけど
あのシャム猫みたいな姿とか人間に変身した時の姿に何かとてつもなく惹かれるものがあります。
登場はまだ先のようですけど
これはとても楽しみです。
というか・・・・
妖精が人間になるというのは・・・・
ココ・ナッツ・シロップ・ミルクとプリキュア5ではよく見られた光景でしたけど
それ以外のシリーズでは実はあまり見られない設定・・・・
マイナーランド時代の黒猫としてのセイレーンがエレンやさくら等には化けた時とか
「ドキドキ」における妖精たちぐらいですね・・・
ドキドキのダビィは大変優秀で、妖精としてまこぴーをサポートするだけではなくて
まこぴーのマネージャーを務めり自動車を運転したりとその優秀さは・・・、多分歴代プリキュアの
No.1妖精なのかもしれませんね・・・・
ドキドキでは、シャルルやラケルも時折人間に変身していましたけど、
シャルルはマナの妹みたいでとても可愛かったけど
ラケルは・・・
そう・・あまりにも六花にベタベタしているので、時折・・・
「ラケル・・・!! 私の嫁キャラの一人の六花に触れるんじゃねー!! おめーは爆発炎上してしまえ・・・!!」みたいな
感じにもなりましたね・・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・ミス・シャムールはどんな展開を見せてくれるのかな・・・・??





次回の「Go! プリンセスプリキュア」は・・・・

何と・・・・!!

きらら(キュアマーメイド)の登場回ではないのですね・・・・

ま、少しテンションが下がりましたけど、
代わりにはるかとみなみの交流が更に深められる回だと期待していますし
それはそれですごーく楽しみです。

次回は・・・・

ま、予想通りなのですけど、
見た目は「犬」にしか見えない妖精パフをどうやって学園内で飼うように出来るか・・・という事なのですけど
「妖精を学園内で飼育する・・・」という発想もある意味すごいですね・・・・

第一話ではるかがパフを見つけた際の第一声は
「タヌキが喋った・・・」というものでしたけど、
ま・・・・パフはどう見ても犬ですよね・・・・(苦笑・・・・)

そう言えば・・・・

「プリキュア5」ののぞみも第一話でココと図書館で出会った時の第一声は
「タヌキ」でしたね・・・・
人間からココの姿になったのを見ても特に驚かず、
「タヌキって本当に変身できるんだ・・・」というのは、いかにものぞみらしい話でしたね・・・(笑)

このパフですけど、
アニメ本編でも商品展開の際も、あのふわふわした髪が色々な髪型にチェンジ出来るというのが
一つの「売り」みたいな感じもありますね。

そうそう・・・・

スマイルのキャンディがあの羊みたいな髪を色々な髪形に変化させたように
パフもこれから色々と「可愛い変化」を見せてくれるみたいで
これはまた一つの楽しみですね。
自分の長い髪に足が引っかかり転ぶというのは、Goプリのこれからの「お約束」に
なっていくのかな・・・?

それと・・・・アロマの容赦ないツッコミも何かとても面白いものがありますね・・・・


suite_01_03s.jpg


次回は・・・・

ま、多分学園内をウロチョロしていたパフをあの学園の「ざあます先生」あたりが発見し
「追い出してしまえ・・・!!」みたいな感じになっていたのを
「この子を学園内で飼わせて下さい・・・」みたいな展開になるのでしょうけど、

考えてみると・・・・

ま、犬ではないけど、どうみても「ネコ」にしか見えない妖精ハミィは
結構堂々と何度も聖アリア学園内を普通に歩いていましたよね・・・

誰も追い出しそうな雰囲気も無かったし、誰も気にも留めていない・・・という感じでしたね・・・・

うーーん、聖アリア学園は、「お嬢様学校」みたいな雰囲気のノーブル学園と違って
多少の事は目をつぶるおおらかな学校だったのかな・・・・??


2.愛工大名電高校

 A/交響曲より第四楽章(矢代秋雄)

 この年の高校の部は大変レヴェルの高い年であり、後世に残る素晴らしい名演が色々と輩出されたと
 思います。
 だけど・・
 それって比較的後半に出場したチームの話であり、
 前半は・・・・正直スカ演奏も多かったような気もします・・・
 前回書いた通り、この年から6年間の甲府異動が始まり、朝一番の始発で普門館まで駆けつけたせいか
 とにかく眠い・・・・ひたすら眠い・・という感じがプログラム10番あたりまでは正直続いていました。
 中盤から後半にかけては名演続出でしたので、
 完璧に脳が覚醒していましたね・・・

 そんな中・・・・

 この名電の演奏はとても素晴らしいものがあり感銘を受けました。

 このチームは・・・

 1984年~87年まで全国大会4年連続金賞を達成し
 1988年に金賞を受賞すれば「5年連続金賞」という吹奏楽コンクールでは大変な栄誉と翌年の特別演奏を
 与えられるという大変プレッシャーが掛る年でしたけど、
 結果は・・・・
 ま・・、その悲惨な演奏になってしまい、
 生で聴いていても「え・・・、これがあの名電・・・??」と目を覆いたくなるような不出来な演奏になってしまい、
 結果として銀賞に留まり、5年連続金賞を達成する事は出来ませんでした・・・・
 そのショックのせいなのか、翌年の1989年の「神話」は88年以上に悲惨な演奏になってしまい、
 「もしかして名電、1976年のリエンチ以来の銅賞・・・??」とすら一時思ったほどでした・・・・

 でもさすが名電ですね・・・・

 1990年はきっちりと立て直されていました。

 自由曲は、1988年の時と同じ矢代秋雄の交響曲・・・・
 うーーーん、松井先生は余程、88年の演奏に「悔い」があったのかな・・・?
同じ自由曲で2年後に「リベンジ」を果たしたかったのかな・・・・

 課題曲A/ランドスケイブがこれまた素晴らしい演奏でした・・・・!!
この課題曲Aは埼玉栄・常総学院など多くの名演がありますけど、
 この名電の演奏も大変鮮烈でした!!
この課題曲は、前半のホルンとトロンボーンの「リズムの刻みの掛け合い」が結構難しいものがあり
 それが微妙にズレてしまう演奏も結構多かったのですけど
 名電はそれがほぼ完璧に決まっていましたし
 中間部の「鳥のさえずり」みたいなフルートソロも実にひそやかでしたし、
 後半のアレグロの再現部におけるホルンの刻みが実にうまい!!
そしてそれに乗っかる形での木管の高音が実に美しくブレンドされて響いていました。
 課題曲Aとしては、この日、トップクラスの演奏だったと思います。

 圧巻は自由曲でしたね・・・・

 編曲は88年と同じ天野正道版を使用しているのに
 88年と印象は全然違う・・・・
 88年の方は、ヘンな所でユーフォを被せたり少しチグハグな印象もあったのですけど、
 この年はそうした印象がほとんど無い・・・
 88年の方は、「何か妙にヘンな厚化粧・・・50過ぎて急に色気づいたおばさんの厚化粧みたいな音楽・・」とも
 思ったのですけど
 90年の演奏はそれが無くなり、大変洗練されスッキリした印象を与えてくれています。

 この年は特に各奏者の技術が大変光っていました。

 特に・・・・

 前半の、ファゴットとピッコロのデュエットの部分は・・・、もう素晴らしすぎて背中がゾクゾクしたものです!!
あれはこの年の「技術賞」または「デュエット賞」をあげたい気持ちですね。
 中盤以降のファゴットは、これまた「神がかり」的な見事な演奏を聴かせてくれていました。
 あのファゴット奏者の優秀さは・・・とてつもないものがありましたね。

 88年の方はとにかく金管がバリバリに鳴らし打楽器もガンガン叩きまくっていましたけど
 90年の演奏はそれがかなりセーブされた演奏になっていて
 金管・木管・打楽器のバランスが大変よく整理されていましたし、
 何よりも「音のブレンド」をきちんと考慮されていたのが良かったと思います。

 ラスト近くの金管のコラールも実に力強くかつ清らかでとても良かったですね。

 だけどこの演奏、評価としては「銀賞」になってしまい、
 リアルタイムで成績発表を聞いた際は「え・・・・、まさか・・」と思わず絶句してしまいました・・・・
 あの演奏が銀賞で終るなんて、何か割り切れないものがありましたし
 一応表面的には、88年と90年の演奏が「同じ銀賞」というのも何か腑に落ちないものがありました。
 そのくらい、同じ自由曲なのですけど、88年と90年の演奏には雲泥の差があると
 思います。

 | BLOG TOP |