FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


マクドナルドで現在展開中の「Go! プリンセスプリキュア」の「ハッピーセット」ですけど、
クーポン券で2回購入したけど
一回目は、めぐみ+はるか、二回目はGoプリの3人という事で
本命の「ゆうゆう+きらら」は結局手に入りませんでした・・・・
ま、確率的には1/5だから仕方がないか・・・・

昔は、結構マックとかに行く機会は多かったと思いますけど、
ここ数年はほとんど行く機会はないですね・・・・
昔ほどああいう油ものはあまり好まなくなったというか、ま、それは自分が年を取った証拠・・・・??

だけど例外事項は・・・・

マックがプリキュアの「ハッピーセット」を販売している時だけですね・・・・(苦笑・・・)

だけど、色々振り返ってみても
マックの「ハッピーセット」のおまけの「限定カード」もその時その時に登場しているプリキュア達によって
異なっているから
現在の視点で見てみると
「あ・・・何かなつかしい・・・」という感じがありますね。





これは昨年のもの・・・

ドキドキのロゼッタとハピネスのプリンセスですね。

黄色×青の組合せは意外と珍しいかも・・・・

ま、ロゼッタ×ハニーだったら、ある意味「最強の黄色系コンビ」になっていたかも・・・・

というか・・・・

「ハニー×トゥインクル」だったら、もしかして・・・・
歴代屈指の人気コンビになったりして・・・
あ、それならば、ピース×トゥインクルの方が「あざとさ」的には最強なのかな・・・・(笑)



CIMG8021_convert_20150208065652.jpg


こちらは・・・・2013年時の「ありす×やよい」

やよいの方が先輩プリキュアなのですけど・・・・

うーーん、どうみてもありすの方がはるかに先輩という感じが濃厚ですね・・・(苦笑・・・)



CIMG8020_convert_20150208065620.jpg


こちらはなつかしいカード・・・・

2010年のハートキャッチのブロッサム×マリンなのですけど、
何かとても可愛いですね・・・

多分、今年の秋頃にも「Goプリ」のハッピーセットが出ると予想されますが、
その頃は・・・・
多分4人目の追加戦士も出ているのかな・・・・??
ま、それも楽しみ・・・・
だけどマックのハッピーセットは当たり外れも結構あって、
2011年の「スイート」の際のおまけの玩具は・・・・
あれはホント、ひどい出来栄えだったな・・・・(苦笑・・・・)
スポンサーサイト



1.精華女子高校

 A/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」


1990年と言うと平成2年・・・
その頃、自分はどこで何をしていたのだろう・・・
当時はある地方銀行在職で、
1988年~89年の内勤を経て
1990年初めは、葛飾支店だったかな・・・・
当時在籍していた銀行は(現在は破綻し存在していません・・)
その当時、入行して1~2年目の行員は、
まずは一つの支店内で三か月程度、いわゆる「飛び込み営業」をやらされます・・・
ま、アポなしの突撃訪問というか、純粋な新規開拓営業セールス訪問ですね・・・・
大体一日300軒くらい飛び込み訪問をやって、ほぼ全権お断りの拒否反応・・・という感じですので、
これって、若手がやると結構辛いものがありまして、
ま、私自身もあの体験は・・・
うーーーん、結構「痛くて辛い経験」でしたけど、
結果的に1.世間の厳しさ 2.営業職の難しさと奥の深さ 3.世間は意外と冷たくない・・・・人情味もある
という事が分かっただけでも
かなりの「収穫」もありましたね・・・

ま、「葛飾」という都内屈指の「下町」というせいもありましたし、
当時は、現在のような「テレビモニター付きインターホン」が今ほど普及していないから
鍵が掛っていないドアを開けて
「こんちはーー」という展開がいきなり可能ではあったというある意味「幸運」はありましたね・・・・
ま、現在あれをやれと言われても
正直出来る自信は全く無いですね・・・・

最近の記事の中で
ハピネスチャージプリキュアの敵幹部「オレスキー」が最終的に求めていたものとは・・・・
「たった一人でいい・・・この自分と言う存在を認めて欲しい・・・」という事だったのかな・・・とい記事を
書きましたけど、




4b438c8b_convert_20141018054908.jpg




あれって・・・・
結構自分にも通じる部分がありまして、
私も銀行時代とか住宅メーカー営業時代に多くのお客様とご縁があったものですけど
大抵の場合、
なぜかどの支店・展示場でも
現在に至るまで年賀状とかたまに遊びに行ったりとか「交流」が続いているお客様もいたりします・・・
本当にありがたいものですね・・・
「本当にこんなしょーもない自分だけど、こうやって当時の会社に既に在籍していなくても、
私と言う一人の人間とお付き合いして頂けること」は
本当に「感謝!!」の一言に尽きると思います。

ホント、在籍していた会社・支店でたった一人でもいいからこうやって会社を離れても
「何らかの形で交流を続けて頂き、ご縁が続いていて、自分と言う存在をきちんと認めて頂いている事」には
ありがたいものを感じたりもしています。

ま・・、その1990年当時に自分が飛び込み営業という何か「最悪の形」に近い出会い方になってしまいましたけど
今でもそうしたお客様と何らかの形で交流が続いている事は
本当に嬉しいものはありますね・・・

ま、だけど、
当時はそれどころではなくて、
要はその「飛び込み営業」で一定以上の成果を出さないとも次のステップへ進めないという事情があり
(その金融機関は、そうした飛び込み営業で一定の成績を残さないと
正式な形での営業担当としての辞令は貰えなかった・・・)
とにかく会社が求める成果を出す事に四苦八苦していましたね・・・
しかも・・・・その「成果」というのは大変ハードルが高く
当時はバブル絶頂という時代背景もありましたけど、
「預金の獲得」という簡単なものではなくて「融資案件の実行」というものでしたからね・・・・
あれはホント、難題でしたね・・・・
だって25歳程度の若いあんちゃん行員が飛び込みで
「お金を借りませんか・・・?」と言ったって
胡散臭い顔されるのが落ちで、ほとんどが
「はぁ・・・、お前何寝惚けた事言ってるんだ・・・帰れ、帰れ・・・」でしたからね・・・・(苦笑・・・)

ま、結果的にどうにかこうにかその「成果目標」を達成出来たと思ったら・・・・

いきなり支店長に呼ばれて・・・・

「はいはい、ご苦労さん・・・
君ね・・・確か地方出身で寮に入っていて独り者で次男だよね・・・・
そういう人材を甲府の支店が求めている・・・
行ってみないか・・・?
なーに、こんな都心店舗で苦労するよりも山梨県内の支店は目標も低めに設定されているし楽でいいよ・・・
山梨は都心よりはのんぴりしているよ・・・
なーに、2年でまた戻ってくるさ・・・」

と見事に(?)たぶらかされてしまい・・・・(苦笑・・・)

結果的に・・・・

6年近くも「山梨県の支店」に居座る羽目になってしまい、
「この若さで左遷・・・」・「既に冷遇コース・・・・??」みたいに感じになってしまいましたね・・・・(苦笑・・・)

ま、確かに・・・
1990年前半の「金融大激戦」の都心店舗では自分は務まらなかったかも・・・・
「課長・・!! 本日の目標の融資案件・預金は獲得できませんでしたが、代わりにブドウを貰ってきました・・・!!」
「バカモーン(そして、苦笑・・・・)」といった
多少はのんぴりしていた山梨だったから
こんな自分でもバブルとバブル崩壊の激戦の1990年代の金融機関に居座る事が
出来たのだと思いますね・・・・

あ・・・・
全然関係話になってしまいましたね・・・・

そうそう、ここは「吹奏楽カテゴリ」でした・・・・(苦笑・・・)

甲府から普門館の全国大会を聴きに行くと行っても
前日から泊まるか
当日の朝一番の鈍行で八王子に行き、そこから中央線で行くしかなかったから
結構大変でしたね・・・・

この年のプログラム一番は精華女子でしたけど、
この年が実は精華女子の記念すべき初出場でしたね。
精華女子は、現在は、押しも押されぬ誰もが認める吹奏楽の名門校ですし、
最近のスミス三部作(ダンス・フォラトゥーラ、ルイ・ブルジョワの讃美歌による変奏曲・フェスティヴァルヴァリエーション)
とかスパークの「宇宙の音楽」の
圧倒的名演は記憶に焼き付いていますね・・
最近では発売したCDが何と・・・・「クラシック部門第一位」になっていましたね。

ま、この初出場の年は・・・・

うーーん、聴いていて、特に感想も印象も何もない普通の演奏・・・・

特に個性とか斬新な解釈とかは無く、
「普通の女子高生・・」という感じでした。
当時は・・・確か学校の制服としてのセーラー服姿での演奏で、
現在のようなあんな可愛く凛々しいステージ衣装ではありませんでした・・・

一つ良かったのは・・・・

朝一番という大変シビアな条件でしたけど、
課題曲も自由曲冒頭のあんな甲高い響きもきちんと普門館のホール全体に隅々まで音が届いていた事
でしたね。
大変気持ちの良い演奏で、
「タイボルトの死」も大変細かいところまでよく訓練されている・・・といった印象でした。

このチームは、正直2000年代前半までは
特に抜きんでた個性も実績も無いどちらかというと「微妙」な位置づけでしたけど、
2000年代後半から急激に「覚醒&進化」を果たしましたね・・・
指揮者はこの間同じなのですけど
一体どういう「変化」があったのかな・・・・??

ホント、普門館の「ドラマ」は興味深い・・・・
ドヴォルザークという作曲家は
何と言うのか・・・
日本人好みのメロディーを多く作曲した「屈指のメロディーメーカー」という感じがありますね。

例えば・・・

〇交響曲第9番「新世界より」第二楽章

〇ユーモレスク

〇弦楽四重奏曲「アメリカ」(弦楽四重奏曲第12番)

〇チェロ協奏曲

など色々あると思います。

私が高校一年生の時に所属していた吹奏楽部の定期演奏会では
ドヴォルザークの交響曲第8番第一楽章・第四楽章を演奏した事がありましたけど、
第四楽章のメロディーは・・・・
あれは・・・・
どう聴いても「黄金虫は金持ちだ―」の俗謡にそっくりでしたね・・・・(苦笑・・・)

そんな中、ドヴォルザークというと、「ユーモレスク」という小品も好きなのですけど
スラブ舞曲集、その中でも特に第10番が大好きですね。
あの10番の哀愁溢れるメロディーラインは、
多分・・・・日本人好みだと思いますし、
何か不思議な「郷愁」の感情を感じてしまいますね・・・
4分前後の大変短い曲なのですけど、
日本人好みの「哀愁」・「秋みたいな感覚」・「しっとり感」が全て詰まっていて
何か「田園地帯の静かな秋・・・」みたいな色彩が濃厚な感じの曲です。

だけど、ドヴォルザークは、新世界の第二楽章と言い、この曲と言い
何でこんなに素敵なメロディーラインを書けるのだろう・・・・
とにかく魅力的な曲ですね・・・・

「スラブ舞曲集」なのですけど、
ま・・・、この曲は・・・・
ジムロックと言う音楽出版社が、
ブラームスの「ハンガリー舞曲集」の出版でかなりのクリーンヒットをかっとばし相当大儲けした事に
味をしめ・・・(?)
「二匹目のドジョウ」を意図して
「似たような傾向の音楽を・・・」とドヴォルザークを強引に口説き落とし
「スラブ舞曲集」を出版したところ・・・、これまたクリーンヒット・・・・
そして8年後に「スラブ舞曲集第Ⅱ集」を作曲する訳なのです。
ちなみに・・・
第Ⅱ集の作曲報酬は最初の第Ⅰ集の10倍近くにも跳ね上がったそうです・・・

俗にドヴォルザークの「スラブ舞曲第10番」と呼ばれる作品は、
これは、Ⅰ番とⅡ番の「通し番号」として呼ばれるものであり、
厳密に言うと、スラヴ舞曲集第Ⅱ集 作品72第2番 と呼ばれるべきものなのかな・・・・??
この曲は10番と言う「通し番号」で呼ばれる事もあるし
第Ⅱ集の作品としての第2番として呼ばれる事もあるし、
その辺りは少し混乱しているのかな・・・??
ま、大抵の場合、10番という通し番号で呼ばれる事の方が圧倒的に多いのかも・・・・

この曲は・・・・本当に「哀愁」が漂いますね・・・

曲は、A-B-C-A-Bという二部形式と三部形式を混合した形式をとっています。
第1ヴァイオリンの憂愁この上ない旋律で始まり、
フルートが重なった第2ヴァイオリンでフォローされます。
やがてホ長調で活気が出ますが、すぐにホ短調に戻って中間終止をします。
中間部はハ長調で明るいゆったりとした旋律を奏でます。
やがてチェロで最初のテーマが戻ってきて曲は静かに閉じられます・・・・

この曲は、日本フィルを振っていた頃のコバケンさんがよーくアンコール曲として使っていましたね。

この曲、たまーにですけど
吹奏楽コンクールでも自由曲として演奏される事があり、
その場合は、(通し番号で言うと)9番~10番~15番という組合せで演奏される事が
多いですね。

 | BLOG TOP |