FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」ですけど、
2/8の第二話では、ついにかれんさん・・・、あ、ではなかった「海藤みなみ」が登場しますね。
このお方は・・・
生徒会長で才色兼備で、歴代プリキュアでも「最優秀」に近いお方なのだと思いますけど
どことなくですけど・・・
何か「天然ボケ」要素の香りもするのですよね・・・・
何かスマイルのれいかほどひどくはないとは思いますけど
何か頑張らなくてもよいところで頑張って墓穴を掘りそうな気も・・・・・??
ま、とにかくみなみの登場はとても楽しみですね。
でも・・・・
やっぱり本命はきららですね・・・・!!
あの娘の自由人キャラ・小悪魔キャラは、歴代プリキュアでは多分いなかったキャラみたいな香りも
するので、これは本当に今からドキドキしています・・・・

それにしても・・・・「私立ノーブル学園」は、すごいお嬢様学校みたいな雰囲気ですね・・・・
何かああいう雰囲気とか全寮制設定とか「女の子だけの楽園」みたいな感じは、
そう・・・、何だか「宝塚」みたいな雰囲気を彷彿とさせます。
もしかして・・・・
「ノーブル学園」は、関西と言うか兵庫県に拠点を置き
全国から「夢見る女の子」を集めているのかな・・・??

さてさて・・・・

前回の第一話は意外とフローラが出来る子・・・という発見がありましね。
「初陣」であそこまで優雅に戦え、しかも動きが瞬発なのは極めて秀逸でした。
同じ「花のプリキュア」でありながら、
ブロッサム先輩のあまりのふがいなさとか
同じ「プリンセス系」でありながら、
どっかの国のポンコツお姫様がめぐみと出会うまでは全戦全敗というポンコツ振りから見てみると
はるかは当初の予想よりは「出来る子」でしたね・・・・
自分の当初の予想では・・・・
ブロッサム先輩以上にふがいない戦いをするのでは・・・・と思っていただけに少し予想外な感じも
ありました。
フローラの「優雅さ」は何か偉大なる大先輩の「キュアハートの優雅な戦い方」を思わず彷彿とさせてくれます。

OPでは、何かシャム猫みたいな悪そうなやつがいるな・・・・と思っていたら
あれは・・・・
敵キャラではなくて、妖精系の「ミス・シャムール」だったのですね・・・・
しかもプリキュアのレッスン担当も兼ねているという事で・・・・・
うーーん、何かあの雰囲気は・・・・「何かひと癖ありそうなキャラ」ですね・・・・

そして・・・・

ついに敵幹部も一人登場しましたね。
今回の敵幹部は「三銃士」のようですけど、
どうせまた・・・・多分マヌケ三幹部になってしまうのかな・・・・(苦笑・・・)
何か第5代目プリキュアの「ハートキャッチ」からこうした「マヌケ三幹部」というのはほぼ完璧に
定着化してしまいましたね。
今度の敵幹部は、まず一人目のクローズが登場しましたけど、
何かこのお方は・・・・
いかにも「悪者」って感じの雰囲気というか、邪悪なロックミュージシャンみたいな感じですね・・・
何かいかにも「こいつ・・・悪者」って雰囲気の敵幹部は
結構久しぶりのような気も・・・・

ま、だけどいずれ近い将来・・・・連戦連敗の挙句ポンコツ化していくのでしょうね・・・・(苦笑・・)

歴代プリキュアの敵幹部には、まー、色々と濃厚なキャラの方も大勢登場しましたけど
個人的には、男の敵幹部で大好き四天王は・・・・
ブンビーさん・ウエスター・クモジャキー・オレスキーですね・・・・!!
次点キャラは・・・・SSのキントレスキーとスマイルのウルフルンとハピネスのナマケルダあたりかな・・・

でもやっぱり一番大好きなのは・・・・・






そう・・・・

何と言っても「愛すべきバカ」のフレッシュのウエスターに尽きますね・・・・!!

本当にこの人は、大好きでしたね・・・!!!

この人のおかげで、相方のサウラーの存在感の薄さは半端ないですね・・・・(苦笑・・・)

「フレッシュプリキュア」は、
視点を変えて眺めてみると、
「イース=せつなの再生の物語」とか「ラブとせつなの物語」とも言えると思うのですけど
そうなると・・・・
祈里と美希がやや空気みたいな感じ・・・・
だけど祈里はその独特な存在感のおかげで決して「空気」みたいにはなりませんでしたけど、
美希(キュアベリー)一人だけが
何か歴代プリキュアでも「屈指の不遇&冷遇キャラ」みたいな扱いになってしまったりは何か少し
気の毒でしたね・・・・
何かベリーは・・・・
自分にとっては・・・・・
うーーーん、正直「ウエスター」の方が圧倒的に存在感&インパクトが強い感じですね・・・・


62b2c1c2_convert_20141014122843.jpg


そうそう・・・・

「敵幹部」というと前作「ハピネスチャージ」のオレスキーも大好きでしたね・・・・!!

ま、この人は・・・・

プリキュアとの最後の戦いの際に、フォーチュンから「強さ」を認められて浄化したシーンがとても印象的でしたし、
最終回で、無事に(?)
社会復帰を果たし警官として頑張っている姿が描かれていたのは
大変好感が持てました。

結局、オレスキーが求めていたのは・・・・

「たった一人でいい・・・・だれか一人からでもいいから自分を認めて欲しい・・・、そしてそれを心の糧にして
誰かのために役立ちたい・・・」という事だったのかな・・・・・

何か自分の脳内妄想では・・・・

かつてオレスキーは・・・・

派出所勤務の警察官として日々奮闘し、
派出所の前に日々立ち、通行人の人に「おはよう!」とか「何か困りごとはないか・・・」とか
色々と声を掛けていたものの
女子高生からは「きもーい」とか言われ
少年からは「うざい・・・死ね・・・!!」とか罵られ
ある時・・・・元々問題児の青年が強盗を働き、たまたまそれを現行犯逮捕したオレスキーではあったが、
「今この瞬間は見逃してやる・・・、明日の明け方になったら本庁に出頭し自首しろ・・・
自首ならば刑期は半減されるはず・・・・
お前の将来のために今この瞬間だけは目をつぶるから・・・・
そしてお前を信じるから・・・・
俺にこの場で現行犯逮捕されて通常の刑期になるよりは、自首と言う形で自分の罪を償え・・・・
そして改めて人生をやり直せ・・・
それでは明日の明け方、本庁前でお前を待っている・・・」とその場では約束をしたものの
結局翌日になっても・・・
彼は現れなかった・・・・
そしてオレスキーは・・・絶望し・・・・その心の隙を幻影帝国につかれてしまった・・・・

みたいな「物語」を何だか想像してしまいますね・・・・

ウエスターとは全然違う意味で「愛すべき敵幹部」でしたね。

さてさて、Goプリにおいては、今後どんな名物敵キャラが登場してくるのかな・・・・??
スポンサーサイト



それにしても・・・
昨日は朝から「厄日」みたいなもの・・・・
朝早くから工事顧客の方から延々と怒られていました・・・・
というのも・・・
ま、こうした建築関係の世界ではよくある話なのですけど
(ま、それが「世間の常識」といかにズレているか・・・、その辺りは他業界他業種の経験がある方ならば
誰でもお分かりとは思うのですけどね・・・・)
営業担当が、
竣工時に顧客から
「ついでに〇〇と〇〇の部分も今度検討してみようかな・・・、今度一度見積り持ってきて・・・」
「はいはい、喜んで・・・」と言ったものの
その工事は小規模工事なので営業担当にとってはあまり「美味しい話」ではない・・・
そんでもって、面倒くさくなってついついど忘れしてしまい
(又は意図的に記憶から消去して・・・??)
そうした約束をすっぽかし、
数か月経過してその顧客から
「あの時依頼した見積りはまだ出来ないの・・・?」→「すいません・・・忘れていました・・・」→「ふざけんな!!」
みたいな話になって
大抵そういう場合、火消し役(クレーム処理担当)の私の出番となってしまいます・・・

今回もそんな展開でした・・・・

おいおい、そんな「身から出た錆」でそんなにデカいトラブルでないんだから、自分で処理してよ・・・と
言いたくもなりますが、
一応会社の方針で、
営業と工事とCS部門は一応「完全分業体制」になっていますから、
営業・工事関連のクレームは、一手に引き受ける事になってしまいます・・・・

あ・・・、でも今回は・・・・
少し自分の「作戦ミス」もありました・・・・
少し「油断と慢心」がありました・・・・
従来のパターンだと、どうみてもこちら側に落ち度がある場合、先制攻撃的にとにかく
「ご迷惑をおかけしました!!」と下手に対応すれば
比較的スムーズに終わらせることが出来るものですが、
今回の場合は・・・・
顧客が「理論武装タイプ」であり、
「謝罪する事は誰でもできる・・・」
「どうしてこういう経緯になったのか、私を納得させられる理由を整然と述べてみよ・・・」みたいな感じ
でしたので、
最初にいきなりこちら側の「非」をあっさりと認めてしまったのが「敗因」でしたね・・・・
そこから色々とネチネチ責められる隙を与えてしまった・・・・みたいな展開になってしまい、
自分でも
「あ・・・、何か失敗したな・・・」と感じつつも、中々軌道修正が出来ないまま
終わってしまった・・・という感じでした・・・・

あーー、こういう時は、一日すっきりしませんね・・・・

同時に・・・・

我ながら「またか・・・」という感じもするのですけど





20100216233730.jpg


うちの会社のポンコツ営業に対しては・・・・

「私、堪忍袋の緒が切れました!!」(キュアブロッサム)

「海より広い私の心もここらが我慢の限界よ・・・!!」(キュアマリン)

と「ハートキャッチプリキュア」の「決め台詞」を言ってやりたいものですね・・・・(苦笑・・)

ま、それと・・・

自分自身の「ふがいなさ」については・・・・美墨なぎさではないけど
「ありえなーい・・・」と自分自身にツッコミを入れたくもなりますね・・・・


あ・・・何か前振りが長くなりました・・・・

こういう何かすっきりしない事が朝からあった場合は、何か「スッキリする音楽」でも聴いて
気分転換するのが一番・・・・

そこで手にしたCDが・・・・

ドヴォルザークの序曲「謝肉祭」でした。

この序曲は、とにかく「ノリ」がいいから大好きです!!

出だしから「タンバリン」のリズムが炸裂し、
全体的にはトロンボーンとホルンが大活躍をしています。

曲としては「A-B-A」の三部構成で、急-緩-急というスタイルですね。

Bの中間部のしっとりとした部分においては・・・・
フルートとクラリネットの幻想的なメロディーが実に素晴らしいですね・・・
ハープが鳴り、途中に表れるヴァイオリンソロは美しくしっとりと聴かせてくれます。
ゆったりとした雰囲気の中にいると、
急に弦楽器がどよめきはじめて、まるで嵐でも来たかのように激しくなり
トロンボーンやホルンが叫ぶように盛上げていきます。
もう、こうなると手が付けられないくらい派手に舞い上がり、トランペットは響き
タンバリンやトライアングルは打ち鳴らされ、シンバルが鳴り響くと最後まで
一気に駆け抜けるように賑やかなまま終わります。

とにかく、最初から最後まで、賑やかな曲です。
途中にヴァイオリンソロが入ると少し落ち着いて聴けますが、
それ以外はとにかく派手に打楽器や金管楽器がドンドン、バリバリ鳴らしまくりますから、
ストレス解消にはもってこいの序曲なのかもしれませんよね。

事実、この曲を聴くと何か気持ち的に大変スッキリと自己完結してしまい、
次の現場へと気持ちを切り替えて向かう事が出来ました。

ところで・・・・

この序曲「謝肉祭」は単発の曲ではなくて
序曲三部作「自然と人生と愛」という連作序曲の一つという位置づけになっています。

〇自然の王国で→「自然」がテーマ

〇謝肉祭→「人生」がテーマ

〇オセロ→「愛」がテーマ

という構成になっていますけど、
実際の演奏会では、この三つの序曲がひとまとめに演奏される事は
まずないと思います。
というか、「謝肉祭」だけが突出して人気が高く、
正直、「自然の王国で」と「オセロ」は演奏時間が長いしやや冗漫な感じもするから
あまり人気も無いようですね・・・

「オセロ」というと、
個人的には、吹奏楽オリジナル作品のリードの交響的ポートレイト「オセロ」が大変好きなのですけど
このドヴォルザークの「オセロ」は正直あまりピンとこないかな・・・

でもこの序曲「謝肉祭」は本当にノリがいいですね・・・・

あの曲を演奏するタンバリン奏者は「気分爽快!!」という感じなのかな・・・・??



25.東海大学第四高校

 B/天使ミカエルの嘆き

 1982年の全国大会で指揮をされて、2014年時点でも全国大会に駒を進められている指揮者の先生は
 せいぜい淀川工業の丸谷先生とこの東海第四の井田先生くらいなのかな・・・・
 だけどこうやって長期間に渡って、毎年毎年全国大会に出場され続けていて、毎年見事な演奏&高い評価を
 受けられている両先生には本当に頭が下がる思いですね・・・
 (ま、丸谷先生は・・・新しい自由曲のレパートリーを増やして欲しいけど・・・・苦笑・・)

 井田先生は、
 レスピーギの「ローマの祭り」・「ベルキス」などのように派手に鳴らす積極果敢に攻める演奏も得意だし
 「古祠」・「バストラーレ」・「ヘンゼルとグレーテル」・「くじゃく」などのように比較的おとなしめの
 内面性・抒情性を前面に出す曲も大変巧みに表現されているし、
 トスカ・トゥーランドットみたいなオペラ作品もたっぷりと歌いこまれているし
 ここ数年の邦人作品シリーズも「上手いな・・・」と余裕と貫録すら感じさせてくれていますし、
 とにかくその指導力は素晴らしいものがありますし、
 そのレパートリーの広さには本当に感心させられるものがありますね。

 私が中学生・高校生の頃あたりの井田先生は、ワーグナーを比較的好まれているのかな・・という印象が
 ありましたけど、
 (1981年の「さまよえるオランダ人」序曲のラスト近くの「魂の孤独」みたいなしっとりとした歌い方は
  結構好きでした・・・!!)
 この年、1982年あたりから「邦人作品」へのアプローチを開始され、
 今にして思うと、この年の「天使ミカエルの嘆き」がそうした邦人作品路線の第一号という感じがします。

 ま・・・・、だけど・・・・結論から言うと・・・

 ま、確かに評価は「金賞」という評価は受けているのですけど
 私の感覚では・・「この金賞は少し甘いかな・・・・」と思っています。
 課題曲B/序奏とアレグロもリズムの切れが全然甘いし、何か全体的にモヤモヤして
 「言語不明瞭意味全く不明・・・」みたいな残念な演奏のように私には聴こえてしまいます・・・
 アレグロに入って以降、トムトムが何となくポシャンと叩いているように聴こえるのが
 「リズムの切れの悪さ」につながっているのかな・・・
 全体的に消化不良・・という感じ・・・
 自由曲も・・・、うーーん、何か「モヤモヤ」していて、何が言いたいのか今一つ伝わってこない
 もどかしさがありました・・・・ 
 まだこの頃は・・・・・
 後年の「素晴らしい東海大四サウンドを構築するまでの間の一つの模索の時期・・・」というか
 少し迷っている感じもありますね・・・・
 ま、前年度までのワーグナー路線からの路線変更というのもあるし・・・・

 この演奏から2年後の1984年の全国大会でも、東海大四はこの「天使ミカエルの嘆き」を自由曲に
 選んでいますけど、
 こちらの演奏の方が断然素晴らしい・・・!と私は感じています・・・・
 前半の高揚感も素晴らしいけど、
 後半から終盤にかけての静粛な場面・・・、そしてラストの「切々と訴えかけるようなppの熱演」が
 特に大好きです!!

だけど・・・

 結果的に、個人的には「少し冴えない」1982年の演奏は金賞で、
 表現力・色彩感共に申し分ないように聴こえる1984年の演奏は銀賞・・・・

 うーーん、やっぱりコンクールの評価は「紙一重」ですし、人の感じ方の相違によっても
 かなり左右されるもんだ・・と
 改めて感じた次第です・・・・

 | BLOG TOP |